×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

">remove
powerd by nog twitter




ヤムチャ抄(1) 則天去私




455 名前:ヤムチャ抄(1) 則天去私[sage] 投稿日:03/11/16 03:34 ID:unkeV6KM
悟空や天津飯が、地球の平和を守るために巨大な敵と死闘を繰り広げている間
ヤムチャは何をしているのかというと、彼は彼なりに死力をふりしぼって
自室で寝っ転がってテレビを見ているのである。
高島彩もK-1に出ろよ、とか、高知で一家惨殺?おーこわ、などと、日本の
未来を憂えつつも股間に手を突っ込んでボリボリかいているのだが、ふいに
拳と胴着の間から何かが入り込む気配を察した。おそらくゴキブリだ。

この瞬間、ヤムチャの戦闘モードがONに切り替わった。ヤムチャ様の平和を
乱す悪魔の手先め!この世に生まれてきたことを後悔させてくれるわ!
フリーザをボコった時の悟空の1億倍の闘志を燃やすヤムチャだが、冷静さを
欠いては闘いには勝てない。殺意をゴキブリに気取られないよう、何食わぬ
顔で股間をかきながらもゴキブリの動向に意識を集中する。
移動を続けていたゴキブリが、向こうずねのあたりで動きを止めた。その
一瞬の隙をついて股間の拳にエネルギーを集中し、小指の先からゴキブリ
目がけて放出した!死ね、クソゴキ!
狙いはわずかに逸れた。ゴキブリの鼻先をかすめた熱線が、一直線に尾を引いて
ヤムチャのスネ毛を焼き焦がした。ブスブスという音を立てて、黒い煙が
部屋に充満した。

「熱っ!!」

思わず身をよじったヤムチャの顔に、驚きの色が浮かび上がった。このゴキブリ、
並のゴキブリではない!
空前絶後の強敵にめぐりあった喜びとスネ毛を失った怒りに満面を紅潮させて
ヤムチャが次の攻撃を繰り出した。今度は熱線ではなく、球体のエネルギー波である。
ここからが本番だ。いくぞゴキブリ!ヤムチャの小指から、操気弾が放たれた!
一撃必殺の操気弾だが、弱点もある。細かなコントロールがいまいち効かないのだ。
あらぬ方向に矛先を向けた操気弾が、ヤムチャのチンコをど真ん中から貫いた!
悶絶するヤムチャをよそに、制御を失った操気弾が衣服を突き破って部屋中を
暴れ回り始めた。ゴキブリと操気弾のダブルパンチで、ヤムチャ絶体絶命の大ピンチ!

ヤムチャはこんなに頑張っている。悟空も少しは真面目にやれよ。