×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

">remove
powerd by nog twitter
■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 1001- 最新50



レス数が1000を超えています。残念ながら全部は表示しません。

たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜZ

1 :作者の都合により名無しです :02/09/22 01:40 ID:mL5qWu3k
エーックス・・・
漫画界有数のヒット作品、ドラゴンボール。
その登場人物の内に他の追随を許さぬ最低のヘタレが居た。
そのヘタレに、わずかばかりでも活躍の場を・・・
しかし、そのあまりのヘタレさは人類の想像力の限界を遥かに超えていた。
あまりにもお留守な足元、雑魚キャラの自爆で道連れ、恋人を寝取られる甲斐性の無さ。
2ch中でヘタレの代名詞としてネタにされてゆく日々。
立ちはだかる「戦闘力のインフレ」という難敵。

誰もが「ヤムチャ」の2ch語化を覚悟した。
だが、そんなヤムチャにせめて妄想の中だけでも活躍させてやりたい…
少年漫画板…ヤムチャを最もネタに使い、そして愛した彼らがこの困難に、立った。

これは、少年漫画史上最も困難な創作に立ち上がった男たちの物語である。

前スレ:たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜ
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/

公式サイト
http://ime.nu/members.tripod.co.jp/yamcha676/

2 :作者の都合により名無しです :02/09/22 01:42 ID:tA7wJUVS
このスレをご覧の方初めましてキユです。それではどうぞキユで、2ゲットでつきぬけろ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧∧ キュワッ!
            ヽ(゚∀゚)ノ   (´⌒(´
            へ(   )   ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
                >    (´⌒(´⌒;;
ロケットで突き抜けろ!ロケットで突き抜けろ!ロケットで突き抜けろ!
Live Like Rocket!  Live Like Rocket!  Live Like Rocket!

ヒステリックに3ゲットですか>>3さん?(゚∀゚)
4ゲットなんて妙にエロチックだと思いません>>4さん?(゚∀゚)
夏の夕方って好き、でも痛みを知らない>>5は嫌い
心を無くしたモラル欠如者の>>6も嫌い
大人であり子供である>>7は優しい漫画が好き
>>8 バイバイ

3 :  :02/09/22 01:42 ID:lhycV5tN
rougafufu2

4 :作者の都合により名無しです :02/09/22 01:46 ID:vxS50cw2
乙カレー

5 :作者の都合により名無しです :02/09/22 01:50 ID:7GBry/ky
>>1

乙〜♪

6 :チャオズ様 :02/09/22 01:51 ID:PeQkhZgQ
>>1
お疲れー!
てか、公式サイトあるって事知らなかった・・・。更新頑張ってください!
もちろん、ヤムロット転載はOKです。ぜひ載せてやってください。

7 :作者の都合により名無しです :02/09/22 01:55 ID:Mzay5ZTN
素晴らしいスレタイだ!
グッジョブ>>1

8 :作者の都合により名無しです :02/09/22 01:57 ID:dZychadx
>>1
おつかれ。

9 :作者の都合により名無しです :02/09/22 02:14 ID:Rv89BfD3
>>1
z彼

10 :作者の都合により名無しです :02/09/22 02:35 ID:LoIDb+uy
Z刈れ〜

公式サイトできたんで本当にプロジェクトXめいてきたな

11 :ヤムチャ最強への道 :02/09/22 02:54 ID:rRnl0zT9
第二十二話「リクーム出撃、見守るヤムチャたち」

「さてベジータちゃん、こんどは俺たちの番だよ〜」
リクームがそう言ったのも束の間、ベジータは一気に戦闘力を開放し、速攻を仕掛けた。打撃で
リクームにダメージを与えたあと、両手に一気に気をため、渾身の力でエネルギー砲を放った。
その強大な威力に辺り一面が吹っ飛ぶ。爆風の衝撃で1人のヤムチャはなすすべもなく飛ばされ、
死んだ。ぎひひひ・・いよいよ本番ってわけだ、死の間際なぜかヤムチャの頭にはナッパの勇姿が
浮かんでいた。あの爆風にもかかわらず、舞い散る埃の中、リクームは平然と立ち上がってきた。
「あ・・あ・・まったくダメージを受けていない・・・」震えながら悟飯はそう言った。
相手はボロボロじゃん、あと一押しだぜ、ヤムチャたちは大きく勘違いをしていた。
「リクームキック!!」リクームの膝蹴りがベジータのあごに突き刺さった。安易なネーミングだ、
ヤムチャたちはそう思った。ベジータは次々と攻撃をしていくが、リクームにはまったく効いて
いなかった。そして攻撃を受け止められ、ベジータは地上高くから地面に叩きつけられた。もはや
瀕死のベジータ。最後の抵抗を試みるもリクームの驚異的なタフネスの前では無駄であった。
あいつ化け物か!?ベ、ベジータ様の攻撃がまったく効いていない・・、ベジータに仕えている
ヤムチャは岩陰で震えていた。無理だ、奴らは俺の敵う相手ではないこのまま逃げよう、そう思い
ヤムチャは1人この戦線を離脱しようとした。しかしそのときヤムチャの頭のなかにプーアルの顔が
浮かぶのであった。そうだプーアルだっていつもこんな俺について来てくれた、俺にだってできる

12 :ヤムチャ最強への道 :02/09/22 02:55 ID:rRnl0zT9
はずだ、いや、やらなくてはならない、逃げれるか、逃げてたまるか!、一度主人と慕った者を
見捨ててしまうほど俺はそこまで弱い人間じゃない!!、そう決意するとヤムチャは恐怖におののく
自分自身を胸の奥そこに閉じ込め、リクームに向かっていった。
「1人でなんて無茶だ、ヤムチャさーん。」それを見たクリリンはそう叫んでいた。
「い・・いや、違うぞ!!あの構えは、し・・新狼牙風風拳!!いかーーん!!悟飯、クリリン、
 離れるんだ!!巻き添えを喰うぞ。」
他のヤムチャたちはそう叫ぶといっせいに地面に伏せた。ヤムチャの光速をも超えたの拳が
リクームの顔面を襲った。だがやはり少しのダメージすら与えることはできない。が、次の瞬間
ヤムチャは右手に握り締めていた砂つぶてをリクームの顔面に叩きつけた。砂が目に入り、たじろぐ
リクーム。そしてヤムチャは続けざまに操気弾を放った。わずかではあったがリクームの体勢が
くずれた、ヤムチャはそれを見逃さずリクームの手からベジータを奪い取ると、すぐさま離れた。
「ちっ、鼠がちょこまかちょこまかと・・・まったくいみじいねぇ。」
「うるさい、鼠には鼠なりの戦い方があるんだよ!!」ヤムチャはそう言い放つのであった。
「まぁ君なんかと遊んでもつまんなさそうだし、ベジータちゃんももう駄目そうだし、そろそろ
 終わりしちゃうよ。お命頂戴!!とうっ、リクームイレイザーガンっ!!」
リクームの大口から放たれた強力なエネルギー砲が、ヤムチャと瀕死のベジータたちに襲いかかって
いった。む、無理だ、ここからじゃ間に合わない!?、クリリンたちは目をつぶった。
次話「接近する悟空とヤムチャたち(52+697人)」に続く

13 :チャオズ様 :02/09/22 03:21 ID:PeQkhZgQ
ヤムロット伝 シーン18「ヤムチャ有名になる」

「まだか悟空!?こ、殺される!!」ヤムチャが半ベソをかきながら叫んだ。
「くそー全然元気が集まんねえ!いったいどうすれば・・・」
その時、ポルンガがデンデに言った。「3つ目の願いはまだか?」
「あ・・・そうだ、今界王神界で起こってる事を地球の人たちに見せてあげることってできる?」
「見せるだけなら可能だ」「じゃ、お願いします!」
次の瞬間、ポルンガの力によって、ブウとヤムチャの映像が地球人に映し出された。
目ではなく、脳に直接映像が送られているのである。
「悟空さん、ドラゴンボールで地球人にそっちの映像を見せています!これなら信じてくれるかも」
「そうか、サンキューデンデ!サンキュードラゴンボール!」
何!?今俺がブウにボコられてる映像が地球のみんなに見られてるのか?
ヤムチャは焦った。こんなぶざまな姿を見られてはひどい晒し者だ。
ちょっとは活躍しないと。しかしどうやって・・・?ヤムチャはボコられながら必死に考えた。
あ、そうだ、この手があった!「くらえ魔人ブウ、太陽拳ーーーー!!」
・・・しかし何も起こらなかった。
「あ、あれ?おかしいな・・・」「ウホッ!」ボコッ「ぎゃあー!!」
一方、地球人たちはこの映像を見せられとまどっていた。
「地球のみんな!姿は多少変わったけどそいつは魔人ブウだ!
 見てわかるように、今ある男が地球を守るために戦っているが、状況はかなり悪い!
 ブウを倒すにはみんなの力が必要なんだ!頼む、手を上げてくれ!」
さっきまでどんなに悟空が説得しても信じなかった地球人たちだったが、
この映像を見たことによって少し考えが変わりだした。
「これ・・・嘘にしちゃできすぎだよなあ・・・」「さっき言ってた事は本当なのか・・・?」
この時ヤムチャは深刻な事を考えていた。
濡れた股間をみんなに見られたらやばい!!ヤムチャは必死で股間を手で隠した。
チクショウ、おもらしなんて小学校以来だぜ・・・。いや、ブウの攻撃がこのままずっと続けば
もっと危険なモノが出ないとも限らない。ヤムチャは気を引き締めた。

14 :作者の都合により名無しです :02/09/22 03:23 ID:vxS50cw2
>12
>「うるさい、鼠には鼠なりの戦い方があるんだよ!!」ヤムチャはそう言い放つのであった。
やばいよ、普通にベジータのところのヤムチャがカコ(・∀・)イイ!!

15 :作者の都合により名無しです :02/09/22 03:24 ID:zdq4QZc7
>>11-12
ヤムチャカコ(・∀・)イイ!!

16 :チャオズ様 :02/09/22 03:27 ID:PeQkhZgQ
>>11-12
キテタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
信じられんくらいにヤムチャがめちゃカコイイ!!

17 :作者の都合により名無しです :02/09/22 03:49 ID:47GoQnb5
>>12
>「いかーーん!!悟飯、クリリン、 離れるんだ!!巻き添えを喰うぞ。」
巻き添えを喰う程の技かよ(藁


18 :作者の都合により名無しです :02/09/22 03:52 ID:LoIDb+uy
ま た し て も 最 高

19 :作者の都合により名無しです :02/09/22 04:26 ID:UirsibOU
今日全部読んじゃいました いいところだここは・・・作者さんがんばってくらさい

20 :ヤムチャLOVE ◆7wzORUSU :02/09/22 04:55 ID:bNjvdNbN
最高でつ

21 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/22 09:11 ID:XF8btaZG
〜偉大なるヤムチャ伝説〜 原作では語られなかったヤムチャ。 

ヤムチャは考えていた・・・・。
(あのハゲ(天津飯)だって倒したんだオレなら簡単に倒せるはず。
タコ(クリリン)はハゲ(天津飯)は強いとか思ってるみたいだけど
実はたいしたことないぜ・・・。確かに俺は天下一武道会でヤツに一度負けた。
だが次の大会で、ヤツが桃白白に刃物でつけられたキズが
今でも後に残ってるんだぜ。俺なんかシェン(神様)との戦いのキズは
完璧に治ったし足元がお留守という自分の弱点もわかった。
つまりハゲは、後に残るほどのキズだったからその時かなりいたかったはず
きっと試合が終わってトイレにかけこんで泣いてたんだろう。
全部知ってんだからなぁ。あと会うときほとんど上半身裸でいやがって
そんなにてめえの筋肉を自慢したいかてめえが西都に行ったら変体扱いされるぜ。
おおっと別のことを考えてしまった今はこの栽培マンとかいうやつを倒すことを考えなければ・・・・。
そうだ、まずコイツを死なない程度に痛めつける、すると俺に恐怖したコイツは
逃げ出す。そこを俺の操気弾で殺す!かっこいいぜ。この作戦で行こう。


22 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/22 09:16 ID:XF8btaZG
ドガガガガ
「クソ、こいつ結構強いじゃんははーん、ハゲ(天津飯)め、そうとう無理したな。
余裕で倒した顔しやがって」
打撃戦では勝てないと思ったのか栽培マンはその場を少しジャンプして離れ
さらに、ヤムチャの方向にもう一度ジャンプをして手を大きく広げ、飛びつこうとしてきた
ヤムチャは「ここだ!」と思ったその瞬間
ヤムチャは飛びつこうとしてくる栽培マンをひらりと上空にかわし、
さらにかめはめはを撃った。
ズオッ        ドーン
栽培マンは地面に激突した。
「みんなはコイツは死んでると思ってるだろうが、実は死んでないんだよな
さっきの作戦をするため死なない程度に痛めつけている
さあ早く逃げ出せ!」
ベジータ「くっくッく、
こんどはあまくみたのはおまえたちのようだな」
「なに!?(なに言ってんだこいつ)」
その瞬間であった!なんとかめはめはをくらった栽培マンが
ヤムチャへとびついてきた。ヤムチャはあまりにもいきなりだったのでかわすことは出来なかった。
 (はなせよ変体くそっ、はなせよ)
 カッ! ドン!!
 栽培マンは自爆したのだった。
爆発を受けたヤムチャはかなりのダメージを受け虫の息だった。
「畜生、自爆なんかしやがって
オレはもう死ぬな・・・。しゃべる事も聞くこともできなくなってきた・・・・。
なんかサイヤ人たちが言ってるなんていってるんだ?」
ベジータ「おいきたないからかたずけておけよそのボロクズを!」
ヤムチャの耳に最後に入ったのはその言葉だった。
そしてヤムチャの意識はなくなっていった・・・・・・。


23 :作者の都合により名無しです :02/09/22 09:18 ID:WjXa3kBV
もうどうしよう、最近普通にヤムチャに惚れている気がする・・・

24 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/22 09:21 ID:XF8btaZG
前回までに出てきたお話
1回目
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/903
2回目
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/909
3回目
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/914
4回目
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/920


25 :作者の都合により名無しです :02/09/22 10:51 ID:Ah7SpJTq
ヤムチャスレを見るのが楽しみです。

26 :作者の都合により名無しです :02/09/22 11:07 ID:xonvADuE
>ハゲ(天津飯)
ワラタ

27 :作者の都合により名無しです :02/09/22 11:49 ID:5V05ThFc
>>11
吹き飛ばされてよく亡くなるなヤムチャ・・・

>>13
>濡れた股間をみんなに見られたらやばい!!ヤムチャは必死で股間を手で隠した
がんがれヤムチャ!!!

>>21
トドメ刺し損なったんじゃなくてそこまで考えてたのか・・・

28 :作者の都会により名無しです :02/09/22 12:30 ID:f8jc29oP
>1
新スレ乙。
ヤムチャ最強の道のヤムチャ、カッコいい!

29 :作者の都合により名無しです :02/09/22 13:05 ID:WiVmQSQg
>>12
>いかーーん!!悟飯、クリリン、
>離れるんだ!!巻き添えを喰うぞ。
むっちゃワロタ

>>13
>もっと危険なモノが出ないとも限らない。ヤムチャは気を引き締めた
(;A;)

>>22
結局ヤムチャは足元(の栽培マンへの注意)がお留守だった訳か、合掌・・・
ところでもう少し文章を推敲して欲しいというのは贅沢ですかね?

30 :さいりょ :02/09/22 13:28 ID:f8jc29oP
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜

〜プロローグ〜

ピッコロ大魔王の恐怖支配から、1年が経った。
ある、一人の少年の手によりピッコロ大魔王が倒され、ピッコロ大魔王の手に
かけられ、死んでしまった、人々も、ドラゴンボールという不思議な石により
生き返りまた、いつも通りの生活を送っていた…。
ピッコロ大魔王の悪夢が、人々の頭から忘れ去られようとしていた…。
少年には、仲間がいた。
幼い頃からの親友で、天下無敵といわれる無天老師の2番弟子のクリリン。
4年に一度、開かれる天下一武道会の前大会の優勝者の天津飯。
超能力と舞空術の使い手で、天津飯の最高の友のチャオズ。
そして、少年と最も付き合いが長く、武道の達人でナイスガイのヤムチャ。
彼らは、ピッコロ大魔王の死後、次の天下一武道会に備え、それぞれの思いを
胸に秘め、武者修行の旅に出たのであった。
そして、次の天下一武道会に現れた彼らはさらなる飛躍を遂げ
大きく成長していた。しかし、会場に現れた男の内の一人、ヤムチャは
顔に二つ、大きな傷跡を付けてやって来たのだった。
ここでは、天下一武道会が開かれるまでの、ヤムチャの修行風景と
顔に付いた、一生消える事の無い、二つの顔の傷の事について語ろうと思う。

31 :作者の都合により名無しです :02/09/22 13:49 ID:duqs8Oax
ID:rRnl0zT9・・・長々と書いてるみたいだけど全然面白くないね
        まだ続いてたんだ。ここの住人も酷いね。本音で語ろうよ
ID:PeQkhZgQ・・・以下同文

ID:XF8btaZG・・・上の2人みたいにならないでね。期待はしてます

ID:f8jc29oP・・・以下同文

32 :作者の都合により名無しです :02/09/22 13:56 ID:Rm0q31XM
ブルマとランチ(金髪)に一つずつ付けられたとか。

33 :作者の都合により名無しです :02/09/22 14:02 ID:duqs8Oax
賞金一千万ゼニー 4年に一度

まともにドラゴンボールも読んでない奴がネタかくなよ

あと>>30は句点が多すぎ。読みにくい。向いてないんじゃない?

34 :作者の都合により名無しです :02/09/22 14:09 ID:ZlLfIYIQ
どこにでもいるんだな、君は。
>>31は煽りに切れが無い。面白くない。向いてないんじゃない?

