×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

">remove
powerd by nog twitter



伝説の盗賊

 

 

295 名前:短期集中連載・伝説の盗賊 [sage] 投稿日:03/08/20 19:06 ID:???
「オーケーだ。仕込みはもう終わった…アレも設置したしな」

イタリアのヴェネティア。大盗賊ヤムチャはここを盗みにかかる。

ここは、イタリアの某ホテル。そこのある一室。
大盗賊ヤムチャと、相棒のプーアルは、そこにいた。

「今回は順調ですね、ヤムチャ様!」

「何言ってる、いつだって順調だろ?まあ、明日だ。」

ヤムチャは、不敵な笑みを浮かべた。

「この街を盗む」


次の日。
一人と一匹は、某ホテルをチェックアウト。
これから、四箇所に向かう。

「まずは、あそこだな…」
「サン・マルコ広場ですね!」

 

296 名前:短期集中連載・伝説の盗賊 [sage] 投稿日:03/08/20 19:06 ID:???
ヴェネティアの中心に位置する市民の憩いの場、サン・マルコ広場。
第一の仕掛けはそこにあった。

「まあ、装置といっても、簡単なモンさ。ここに貼っておいた…あった。これのスイッチを入れるだけ」

第一の装置は、ペンチの裏側に貼ってあった。

「この装置、四つ起動させると、どうなるんですか?」

「ああ、そういえばプーアルには言ってなかったな…まあ、楽しみに、な」

ドデカい仕掛けなのは、確かなようだ。

「それよりさ、プーアル。ここは、いいな。時間がゆっくりしてる…」

「ああ、ホントですねー。」

周りの人たちを見渡しても、何かこう、日常の幸せみたいなものを感じる。
広場は美しいし、賑やかだし、でも、その中に落ち着いた空気もあって…

    よなー
「いい        」
    ですよねー

何も急ぐことは無かった。作戦に時間制限は無いのだから―(続く)





371 名前:マロン名無しさん :03/08/22 11:30 ID:???
>>295-296

しばらく広場でまったりしていたヤムチャとプーアル。
その後、広場から出ている水上バスに乗り込む。行き先は…

「第二の仕掛けは、リド島にある」


ヴェネティアに面するアドリア海は、多島海である。
120以上の小島が浮かぶ美しく光る海。さすがヨーロッパ屈指のリゾート地と言われるだけはある。
リド島も、その一つである。

「ヤムチャ様、第二の仕掛けはどこに?」

「まあ、行けば分かるさ」



372 名前:短期集中連載・伝説の盗賊  :03/08/22 11:31 ID:???
リド島―サン・マルコ広場から水上バスで15分のところにあるリゾート地。
市営のカジノ有り。

「カジノに行くぞ」


カジノ。さすがにチェックが厳しそうだ。だが、ヤムチャはきちんと正装していたので問題は無かった。
プーアルはハンカチに化けてチェックをすり抜けた。

「確か、この台の椅子の裏側に貼っておいたんだ…オッケー!」

「なんか、あっさりしてますね」

「ここが見せ場じゃないからな」

「ヤムチャ様、最後の大仕掛け、どうなるのか教えてくださいよ」

「まあ、あんまり言ってしまうと面白くないけど、少しな。」

太陽に近付くぜ―  


97 名前:伝説の盗賊[sage] 投稿日:03/09/29 01:46 ID:uP4m.Nao
3つ目の仕掛けはマルコ=ポーロ国際空港の検問所の上に貼り付けてあった。
 「ヤムチャ様… ムチャし過ぎですよ… 」
プーアルは小声で囁く。
 「よりによってあんな所に置かなくても… バレたら事ですよ? 」
 「いや、イマイチスリルが足りないじゃん? スリル分が足りないよ」
そう言うとヤムチャはコソコソと近付く。てかバレた。

 「もー!! ヤムチャ様やっぱりバレたじゃないですか!? この無能!! 」
空港を飛び出した二人。何とかスイッチは押したものの、警察に通報されてしまった。
 「よっしゃ、ゴンドラ乗り場行くぞ」
 「ゴンドラじゃあ逃げられませんよ!! 」
ヤムチャは首を横に振り
 「どうでもいいんだよ、ケーサツなんて、どうでも――」


98 名前:伝説の盗賊[sage] 投稿日:03/09/29 01:54 ID:uP4m.Nao
 「あの右側三番目の乗り場だ。昨日チャーターしといた」
ゴンドラ乗り場に到着した二人。
 「おっちゃん、出して!! 」
警察官が入ってくる。ゴンドラ漕ぎが
 「あんたら――」
 「ほら、出発!! 」
 「分かったよー!!」

 「ヤムチャ様。こんなとこに逃げたってすぐ捕まりますよ……」
 「……………………」
プーアルの言葉にも答えようとしないヤムチャ。何かを深く考え込んでいる様子だ。
 「ヤムチャ様? 」
 「……某漫画だと、ゴンドラ漕ぎは女性の仕事なんだけどなァ……」
 「おい色ボケ!! 」
 「冗談だ。さて…この中に、と」
ヤムチャはゴンドラ内の小窓を開ける。中には、最後の四つ目。
 「ここにあったんですか!? 」
 「そうじゃなかったら乗らないよ。さあ、面白いことが起こるぜ……」
スイッチを押す。


99 名前:伝説の盗賊[sage] 投稿日:03/09/29 02:14 ID:uP4m.Nao
変化は徐徐に起こる。
 「水面が…ヤムチャ様……」
 「面白いぜ…? 」
地震?それとも噴火でも?
 「違う。もっと力技」

 「あっ!? 」
プーアルは仰天する。せり上がる……?ヴェネティアが!!
 「持ち上げているのさ……俺が大量に培養した100人の孫悟空でな……」
 「ええっ!? 」
 「海底から持ち上げてる。なあに、悟空の力なら、容易いことさ…なあ、警察なんてカンケーないだろ?」
 「……凄いじゃないですか!! ヴェネティアを盗みましたよ!! 」
ヤムチャは首を横に振りながら
 「盗まない」
 「えっ…いや、だって、自由に出来るじゃないですか? 」
 「俺は自己満足の為にやったの。ただ、この街を空中に浮かべてみたかった。それだけ」
 「自己満足だ? 」
 「大聖堂の展望台からさ、観ただろ、この街を。余りに美しくってさ、思ったんだよ。『ああ、この街を浮かしたい』って」
大盗賊ヤムチャの動機は、ただそれだけだった……。
 「 納  得  で  き  ね  え  !  !  !  !  」

伝説の盗賊 おしまい