変身 - たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




変身

Reprint


729 :『変身』 :02/10/12 13:54 ID:70b6AbgF

 朝、目が覚めると俺はヤムチャになっていた。鏡でもう一度、自分の顔をよく見てみる。どうみても
ヤムチャの顔だ。これは夢なのか、頬をつねってみる、痛い、夢じゃない。どうやら俺はヤムチャに
なってしまったようだ。なぜよりによってヤムチャなんかに・・・、俺は泣きたい気分になっていた。
いったい今はいつごろなんだろう、悩んでもどうしようもないので気分晴らしに外に出てみた。
 
 そして何気なく空を見上げると・・、二つの宇宙船が見えた。まずい!!これはサイヤ人編だ。
このあと俺はサイバイマンと自爆するのか・・いや待てよ、俺はこのあとの展開を知ってるわけだから
うまく行動すれば生き残れるんじゃないのか。サイヤ人たちのところに行かないとか、いや勝手な
ことをしたら歴史が変わってしまうかもしれん、たとえばもし俺の代わりにクリリンが死んだら
ナメック星編で悟空がサイヤ人になれなくなってしまう。まずい、歴史を変えずに生き残らなければ。
さて、まず第一関門のサイバイマンだ。どうする、クリリンを止めずにいかせるか、いやクリリンは
死んだらまずい。ピッコロは?いや俺の言うことなんか聞いてはくれないだろう。悟飯ははじめての
実戦だ。万が一のことがあってはまずい。天津飯は一番目で行くから駄目だ。あとは餃子だけか・・・
なんとか餃子と代わって貰うか。どうせナッパへの自爆がなくても大して歴史は変わるまい。
 
 俺はそう決心するとナッパとベジータたちのところへ向かおうとした、しかしどこにいるのか
分からない。気を感じるといってもどうすればいいんだ?外見はヤムチャでも中身は素人の俺なのだ
できるはずがない。困ったのでとりあえず目をつぶって意識を集中させてみた。すると頭の中で
なにか大きな光の玉が見えたような気がした。これが気を感じるということなのか、悩んでも
しょうがないのでとりあえずそっちの方向に行ってみよう。
 俺は地面蹴って飛んだ、しかしすぐに地面に落ちた。舞空術ができない。どうすればいいんだろう。
俺は試行錯誤を重ねてなんどがトライしてみたがこれっぽっちも宙に浮けなかった。しかたがないので
徒歩で目的地まで向かうことにした。