35 :作者の都合により名無しです :02/09/22 14:09 ID:XgLH0wx/
>>31
ヤムロトは普通に面白いだろ。文章をもう少しまとめられれば尚いいが。
聖戦氏は………。
>>30
面白くなりそうなので期待アゲ。句読点はチョト変だよ……。

36 :さいりょ :02/09/22 14:21 ID:f8jc29oP
>>31,33,34,35

感想どうもです。精進します。

37 :。。。 :02/09/22 14:24 ID:T/+eofFY
>もっと危険なモノが出ないとも限らない。ヤムチャは気を引き締めた

むしろ出して欲しい。w

ID:duqs8Oax
33でいってることは、一応正論で
句点は多いけど、そうやいやいいわんでも。
プロじゃないんだし。

でもオレも無駄な句点と漢字はへらして欲しい。

  1年が経った。→ 一年がたった。
  
漢字を多く使って特別な表現したいとき以外は
ひらがなが多いほうが、文章がやわらかくなると思います。



38 :作者の都合により名無しです :02/09/22 14:27 ID:duqs8Oax
そうだな。指摘するなら>>37みたいにしっかり言うよ

39 :作者の都合により名無しです :02/09/22 14:32 ID:WiVmQSQg
>>38
言ってる事は別に正論だったと思うよ。
ただ最後の
>向いてないんじゃない?
があまりに蛇足すぎたね

40 :作者の都合により名無しです :02/09/22 14:40 ID:QPAyHHbP
そんなことよりヤムチャが大活躍する物語を(;´Д`)ハァハァ

41 :。。。 :02/09/22 14:51 ID:T/+eofFY
「最強への道」は今、ルーキーズ並に続きがきになります。

42 :作者の都合により名無しです :02/09/22 14:54 ID:PQOJgfbL
まずは気円斬を習得することから始まる

43 :。。。 :02/09/22 15:26 ID:G8ayqlFD

ある一人の少年の活躍でピッコロ大魔王が倒され、
ピッコロ大魔王の恐怖支配は終わった。

それから一年。
ピッコロ大魔王の手にかかって死んでしまった人々も
ドラゴンボールという不思議な石の力で生き返り、
いつも通りの生活を送っていた・・・・。
ピッコロ大魔王の悪夢は、人々の頭から忘れ去られようとしていた…。

少年には仲間がいた。
天下無敵といわれる無天老師のもとで一緒に修行したクリリン。
天下一武道会の前回大会優勝者である天津飯。
その友人で超能力の使い手のチャオズ。
そして、少年と最も付き合いが古い、元砂漠の盗賊ヤムチャ。
彼らはピッコロ大魔王の死後、次の天下一武道会に備え、
それぞれの思いを胸に秘め、武者修行の旅に出たのであった。

そして、次の天下一武道会。
彼らはさらなる飛躍を遂げ大きく成長してやってきたのであった。
そのなかでも、一際めだつ
ヤムチャの顔に刻まれた二つの大きな傷跡・・・・。
ここでは、天下一武道会が開かれるまでのヤムチャの修行風景と共に
ヤムチャの顔の一生消える事の無い二つの傷跡について語ろうと思う。

44 :ごめん :02/09/22 15:32 ID:G8ayqlFD
作者のさいりょさん、ホントごめんなさい。
なんとなく句点減らしたらどんな感じか
やってみたら、けっこー雰囲気かわってしまいました・・・。

つか、句点以外にもかなり
いじってる・・・(汗)
気を悪くしないでくれたら幸いですが・・・・。

45 :さいりょ :02/09/22 15:34 ID:f8jc29oP
>>43
文の直しどうも。

46 :作者の都合により名無しです :02/09/22 15:36 ID:aWmtvPQZ
聖闘士ヤムチャ 第5話「ヤムチャダブる」

「ここが次の宮か!」ヤムチャは双子宮へ入った。が、誰も居ない。
「へっ、俺の成長ぶりに驚いて逃げ出したか・・」ヤムチャは双子宮を抜けた。
そして次の宮へ階段を渡った。「へ、次の宮も逃げ出してるといいな」
だが、「何ーー!」また双子宮だった。
「間違いない・・・同じ宮だ・・・・もう一度抜けてみよう」そしてまた走るヤムチャ
「ぜい・・・ぜい・・・今度こそ」また双子宮だった。
「うがーーー!」ヤムチャは走った。素敵に走った。もうダメだ・・・もうダメだ・・・もうダメだ・・・。
5時間後ヤムチャのコスモは力尽きた・・・「あぁ、悟空・・もうだめだ・・・」
「馬になりなさい!」ヤムチャは驚いて魂だけ起き上がった。
「ふう・・・気のせいか・・・・また沙織ちゃん?」
(気のせいじゃないわ)
「ヤムチャとやら、双子宮の中に何かが潜んでいます、何かで探知したらどうでしょうか?」
「あ、それGOODアイディア♪ありがとー☆」ヤムチャは沙織に抱きつこうとしたがコスモを分け与えられ生きかえさせられた。
(ふう・・・危ない馬ね)



47 :2チャンネルで超有名 :02/09/22 15:37 ID:Ag+3XQSL
http://ime.nu/tigers-fan.com/~pppnn

女子中高生とHな出会い
  ロリロリ児童とHな?
  2チャンネルで超有名

48 :チャオズ様 :02/09/22 15:47 ID:PeQkhZgQ
>>35
ありがとー。そういう指摘はありがたいです。
ちょっとでも読みやすい文章になるように頑張ります。

49 :作者の都合により名無しです :02/09/22 15:52 ID:aWmtvPQZ
生きかえったヤムチャは双子宮で考えた。
気は探知は出来なかった。「ようし、何かが居るならこれだ、操気弾!」
繰気弾は右方向へとんでった。「む!」
その人らしき人物は繰気弾をすり抜けた。
「バカな!これは!?」「くくく・・・・貴様の攻撃は効かぬ・・」ジェミニはそう言ったら構えた。
「バカめ!ひっかかったな!」ヤムチャは右手を手前に引いた。
しかし操気弾はジェミニをすりぬけてヤムチャのはらに激突した。
「むぅ・・・・・・今は的を得てちゃんと当てた・・・奴は幽霊なのか?」
「ふ、一気にとどめをさしてやろう・・・アザナーディメンション!」「うわーすわれるー!」
ヤムチャは空間にすわれそうになりつつも柱にしがみついた。
その頃のカノン島 一輝「あれ・・・誰かがピンチだ・・・まぁいいや・・」
「うわぁぁーー」ヤムチャ絶体絶命。「バカめ、その柱が命綱よ!」ジェミニは念力で柱をはがした。
「操気弾よーー!何光年先でもいいー!敵の本体を探せ−!」
操気弾は異次元をかけめぐり3次元の本体をかすめた。そうしたら何故かヤムチャは戻れた。
「ふう・・・・危なかったぜ、少し休むか・・」
ヤムチャは制限時間を完璧に忘れていた。間に合うのか?


50 :作者の都合により名無しです :02/09/22 15:54 ID:aWmtvPQZ
聖闘士ヤムチャ
1話>>455
2話>>472
3話>>528
4話>>877





51 :作者の都合により名無しです :02/09/22 15:59 ID:aWmtvPQZ
ごめん、失敗。
1話>http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/455
2話>http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/472 http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/473
三話>http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/528 http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/529
四話>http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/877 http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/879

52 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:01 ID:aWmtvPQZ
うわー、リンク先滅茶苦茶スマン

53 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:06 ID:aWmtvPQZ
聖闘士ヤムチャ
1話>http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/455
2話>http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/472
3話>http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/528
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/529
4話>http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/877
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/878

54 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:08 ID:fY09LUQO
>>31
以下同文の使い方が変
あと批評のレベルが低い

向いてないんじゃない?

55 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:09 ID:duqs8Oax
ID:aWmtvPQZ・・・ウザイしつまらんな。しかもまともにリンクも貼れない厨房っぷり
      

56 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:10 ID:gO8ZHYkI
そんなに読んで欲しいか

57 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:12 ID:mpN5hMR+
まあ、こういう時は「同上」を使うよな。

58 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:17 ID:lwj9aEGf
>>54
31は多分ママンになんか注意されてむしゃくしゃしてるんだよ…
思いやりをもってスルーしてあげてね。

59 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:18 ID:mzRRlD04
「ヤムチャ最強への道」しか読んでない奴は俺だけ?

60 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:18 ID:6NrakwWo
ママンか…それじゃ仕方ないなぁ

61 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:19 ID:gO8ZHYkI
>>59
オレはヤムロット伝も読んでる

62 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:19 ID:lGILvzBI
>59
俺はヤムロットも見てるよー。
さすがにこれ以上同時進行で読むと、頭ゴチャゴチャになっちゃうんだよねw

63 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:20 ID:lGILvzBI
ケコーン(・∀・)

64 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:20 ID:gO8ZHYkI
>>62
毎朝みそ汁つくって貰えませんか?

65 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:22 ID:lGILvzBI
>64
かぶりすぎw
味噌汁と言わず、アジの開きぐらいなら焼いてやるよ。

どの話も楽しみだよ。体調壊さない程度に頑張ってください>作者さんたち

66 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:26 ID:D2X4NQfD
俺はセイントの元ネタが解らないので観てないが
(セイント聖矢を見た事無い)他は全部見てたりする。

67 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:26 ID:JgujAn0g
ひょっとして>>64,63
二重婚?

68 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:33 ID:Fa9khwK4
ターレスとかいうヤツが出てくる映画がヤムチャ最後活躍だったな

69 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:45 ID:aWmtvPQZ
第六話「ヤムチャアワぶくる」
「第4の宮!」ヤムチャはトレミ−に宮の名前を教えてもらえなかった。
「積し気冥界波!」ヤムチャはいきあり不意打ちをくらった。「ふ・・この男ごときに時間かける必要あるまい」
そのころの冥界「う・・・ここは」ヤムチャはつったってた「ここはあの世への入り口です」
沙織が来た「さぁ、とっとと戻るのです」「まって君と・・・うわぁーー!」
倒れていたヤムチャに魂が戻った。「何・・・・バカな!生きかえった!?」
「ふぅ・・・なんか悪夢を見ていたような・・」「ほざけ積し気冥界波!」
冥界にまた戻されたヤムチャだが「さぁ・・・とっとと行くのです」「ちょっと・・・」
「積し気冥(略)」そして2時間後・・・「さあ、また・・・」「いやだぁーー!」ヤムチャはさすがに走った。
「う!」後ろからデスマスクが出た「ふ・・・あの巨大な小宇宙の女がいないなら、貴様をあの大穴まで引っ張ってやるわ」
デスマスクは穴までヤムチャを引っ張ると、「念仏は唱えたか?さあ落ちるが良い!」
その時、バキ!「な・・・だれだぴぃー!」沙織が杖でデスマスクを殴ってた。
「「私の愛馬に何をするのです、さあ落ちなさい!」沙織が杖で一気にデスマスクを押し出した。
「うわーーー落ちるぴぃーー!」デスマスクは落ちそうながらもでっぱりにしがみついた。
「その人をそのまま落とせば、あなたは元の世界に戻れましょう、私はかえります」アテナは消えた。
「ぴー無念かー!」「フハハハ、落ちるがよい!」ヤムチャはデスマスクの手を踏もうとした。
その時、「な・・・なに!」数匹のサイバイマンたちがヤムチャに抱きついた。
「こ・・・これは亡者がヤムチャごときに自爆してしまった後悔でまだここをさまよっていたのか・・・さぁヤムチャ!そのサイバインマン達に詫びるがよい!」
続く。


70 :作者の都合により名無しです :02/09/22 16:54 ID:lwj9aEGf
>>69
良ければ名前欄に題名を書いて頂けませんでしょうか?

71 :作者の都合により名無しです :02/09/22 17:01 ID:aWmtvPQZ
>>70
すみません。
名前は「聖闘士ヤムチャ」です。

72 :作者の都合により名無しです :02/09/22 17:08 ID:3ft1z1iS
>>69
つまらん。

73 :チャオズ様 :02/09/22 17:15 ID:PeQkhZgQ
ヤムロット伝 シーン19「ヤムチャ猛脱出」

「貴様らいいかげんにしろー!このサタン様の頼みも聞けんとゆーのかー!!」
突然、さっきまで岩陰に隠れていたサタンが出てきて叫んだ。
どうやら、界王神たちに忘れられていたらしい。
「えっ?ミスター・サタンがブウと戦うんですか...?」
「そうだ!私がブウを倒してやるからお前らも力をかせ!」
悟空はあっけにとられていた...。ヤムチャは股間を隠すので必死だった。
「まあこうでも言わんと仕方ないじゃないか。今はブウを倒すのが先決だからな...。」

「サーターン!!サーターン!!サーターン!!」

「すげえ、元気がムチャクチャ集まって来たぞ!これならブウを倒せる!」
魔人ブウが元気玉に気づいた。すさまじいエネルギーに驚きとまどっている。
「ヤムチャ!頑張ってそこから離れてく...」
「言われなくてもやってるぜ!!」
ヤムチャは光速を超えるかのような猛スピードで逃げ出していた。
「やべえ、この位置から撃ったら悟飯たちにもあたるかもしれねえ...!」
「かまうな、やっちまえ悟空ーーー!!」何もわかってないヤムチャはそう叫ぶ。
その時、サタンが悟飯たちをかついで逃げていった。
「お、重い...!さあ、そのでっかい玉をぶちかませー!」
「やるじゃねえかサタン!おめえはほんとに世界の救世主かもな!」
おいおい救世主は俺じゃねーのかよ!ヤムチャは憤った。
そして悟空の元気玉がブウに放たれた!!

74 :作者の都合により名無しです :02/09/22 17:39 ID:DPYEfZcn
474 名前:聖闘士ヤムチャの作者 投稿日:02/09/16 17:07 ID:gqO2jvet
学校の暇つぶしで書いたら燃えた。
笑えるネタは確保したから安心しロ。
とりあえず五話までいったから。

( ´,_ゝ`)プッ

75 :さいりょ :02/09/22 17:48 ID:yrMB/0i6
>>73
あの〜、悟飯たちは、地球にいるんじゃないですか?
界王神が助けたのは、天津飯たちじゃ?

76 :作者の都合により名無しです :02/09/22 17:52 ID:6rZ7hJcV
流石に2スレ目にもなると厨が嗅ぎ付けてくるな

77 :チャオズ様 :02/09/22 17:56 ID:PeQkhZgQ
>>75
かなり原作とはかけはなれたストーリーになってしまったので・・・。
悟飯たちは界王神界で吐き出されたってことになってます。
シーン17参照です。
つまり、それまで悟空たちは「悟飯たちを吸収したブウ」と戦っていたのです。
ヤムチャが手品を披露した相手も「悟飯たちを吸収したブウ」です。
わかりづらくてスイマセン・・・。

78 :作者の都合により名無しです :02/09/22 18:07 ID:w3pLdMa0
ヤムチャ最強とヤムロットが好評だったから
俺も俺もってノリで始めだす奴らがちょっとウザい。
文章も大してうまくないし、最初長編書きだした二人が終わるまで
校正でもしてupするのを待てないものか…

複数の話が入り乱れてupされるもんだから話が全然分からなくなってくるし、
何よりも読んでて飽きてくる。
んなわけで先人二人の話の面白み薄れさせるのは嫌だから
その他大勢はup控えて欲しいな…

79 :作者の都合により名無しです :02/09/22 18:10 ID:3wpgIVnS
というか長編第一号のドクターヤムチャはどうでもいいのか

80 :作者の都合により名無しです :02/09/22 18:11 ID:Fa9khwK4
戦力外通告を受けてしまったチャオズは無視ですか?

81 :作者の都合により名無しです :02/09/22 18:12 ID:s2BQ+Q4C
聖闘士ヤムチャがいらんのはもはや民意

82 :チャオズ様 :02/09/22 18:14 ID:PeQkhZgQ
と、とにかくヤムロットをさっさと終わらせますね(汗
あと一話か二話で終わると思いますので・・・

83 :作者の都合により名無しです :02/09/22 18:16 ID:w3pLdMa0
>>79
スマソ
進行遅いから忘れてた。

84 :作者の都合により名無しです :02/09/22 18:21 ID:DPYEfZcn
>>82
ヤムロットは面白いと思うし皆も叩いてないからそんなあせらんでも。(w
あと少しですか。がんがって下さい。

85 :作者の都合により名無しです :02/09/22 18:27 ID:WjXa3kBV
ドクターヤムチャ好きだけどなあ。

86 :さいりょ :02/09/22 18:29 ID:yrMB/0i6
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の2

ヤムチャは死にそうだった。もう、一週間は物を口にしていない。
歩いても歩いても、見えてくるのは不気味においしげる木ばかりだ。
「どうしてこんな事になってしまったんだろう…?」
ヤムチャは同じ事を何度も何度も考えた。
今からちょうど一年ほど前、悟空が天界で神様に修行をつけてもらっている事を知り
いてもたってもいられなくなったヤムチャは、西の都に帰るとリュックに
食料と地図をだけを詰め込み、ブルマやプーアルをおいて家を飛び出してしまったのだ。
修行を続けながら各地を渡り歩き、適当な山にこもり修行をしていたヤムチャだったが
半年ほどたッた頃、ついに食料が底をついた。
けものは獲りつくしてしまい、イノシシはおろか野ウサギ一匹見当たらない。
さんざん歩いたが出口は見えてこず、ついに力尽きその場に倒れこむヤムチャ。
「空腹で死んでもシェンロンなら、生き返らしてくれるかなあ…。」
そんな事を思いながら静かに眼を閉じる。木々のざわめきや虫の鳴き声を聴きながら、意識は次第に薄れていく。
しかし、そんな中、いくつかの足音がヤムチャに近づいてきている事など
ヤムチャには知るよしも無かった…。

87 :さいりょ :02/09/22 18:33 ID:yrMB/0i6
>>78
upスマソ。しばらく、控えます。
>>82
最終回も、もうそろそろか…頑張ってください!

88 :ごめん :02/09/22 18:50 ID:oBMLLOb5
>さいりょさんへ

こないだ勝手に文の直ししたものです。
勝手なことしたせいで、いやになって
続き書かなくなってたらどうしようとか思ってたので
安心しました。別に控える必要はないと思うのですが・・・。
とりあえず、オレは全部読んでるけど、
そんなごちゃごちゃにはなってないし・・・。

てか文章すごいきれいになっててびっくりしました。
懲りずに頑張ってくださいませ・・・。


89 :チャオズ様 :02/09/22 18:52 ID:PeQkhZgQ
ヤムロット伝 シーン20「元気玉のゆくえ」

「当たれえーーー!!」悟空は叫んだ。
勝った!その場にいた誰もがそう思った。しかし・・・
ヒョイッ
なんと魔人ブウは元気玉をかわしてしまったのだ。
「何ィーーーー!?」
そして元気玉はあろう事か、ブウの後方にいたサタンの方に向かっていった。
「サタン、はねかえせ!悪人じゃねえやつならはねかえせるはずだ!」
「そんなこと言われても・・・こ、怖いっ!!」
サタンはとっさにかかえていたピッコロを盾にした。
「ぐべらっ!!」ピッコロは顔がもげたがなんとかはねかえすことができた。
「・・・ってどっちにはねかえしてんだアホーーーーーーッ!!!」
元気玉はヤムチャの方へ飛んでいった。
「ヤムチャ、ブウの方向へはねかえせ!!頼む!」
「絶・対・無・理!!」
ヤムチャはマトリックスのモノマネをしながらよけた。
「ヤムチャのアホーーーーーー!!」悟空はヤムチャに殺意すら覚えた。
元気玉は遠くへ飛んでいってしまった・・・。
「悟空、そこで指を曲げて元気玉を止めるんだ!操気弾のように操れ!」
「え・・・?そ、そんなのオラできねえよ」
これだから素人は・・・ヤムチャはおおげさにため息をついた。

次回、多分最終回です!

