×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

">remove
powerd by nog twitter



ヤムチャ〜砂漠の狼〜


第一話

3年後にやってくるという人造人間。Z戦士達はそれぞれ厳しい修行を始める。
そんな中、ピッコロに雑魚扱いされたヤムチャは・・・
「ちくしょう。つよくなってやる・・・」
ヤムチャはその日のうちにブルマに頼み、修行のための特殊装置を作ってもらう。
その装置とは、重力発生装置だ。
ゴクウが使っていたものに加え、古今東西、あらゆる厳しい環境を作り出す事の出来る
機能がついた。
「3年後、勝つのは俺だ!」
ヤムチャは右手を強く握り締め、天にかかげた後修行部屋に入っていった。



第2話

3年後、くらべものにならないほど強くなったヤムチャは
現れた人造人間と一番はじめに対峙する。
「孫悟空じゃない・・・。こいつはヤムチャだ。まぁエネルギーの足しにはなるか」
完全に自分をなめきっている人造人間に、ヤムチャは吼える。
「てめえらッッ!以前のデータなんざ無意味だぜ!オレ生まれ変わったんだ!」
そう言うとヤムチャは19号のどてっぱらに高速の突きを加える。腹を貫かれ、爆発する19号。
「な・・・なんだと・・・」
驚く20号はスキを見て、ヤムチャの首元を掴む。ヤムチャの気が、20号へと吸い取られていく。
「キャオラッッ」
ヤムチャは20号の手を握りつぶし、かめはめ波を撃つ。バラバラになる20号。
「ヤ・・・ヤムチャ、おめえ・・・」
その戦闘力に、助っ人に来たゴクウたちは驚く。
「次はお前らの番かな・・・」
仲間達の登場に不気味な笑みを浮かべるヤムチャ。戦闘力は極限へと達していた。