×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

">remove
powerd by nog twitter




逆襲のナッパ

 

192 名前:「逆襲のナッパ」 [] 投稿日:03/04/03 22:48 ID:3Vhf6VvD    New!!
暗闇の空は晴れ、あたりに鳴り響いていた雷鳴もやんだ。そして龍と共に空たかく上がっていった
ドラゴンボールは四方八方へ飛び散っていった。とある山岳地帯に一人の男が現れた。
「ォ・・・オレは・・・確かベジータの奴に・・・」
そう、かつて戦士達を壊滅状態にまで追い込んだサイヤ人、ナッパである。しかし、彼はなぜ
自分がここにいるのか理解できなかった。無理はない。彼は死んだのだから。だが、その謎は
突如現れた一人の老人によって明らかとなった。
「だ・・・誰だ!てめえは!?」
「ナッパさんですな・・・わたしはゲロというものです。あなたのことを生き返らせたのはわたしだ」
その老人はドラゴンボールでナッパを生き返らせたこと、そしてその代わりに自分の研究にナッパの
体を貸して欲しいということを語り始めた。ナッパは案の定断った。
「ふざけるんじゃねえ・・・だれがてめえなんかに・・・」
「復讐したくはないのか?孫悟空に、ベジータに。わたしの研究に力を貸してくれれば確実に
勝てますぞ・・・」
ゲロは元々人造人間を作る研究をしていた。悟空を殺すために。人間ベースの人造人間を作り
はじめ、その結果、もともとの戦闘力が高い人間を改造することによって人造人間の力が無限に
広がることに気づいた。そして適材としてナッパを選んだのだ。
「いいだろう・・・そのかわり気にいらなかったらすぐにてめえをぶち殺すぞ・・・」
そして、半年後・・・・・・
世界中に突如、大異変が起きていた。異常な数のサイバイマンが世界中の町に出没したのだ。
サイバイマン達は、何百、何千という大群で押し寄せ、町を次々と壊滅させていった。
そして、その影にはある男が存在していた・・・
「クンッ!!!」サイバイマンによって全滅させられた町は跡形もなく吹き飛んだ。そう、
ゲロによってパワーアップを遂げたナッパである。
「みていやがれ・・・カカロット・・・そしてベジータあああああ!!!!!」


193 名前:「逆襲のナッパ」 [] 投稿日:03/04/03 22:48 ID:3Vhf6VvD    New!!
町が吹き飛んだ後、サイバイマン達は小さな粒に変わり、ナッパのもつビンの中に吸い込まれていった。
「へっへっへ・・・あのじじいが作ったこのサイバイマンは無敵だぜ・・さて・・・この新型の
スカウターで・・・強い戦闘力が近くにあるな・・・」
ナッパは二つの強い戦闘力の出所に向かって飛んでいった。
「天さん!すごいパワーが近づいてくるよ!」
「こ・・・これは・・・あのときのフリーザよりも・・・!!」
ナッパは天津飯たちのところへやって来た。2人は彼を見た瞬間に体が硬直してしまった。
「なんだ・・・あの時の三つ目とチビか・・・」
天津飯の左腕が震え始めた・・・
<つづく・・・かも?>

246 名前:逆襲のナッパ [sage] 投稿日:03/04/05 20:49 ID:74j1YWNg
復活したナッパとの再開。天津飯達は恐怖でいっぱいだった。あの頃のナッパならば問題はない。
だが今、目の前にいるその男は、あきらかに以前よりパワーアップしている。しかも恐ろしいほどに。
「貴様ら・・・死にたくなければカカロットとベジータの居場所を教えるんだな・・・」
ナッパは重い声でそう言った。
「な・・なに・・?ベジータの場所は構わんが、悟空の場所は教えられん!」
「まあいい・・・そのうちスカウターで拾えるほどの戦闘力を出すだろう・・退屈だから貴様らと
遊んでやるか・・・」
殺される・・・!そう判断した天津飯は餃子を連れて、全速力で逃げ出した。だが、少し行った後、
天津飯は絶望した。
「よう・・・久しぶりだなあ・・・なめた真似しやがって・・・」
ナッパはそう言うと「クンッ!」の構えをとった。
「気功砲!」天津飯はナッパの技の発動の前に気功砲を放った。
「ふう・・・あの時の技か・・・あの時は驚かされたが、今のオレにとってはただほこりを立てる
だけの技だな・・・」
ナッパは「クンッ!」を使った。あたりが吹き飛び、天津飯達は地面に叩き落された。
「おいおい、もう終わりか・・・?もっと楽しませてくれよ・・・」
そう言うとナッパは餃子の首を掴み、顔をなめ始めた。餃子の意識はなくなった。
「チャ・・・チャオズー!!!!!」
「へっへっへ・・・そういえばお前達も俺達にたいしてうらみがあるんじゃないか?今はベジータか。
オレと組めば奴に恨みを晴らす事もできるぜ・・・ちょうど部下がほしいとこだったんだよ・・・」
そう言うとナッパはチャオズの首根っこを掴みながらブンブンと振り回し始めた。チャオズの目から
すでに黒目は消えていた。
「や・・・やめろ!!!わかった!お前の仲間になる!だから俺達を見逃してくれ!」
「最初からそういやあいんだよ・・・」


247 名前:逆襲のナッパ [sage] 投稿日:03/04/05 20:49 ID:74j1YWNg
ナッパは餃子を離し、サイバイマンの入ったビンを2つ天津飯に渡した。
「その中には改良型のサイバイマンが入ってる。お前の仲間の長髪と自爆した奴だ。そいつでこの星
の奴らを皆殺しにするんだ・・・そしてベジータを殺す・・・お前の恨みもはらせるってことだ」
「ぐ・・・わ、わかった・・・言うとおりにする・・・」
少しためらった後、天津飯はしぶしぶ承諾し、気絶している餃子を抱えた。
「そういえばお前の仲間はまだいるな・・その中にもベジータに恨みをもった奴がいるんじゃねえのか?
案内しろ・・・」
ナッパと天津飯はもう一人の戦士の所へと向かっていった
<たぶんつづく?>