90 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:02 ID:2yfUoiZ+
>ヤムチャはマトリックスのモノマネをしながらよけた。
>「ヤムチャのアホーーーーーー!!」悟空はヤムチャに殺意すら覚えた。
すんなり避けるとはやるなヤムチャ!!!!!


91 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:03 ID:duqs8Oax
>>81
しいっ!言っちゃいけません!みんなわかってて黙ってるんだから
>>78
>俺も俺もってノリで始めだす奴らがちょっとウザい。
>文章も大してうまくないし

いいこというね〜

92 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:04 ID:3wpgIVnS
でも順番的にはヤムロット伝は結構後から来たわけで

93 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:05 ID:Kme77dY3
>「ぐべらっ!!」ピッコロは顔がもげたがなんとかはねかえすことができた。
ピコロさーーーーーーん!!!!!!

94 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:10 ID:C21Y+3aF
ピッコロは再生できる

95 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:15 ID:VK4clvmk
頭が無事じゃないと死んじゃうよ。

96 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:16 ID:DPYEfZcn
>>95
DBの世界だから大丈夫。


97 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:20 ID:VK4clvmk
いやピッコロガ自分で言ってたよ。

98 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:32 ID:Qd0/Vxci
文字通り顔なんだろう。頭は残ってるさ。

99 :もしもドラゴンボール :02/09/22 19:42 ID:ahSqt+Sf
もしも
ヤムチャが捨て子で、孫悟飯じいさんに拾われていたら…(ただし普通の人間)
何巻まで活躍できるだろう?

100 :さいりょ :02/09/22 19:48 ID:Ho4MJEpg
>>99
やっぱり、ピッコロ大魔王の所で、死んでたと思う。

101 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:51 ID:72pfVJ7P
>>99
谷に落ちた時点で死んでたよ。

102 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:53 ID:3wpgIVnS
孫悟飯は死ななかっただろうな

103 :作者の都合により名無しです :02/09/22 19:55 ID:ygQvUk/h
100?



104 :さいりょ :02/09/22 19:57 ID:Ho4MJEpg
>>101
もしも、谷に落ちてたら、性格も変わってヘタレじゃ無くなっていたかもしれない。
好青年のヤムチャかあ…。見てみたい。

105 :作者の都合により名無しです :02/09/22 21:09 ID:AJSV3ML3
何でこのスレ新スレ立てて荒らし増えたんだろ。
>>72>>78>>81>>91 とか(もっといるけど)かなりウザイよ。
俺らはプロじゃあるまいし、
文章や、内容がうまくできないしやつだって何人もいるだろ?
だいたいこのスレは
ヤムチャを活躍させる物語を作るスレじゃないのか?
てめえが、つまらなかったりしたからって
すぐつまらんとか、いらんとか
ウザイとか言うなよ
性格悪いな〜。このスレの雰囲気まで悪くなるんじゃないか?
せめて、漢字変換をもっと多くしてくださいとか
注意するならともかくさ煽ってるわけじゃないんだけど
そこんとこよろしくお願いします。
自分が嫌いなものはよまなければ良いじゃないんですか。。

106 :こんなヤムチャどうよ? :02/09/22 21:12 ID:Qmgxlaj7
天津飯、チャオズの決死の攻撃もナッパには通じず戦士達はかつてない危機に陥っていた。
その危機を打破するために今一人の戦士が戦場に向かっていた。
戦場の戦士たちもそれに気づいていた。
悟飯「この気は・・・」
クリリン「まさか、悟空なのか?まさか!」
ピッコロ「これほどの力を持つヤツがいるとは・・・」
その強大な気にはサイヤ人たちも気づいていた。
べジータ「戦闘力2000・・・カカロットか?」
ナッパ「どうしたんだ、べジータ?」
べジータ「戦闘力1000ほどのヤツがこっちに猛スピードで向かっている」
ナッパ「ほう、おもしろい。べジータ、そいつが来るまで少し待ってくれるか?こいつらだけじゃどうもつまらん」
ピッコロ「ち、なめやがって」
べジータ「いいだろう。おい、地球人!少しの間だけ休憩だ!」
ナッパ「寿命が少し延びたな」
そして遂にその戦士が彼らの前に現れた。
ピッコロ「貴様は!」
クリリン「ヤムチャさん!」
ヤムチャ「よう、遅れてすまない。修行の仕上げに手間取ってな。悟空は生き返らせたのか?」
クリリン「はい。でも・・・天津飯とチャオズが・・・」
ヤムチャ「わかっている。バカな奴らだ。命を無駄にしやがって」
クリリン「ヤムチャさん・・・」
ピッコロ「悲しんでいる暇など無いぞ。貴様も手を貸せ」
ヤムチャ「いや、俺1人だけでやる。やらせてくれ」
クリリン「無茶ですよ、ヤムチャさん!」
クリリンの警告も無視し、ナッパの前に近づくヤムチャ。

107 :こんなヤムチャどうよ? :02/09/22 21:12 ID:Qmgxlaj7
ナッパ「カカロットかと思えば、また似たようなのが現れやがったな。まさかてめえ1人で戦うのか?」
ヤムチャ「そうだ」
笑い出すナッパ。
ナッパ「笑わせやがる!戦闘力1000のザコが俺を倒す?」
ヤムチャ「せいぜい笑ってな。今見せてやる、俺の修行の成果を!ハァー!!!」
と全身から気を開放するヤムチャ。
べジータ「1500・・・2000・・・戦闘力がどんどん上がっている。ナッパ!そいつはただのザコではない!気をつけろ!」
ナッパ「ち、生意気な・・・」
クリリン「ヤムチャさん、いったいどんな修行を・・・」
ヤムチャ「どうだ、ただのザコじゃないだろ?」
べジータ「戦闘力3500・・・」
ナッパ「何!3500だと!」
ヤムチャ「いくぜ!」
ナッパに襲い掛かるヤムチャ。
その攻撃はピッコロたちとは比べ物にならないほど速く、威力も重い。
だがナッパはそれを防いでいく。
ナッパ「なかなかやるじゃねえか」
ヤムチャ「驚くのはまだ速いぜ。狼牙風風拳!」
さらに速さを増すヤムチャの攻撃。
その怒涛の攻撃を裁ききれず、攻撃をくらってしまうナッパ。
しかしナッパも負けてはいない。
一進一退の攻防が続く。
しかし次第にヤムチャが押されてきた。
単純に戦闘力ではナッパに劣る。
さらに修行を完成させるのに体力を使って休まないまま来たためにヤムチャの力は限界に来てしまった。
ヤムチャ「もってくれよ、俺の力」
ナッパ「だいぶお疲れのようだな!いますぐ眠らせてやるから安心しな!」
ヤムチャ「悟空、あのチビはお前にまかせるぜ。いくぜ、操気弾!」


108 :こんなヤムチャどうよ? :02/09/22 21:13 ID:Qmgxlaj7
ナッパ「何をブツブツ言ってやがる!」
ヤムチャ「(天津飯・・・チャオズ・・・お前達をバカって言ったが、どうやら俺もバカのようだ。いくぜ、二人とも俺に力を貸してくれ!)」
意を決したヤムチャは右腕に巨大なエネルギー弾を作った。
その特大のエネルギー弾は猛スピードでナッパに迫る。
かろうじてよけるナッパ。
ナッパ「あぶねえ、あぶねえ・・・何!」
ヤムチャは既にかめはめ波の体制に入っていた。
ヤムチャ「安心するのはまだ早いぜ、このハゲ頭が!かーめーはーめー波ー!」
ヤムチャは全パワーをこめたかめはめ波をナッパに向けて放つ。
ナッパ「そんなもん当たるかよ!」
よけようとするなナッパ。
ヤムチャ「フッ、背中がお留守だぜ、ナッパさんよ」
ナッパ「なっ!」
振り返ったナッパは先ほど飛んでいったエネルギー弾がこちらに向かっているのに気づいた。
もはや避けられずかめはめ波と操気弾の中に消えるナッパ。
その直後大爆発が起こった。
晴れた煙の中にナッパの姿は無かった。
クリリン「やった、ヤムチャさん!」
しかしヤムチャに目をやったクリリンが見たのは全てのエネルぎーを使い果たし、もはや虫の息になっているヤムチャの姿だった。
クリリン「ヤムチャさん!」
ヤムチャの元に駆け寄り、倒れているヤムチャを抱き起こすクリリン。
クリリン「ヤムチャさん、しっかりして!」
ヤムチャ「そんな・・・大声で・・・言わなくても・・・聞こえてるよ・・・」


109 :こんなヤムチャどうよ? :02/09/22 21:14 ID:Qmgxlaj7
クリリン「どうしてあんな無茶をしたんですか!?」
ヤムチャ「仲間のために・・・命をかけるのは・・・変か?・・・お前だって・・・俺や天津飯、チャオズの立場・・・だったら・・・そうするだろ?」
クリリン「だけど・・・だけど!・・・」
ヤムチャ「それにクリリン・・・お前はもう一度生き返っている・・・。死ねば・・・もう生き返れない・・・」
クリリン「ヤムチャさん!」
ヤムチャ「ブルマやプーアルには・・・よろしく言っといてくれ・・・後は・・・たの・・・む」
息絶えるヤムチャ。
クリリン「ヤムチャさん!・・・どうしてヤムチャさんまで・・・どうしてみんなが死ななくちゃいけないんだよ!」
ヤムチャを静かに地面に置くと立ち上がったクリリン。
クリリン「ヤムチャさん、俺も戦います。確かに俺はもう一度死ねば二度と生き返れなくても・・・ヤムチャさんたちと同じように、みんなのために戦います!」


110 :作者の都合により名無しです :02/09/22 21:15 ID:Qmgxlaj7
長々と駄文スマソ。
こんなヤムチャならカッコよかったかなって思って書いてみた。

111 :作者の都合により名無しです :02/09/22 21:15 ID:3wpgIVnS
夢オチですか?

112 :作者の都合により名無しです :02/09/22 21:19 ID:AJSV3ML3
ヤムチャカコイイ!んでナッパしんだのかな?

113 :作者の都合により名無しです :02/09/22 21:21 ID:nizFxJ8Y
>105
そうだよな。
でも読みにくくなるのは事実だから、何処かに過去ログを保管したサイトを作るべきだと思う。

114 :作者の都合により名無しです :02/09/22 21:21 ID:3wpgIVnS
>>113
>>1

115 :作者の都合により名無しです :02/09/22 21:38 ID:DPYEfZcn
>>105
聖闘士ヤムチャの作者さんのような気がする。
なんかそんな気がした。
違ってたら謝る。べつに他意はない。


116 :聖闘士ヤムチャ作者 :02/09/22 21:55 ID:aWmtvPQZ
>>115
すみませんが違います。
私は他人の作品あれこれいえないし・・・。


117 :作者の都合により名無しです :02/09/22 21:58 ID:DPYEfZcn
>>116
スマソ。最近叩かれ気味だったから・・・。
ふと怒ってんじゃないかと思って。
申し訳ありません。

118 :作者の都合により名無しです :02/09/22 22:24 ID:CN3wOrNz
>>105
確かにツマラソとだけ吐き捨てて去る香具師らはウザイな。
しかしまぁ根拠の無い事ではないのだろうから
ツマラソと言う奴は理由を言うべきかもね。

その事が結果として作者さんのレベルうpにもつながるかも
しれんし、ツマラソっていっちゃダメ!ってーのは少し短慮かな。

もちろんただツマラソってゆー香具師らには「んじゃオメー書け」
の一言で十分なのではないだろか。

119 :作者の都合により名無しです :02/09/22 22:45 ID:Pwoy08vB
なんかアレね、キモイ奴多すぎ
感想スレでも建てれば?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/09/22 22:48 ID:zyyRikyy
聖闘士のどこが悪いか一言で言うと・・・「ヲタ臭い」

121 :作者の都合により名無しです :02/09/22 22:49 ID:3wpgIVnS
発想が声優繋がりだから

122 :チャオズ様 :02/09/22 22:49 ID:PeQkhZgQ
ヤムロット伝 シーン21「ヤムロット再び!決着」

「や、やべえどうしよう!もう終わりだー!」悟空はげっそりした。
「悟空、元気玉はまだ生きている!」ヤムチャが股間を隠すのも忘れて叫ぶ。
「もう一度ポタラをつけろ、俺と合体すれば元気玉を操れる!」
「ヤムチャ・・・!うーん、そうするほかに仕方ねえか。わかった!」
悟空がポタラをつける。ピカーン!まばゆい光とともに二人が合体した。
「よっしゃーーー!!」
ヤムロットが指をくいっと曲げると遠くまで飛んでいった元気玉が戻ってきた。
「ウ、ウホッ!?」驚くブウ。
「驚くのはまだ早いんじゃないか?」
決めゼリフを吐くと、ヤムロットは元気玉をブウの方へ飛ばした。
ヒョイッ
「あ・・・あれ?」ブウは余裕で元気玉をかわした。
「ちい、無駄なわるあがきをしやがって・・・。えい!とりゃあっ!とうっ!」

20分後・・・
ドーン!ブウに元気玉が直撃した。
「やった!はあっはあっ、ざまあみやがれ!!」
「ギャアァァァァァァーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
「おめえはたった一人でよく頑張ったよ・・・。でも、もう生まれ変わってくるなよ。
 俺は絶対戦わないからな!じゃあな」

123 :チャオズ様 :02/09/22 22:51 ID:PeQkhZgQ
ヤムロット伝 シーン22(最終回)「エンディング」

ブウは跡形もなく消滅した。世界に平和が訪れたのだ・・・。
「ふう、疲れた・・・」
ヤムロットは息をついてその場に倒れこんだ。
ヤムロットの中のヤムチャは達成感に満たされて、すごくいい気分だった。
今回はちょっと頑張ったよな。もうただのヘタレじゃない。ヤムチャは自分をほめてやった。
しばらくして、デンデたちが界王神界にやってきた。
「えーっと、ヤ、ヤムロット・・・さん?お疲れ様です!すぐ治療してあげますからね!」
「サンキュー。でもまず悟飯たちから治してやってくれ」
「はい、わかりました!」そういうとデンデは悟飯を治療した。
「傷が治ってゆく・・・すごい、そんな事ができるのか」サタンが驚く。
「ええ、死んでさえいなければすぐ治す事ができますよ。・・・あっ!!」
デンデが急に声を上げた。
「ど、どうしたデンデ?」ヤムロットが不思議そうにたずねる。
「ピッコロさん・・・死んでる」

(ヤムロット伝・おしまい)

124 :作者の都合により名無しです :02/09/22 22:52 ID:3wpgIVnS
悲しい落ちだ

125 :作者の都合により名無しです :02/09/22 22:56 ID:jMbIISRM
      _人人人人人人人人人人人人人人_
        >    な なんだってー!!    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \二-‐' //`

126 :チャオズ様 :02/09/22 22:58 ID:PeQkhZgQ
今回、ちょっと量が増えてしまい一話に収まらなかったので二話に分けました。
タイトルがヤムロット伝なので最後は無理矢理ヤムロットにしましたw
良かったところ、悪かったところなど感想をくださると嬉しいです。
今までご愛読ありがとうございました!

127 :作者の都合により名無しです :02/09/22 22:58 ID:DPYEfZcn
ヤムロット面白かったっす。
最期の最期で大活躍できたヤムチャ、それでもヘタレは変わらんヤムチャ。
そして・・・ピッコロのオチで爆笑しますた。
でも終わっちゃったんだね・・・。サミスィ


128 :... :02/09/22 23:00 ID:NjdBMph6
2スレ目になったら
けっこーマターリじゃなくなってきたね

129 :... :02/09/22 23:08 ID:NjdBMph6
ヤムロット伝・・・・
ピッコロ好きやからこの落ちは
ちょとブルー・・・泣

130 :作者の都合により名無しです :02/09/22 23:12 ID:DPYEfZcn
>>129
ドラゴンボールで生き返るから大丈夫だ。

131 :チャオズ様 :02/09/22 23:14 ID:PeQkhZgQ
>>127
ありがとー!
これからは一緒に他の作者さんの話を楽しみましょう
>>129
ごめんなさい・・・w
ヤムチャの夢オチもちょっと考えたけど、スレタイを考慮して
ピッコロさんに犠牲になってもらいました。
ピッコロさんはもちろん大好きですよ!

132 :作者の都合により名無しです :02/09/22 23:18 ID:Qh/zufyd
悟飯の次に強い戦士・ヤムロットがこのまま生き続けるのか・・・

133 :作者の都合により名無しです :02/09/22 23:27 ID:BLKRiQDf
この闘い以降、ヤムロットは多分チチの管轄下に置かれるだろうから
女遊びもできなくなり寂しくて死んでしまいそう・・・

134 :作者の都合により名無しです :02/09/22 23:35 ID:r/4ewY8V
ブルーといえばブルー将軍とピッコロさんの声優も同じだったな。
普段気付かないがブルー将軍がヒステリックな声を出すとピッコロさんとかぶるw

135 :作者の都合により名無しです :02/09/22 23:43 ID:vBNbH/tE
>>115
>>116 2人ともまぎらわしい事をしてすみません。
あまりにも荒らしがひどかったんでつい・・・・。
俺はいろんな作者さんが叩かれていたので聖闘士ヤムチャの作者さんとか
書きづらくなるし、新しく書こうとネタを考えている
作者さんたちも書きたくなくなると思っていったのです。
>>119>>120>>121とか作者じゃなくてもウザイとかおもうでしょう。

あと、チャオズ様おつかれ〜。毎シーンみてました〜。

136 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:01 ID:+5ygdqvu
>>135
おまえもウザイ、静かに見ようじゃないか

137 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:06 ID:qsTOOzhB
スマソ

138 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:27 ID:u089bOcv
みんな忘れてそうなので公式リンクを貼っとく

http://ime.nu/members.tripod.co.jp/yamcha676/

139 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:28 ID:u/OlehXM
>>138
>>1

140 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:28 ID:rBAcNxYc
なんかツマランツマランほざいてる奴いるけど
そういう厨のせいで何人ものネタ職人が消えたことか・・・。

正直お前らのほうがツマランよ

それとsage進行な


141 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:28 ID:zv7c96hq
でも聖闘士ヤムチャは正直いらんと思う。
文章力が欠如しててイマイチ面白く思えないんだよなぁ。

142 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:41 ID:rBAcNxYc
まあほぼ台詞だけで進行してるからねえ

143 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:42 ID:gOe9/GUZ
思っててもそういうこと言うなアホ

144 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:47 ID:1iJAstLM
>>141
禿げ同…
なんか寝る前にメモ帳に書いたようなネタをそのまま
出してるって感じなんだよな。眠くてフラフラだから
キャラクターや世界観、ストーリー運びも作者の妄想に
忠実で、思い付いた時は素晴らしく見える。

朝起きて客観的に見たらナンダコリャなんだけど。
あと声優ネタってのは正直よくわかりません。

145 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:51 ID:d1obM6Sf
ヤムロット執筆終了・・・お疲れさんです

146 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:51 ID:u/OlehXM
ヤムチャ=古谷徹=星矢

147 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:52 ID:NGRDNIih
聖闘士ヤムチャはヤムチャらしさが足らんよーな気がする。
コスモ目覚めたり光速拳使えたりしたらヤムチャじゃないっていうか。
前半笑う所がなかったのもツライ。
着眼点はいいと思うから1000人ヤムチャやヤムロットを参照して最初から作り直してみては?

