×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

">remove
powerd by nog twitter




ヤムチャーミネター




ヤムチャーミネター
20××年。地球は新たな恐怖に直面していた。 
ドクターウンコの作ったサイバーアイーン社に支配されたのだ。 
その時代で全てのZ戦士たちは全滅・・・ 
人々は死を待つしかなかった・・・ 
だが、頭数にも入っていなかった。足手まとい、そう、 
MRヤムチャだけは戦闘に参加せず、山にこもっていたため生きていた。 
そしてあまりの空腹に山から出て街を見ると・・・ 
ヤムチャは驚愕した。変わり果てた世界。強力な機械たちに支配された世界。 
「も、もう駄目だ・・・」 
ヤムチャは泣き出した。そして絶望した。 
「こ、こんなことなら俺も一か八か戦って、名誉の死を遂げるべきだったんだ」 
自らの過ちに気づいたヤムチャ、もう彼に迷いはなかった。 
落ちていたレーザーガンを拾うヤムチャ、そして前にいた一体のアンドロイド 
に向けて発射した。 
「お前が!お前らが皆を!うおおおおおおーーーー!!」 
我を忘れ打ちまくるヤムチャ、だが、当たらない。 
一瞬にして後ろにつかれ背中を貫かれた・・・ 
「も、もう終わったのか、これで皆の所に行ける」 

多分続く 


620 名前:作者の都合により名無しです 投稿日:02/11/15 11:02 ID:B3uKl+fV
>>619 
瀕死のヤムチャにどこからか声が聞こえる 
「ヤムチャ、おめえはそんなところで終わる奴じゃねえ、 
もう一度戦うんだ!!」 
それはなんと、死んだはずのゴクウの声だった! 
「そ、そうだ、俺はこんなところで死ぬわけにはいかないんだ。」 
そのまま死んだふりをし、その場を切り抜けると、 
ヤムチャは唯一人が生き残っている街にたどりついた 
そこに住む天才科学者のミスターウンコの弟、ミスターシッコは言った。 
「ウンコの奴は過ちを犯した、奴を止められるのはお前しかいない。 
だが、今のお前では奴を倒すのは無理だ、サイボーグに改造し、 
タイムマシンで過去に戻り、奴を倒すのだ!!」 
「はい!!」 
ヤムチャは答えた、何も考えずに、あまりの長い話に、半分寝ていたのだ 

続く