えらそうな事いってスマソ。

148 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:53 ID:j8+hK7EB
聖闘士ヤムチャは存在そのものがヤムチャらしさを醸し出そうと努力しているのだろうか?

149 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:54 ID:/pxxszPj
ヤムチャ最強への道は >>31につぶされますた

150 :作者の都合により名無しです :02/09/23 00:57 ID:rBAcNxYc
31は職人潰し

厨の中の厨キングオブ厨房・・か、ただの冨樫信者の可能性あり

151 :作者の都合により名無しです :02/09/23 01:02 ID:NGRDNIih
ヤムチャ最強への道もうやらないってウソだろ?
ウソだと言ってくれ・・・。・゜・(ノД‘)・゜・。 
このスレとたまちゃんスレが俺の癒し系なんだ。
何度1000人のヤムチャに癒された事か・・・。


152 :夢オチ!? :02/09/23 01:14 ID:HseLsZsV
>>106-109
ヤムチャ「・・・って夢を見た。だからサイヤ人は俺にまかせろ」
ピッコロ「寝ぼけるのも大概にしろ」
クリリン「夢か・・・よく考えたらヤムチャさんがそんなに強いわけないもんな」
ヤムチャ「クリリン、なんか言ったか?」
クリリン「いえ、何も!」
餃子「天さん、ヤムチャって・・・」
天津飯「わかっている。ほっとけ」

ヤムチャのかめはめ波で葬られるサイバイマン。
ヤムチャ「だから言っただろ。俺の夢はよく正夢になるんだ。さあ、サイヤ人ども!俺が二人まとめて相手してやる。かかってきやがれ!」
ピッコロ「油断するな!」
サイバイマンは生きていた。
ヤムチャが驚いている間に組み付き自爆する。
クリリン「ヤムチャさん!」
ピッコロ「ち、底抜けのバカが!何がサイヤ人と相打ちになっただ!」
べジータ「フッ、誰と戦うって?」


153 :_ :02/09/23 01:25 ID:sKt2nfMx
>>99
ブルマと会った時点で終わり。てっことで一話読み切り。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/09/23 01:32 ID:UYigL2AQ
>>101
ワラタ
ヨワー(・∀・)

155 :作者の都合により名無しです :02/09/23 01:33 ID:pUArcASn
聖闘士ヤムチャは、セイヤの本編を見ながらじゃないと多分話が見えてこないな。
ファンには各登場人物の性格や技、本編での出来事は常識なんだろうけど
DBスレなのでそこらへんの描写も細かくするとわかりやすくなると思います。

156 :ヤムチャ最強への道 :02/09/23 01:53 ID:bhUAkgCL
第二十三話「接近する悟空とヤムチャたち」

ヤムチャはリクームに対してかめはめ波の構えに入っていた、そのことが彼には幸いした。すかさず
切り替えて地面に向けてかめはめ波を放つヤムチャ。その衝撃で二人の体が浮く、そしてその下を
リクームのエネルギー砲がかすめていった。標的をはずれたエネルギー砲はヤムチャたちの後ろの
岩山に当たるとそれごとナメック星の地表を吹き飛ばした。ヤムチャはほっとする間もなかった、
気づくとリクームがすでに距離をつめており目の前にいたのだ。リクームの蹴りがヤムチャを襲う。
反射的に両手で顔面をかばうも、ヤムチャは吹っ飛ばされ岩に突っ込んだ。りょ、両手が使い物に
ならない、たった一撃ではあったが反撃はおろか、もはやヤムチャは立ち上がるのがやっとだった。
そのとき見かねたクリリンと悟飯がリクームに決死の特攻をかけた。一撃で吹っ飛ばされ戦闘不能に
なってしまうクリリン。軽く攻撃をいなされ、上から蹴りをもらい首の骨が折れてしまった悟飯。
ほとんどのものたちが戦えなくなってしまったいま、残る希望は51人のヤムチャたちだけであった。
「いいだろう・・・三時間だけ待ってやる。」とりあえずヤムチャたちはそう言ってみた。
当然そんなことは無視してリクームはヤムチャたちの群れに突っ込んできた。
「リクーム、俺の言うことが聞けんのか!!」ヤムチャたちは必死に叫んだ。リークムの拳がうなる。
3秒間で6人のヤムチャたちが死体に変わった。父さん、これアルデバランじゃないか!僕は
アバンテって言っただろ!父さんの馬鹿!、ヤムチャは思い出したくない過去を思い出しつつ死んだ。
リクームたちの圧倒的な強さの前に誰もが絶望していた。そのとき一台の宇宙船が皆の前に降り立った。
「ジース、何だ、ありゃ、どこの宇宙船だ?」「分からん」
”ナメック星ニ到着シマシタ”コンピュータがそう言うと宇宙船の扉が開き、中から人影が現れた。
次話「悟空か?ヤムチャか?(46+697人)」に続く

157 :作者の都合により名無しです :02/09/23 01:56 ID:NzvAcJ2l
>>156
イイ!続きが気になる!

158 :作者の都合により名無しです :02/09/23 02:05 ID:pUArcASn
>次話「悟空か?ヤムチャか?(46+697人)」

ワラタ

159 :作者の都合により名無しです :02/09/23 02:05 ID:EpSY+HPC
>>156
おおー、漢字と平仮名のコントラストが綺麗だ
思わず見とれて内容に集中デケンカッタ

160 :作者の都合により名無しです :02/09/23 02:07 ID:SwjXhto9
>>156
マジで続きが気になる!!
悟空か!?ヤムチャか!?

>父さん、これアルデバランじゃないか!
ところで、この元ネタがわからないのだが…

161 :チャオズ様 :02/09/23 02:14 ID:bTSbOT+y
>>156
ベジータの子分のヤムチャがめちゃカコイイ!
逆に他のヤムチャがめちゃカコワルイ・・・(藁

162 :作者の都合により名無しです :02/09/23 02:16 ID:pUArcASn
>160
漏れは、幼少ヤムチャが親父にミニ四駆の「アバンテ」を頼んだのに
親父はせんとせいやの「アルデバラン」を買ってきたシーンを思い浮かべた。

163 :チャオズ様 :02/09/23 02:17 ID:bTSbOT+y
>>162
多分そうだろうねw

164 :作者の都合により名無しです :02/09/23 02:19 ID:GZmzmZ1V
231名前:★★★:02/09/23 02:35

http://academy.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1031649479/38-38


すごい文かいた

165 :作者の都合により名無しです :02/09/23 02:19 ID:SwjXhto9
>>162
な、なるほど…

166 :作者の都合により名無しです :02/09/23 02:44 ID:2+ePREop
>>162
レベル高いね。

167 :作者の都合により名無しです :02/09/23 03:24 ID:oOuM8uC0
リクームの実力で飲茶6人処分に3秒か…
案外、善戦した方だったり…

168 :ヤムチャ最強への道 :02/09/23 04:24 ID:TpeHk6iD
第二十四話「悟空か?ヤムチャか?」

ナメック星の地にヤムチャたちが次々と降り立った。10分後には81人すべてのヤムチャたちが
その姿をあらわした。そしてヤムチャたちはいっせいにリクームのほうを向いた。
「いまこそ、10倍の重力を体験した修行の成果を見せてやる。みんな行くぞ。」
81人のヤムチャたちが顔に余裕の表情を浮かべながらリクームを取り囲んだ。
「まずはあいさつ代わりの狼牙風風拳だ!!」1人のヤムチャがリクームに飛びかかった。
が、もちろんダメージなど与えることはできない。「はっきりいって全然効いてないんだけど・・・」
リクームはそう答えた。「はあはあ、あいさつって言っただろ。これからが本番だ、覚悟しな。」
肩で息をしながらヤムチャはそう強がった。「んじゃ、こっちもあいさつしなきゃね。」クンッ!
そう言ってリクームが手首を返すとあたり一面がふき飛んだ。へっ、そんな攻撃なんか効くかってんだよ、
空中でリクームを見下ろしながらヤムチャたちはそう思った。しかしそれにしても10倍の重力下での
トレーニングは力になったぜ、体が軽い軽い、まるで自分がこの世にいないみたいだぜ、そう考え
ながらヤムチャ81人の魂は天国に召されていった。じゅ、重力装置か・・・これしかない!、そう考える
とベジータに仕えるヤムチャはなんとか力を振り絞り、最後の賭けに出た。ヤムチャは宇宙船に乗り込み、
そこからリクームを挑発した。「俺はまだ戦えるぞ、さあ来い。」
ヤムチャの後を追って、宇宙船に入るリクーム。いまだ!、ヤムチャは重力を最高の100倍に設定すると
リクームとすれ違いざまに外へ躍り出た。100倍の重力が宇宙船のなかのリクームに襲いかかる。

169 :ヤムチャ最強への道 :02/09/23 04:24 ID:TpeHk6iD
「こっ、こんなので・・・こ、このリ、リクーム様がや、やられるかよ。」
100倍の重力に襲われながらもなお、かろうじて立ちつづけるリクーム。
「う・・宇宙船ごと、ふっ、ふっ飛ばしてやる!!リクームウルトラファイティング・・・」
リクームの両手に巨大なエネルギーが集まっていく。あんたが100倍程度の重力で倒れないことは
こっちも予想済みだ、ヤムチャはそう思いながらリクームに何かを投げつけた。
「な・・なんだ?カゼ薬のカプセルか?ついに追いつめられて頭がイカレちまったのかい。」
「知らないのか、そいつはポイポイカプセルだ。そんなかに何がはいってると思う?はたして今のあんたに
支えることができるかな?重力100倍の家の人柱となって、ブッ潰れろ!!」
BOM!!リクームの頭上に突如出現したカプセルハウス。そしてそれがリクームを押しつぶす。
「こ、こんなものぉ!!」もはやリクームに100倍の重力のかかった家の重みに耐え切る力は残されて
いなかった。そしてカプセルハウスはそのまま床を突き抜け、リクームの体を潰すのであった。
「みんなあとは任せた・・・俺はもう・・・」力尽きたヤムチャは意識を失い、地面に倒れていった。
次話「ナメック星だよ全員集合(46+616人)」に続く

170 :ヤムチャ最強への道 :02/09/23 04:25 ID:TpeHk6iD
第二十五話「ナメック星だよ全員集合」

「やったヤムチャさん、あいつをたお・・・なっ、嘘だろ!?」
クリリンはその信じられない光景に眼を疑った。宇宙船の下からリクームが姿をあらわしたのだ。
右腕は完全に潰れ、目もうつろ、どう見てももう立っているのがやっとという状態だ。しかしリクームは
ゆっくりとではあるが確実に気絶しているヤムチャに向かって歩を進めていた。
「ふ、ふざけやがって!!この手で首をヘシ折らなきゃ気がすまねぇ!」
ヤムチャの所までたどり着くとリクームはその首をつかんで持ち上げた。や、殺られる・・、動けない
クリリンにはなすすべはなく、ただ見ていることしかできなかった。
「死ね!」リクームがその手に力を込めようとした、そのときベジータの手刀がリクームの体を貫いた。
「ベジータ・・・てめぇ・・・」「貴様は負けたんだ。負け犬はさっさと消えてもらおうか!!」
ベジータはそのままありったけの力でエネルギー砲を撃った。ボロ切れのように吹っ飛び、リクームは
死んだ。「おい、リクームの奴やられちまったぞ。」「油断のしすぎだな、さてと今度は俺たちだな」
そのとき空から6機の宇宙船が降下し、一同の前に現われた。宇宙船の扉が開き、なかからつぎつぎと
ヤムチャが出てきた。そして数十分後、すべてのヤムチャたちがナメック星の地に降り立った。

171 :ヤムチャ最強への道 :02/09/23 04:27 ID:TpeHk6iD
「悟飯・・・」
1人のヤムチャが首の骨が折れ、瀕死の状態の悟飯に近づいていった。
「今、楽にしてやる・・・」
そう言うとヤムチャは悟飯の首めがけて足を振り下ろし・・・
「ま、待ってくれ、ヤムチャさん。その腰にかけてるのは仙豆じゃないのか。それを食わせれば悟飯は
 助かるはずだ!」怪我をして動けないクリリンは必死にそう叫んだ。
「これ全部俺のもん!!」ヤムチャはきっぱりとそう言いきった。
「頼む!!フリーザたちを倒すのに悟飯はきっと必要になる!」
「ふぅ、じゃあしゃーねーなー」
嫌々ながらまずヤムチャはクリリンに仙豆を放り投げた。次に悟飯にむかって言った。
「何粒欲しいんだ?一粒か?ほれ受け取れ。」
ヤムチャは悟飯にむかって仙豆を思いっきり投げつけた。が、首の骨の折れている悟飯は動ける
はずもなく仙豆は悟飯の頬に当り、地面に転げ落ちた。
「おい、悟飯の奴いらないみたいだぜ。」
コイツあとでコロス、薄れいく意識の中で悟飯はそう思った。
「首の骨が折れてるから自分では食えないんですよ。ほら悟飯、仙豆だ、食べろ。」
回復したクリリンは悟飯に近寄ると仙豆を食べさせた。しばらくすると悟飯は起き上がった。
次話「パワーアップした悟空、何も変わっていないヤムチャたち(660人)」に続く

172 :作者の都合により名無しです :02/09/23 04:33 ID:4T0KLi9O
実におもしろいな。天国に召されながらセリフをはくヤムチャとか、爆笑。

173 :チャオズ様 :02/09/23 04:39 ID:bTSbOT+y
おもしろい!
ベジータんとこのヤムチャは確実に成長してるね。

174 :アキヒト ◆s4g5tod6 :02/09/23 04:47 ID:pnvgxu3g
相変わらず芸細かいっすねーw
それにしても活躍してるベジヤムチャと
他のヤムチャ達のへたれっぷりのあまりの差に笑える。
悟飯に仙豆ちゃんと食わしてやれよ・・・w)

175 :作者の都合により名無しです :02/09/23 05:38 ID:wSZJNRRM
一瞬、リクームにやられた重力10倍ヤムチャは深海魚が陸にでたら
目玉が飛び出るみたいに急に元の重力になったショックで死んだと
勘違いしてしまった。恥ずかしい。

176 :作者の都合により名無しです :02/09/23 06:03 ID:knTAiY0S
重力十倍ですごしてきたって事は、少なくとも
戦闘力8000前後は、いってそうなのに
81人いてもリクームに瞬殺されるのが
ヤムチャらしい。
この時に、フュージョンがあったら、ヤムチャ最強になれただろうになぁ。
1000人で次々に合体を繰り返す。

177 :作者の都合により名無しです :02/09/23 06:11 ID:lyAJjFpj
>>172
まさに息もつかせぬ名文でした(・∀・)

178 :さいりょ :02/09/23 08:25 ID:9p14h2t6
>>173
「悟飯のやつ、いらないみたいだぜ」
ワラタ

179 :作者の都合により名無しです :02/09/23 08:51 ID:l5bxEyVQ
天国に召されていった
禿藁

180 :作者の都合により名無しです :02/09/23 08:56 ID:R4oIuQcR
修行してたヤムチャ達よりベジータといたヤムチャの方が強そうだな。
普通ならリクームの一撃ですでに死んでただろうに・・・。
あとベジータがさりげなく助けてくれるとこイイ!!

>171
>「今、楽にしてやる・・・」
>そう言うとヤムチャは悟飯の首めがけて足を振り下ろし・・・
うわ、こっちは性格どんどん悪くなってるなw

181 :作者の都合により名無しです :02/09/23 09:18 ID:9p14h2t6
リクームを倒したヤムチャの運命は!?

182 :作者の都合により名無しです :02/09/23 09:26 ID:exBSxIyT
>ヤムチャ最強への道
31が煽ってるからどうかと思って見てみれば…
メチャクチャやるじゃん
設定の利用の仕方とか上手いし、セリフ回し、発想もぶっ飛んでる
下手な今のジャンプの漫画よりおもろい

183 :作者の都合により名無しです :02/09/23 09:32 ID:lyAJjFpj
最強への道、ドクターヤムチャ、ヤムロットが好きです。
最近sports3鯖の調子がイクナイので少年マンガ板に
常駐し出したけど、ギャルゲ企画といいこの板はレベル高いね・・・。

184 :作者の都合により名無しです :02/09/23 10:03 ID:oQz5saFo
やはり重力10倍を体験しただけではだめか・・・
ゴクウは100倍を克服したからな

185 :... :02/09/23 10:16 ID:RBgPTO4B
そいえば、なんかのマンガで
1000人のエリートを集めても
そのうち7割は落ちこぼれになる。
逆に
1000人の落こぼれを集めても
そのうち3割は優秀な人材になる。
そんでその3割のなかでも
特に優秀な人間があらわれる。

ってのがあった。
たぶん「猛き龍星」かなんかだったと思うけど。

まさに1000人ヤムチャってそんな感じ。
べジヤムチャと普通ヤムチャと
オリジナル(?)より性格悪いヤムチャ・・・・

186 :チャオズ様 :02/09/23 10:20 ID:bTSbOT+y
>>185
そういえば腕がもげても頑張るヤムチャもいたような・・・w
彼は生きているのかな?

187 :さいりょ :02/09/23 10:30 ID:9p14h2t6
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の3

気がつくとヤムチャは、ベッドの上によこたわっていた。
辺りを見回すと、小さなテーブル、数々の木彫り細工、パチパチと燃える
暖かそうな暖炉があった。誰かがここまで運んできてくれたようだ。
「おお、気がつきましたか!」
声の方を振り返ると、人のよさそうな老人が食事を持って立っていた。
おそらく、この老人が助けてくれたのだろう。
「いや〜、朝の山菜採りに出かけたら、森の中で倒れているんでびっくりしましたよ。」
そういうと、老人は持っていたトレイをベッドの近くのテーブルに置いた。
焼きたてのパンとおいしそうなスープのにおいで、今にもよだれがたれそうだ。
「さ、暖かいうちにお召し上がりください。」
その言葉を聞いたヤムチャは眼を輝かせ、礼も言わずパンに手をのばした。
まともな食事にありつけたのは何日ぶりだろう。そんな事を思いながら
ヤムチャはひたすらパンをむさぼるようにして食べた。
あっという間に食事をたいらげたヤムチャに老人は、少し驚いたようだ。
お茶をすすり、一服したヤムチャはやっと礼を言ってないのに気がついた。
「助かりました。食事までごちそうになってしまって…。」
老人は、にっこり笑ってこう言った。
「いいんですよ、困った人を助けるのは当たり前の事ですから。それに
うちには、若い者がいないのでうれしいくらいです。」
そんな会話が続いた後、ヤムチャはテーブルの上に写真立てが飾ってあるのに気がついた。
少し若い老人と女の子が二人で笑いながらこちらを見ている。
「あの写真の娘は誰なんですか?」
その言葉を聞いた老人は、今までの陽気な雰囲気とは一転してひどく悲しそうな顔をした。
しばらく重苦しい空気が続いた後、老人は口を開いた。
〜続く〜

188 :作者の都合により名無しです :02/09/23 10:34 ID:pvQC1gV7
>>聖闘士ヤムチャ作者さん
やはり、元ネタが悪かったのだと思います。
それと、文に少し面白さや笑いが取れる部分が足りないかなとも思いました。
その他は>>155さんが全部言っているので、言い様が無いです。
他に私が気になった点は無いです。

189 :  :02/09/23 10:39 ID:6myElwHp
ヤムチャが足元がお留守なのは天津飯に足折られたからだよ

190 :作者の都合により名無しです :02/09/23 11:16 ID:JFpX5YG3
それまでは特にお留守では無かったな。
露骨な凋落が始まったのはやっぱ神様戦からか。

191 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:10 ID:jUoBrL7m
このスレや前スレの小説をまとめた保存庫のサイトのURLがわかったら教えて下さい。

192 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:22 ID:lyAJjFpj
>>191

>>1

193 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:23 ID:fzR7hM9o
>>191
まだつくってません。
今続けられている小説?って言うか物語

ドクターヤムチャ 最強への道 聖闘士ヤムチャ 偉大なるヤムチャ伝説
題名ないっぽいけどこんなヤムチャどうよさんの作品  YAMUTYA〜二つの頬の傷〜
終わったお疲れ〜な作品
ヤムロット

です。6人の作者さんがんばれー。

194 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:24 ID:E4tuqQjt
>>191
>>1


195 :黒田の脚本により反逆です :02/09/23 12:24 ID:5Y7umxCj
ttp://home10.highway.ne.jp/dudley/yamutya.htm

196 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 12:31 ID:U2fr9b+Q
超遅いけど、ヤムロットお疲れサマー

197 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 12:35 ID:U2fr9b+Q
ドラゴンボールの音楽?
http://ime.nu/ime.nu/cemagicdd0.free.fr/dbz_dbz.mp3

198 :ドクターヤムチャ第七話(前編) :02/09/23 12:37 ID:tar2ZqX8
ひと悶着あったもののなんとか蛇の道に研究所を建てるヤムチャ。
今度は反重力を上手に使って固定したので、落ちる心配は無い。
「よし、後は界王星までひとっ飛び出来る乗り物を作るだけだ。」
研究を開始するヤムチャ。
そして数日後、
「出来た!」
新発明、新マイティマウス号が完成した。

この「新マイティマウス号」は一見、車の形をしているが陸海空あらゆる環境を移動することが出来るスーパーキャリアーだ。
最高速度はヤムチャの舞空術の10倍以上。
動力源は搭乗者の気を吸収するエネルギー吸収タイプなので完全無公害、環境にも優しい。
車体は高級感ただようセダンタイプ。その強度はサイバイマンの自爆にも耐える。
さらにボンネットに輝く「Y」エンブレムがヤムチャブランドの高品質をアピール。
そして車内は広々とした造りの6人乗り。勿論、冷暖房完備。
乗員がリラックスできるよう人間工学を考慮した設計のリクライニングシートには自動マッサージ機を搭載してあり、運転者の疲れを癒す。
さらにはアロマテラピーを駆使した各種芳香剤も用意。
操縦システムはマニュアルだけでなく高度なAIを用いた自動操縦機能を備え、行き先さえ入力すれば後は勝手に目的地に連れて行ってくれる。
まさに完全無欠、夢の乗り物である。

しかも発明品はこれだけではない。
ヤムチャは高分子化学を駆使した強化型パンツも開発していた。
これは横漏れ防止ギャザー付き、蒸れない漏れないはみ出さないの三拍子そろった大発明だ。
これさえあれば、もう恐怖のあまり失禁しても大丈夫。
流石はヤムチャ。失敗から学べる男である。

199 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:43 ID:Ugm0XpaI
>>198
車体は高級感ただよう〜以降の機能を省けば
1/3の時間で開発終了したんじゃねぇか?(w

200 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:49 ID:8baQ2jcp
>>199
師匠からしてステレオの位置に最後までこだわってたからな。

>そして車内は広々とした造りの6人乗り。

でもこれだけは絶対無意味だよな・・・・。

201 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:50 ID:Ugm0XpaI
>>198
ところで今回の話は第八話だと思うのだが

202 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/23 12:56 ID:tar2ZqX8
>チャオズさん
ヤムロット伝完結おめでとう御座います。
いやぁ滅茶苦茶面白かったです。
特に前半で、昔の恨みを悟空にぶちまけるところとヤムロットの微妙な強さとヘタレさにw
さらに中盤での手品、ラスト近くでのマトリックス避けなどまさに傑作でした。
あ、あと前スレで励ましのお言葉を下さり有難う御座いました。
受験勉強はまぁなんとかぼちぼちやっております。

>最強への道
重力を利用してリクームを倒すとは・・・
笑えるだけでなく燃える展開もしっかり押さえていて流石です。

>>85 >>183
好きって言って頂いて感謝の言葉もありません。
今後とも微力を尽くしますので宜しくお願いします。

>>83
おっしゃる通り、執筆速度以上に展開がのろいです。申し訳ない。
もう少しテンポ良く進むよう努力してみますが、なにぶん初心者なので上手くいくかどうか。

203 :さいりょ :02/09/23 12:58 ID:GEYoK/ZW
>>198
乙。ところで、搭乗者の気を吸い取るって、気が足りなくなったり完全に気を
しぼり取られてしまったらどうなってしまうんだろうか?

204 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:59 ID:CWCdx1C2
なんかいいスレに育ちつつあるな
みんなヤムチャが大好きなんだな!

205 :作者の都合により名無しです :02/09/23 12:59 ID:Ugm0XpaI
>>201
ついでに前スレの290からの
ドクターヤムチャ誕生5(回想編)も
1が4回続いてる

206 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/23 13:01 ID:tar2ZqX8
>>199-200
感想どもです!

>>201
その通りです。すみません私のミスです。
>>198は「ドクターヤムチャ第八話(前編)」
でお願いします。
これで二度目だよ、欝だ氏のう・・・

207 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/23 13:03 ID:tar2ZqX8
>>205
ああっ!?本当だ・・・
そこも1〜4に訂正です!
本当にすみません皆さん!

>>203
それは次回で解りますw

208 :作者の都合により名無しです :02/09/23 13:07 ID:6/OlX/xI
>>198
>サイバイマンの自爆にも耐える・・・実はそんなに剛性ないじゃんw

209 :作者の都合により名無しです :02/09/23 13:15 ID:cRC732F7
ヤムロットさん、乙〜!
正直、後の方から始まったから「どないかな?」と思ってたんだけど、めちゃくちゃオモロイよ!

ドクターヤムチャさん、再会おめ!お勉強は大丈夫ですか?
オモロすぎてPCの前でのた打ち回ってます。失禁しても大丈夫って・・・!ヤムチャ、自分のことわかりすぎ!

210 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 13:15 ID:U2fr9b+Q
〜偉大なるヤムチャ伝説〜 原作では語られなかったヤムチャ。 

ヤムチャが次に目覚めたのは、あの世だった。
あの世
閻魔大王「おお、お前がヤムチャか、地球の神から聞いておる。
『お前が今日絶対来る』から界王様に修行を
させにやってくれといっておったぞ。
おまえ自身はどうなんだ、界王様に修行をしてもらいたいか?」
ヤムチャ「はい!界王様におしえてもらいたいです。」
閻魔大王「よかろう!そんなに行きたければ界王様のところにいくがよい。」
ヤムチャ「ありがとうございます」
閻魔大王「今、案内人をよんでやるあっちから出てまっておれ」
案内人によってヤムチャは蛇の道についた・・・。
案内人「そうそうここから落ちたら地獄で、もどること
ができなくなるので気をつけて下さい。ではがんばってください。」
案内人は車でその場を立ち去った。
「二度とボロクズなんていわせるか!」
ヤムチャは素早く蛇の道の頭にのって
蛇の道を走り出した。走りながらヤムチャは思った。
「神様もひどいよな・・・・。」
5分後ヤムチャがもう帰りたいなと思ったのは言うまでもなかった。

211 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 13:39 ID:U2fr9b+Q
〜偉大なるヤムチャ伝説〜 原作では語られなかったヤムチャ。 

ヤムチャは限界だった。
もう舞空術で飛ぶ力もほとんどなくなっていた。
「はあ〜つかれた。もう走り続けて5分になるのに全くつかないじゃないか
なんか早くつく方法ないかな・・・・・。」
ヤムチャの必死の考えもむなしくつきそうもなかった。
ヤムチャはひたすら歩いていた。
「なんか眠くなってきたな、ここでねるか。」
ヤムチャは蛇の道で横になった。目を閉じろうとした瞬間、
ヤムチャは恐ろしくほど、強い気がきてるのに気がついた
「誰だ?これはすごい懐かしい気だ。おお!あれはごくうだ!
おーいゴクウ!俺だヤムチャだー。」
ヤムチャは声を張り上げて飛んできているゴクウに叫んだ。
ゴクウは、こっちをチラッと見てヤムチャの存在にきずいた。
「ゴクウー。俺を界王様のとこまでつれてってくれ〜。」
ゴクウはそのまま通り過ぎていった・・・・。


212 :作者の都合により名無しです :02/09/23 13:46 ID:9Sv9Fxx7
正直>>187の元ネタがまったくわからん

213 :ドクターヤムチャ第八話(中篇) :02/09/23 14:44 ID:tar2ZqX8
ヤムチャは早速、新マイティマウス号に乗り込むとエネルギー吸収炉を起動させる。
「新マイティマウス号、発進!ポチっとな。」
すると凄まじい勢いで加速を始める新マイティマウス号。
「よし、このまま界王星まで直行だ!!」
各種インジケーターを確認、オールグリーン。操縦をマニュアルから自動操縦に切り替える。
こうなったら後は到着するのを待つだけだ。
ヤムチャは自動マッサージ機のスイッチをONにすると、シートを倒して横になった。
「あー極楽極楽♪ってここはあの世だから本当に極楽なんだけどな、はは。」
設計通り最高の乗り心地と自動マッサージ機によって、ヤムチャはこの上無く上機嫌である。
「さーて、着くまでひと眠りするか。おっと忘れていた。寝る前にちゃんとあれを装着しないとな。」
あれとは新発明、強化型パンツのことである
これをしっかり穿いていおけば、怖い夢を見てオネショをしても問題は無い。
安眠するにはかかせないアイテムだ。
ヤムチャはこれに加えてナイトキャップを身につけると、幸せに包まれながら眠りにつくのであった。
この乗り物の動力源がエネルギー吸収タイプだと言うことを完全に忘れたまま・・・

最初にそれに気付いたのは、空中戦の修行をしていた天津飯だった。
「なんだ?あれは。」
蛇の道の続く先に、なにか車のような物体が浮いているのが見える。
(車か?見た事の無いデザインだが・・・ん?ボンネットになにか付いてるな。)
三つの眼を凝らして良く見ると、それがアルファベットの「Y」の文字をあしらったエンブレムであることが解った。
そのエンブレムになんとなく嫌な予感を覚えた天津飯は、その車らしきものの正体を確かめるため界王星から離れていった。
(敵ってことはないだろうが・・・念の為だ)
そしてすぐ傍まで接近したとき、ふとその物体の中から微弱な気を捉えた。
「この気はヤムチャか?妙だな・・・いくらあいつでももう少し気が大きいはずだが。なっ!?」
不審に思って車内を覗き込んだ天津飯は、思わず驚きの声を漏らした。
なんとそこには干からびた男の即身仏が座席に横たわっていたのだ。
しかもどういう原理かわからないが、その即身仏は微妙に前後左右にうごめいている。
「な・・・なんて気味の悪い・・・」
絶句する天津飯であった。

214 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/23 14:53 ID:tar2ZqX8
>>208
いやまったくw

>>209
ども遅くなりました。
ご心配をおかけして申し訳ありません。
受験の方は古文と漢文と英語が壊滅的で・・・ま、何とかやってますw

>>210-211
ヤムチャ疲れるの早ッ!ゴクウに無視されてるし・・・

215 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 15:19 ID:U2fr9b+Q
>>214
ドクターヤムチャさんは受験生でしたか。古文と漢文やばい俺もサッパリわからない・・・。


216 :作者の都合により名無しです :02/09/23 16:01 ID:4l5BTXlO
つーかヤムチャ生き返らないほうがよかったような。
天津飯、餃子もだけど。
なんかあんな扱いになるくらいならさ。
ブウ編でべジータがブウと自爆したとき、ああもうヤムチャには勝ち目ないなって思った。
完全にべジータに男を取られた感じで


217 :作者の都合により名無しです :02/09/23 16:01 ID:pKEcBa9N
遅レスですが最強への道のベジヤムチャって特にパワーアップしてないよね?
戦闘力2000弱でリク―ムを追い詰めるベジヤムチャ萌え。
その他大勢ヤムチャが相変わらずヘタレなのに・・・。
今回も面白いっす。続編楽しみにしてます。

218 :さいりょ :02/09/23 17:09 ID:cLwPlIXt
>>212
いや、もとネタなんて無いですよ。
原作で描かれなった所のボク個人の創作っす。

219 :作者の都合により名無しです :02/09/23 18:11 ID:6/OlX/xI
>>213
予想通りだけどおもろい

220 :作者の都合により名無しです :02/09/23 18:14 ID:zFaaGGS8
しかし1000人ヤムチャもレベルアップしないと生き残れないような・・・
いくら何でもフリーザ相手じゃまず皆殺しされそうな感じがする。
発狂ヤムチャもただ凶暴なだけだろうしw

221 :作者の都合により名無しです :02/09/23 18:19 ID:u/OlehXM
知恵と勇気で足りない戦闘力をカバーだ!

222 :チャオズ様 :02/09/23 18:29 ID:bTSbOT+y
>>145>>183>>196>>202>>209
ありがとー!ヤムロット伝やってよかった(涙

>ドクターヤムチャ(41)さん
古文と漢文と英語が壊滅的ですか・・・俺もそうでした(生物も)
ヤムチャ、頭イイのか悪いのかわかりませんね。
それにしても強化パンツってカッコ悪すぎますw

>スーパー地球人ヤムチャさん
神様やゴクウにひどい扱いをうけるヤムチャに泣けてくる・・・がんがれ!
ところで受験生なんですか?

>さいりょさん
感動作の予感・・・期待してます!

223 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 19:00 ID:U2fr9b+Q
いやいやまだ受験生ではおありません。
高校1年です。そういえば皆何歳なんだろ?
(そういえば化学って毎回赤点だな・・・。ひどいなこれ。)

224 :さいりょ :02/09/23 19:24 ID:59zhVXM4
>>223
ボクはリア厨ですよ。

225 :作者の都合により名無しです :02/09/23 19:31 ID:5SEM1bvm
毎度毎度楽しい作品をあげてくれるのは有難いですが
馴れ合い雑談は他所でやっていただきたいッ!

226 :チャオズ様 :02/09/23 19:34 ID:bTSbOT+y
>>223-224
まじっすか!
大学二年にもなってあんなおそまつな文章の物語を書いた自分が恥ずかしい・・・w
でも若い世代にもヤムチャが愛されててなんか嬉しいな。
勉強があまりにもお留守にならない程度に、続きがんがってください!

227 :チャオズ様 :02/09/23 19:39 ID:bTSbOT+y
>>225
ごめんなさい・・・
作品UP期待age

228 :作者の都合により名無しです :02/09/23 19:46 ID:fPzfJPEX
>>193
こんなヤムチャどうよ?を書いたものだけど、俺も作者の一人に入れてもらってどうもです。
公式サイト行ったら掲載までしてもらってさらにびっくりですw
ありがとうございます。
ただヤムチャをカッコよく活躍させたいってつもりで書いただけなんで次のネタとかは全く無いんですがいいネタ思いついたら書かせてもらいます。
でも今回のべジータ編はまだいいんだけど、フリーザ編以降は活躍させるのやっぱり難しいかも
ただキャラを置き換えただけっていうのにもなっちゃいそうだし




229 :作者の都合により名無しです :02/09/23 19:47 ID:pKEcBa9N
チャオズ様の文章に萌えますた・・・。女性の方ですか?
遅ればせながらヤムロットおつかれさんです。
次回作構想できたらよろしく!
しかし作者さん達3人がリア厨・工ですか・・・。すげーな。

230 :さいりょ :02/09/23 19:52 ID:59zhVXM4
>>228
ボクも、公式サイト掲載、ありがとうございました〜。
情けない作品ですがよろしくお願いします。

231 :チャオズ様 :02/09/23 20:00 ID:bTSbOT+y
>>229
ありがとです。残念ながら男で申し訳ないですが・・・w
今は他の作品を楽しむばっかりだけど、また機会があったら
過去の経験(というか反省)を生かして新作をやりたいです。

>>228
期待してます!

232 :飲茶外伝 :02/09/23 20:25 ID:Y79HC6ch
俺のも乗ってた、、ありがとうございます。

でも、他の方々の作品と比べるとどうもつまらんっぽいので
しばらく自重...明日からテストだし。

233 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 20:29 ID:U2fr9b+Q
俺ものってたありがとうございます。なんかうれしいですね。
では・・・・。
作品期待age

234 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 20:31 ID:U2fr9b+Q
メールアドレスにsageってかいていたらupできないんだった。
では、作品UP期待age


235 :作者の都合により名無しです :02/09/23 20:40 ID:6/OlX/xI
もれもage

236 :作者の都合により名無しです :02/09/23 20:40 ID:WUqB0WCV
公式サイト、Operaだと表示がおかしくなるね

237 :228 :02/09/23 20:54 ID:qZMpqaIU
チャオズ様、どうもです。
期待に答えられるよう努力します。
ヤムロット伝はいつも楽しみにしてました。
無謀すぎるヤムチャにはいつも笑わせてもらいました。
でもピッコロさんが死んじゃうなんてw

このスレはいろんなヤムチャのストーリーがあるからいつも楽しみ。
作者さん、がんばってください!




238 :ドクターヤムチャ第八話(後編) :02/09/23 20:57 ID:tar2ZqX8
空中に浮いている車(?)の座席に横たわる、うごめく即身仏。
百戦錬磨の天津飯でも、流石にこんなシチュエーションにはお目にかかったことは無い。
「さ、流石はあの世だな。こんなわけのわからないものが出るとは・・・」
思わず妙なところで感心してしまう天津飯。物珍しさも手伝って即身仏をまじまじと眺める。
するとその頬に十字型の傷があることに気付いた。
「どこかで見た事のある傷だな。えーと確かヤジロベー・・・じゃないな。桃白白・・・でも無い。ランチ・・・は論外。」
腕を組んで考え込む天津飯。
「・・・はもう少し背が低かった・・・男狼・・・は顔を覚えていない。パンプットは・・・あっ!」
パンプットの自信に満ち溢れた表情と無様な負けっぷりに一人の男の姿がダブった。
「ま、まさかこれが・・・ヤムチャ?」
そしてやっと、さっきこの車からヤムチャの気を感じ取った事を思い出した。
集中してみるとたしかにその即身仏から、わずかではあるがヤムチャの気が感じられる。
なんとうごめく即身仏の正体はヤムチャだったのだ。

干からびているのはエネルギー吸収炉に気を吸い尽くされた為。
そして前後左右にうごめいているのは自動マッサージ機に揺さぶられているだけであった。
勿論そんな事を天津飯が知るはずは無い。

「まだかすかにだが息がある。仕方ない、助けてやるか。」
ヤムチャはすでにサイバイマンの自爆で死んでいる。
故にこれ以上死ぬとは思えなかったが、あのヤムチャの事だ、万が一という事もある。
天津飯はフロントガラスを叩き割ると車内に侵入して即身仏、もといヤムチャの干物を抱えあげた。
「待ってろよ、今界王様の所に連れて行ってやる。」

余談だがこの後、弱りきったヤムチャは界王星の十倍の重力でさらに死にかけてしまう。
そして一週間ほど昏睡状態が続くわけだが、その際、彼はとある不思議な夢を見る。
そしてその夢が後の人生に大きな影響をもたらす事になるのであった。

239 :狼牙の拳(ドクターヤムチャ幕間劇) :02/09/23 21:00 ID:tar2ZqX8
199X年。地球はサイヤ人襲撃にさらされた。
あらゆる生命体は絶滅したかのように見えた。
だが、人類は死滅していなかった!!

<主題歌>(北斗の拳OP「愛を取り戻せ」替え歌)
YAMU CHA! 天津飯に倒される
YAMU CHA! 俺の脚が折れている
新しい技 あみ出し使っても いつも無駄だよ
闘うたびに 足元お留守で ダウンさ

YAMU CHA! 自爆で鼓動 停止する
YAMU CHA! 俺の鼓動 停止する
ブルマに隠れ 浮気の心 今 熱く萌えている
愛想尽かされ 無残に捨てられる はずさ

俺との愛を忘れさり お前は妊娠
ベジータと結ばれた
微笑み浮かべた顔など 見たくはないさ

愛を 取り戻せ!!

240 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:01 ID:f6mQU7wE
前スレからROMっている者ですがこのスレ、面白いです。
作者さん達、頑張ってください。

241 :... :02/09/23 21:05 ID:nbAY41BG
パンプット・・・

242 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:05 ID:u/OlehXM
>>239
最高(ワラ

243 :狼牙の拳(ドクターヤムチャ幕間劇) :02/09/23 21:06 ID:tar2ZqX8
時は世紀末、暴力の嵐が吹き荒れる無法の荒野。

一子相伝の暗殺拳、狼牙風々拳の伝承者であるヤムチャは恋人ブルマと共に、亀仙人の墓の前に立っていた。
ブルマと旅立つ事を今は亡き師、亀仙人に報告するためである。そして、安住の地を求め出発しようとする二人。
だがそんな二人の前に、つるっぱげとサイバイマンを引き連れたベジータが現れた。
「その女は貰っていくぞ!」
居丈高に宣言するベジータ。だがヤムチャはその挑戦を真っ向から受ける。
「今の時代は力こそが正義。ブルマが欲しけりゃ力ずくで奪ってみやがれ!」
「いいだろう・・・やれ、サイバイマン」
「手下に俺を倒せると思うか?狼牙風々拳の力を見せてやるぜ!アチョー」
バキッ!!ズガッ!!ゴス!!チュドーン!!
「ふっ、力では何も解決しない。ここは平和的に話し合いでかたをつけないか?」
ボロ雑巾のようになって地面に転がったヤムチャは提案した。
「ふざけるな。」
無論、却下。
「おいナッパ。こいつを捕まえておけ。」
「わっ!何をする、やめろ!」
ベジータは部下にヤムチャを羽交い絞めにさせると、手刀でその顔に傷を付けていく。
「ひとーつ、ふたーつ、みいーつ・・・」
「や、やめろ!俺の甘いマスクに傷をつけないでくれーー!!」
そしてあっという間に、顔に七つの傷を持つ男にされてしまう。
そのヘタれた様子に満足するとベジータはブルマの元へ近づいていった。

244 :狼牙の拳(ドクターヤムチャ幕間劇) :02/09/23 21:06 ID:tar2ZqX8
「ブルマ、おれを愛しているといってみろ。」
「ベジータ、愛してるわ」
即答である。
「さもなくばお前の愛するヤムチャの命は・・・・おい、今なんと言った?」
「愛してるわ、ベジータ。何度も言わせないでよ、もぅ・・・」
頬を染めてはにかむブルマ。
「そ、そうか。(お、女の心変わりは恐ろしい・・・)」
ちょっぴり冷や汗の流れるベジータ。
「さあ早く行くわよ。まずは二人のマイホームを探さなきゃ」
そう言ってブルマはベジータの手を握り締める。
「ブ、ブルマ・・・俺を助けるためにそこまで・・・」
ヤムチャは呟き、感動のあまり涙を流した。
そして、サイバイマンもヤムチャのあまりにも哀れな境遇に涙を流していた。
その後、ブルマとべジータは共に手と手を取り合っていずこかヘと消えていった。
後に残されたのは、顔に七つの傷を付けられ面白い顔になったヤムチャと、彼に同情して残ったサイバイマン一匹のみである。
「ははは、もう俺には何にも残っちゃいない・・・このまま野たれ死のう・・・」
「キーキー(そういうなよ、生きてれば良いこともあるさ。)」
ヤムチャの肩に手を置いて、慰めの言葉をかけるサイバイマンであった。



「う〜ん、サイバイマン・・・お前・・・むにゃむにゃ」
「ヤムチャの奴、眠りながら涙を流している。一体どんな夢を見ているのでしょう?」
なぜか干物状態で発見されたヤムチャに気を送り込みながら、天津飯は界王に話しかけた。
「うーむ、恐らく夢の中でサイバイマンと戦っておるんじゃな・・・泣いておるのは夢で仲間が命を落としたのじゃろう。」
「なるほど、夢の中でも闘っているとは・・・ヤムチャも一応、武道家のはしくれなのですね。」
少しヤムチャの事を見直す天津飯。
しかしこの後、ヤムチャは
「俺の名を言ってみろオ」「汚物は消毒だぁ」
などと意味不明な寝言を連呼しだし、別の意味でヤムチャの事を見直す必要を感じる天津飯であった。

245 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:22 ID:I9NA4zhQ
ヤムチャ1000人はフリーザで尽きそうだ。増えるとしたらポルンガ、セル戦の後かな。今後の展開に期待

246 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 21:22 ID:U2fr9b+Q
〜偉大なるヤムチャ伝説〜 原作では語られなかったヤムチャ。 

ヤムチャはまた走りだした。
たぶんクリリンとかチャオズとかあの世にすぐきそうだったので
少しでも早く界王様のところについて
修行をしてもらい差をひろげたかったのだ。
ヤムチャは「さっき見たゴクウはおそらく
眠たかったりしたから、幻想だろう?」と自分で自問自答していた。
ヤムチャが走り続けてもう何日かたった頃
やっと蛇の道の最後が見えはじめていた。ヤムチャを動かしていたのは
『ボロクズ』と言われた自分への弱さをうち勝ってやる!
と思っている心だけだった。
「やった!ついに蛇の道の最後に着いたぞ!
ここからどうすんだろ?ゲームだったら
ワープしたり、合言葉を言ったら道ができるんだよな・・・。
いやもしかして紋章とか必要だったのか?」
ヤムチャは武道家でありながらゲーマーだった。
夢みたいなことを考えているうちに、
ヤムチャはゴロンと横になってしまった。
「ん?あそこにういてるのはなんだ?あれがもしかして界王様がいるところか?
横になっているヤムチャは上にある丸く大きな物体にきずいた。
ヤムチャは「何だろ?と思って」飛び上がった。すると・・・。
「うわっ!」ヤムチャはその丸く大きな物体にひきつけられた。
「うわゎぁぁ〜。」ビタッ
「なんだこの地面は?すごい力ですいつけられているぞ」
体が鉛みたいに重いな・・・。こんなに重力があるならションベンとか
ここの端っこでやるとスゴイ速さで戻ってくんだろな・・・・。」
界王様「ん?誰だお前?」
ズボンを下ろしてるヤムチャにきずいた界王様が言った。
「誰だとはなんだ!人に名をたずねるときは、自分から名のれよ昆虫みたいに
触覚みたいな変なのつけやがって!ふざけたヤローだ!」
ヤムチャは空腹と睡眠不足で我を忘れていた・・・・。

247 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/23 21:26 ID:tar2ZqX8
ども、聖闘士ヤムチャさんに影響されて思わずクロスオーバーやってしまいました。
ドクターヤムチャの一部扱いになってますが、実のところ本編とはほとんど関係ない話です。
あくまでおまけだと考えてください。

>スーパー地球人ヤムチャさん
私の年齢は・・・言うまでもありませんねw
お互い勉強がんばりましょう。

>チャオズ様
大学生なんですか・・・いいなぁ
次回作ですか。期待しております

>さいりょさん
リア厨って・・・良くDBご存知ですね。正直びっくり。

>>228
ヤムチャをかっこ良く活躍させるのって難しいですよねぇ。続き頑張ってください。

>>219
感想有難う御座います。今度は出来るだけ予想のつかない展開を考えて見ます。

248 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:29 ID:u/OlehXM
×きずいた
○きづいた

249 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/23 21:29 ID:U2fr9b+Q
>>239>>243>>244
激しく笑いました。


250 :‮(゚Д゚) ◆FjUkb7.k :02/09/23 21:32 ID:CO/4XY0b
test

251 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:35 ID:of+5WLN2
聖闘士ヤムチャの作者いなくなったな。まぁあれだけ言われたら
もう来れないだろ。つまらんとやっと気づいたのかな?(w
>>246
次回も期待してます

252 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:44 ID:Z5587gD0
血も涙もねーなここ・・・

253 :チャオズ様 :02/09/23 21:45 ID:bTSbOT+y
>ドクターヤムチャ
いかん、笑い死ぬかと思いました(藁

>偉大なる
ヤムチャ、これ以上ないくらい最悪の第一印象だ・・・

254 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:47 ID:pKEcBa9N
>>狼牙の拳
メチャワラタ。いいクロスオーバーの見本だと思う。
ホントに作者さんリア工ですか?
ドクターヤムチャ本編もがんがってください。

255 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:47 ID:4qhGEvju
他人の作品にケチつける暇があったら自分でネタだそうや
最近待ちばかりで自分からネタ出さない奴多すぎだぞ

256 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:51 ID:of+5WLN2
>最近待ちばかりで自分からネタ出さない奴多すぎだぞ

前にも誰か言ってたが下手なクセして調子に乗ってドンドン書かれると
スレが進むし迷惑なんだって。みんな批判しないだけでおもしろくない作品なんて
いっぱいあるのにね。書いてる人は気づかないからめでたいね
今回は聖闘士ヤムチャの作者だけが言われただけでみんなもっといいたんじゃないか?

257 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:51 ID:JPWOaBlE
>>252
確かにな(w

258 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:54 ID:m/ds7pNw
DBで戦闘力1000超えてる奴は他の漫画なら無敵。
最終ヤムチャは5万ぐらいありそうだから神。


259 :作者の都合により名無しです :02/09/23 21:55 ID:pKEcBa9N
>>258
栽培マンも他の漫画ならラスボスクラスなのだろうか?


260 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:03 ID:8baQ2jcp
>>259
とりあえずヤムチャ最終バージョンに勝てりみこみありそうなラスボス

大魔王バーン(ダイ大)
冥王ハーデス(星矢)サガでもいけるか?
白面(うしとら)

あたりかねえ・・・・。

261 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:07 ID:K5yDsQxx
今なら言える
きっと言える
聖闘士ヤムチャは、このスレのヤムチャだったと

262 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:09 ID:gQtGfjXh
黄金連中は悟空にも素で勝てそう。(光速だし特殊系多し)
スタンド使いも何人か勝てそう。ジョルノのGEレクイエムは確実。
逆に北斗や肉・男塾・バキあたりだとヤムチャに勝てる奴はいないだろう。
ヤムチャに瞬殺されるラオウや塾長は想像しづらいけどな。

263 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:13 ID:6JtMN6eK
他の漫画の敵はなかなか空とばないぜ〜?

264 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:19 ID:gQtGfjXh
ヤムチャに勝てそうな奴
肉のカナディアンマン。
地球を破壊するパワーのヤムチャ、地球を持ち上げるパワー(だったと思う)カナディアンマン。
どちらも空を飛べ、ヘタレぶりもいい勝負。

265 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:21 ID:4qhGEvju
別につまんなかったら読まなけりゃいいだけだろ
何故わざわざ煽る。つまんない話1レスに10も20も叩きレスなんて無駄もいいとこ
だいたい下手が書き込めないんじゃ俺も書き込めねーよ

(ε´ メ)ブーブー

266 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:29 ID:DaK8r41m
age

267 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:43 ID:DaK8r41m
>>265
がいいこと言った!
>>256
いいたいからっていうのかよ。話し書いてる人達の身にもなれよ!
ネタ考えるのだけでも大変なのにお前たちのようにツマラソとかカキコしてると
その作者さんは勿論、他の作者さんや、
明日から新しい物語をカキコしようとネタ考えている人たちにも迷惑になるんだよね。
要するに、>>255は面白いネタも全然書いてないくせに
人の批判すんなやDQといいたいんだろ。
分かったら次から批判レスカキコすんなよ。それもそれで、スレが進んで迷惑だろ?

268 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:47 ID:u/OlehXM
どっちもどっち

269 :作者の都合により名無しです :02/09/23 22:50 ID:H1nt+2hS
ってこともない。スレ進んで迷惑とかいってる奴は
自分の糞レスのことを気にしてないあたりどきゅん

作品に対して節度ある批評は当りまえっしょ

270 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:01 ID:FSXAMdpu
>節度ある批評
ただツマランというだけの批評のどこに節度か。
ツマランと思うものはちゃんとそこを記せよ。
面白いといってる人はみんなちゃんとどこが面白かったか
いってるんだ。批判房の中には読まずにただ
煽りをしている者もいるかも知れんがな。

271 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:02 ID:of+5WLN2
つまらんネタを自信満々でカキコしてくる奴は痛いよね
あとかなりうけてると勘違いしてる奴も痛いよね
ってゆーよりいまだにヤムチャネタでうけてる奴も痛い

   ヤ   ム   チ   ャ   ネ   タ   ウ   ザ   す   ぎ   !


 

272 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:04 ID:A7Qonb1i
>>270
そうとっちゃたか……
俺はただの、つまらん!!とかいうレスは節度ある批評になってないから
やめろといいたかったのだ。ID変わったがな

273 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:04 ID:gQtGfjXh
おまいら喧嘩すんな。俺の大好きな最強への道がうぷされなくなったらどーすんだ。
叩いてる香具師もどこが悪いか、どうすればいいかカキコしなよ。
作家さんも読んでる俺らも協力していい作品作ってこうよ。

274 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:08 ID:joTOpuHo
何回か交わされてる議論のよなきもするが
ある程度作品として評価して欲しいという
気概が作者さんにも当然あるだろうし、
面白い作品をうpしようとしているのは
一部の煽り以外は皆知ってるだろう。

だからこそ上でも言ってる通り節度ある批評・批判はやはり
必要なのではないだろうか。面白いという意見以外を封じて
しまったら、結局それはスレの寂れにつながるかと。

作者さん方には深い感謝をしつつ、それなりの評価を。
ってーのがROM派の取るべき態度かと。説教クサ長レススマソ。

275 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:11 ID:WgEhTneO
まぁそんなもんだろうね。

276 :... :02/09/23 23:21 ID:0dJPCItm
正論だね

277 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:31 ID:DaK8r41m
>>273
がいいこといった。
>>278
つまりツマランと思ったらどこがツマランかまたどう直したらいいか
批判って言うか注意をすべきと言ってるんですね?
確かに、ツマランとか書かれていたら、その作者さんも
UPを願っている人たちにも迷惑かかるしね。


まあまあみんなマタ−リヤムチャを語ろうよ。

278 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:33 ID:u/OlehXM
え?

279 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:35 ID:sCUujB/Q
つまらんものはつまらんとしか言いようがない、というのは思考の停止なのだろうか
批評家じゃあるまいし、率直な感想を言うのもいいとは思うんだけど

280 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:39 ID:v3aByKGx
つまらんつまらん言ってもスレの雰囲気が悪くなるだけだし、
そいつ本人が面白いって思って読んでるものすら読めなくなるかもしれない。
物には言い方ってものがあるとはよくいったもので、何より自分自身が楽しむためにも
建設的な批判の方が良いと思うぞ。

281 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:41 ID:DaK8r41m
そうそうそれに最高の煽りは無視とも言うじゃん。

282 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:45 ID:652ABb3I
建設的な意見ばかりが聞きたいのなら2ch以外のサイトでどうぞ。
治安もクソもないここでは無理ぽ。




283 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:47 ID:sCUujB/Q
なるほど。ここの人たちは良識的だね。
ここは2chだからもっと殺伐としてるもんだと思った。
現に、何人ものSS書きが潰されていったのを知ってるし。
このまま育つといいね。いや、煽りじゃなくて、マジで。


284 :チャオズ様 :02/09/23 23:50 ID:bTSbOT+y
マターリいきましょう。
作品UP期待age

285 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:51 ID:DaK8r41m
作者さん達ガンバレー!!!でこの討論はおわっていいですか?
(もういい加減しないと作者サン達がみんないやな気分になってうPしてくれないかも)

286 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:54 ID:u/OlehXM
公式サイトに討論・批評用の掲示板でも作ってくれ

287 :... :02/09/23 23:57 ID:0dJPCItm
作者さんたちのプレッシャーが・・・・

288 :作者の都合により名無しです :02/09/23 23:59 ID:aZhiSujV
とんだ共産主義スレだな(w はっきりいって気持ちがワルイ

どの作品も同じ評価で扱わなきゃいけないのか、
つまらん作品はつまらんし、おもしろい奴はおもしろい

まあ、「つまらん」だけ書いて理由書かないのも失礼だが
作品の批判は一切しちゃいけないとは・・・




289 :新世紀ヤムチャリオン :02/09/24 00:00 ID:0s3xc6SA
第壱話「サイバイマン来襲」

時は20××年、ピッコロ大魔王、サイヤ人、セル、魔人ブウの恐怖をのりき
った地球に新たな恐怖が迫っていた。その名もサイバイマン。何処からとも
なく去来するその未知の生物に人々はなすすべがないかに思われた。
しかし!人類はとっておきの秘密兵器を残していた。
かつて元祖サイバイマンと闘いそして相打ちにまで持ち込んだ英雄。
その名はヤムチャ。
ナッパ「いまこそ奴を起こす時だ・・・」
ナッパ司令が静かに呟く。
ラディツ「もうそれしか方法がないか・・・」
老体のラディツ副司令が静かにボタンを押す
プシュー・・・・・   冷凍保管庫の扉が静かに開いた
ヤムチャ「・・・・ふははははは。ついにこの時が来たか!ゴクウたちの
いる時代では俺の出番はなかった!しかし今ならどうかな?さあナッパの
おっさんよ、俺に何でも任せてくれよ!」
ラディツは静かにモニターを指差す
ヤムチャ「あ、あれは・・・・サイバイマン!!む、無理だ!!俺にあい
つの相手をしろってのか?」
ナッパ「心配ない。お前にはパイロットになってもらうだけだ。」
ヤムチャ「パイロット?」
ナッパ「お前のDNAから作り上げた人型人造人間・・・その名も
ヤムチャリオン!!」

                            つづく    

290 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:04 ID:CijdDuJy
よくヤムチャネタに飽きないね。
まだうけるとおもってるの?

291 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:06 ID:CVDvDWpd
>>289
また調子に乗ったバカが一人。

292 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:06 ID:PLt6n4jx
それにしてもヤムチャがこのスレ見たらパソぶっ壊してるだろうねw

293 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:06 ID:IoRayMIt
三三三三三三三  (     | 
三三三三三     ))    |
三三三三)ミ,((^^彡ミ彡  / We are ザ・ワールド♪
三三三三 ((三三  6)彡//\
三三三∩三ミl三三  /ミ彡 /) |  We are the chirdren♪♪♪
三三三|彡ミ三l三 / \ / /、 |
三三三ヽ_)二 | ̄ ノ / ミl :l、\
三 /二 /ミ ‐v-― ´/ )ミ/ / /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
三/  ̄ /ミ   lミ   (_/ 三`´`´


294 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:07 ID:bGV4xK0A
>>288
んなこといってねぇだろがw

295 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:10 ID:HHmwAxi6
>292
ていうか既に書き込みしてると思うよ。

296 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:10 ID:CijdDuJy
>>291
ここの住人はこんなつまらんネタまでも絶賛する
そしてこの作者は勘違いしてまたまた調子にのる
またくだらんネタが出てくる。以下繰り返し

297 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:11 ID:t7cTOXdN
>>292
ワロタ。しかしこのスレでしか自分の名を確認出来ず
切なさに耐えながらF5ってると思われ。w

298 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:11 ID:LAWeGovt
http://ime.nu/www.ac.wakwak.com/~andi/cgi-bin/dotch_01.cgi
ここの住人、からかうの面白いわ。

299 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:13 ID:t7cTOXdN
>>296
飽きたら素直に去るヨロシ。
なにも見て下さいと作者がお願いしてるわけではない。


300 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:14 ID:yN0zk3l+
>>296
絶賛してないじゃん

301 :新世紀ヤムチャリオン :02/09/24 00:17 ID:0s3xc6SA
第弐話「見知らぬ操縦席」

ヤムチャ「おいおい、こんなもんに乗って闘えっていうのか?」
そこにはヤムチャの格好をした巨大なロボットがあった
ヤムチャ「大体俺は武道家だぜ?それに起きたばかり腹も減ってる、とりあ
えず吉野屋にでも行ってくるぜ!」
ラディツ「この近辺の吉野屋はすべてサイバイマンに破壊された・・・」
ヤムチャ「な、なんだって・・・・」
ナッパ「それだけではない、このままでは全国の吉野屋が奴に潰される」
ヤムチャは怒りに打ち震えていた、そしてこう言い放つ
ヤムチャ「じゃあマックに行ってくるぜ!」
ナッパ「コイツを操縦席に押し込め」
ヤムチャは強制的にヤムチャリオンに押し込まれた
アプール「反応ALLGREEN。いつでもいけます」
キュイ「ヤムチャリオン起動!!」
勢いよく地下から地表へ飛び出すヤムチャリオン
ヤムチャ「クソ、どうやって動かすんだこれ・・・」
ヤムチャがそう呟くとほぼ同時に格好の獲物だとサイバイマンが飛んでくる
キュイ「まずいわヤムチャ君!手前のレバーを前後してヤムチャリオンを
動かすのよ!」
ヤムチャ「こうか?」手前のレバーを前後するヤムチャ。
ヤムチャ「あれ?動かないぞ?」
アプール「キュイ先輩!ダメです地表へ飛ばしたときにヤムチャリオンの
脚部に亀裂が入りました!ヤムチャリオン完全に沈黙しました!!」
キュイ「なんですって!?」
動けないヤムチャリオンの目の前には、あのサイバイマンが立ちふさがっ
ていた
 
                             つづく

302 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:18 ID:h0M9CQXL
>>281さんのいう「最高の煽りは無視」をこのスレの基本精神にしましょう…。
つまらない文には感想を書かない。
すぐに寂しくなって消えてしまうと思うよ。

303 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:21 ID:t7cTOXdN
それが……なかなか消えないと思われ……。
烈しく同意なんだが。

304 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:24 ID:CijdDuJy
つまらん作品は徹底無視か。カワイソウ
せめてどこが悪いかとか言ってやれよ。無視は最低だろ
面白い作品は誉めるだけ誉めてつまらんと無視か。
これから作品書こうとしてる香具師には最悪の待遇だね

305 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/24 00:25 ID:5+1lZoD9
これはあくまで私見ですが、「批評」ならば書き手、読み手双方にとり有益ですが「非難」は意味が無いと考えます。

私も含め、作者の皆さんは多かれ少なかれ自分の作品を面白いと感じているはずです。
無論、程度の差はあるでしょうが、自分がつまらないと感じている作品を、不特定多数に見せたがる人は居ませんから。
ですが書き手の「面白い」はずのイメージが、読み手に正確に伝わるとは限りません。
その原因が文章の拙さであったり、感性の相違であったりする訳ですが、
一言だけ「つまらない」と言われても、それではどうして良いのか書き手には判断がつきません。
何故なら書き手はその作品を「面白い」と感じているからです。
ですからただ「つまらない」と言う形での「非難」は書き手のモチベーションを下げるだけとなってしまい、何の意味も持ちません。
しかし書き手と読み手のイメージを近づける為の「批評」ならば双方にとって有益でしょう。
勿論、書き手の側が自分のイメージをより正確に読み手に伝える努力を行う事が前提となりますが。

このスレはヤムチャが活躍する物語を考えるスレです。
書き手と読み手が協力し合い、どうすればより面白い作品となるのかを共に考えていくべきだと愚考する次第です。
他の作者の方々がどのようにお考えなのかは私には解りませんが、
私個人と致しましては、自分からは見えない欠点を読み手の皆様の視点から指摘して頂ければ幸いであります。

今回初めて小説のようなものを書く機会に恵まれ、その過程で感じたことを率直に述べさせて頂きました。
大した作品も書けない若輩の身で、偉そうな主張をした事を深くお詫び申し上げます。

306 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:27 ID:kgRMfdAB
>>301
なんでヤムチャ以外に惑星戦士しかでてこんのだw

307 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/24 00:29 ID:5+1lZoD9
感想を下さった方、ありがとうございます。
あと上で駄文書いて申し訳ない。ちょっと調子乗りすぎました。
>>254
はい、リア工です。あと半年で卒業ですが。

>>289
ヤムチャの遺伝子って・・・司令大丈夫か?w

308 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:33 ID:bGV4xK0A
俺はヤムチャ最強への道を待ってるだけ

309 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:37 ID:CVDvDWpd
2chで読み手を味方につける方法とは。
とにかく面白いものを書くこと。これに尽きる。
こんな話、面白いなぁという自己満足だけで貼り付けられても叩かれるだけ。

ドクターヤムチャ、ヤムチャ最強、ヤムロット伝の3つは初期の作品ということもあり、
またパロディの発想も独創的で面白かった。
しかしスレが進むにつれ単に他の漫画のキャラをヤムチャにしただけのような
二番煎じにも劣る作品が増えてきたのも事実。

>>305
場所が2chでなければ全くの正論だと思います。

310 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:39 ID:xeQNdMjy
ヤムチャ最強への道が好き

311 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:41 ID:t7cTOXdN
正直いって作品かく人が一等偉いんだよね、このスレは。

ツマラソ!みたいなレスにあんまり過剰に反応し過ぎて良作が
うpされないって事態が一番やるせないのです。

あんま気にせず行って下さい作者様方……。

312 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:42 ID:klSdrrKX
ヤムチャ最強伝説は最初の方はヤムチャのかんちがいっぷり
あきれる仲間、敵っていう構図で笑わせてもらったけど、
今はベジータの子分となったヤムチャの知能戦をみるのが楽しみ!


313 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:46 ID:yN0zk3l+
ヤムロット伝ってどっちかというと後期の作品じゃあ

314 :作者の都合により名無しです :02/09/24 00:53 ID:q+HCUg0h
ま、書き手さんもツマランだけの一言の感想はただの煽りだと思って
相手にしなくていいんでは?理由もなしにその作品が好きな人もいれば
理由があって好きな人もいるし、理由があるから嫌いな奴もいれば、単に毛嫌いもいる。
ヤムチャがスレタイになってるのすらムカツク奴は荒らしたりするだろうしw

とにかくどんなものにもファンやアンチはいる。その中に的確な批評が
あれば吸収すればいいし、意味のない批判であれば無視すればいい。


315 :チャオズ様 :02/09/24 00:56 ID:Z2YRc4i6
>>313
はい、後期ですね。
最強の道やドクターヤムチャを読んでおもしろかったので、
おれも何か書いてみよーと思って調子にのって書いたのが始めでしたから。
話数が多いので初期の作品と思われがちみたいですね。

316 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:02 ID:E/EkVepJ
さっきから2chが2chがと言ってる奴がいるが何なんだ?
作品を批判や批評するのに2chかどうかなんか関係ないだろ・・・
>>283とかマジでわけわかんねー
2chが殺伐としてたのっていつの話だよ。
まあ言ってる事自体は悪くないと思うんだけど。

317 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:08 ID:q+HCUg0h
たしかに他の漫画をカバーしたような独創性に欠けるものは面白みが
ないと思う。聖戦士やエヴァのキャラを置き換えただけの作品があるけど
どっちも原作を知らないし面白みがない。
さらに両作品で良くないのはDBとは関係のない話に持っていってること。
Dr.ヤムチャ、最強、ヤムロット等反響がいい作品はDBという作品の
世界観、ストーリーを損なわず描かれているため文章でもその場面を想像しやすく何倍も楽しめる。
ただ最強のヤムチャはあまりにも簡単に死にすぎだと思うがw
1000人はやり過ぎたかも。まあ今でも十分楽しめる作品なので今後も頑張って欲しいです。
とまあ偉そうな意見ブッ叩いてますが、あくまでDBとしての作品を描いて欲しいですね。

318 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:08 ID:z8nEMXnB
俺は初めてこのヤムチャスレを見たとき1のうたい文句で笑っちまった

319 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:09 ID:iSz6ODVe
ウルフ・ハリケーン ( ドラゴンボール )  歌 : 古谷徹
ウッ ハッ ウッ ハッ フゥーッ 狼牙風々拳!

クールな眼差し ホットなハート 俺が噂のナイスガイ ヤムチャさ
めっぽう強いが 女にゃウブい 花も恥じらう夢を見る
愛のフーケに酔いしれて いつも君だけじっと見つめていたのさ
振り向かないで 居てくれよ 君の瞳に弱いから
ロンリー・ウルフ 砂漠のヤムチャ 星の光が胸を打つ時
ロンリー・ウルフ 風が泣いても 俺の足跡 残るのさ

320 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:10 ID:o7Ezhruz
>317
何を言うか!1000人だから良いんじゃないか!
100人でも10000人でも面白くないと思うよ。俺は。

321 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:10 ID:iSz6ODVe
ウッ ハッ ウッ ハッ フゥーッ 狼牙風々拳!

涙は見せずにガッツで勝負 俺はいつでもナイスガイ ヤムチャさ
エンジン全開 ターボな気分 明日を目指して突っ走る
愛の約束したいけど リボン結びじゃ はかなく弱すぎるのさ
近寄らないで いてくれよ 君の全てが好きだから
ロンリー・ウルフ 荒野のヤムチャ サザンクロスが流れ落ちれば
ロンリー・ウルフ 空の彼方へ 俺の世界が燃え上がる

ロンリー・ウルフ 砂漠のヤムチャ 星の光が胸を打つ時
ロンリー・ウルフ 風が泣いても 俺の足跡 残るのさ

ウッ ハッ ウッ ハッ フゥーッ 狼牙風々拳!

322 :新世紀ヤムチャリオン :02/09/24 01:12 ID:0s3xc6SA
第参話「ヤムチャリオンの性能」

ラディツ「落ち着け。ヤムチャ、ヤムチャリオンには必殺「操気弾」が搭載されて
いる。操気弾はロケット花火の10倍の威力を持っている。そいつで
サイバイマンを倒すんだ!」
ヤムチャ「なんだって?操気弾が。それなら勝ったも当然だ!いくぜ操気弾!!」
ピコ [操気弾ボタン]とかいてあるスイッチを押すヤムチャ
ビーー エネルギー充電まであと30時間・・・・・・・
ヤムチャ「あと30時間も待つのか、じゃあ漫画でも読んで待ってるかな。」
ズドーン!!  サイバイマンの溶解液でヤムチャリオンの右腕が吹っ飛ぶ
ナッパ「馬鹿な!ヤムチャリオンの装甲はミニ四駆のシャーシとほぼ同等の強度
を持っているはず、それをあっさり破壊するとは・・・・」
キュイ「ヤムチャ君!」
その危機にあってヤムチャとヤムチャリオンの意思は驚くほどリンクしていた
アプール「えっ?ヤムチャリオンとヤムチャのシンクロ率が急激に上がっています!
シンクロ率50、100、200・・・300%!?」
ヤムチャ「おぉぉぉぉ」  雄たけびをあげるヤムチャ。それに呼応するかの
ようにヤムチャリオンが後ろを向いた。
ヤムチャ「あばよ!サイバイマン」
ヤムチャリオンは脚部の故障もものともせず逃げ出した。
アプール「す、すごい・・・時速500キロを越えてる・・・・」
ナッパ「これがヤムチャリオンの真の姿だ」
にやりと笑うナッパ
ヤムチャリオンは家々を踏み潰しながら東京湾に沈んでいった。
良識人のいない彼等に勝ち目はあるのか?

                             つづく


323 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:17 ID:yN0zk3l+
まだ前スレ残ってるから、新規の人はそっちで様子伺ったら?

324 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:24 ID:E/EkVepJ
>>264
どうでもいいけど、カナディアンマンがゆすったのは超人オリンピック会場だったと思う。(東京ドームみたいな感じ)
いくらなんでも地球はゆすれないでしょ。

325 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:26 ID:ffVeLxrD
ヤムチャリオンの装甲とか想起談のたとえかたは月並みだったな

326 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:29 ID:DCIBPrt8
>>320
いや確かに面白いんだけどね、あまりにもポコポコ死んでいくヤムチャが
かわいそうで・・・w
爆風で死ぬとかあんまりやん。クリリンとさほど実力の変わらんはずの
ヤムチャが潜在能力引き出されて爆死したり。まあヘタレの誇張というのは
解かっててもちと不憫かなと。個人的にはゴクウといっしょの宇宙船にいた
精鋭ヤムチャ(と願いたい)の活躍を期待しています。べジヤムもね。

327 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:30 ID:MiiPYBLp
>>ヤムチャリオン
オカマのキュイはワラタけどDBのキャラを壊しすぎと思う。(ヤムチャも)
名前だけいっしょの別の人って気がするんだよな。


328 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:35 ID:DCIBPrt8
>>327
禿同。舞台設定もストーリーもキャラも原作無視でなんか違う作品みたい。
>>317でも言ったけどやっぱりDBという世界の中で楽しませてほしい。

329 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:48 ID:yN0zk3l+
DBの世界にいてこそのヤムチャだからな

330 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:50 ID:o7Ezhruz
>326
何だよ、あんた優しいんだなぁ。
俺はいくらフィクションだからって軽く考えすぎてたかもしれん。
でも面白いんだよなぁ。うん。

331 :新世紀ヤムチャリオン :02/09/24 01:57 ID:0s3xc6SA
第四話「逃げ出した東京湾の中で」
溺れて死んだ。


                           終わり

332 :作者の都合により名無しです :02/09/24 01:59 ID:MiiPYBLp
>>331
そんなヤケになるなよ・・・。
でも最期に激ワラタからヨシ!

333 :作者の都合により名無しです :02/09/24 02:01 ID:yN0zk3l+
これから新しい話を作るとしたら、舞台はZ以前かな
もし天下一武道会の組み合わせが変わっていたら

334 :作者の都合により名無しです :02/09/24 02:04 ID:Vopgouyz
なんだなんだ。
自分がヘタレにされている作品をUPさせまいとヤムチャが荒らしてるのか

ヤ ム チ ャ 必 死 だ な

335 :作者の都合により名無しです :02/09/24 02:21 ID:dUgdbtZS
>>331
激しくワロタ

336 :作者の都合により名無しです :02/09/24 02:24 ID:yN0zk3l+
>>331
そうかこのオチの為にわざと

337 :作者の都合により名無しです :02/09/24 02:37 ID:npxQWxEw
>>331
・゚・(ノД`)・゚・。

338 :作者の都合により名無しです :02/09/24 03:37 ID:/WwsY6L5
聖闘士ヤムチャ 打ち切り
新世紀ヤムチャリオン 打ち切り

339 :作者の都合により名無しです :02/09/24 03:39 ID:Lxwig+tX
禿藁

340 :ヤムチャ最強への道 :02/09/24 04:10 ID:Mtz2klQD
第二十五話「パワーアップした悟空、何も変わっていないヤムチャたち」

「ヤムチャさん、あとベジータとそのそばにいるヤムチャさんにも仙豆を。」
クリリンはそう言ってヤムチャたちに頼み込んだ。
「ベジータぁ?誰だそいつは・・・三つ目の奴だっけか?」
「ち、違いますよ。ほら、地球に攻めてきたサイヤ人の1人じゃないですか。」
ああ・・サイバイマンの隣りにいたガキのことか、ヤムチャたちはかろうじてやっと思い出した。
クリリンの長時間にわたる必死の説得のおかげでベジータたちも仙豆で甦ることとなった。
「おいおい、次から次へと出てきやがって。おいバータ、念のためギニュー隊長を呼んできてくれ。」
すぐさまバータは宇宙一のスピードでギニュー隊長を呼びにいった。その後を数人のヤムチャが追った。
「よし、ジャンケンで勝ったヤツがあの長髪と戦う、いいな!」1人のヤムチャがそう提案した。
656人でいっせいにジャンケンが始まったそのころ、ようやく悟空たちの乗る宇宙船がここから
少し離れたところに到着した。なかから悟空、そしてそれに続いて片腕のヤムチャが姿をあらわした。
ちなみにこの宇宙船に乗っていた他のヤムチャたちはみな悟空の激しい修行についていけず力尽きて
宇宙船の燃料と消えた。悟空はあたりを見回すと、さっそくクリリンや悟飯たちの気を探った。

341 :ヤムチャ最強への道 :02/09/24 04:11 ID:Mtz2klQD
「これはクリリンたちの気、んベジータも一緒にいんのか!?あとは小っちぇ気がたくさんあるな。
ナメック星人の村でもあんのか?とりあえずみんな待ってろ、今いくからな!!」
そして悟空らはクリリンたちのもとへ向かった。あっという間に悟空らがクリリンたちと合流する。
時おなじくしてギニュー隊長とバータがジースのもとに戻ってきた。
「クリリン、おめえたちはドラゴンボールを頼む。ここはオラたちがなんとかする。」
「無理だ、悟空。あいつらメチャクチャ強いんだぞ。」
「大丈夫だ、オラとこのヤムチャとベジータがいれば平気さ。」
後ろ髪をひかれつつも、クリリンと悟飯はドラゴンレーダーを取りにブルマのもとへと向かった。
「ほう3対3か、いいだろう。ギニュー特戦隊の力見せてくれる。」ギニュー隊長たちが悟空たちに
向かってきた。悟空たちも身構えたそのとき、「あばよ。」ベジータはそう言って空へ飛び出して
いった。一瞬あっけにとられる悟空とヤムチャ。「スキありーっ!!」ギニュー隊長が叫んだ。
いっぽう、他のヤムチャたちは283回目のあいこに突入していた。
次話「ギニュー特戦隊vs悟空&ヤムチャ(658人)」に続く

342 :作者の都合により名無しです :02/09/24 04:27 ID:yN0zk3l+
片腕ヤムチャキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

343 :作者の都合により名無しです :02/09/24 04:27 ID:MiiPYBLp
片腕ヤムチャ生キテタ━━━(゚∀゚)━━━!!
片腕ヤムチャとベジータに仕えたヤムチャだけまるで別人だな。
活躍期待してます!


344 :作者の都合により名無しです :02/09/24 04:32 ID:MiiPYBLp
>>宇宙船の燃料と消えた。
燃料かよ!

345 :チャオズ様 :02/09/24 04:38 ID:Z2YRc4i6
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

片腕ヤムチャが100倍の重力に耐えたの?
悟空にも信頼されてるっぽいし!すごい!

346 :作者の都合により名無しです :02/09/24 04:52 ID:iwr9KF42
(´_ゝ`メ)フーン

347 :作者の都合により名無しです :02/09/24 05:13 ID:CVDvDWpd
相変わらず話の引っ張り方・展開が上手い!w
片腕ヤムチャ、そんなに強いのか…

348 :作者の都合により名無しです :02/09/24 07:06 ID:kFVPB+Rp
最強への道は別格。
さいこうです。

349 :作者の都合により名無しです :02/09/24 07:27 ID:hDdCzT61
片手ヤムチャ・・・どうしても未来ゴハンとかぶるw

350 :作者の都合により名無しです :02/09/24 08:05 ID:9lT6+JU0
むしろ最強への道楽しむためにDB読み直そうかな
と思うです(w
作者さん頑張ってください

351 :さいりょ :02/09/24 08:15 ID:ydW912/y
>>349
「仙豆さえなくならなければ、その腕も治ったのにね。」

352 :... :02/09/24 08:43 ID:lei6eYMN
片腕ヤムチャとべジヤムの戦闘力の差が気になる・・・。

>>340-341

べ字ータはべジヤム置いていったのかな・・・?

353 :作者の都合により名無しです :02/09/24 09:18 ID:0GLVarnh
ブルマとヤムチャをくっつけて話をつくれ
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1032805990/l50

354 :さいりょ :02/09/24 09:24 ID:ydW912/y
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の4 前編

ヤムチャは今、先ほどの山を登っている。また、たいした
準備も無く飛び出してきてしまった自分に嫌気がさしながらなおも
険しい山道をひたすら歩き続けた。ヤムチャは今までの経緯を
整理する事にした。

「その娘は私の孫娘です。私の娘の子でしてね、とってもいい子なんですよ…。」
そういうと、老人は置いてある写真立てに手を伸ばした。
「昔っから、元気で愛想のあるかわいい子でして、言いつけもよく守る
本当にいい子でしたよ。」
ヤムチャは、老人の話を聞きながら部屋をくるりと見回した。
「あの、その子のご両親は…?買い物にでも出られているんですか?」
その言葉を聞くと老人はまた、ひどく悲しい顔をした。
「二人は、3年前に殺されたんです…。」
「殺された…!?」
その言葉に驚きを隠せないヤムチャ。老人は湯気の上がるコーヒーを
すすりながら、話を続けた。


355 :さいりょ :02/09/24 09:28 ID:ydW912/y
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の4 中編

「この山の近くにですね、山賊の集落があるんです。一ヶ月ほど前、
私が朝の山菜取りから帰ると、思いもよらない出来事が起こったんです。
テーブルは倒れ、家具は割れ、家の壁は血で真っ赤に染まっていました。
奥の部屋に進むと信じられないものが飛び込んできました。
そこには、私の娘とその夫が血を流して倒れていたんです。
私が急いで手当てをしようとしましたが、すでに手遅れでした。
壁には、血で書いた文字でこう書かれていました。
「親が死んでしまっては誰も育てる者がいなくなる。
かわいそうな孫娘は私たちが代わりに育てる事にしよう。
私たちの親切が気にくわなかったらいつでも、山頂の集落に来てくれ」…と
血にまみれた娘を抱きかかえながら私は大声を上げ泣いた。
一体、私たちが何をしたと言うのだ!けものも必要な分しか
獲らなかった!自然を汚すようなことはしていない!それなのに
こんな仕打ちとは、神様は一体何を考えてらっしゃるのだ!」
老人はテーブルを両手で強くたたいた。その眼から大粒の涙が
ぽろぽろこぼれ落ちているのにヤムチャは気がついた。
「山賊はさらってきた娘を奴隷として、競売にかけるといいます。
毎月の13日、つまり明日なんです。私の力じゃ娘を山賊から
助ける事はおろか、買い取ることもできないのです!
もう終わりです!私はもう孫娘に会うことはできないのか!
神様はなんて、はくじょう者なんだ!」
老人は、声を上げて泣いた。ヤムチャはただ、老人を見守ることしか
出来なかった。


356 :さいりょ :02/09/24 09:29 ID:ydW912/y
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の4 後編

その日は、老人の厚意で泊まらせていただくことになり
ヤムチャは部屋の中のベッドで眠りについた…。
草木も眠る丑三つ時。老人が眠った事を確認し、ヤムチャは
小屋を出た。老人に何か、恩返しをしたい。
そして、老人の困った顔をもう、二度と見たくない、そんな気持ちにかられた
ヤムチャは山賊の集落の方に全速力で走って行った…。

「見つけた…!」
散々走った後、ヤムチャは山賊のアジトらしき洞窟を発見した。
洞窟はぽっかりと口を空け、ヤムチャを待っているようだった。
門番らしき、屈強そうな男が二人立っている…。
ここ以外に、入り口は無さそうだ。
ヤムチャのたった一人の救出劇が今、始まろうとしていた…。

357 :さいりょ :02/09/24 09:31 ID:ydW912/y
>>354-356
すいません、調子に乗って書きすぎました。
良ければ見て、批評やらなんやら下さると、うれしいです…。

358 :作者の都合により名無しです :02/09/24 09:37 ID:u50LE8n5
乙です。
現時点では少年マンガの基本フォーマットって感じの
ストーリーでヤムチャならではっていうキャラクターが
見えないので感想保留です。文章は丁寧と思います。

359 :作者の都合により名無しです :02/09/24 09:41 ID:qiQZLHb9
>すぐさまバータは宇宙一のスピードでギニュー隊長を呼びにいった
このあたりでもセンスのよさを感じる。


360 :作者の都合により名無しです :02/09/24 09:57 ID:bKqtbOY7
正直な感想として今やってる小説文のなかではヤムチャ最強への道以外は
面白くない。セイントとエヴァは意味ワカランし(落ちだけワロタが)
ドクターヤムチャもちょっと悪い方向に進んでると思う。
ヤムロットは間延びしなくてよい出来だと思った。
最強への道の作者さんへも一つ、もうちょっとだけ早い進行でお願いします

361 :作者の都合により名無しです :02/09/24 10:16 ID:HGqAEOrf
進行は今のペースで充分だと思うけどな・・・

362 :作者の都合により名無しです :02/09/24 10:23 ID:u50LE8n5
同じく・・・ただうpが重なるとわけわからんくなるので
職人さん同士でタイミングは見てほしいけど
進行速度自体は職人さんに任せたほうがいいかと。

363 :作者の都合により名無しです :02/09/24 10:47 ID:lYf79E5L
>>357
正直、期待している。マジで。続き読みたい。
いまのところもっとも忠実にスレタイどおりの事をしてくれている。

364 :作者の都合により名無しです :02/09/24 10:50 ID:sCuUlYuV
最強道以外はいまいちかな・・。他の作者さん達も頑張ってくれい。
エヴァは元ネタ知ってるけどつまらなかった。

でも最終話だけは面白かったよ。

365 :作者の都合により名無しです :02/09/24 11:07 ID:WIaGQ+K3
今までこのスレで非難されてるのは、いずれも他の作品をメインにした作品ですな
やはり、DBかオリジナルをメインにした方が良いのか。
最強以外は、普通の面白さ〜少し面白いくらいだと思ってる。
でもこれからも期待できるし、結構楽しんでますから、是非とも頑張ってください。


366 :作者の都合により名無しです :02/09/24 11:09 ID:CfDvTsXG
エヴァワロタ

367 :こんなヤムチャどうよ?2 :02/09/24 12:48 ID:M6vzqNOa
かつてない強敵・フリーザに立ち向かう孫悟空。
べジータをも倒し、20倍界王拳も通じないこの強敵に悟空は最強の必殺技であり、最後の切り札である元気玉を放とうとしていた。
普通の元気玉ではヤツには通じない、フリーザを倒すにはあらゆる生き物の元気を集めた超巨大なスーパー元気玉しかない。
だがこれを黙ってこれを放っておくフリーザではない。
ピッコロたちも退けたフリーザは今、元気玉を作っているため無防備な悟空に襲い掛かろうとしていた。
その時何者かの放ったエネネルギー弾がフリーザにヒットし、吹っ飛んだフリーザは海面に衝突した。
エネルギー弾の飛んできた方向を見た悟空は攻撃の主に驚きを隠せなかった。
それはピッコロたちも同じであった。
悟空「お、おめえ・・・」
ヤムチャ「フッ、何鳩が豆鉄砲くらったみたいな顔してんだよ」
そうその男はヤムチャだった。
クリリン「ヤムチャさん・・・でもヤムチャさんはまだ生き返ってないはず、どうして?」
悟空「そうだ、おめえはまだ生き返ってないんじゃ・・・」
ヤムチャ「ああ、よく見ろよ」
ヤムチャは頭の上を指差した。
そこには死んだ者の証でもあるわっかが浮かんでいた


368 :こんなヤムチャどうよ?2 :02/09/24 12:49 ID:M6vzqNOa
悟空「・・・そうか!おめえ・・・占いババに!でもよぉ、どうやってナメック星に来たんだ?」
ヤムチャ「まあいろいろあってな。おかげで1時間しかいられないが・・・」
悟空「1時間!?」
悟空とヤムチャがそんなやり取りをしていると、海面から巨大な水しぶきを立ててフリーザが飛び出した。
フリーザ「おや?また1人増えてるね。さっきのは君かい?ふざけたマネをしてくれたからお礼をしなくちゃね。2人まとめて始末してやるよ」
悟空「クッ」
ヤムチャ「悟空、お前は早く元気玉を完成させろ。フリーザは俺にまかせな」
悟空「バカ言うな!アイツには20倍界王拳も通じなかったんだぞ!」
ヤムチャ「だからヤツを倒すには元気玉しかない。そうだろ?だったら誰かが時間を稼がなくちゃいけないだろ?わざわざ俺がその役を買って出てやったんだ。儲けもんだと思え」
悟空「だけどよぉ・・・」
ヤムチャ「それとも俺が信用できないのか?」
悟空「・・・よし!頼むぞ、ヤムチャ!」
ヤムチャ「了解、まぁ死なない程度にやってくるぜ!」
そういうとフリーザに向けて突進するヤムチャ。
フリーザ「まずはきみから死にたいのか」
ヤムチャ「悪いが本気で行かせてもらうぜ。新狼牙風風拳!」
しかしフリーザはこれを余裕で裁いていく。
フリーザ「どうした、その程度かい?」
ヤムチャ「(チッ、さすがに悟空たちが苦戦するだけある)」
フリーザ「そらっ!」
フリーザの蹴りがヤムチャの顔面にヒットする。
ガードが間に合わず、吹っ飛ぶヤムチャ。
ヤムチャ「くそ!」


369 :こんなヤムチャどうよ?2 :02/09/24 12:50 ID:M6vzqNOa
悟空「ヤムチャ!くそ、早く出来てくれ!」
フリーザ「そろそろおしまいにさせてもらうよ」
ヤムチャ「さすがに強いな。だが、初めからあんなので勝てるなんて思っちゃいない」
フリーザ「ん?」
ヤムチャの気がどんどん高まっていく。
ピッコロ「ヤツの気がどんどん上がっていく」
悟空「ヤムチャのヤツ、何を・・・まさか!」
ヤムチャ「界王拳!30倍だぁー!」
ヤムチャが赤いオーラに包まれる。
悟空「30倍!?よせ、ヤムチャ!そんなことしたらおめえの身体がもたねえぞ!」
必死に叫ぶ悟空。ヤムチャはそれを無視する。
フリーザ「さっきアイツがやった変なのに似てるね。なんなんだい、それ?」
ヤムチャ「時間が無いんでね。質問ならあの世で答えてやるよ!」
フリーザの目の前から消えるヤムチャその次の瞬間、フリーザの腹にヤムチャの拳がめり込んでいた。
フリーザ「な、グワ!」
驚くまもなくヤムチャの目にも止まらぬ攻撃がフリーザを襲う。
悟空「ヤムチャ、そのへんでやめろ!おめえは死人なんだぞ!それでなんかあったら今度は消滅しちまうぞ!」
聞こえているのかいないのかヤムチャは攻撃を続けている。
フリーザ「くそ!」
フリーザはヤムチャに向けてエネルギー弾を連続放つ。
それをかわしながらヤムチャも操気弾を放った。
フリーザ「なんだい、それは!」
操気弾をかわすフリーザ。
ヤムチャ「フッ、あいにく操気弾はそこで終わらないんでね」
フリーザ「何・・・ガッ!」


370 :こんなヤムチャどうよ?2 :02/09/24 12:51 ID:M6vzqNOa
指先で操気弾を操り見事油断していたフリーザの背中に当てるヤムチャ。
フリーザ「ふざけやがって・・・」
もはや怒り心頭のフリーザの意識は完全にヤムチャに向けられていた。
その横では遂に悟空がスーパー元気玉を完成させた。
ヤムチャに目がいってるためそれに気づかないフリーザに対し、ヤムチャはそれに気づいた。
ヤムチャ「よし!いけぇ、悟空!」
悟空「くらえー!フリーザァー!」
悟空はその巨大な元気玉をフリーザに投げつけた。
その前に気づいたフリーザはかわそうとする。
しかし
ヤムチャ「はぁー!」
ヤムチャのかめはめ波によってフリーザの動きが止まった。
そのまま元気玉に飲み込まれるフリーザ。
ピッコロ「やりやがった!」
悟飯「やった、フリーザの最後だ!」
悟空「はぁはぁ・・・やったな、ヤムチャ。・・・ヤムチャ?」
悟空が辺りを見回すが、どこにもヤムチャの姿は無かった。
悟空「サンキュー、ヤムチャ。地球に帰ったらちゃんと礼をするからな」






371 :作者の都合により名無しです :02/09/24 12:52 ID:M6vzqNOa
また長々とスマソ。


372 :  :02/09/24 13:09 ID:AR0rLZUr
>>371
結構いい・・・

最強道最高論に同意。
ヤムチャの数をむやみに増やすという斬新な展開の勝利だね。

373 :作者の都合により名無しです :02/09/24 14:27 ID:Ggf9IlIb
まあ、最強への道のような素晴らしいものはそうは書けないよ。

374 :作者の都合により名無しです :02/09/24 15:24 ID:FLufw1ic
>>370
こんな感じでヤムチャが大活躍で消滅していたら何度でも生き返るDBの中で
印象度抜群のキャラとして生涯を終えただろうにな。
まあサイヤ人〜ナメック星編はピッコロ重視のストーリーだからしないとは思うが。

375 :(゚皿゚ ∋)∋ :02/09/24 15:39 ID:Jc2Uhhrx
> 消えるヤムチャその次の瞬間、フリーザの腹に
> ヤムチャの拳がめり込んでいた。
> フリーザ「な、グワ!」


ヤワいフリーザ様萌え

376 :さいりょ :02/09/24 16:15 ID:rXqylHHU
>>367-370
おもしろage

377 :作者の都合により名無しです :02/09/24 16:46 ID:atuBVkuJ
ヤムチャだけの専門誌を作ってホスィ・・

378 :作者の都合により名無しです :02/09/24 16:53 ID:hkrAySJH
なにげ300人以上も死んでるんだよな。

379 :作者の都合により名無しです :02/09/24 17:15 ID:x4aNqcDs
ふと思ったが…
「ヤムチャ最強への道」って…
ヤムチャが最強への道を歩むのではなくて…
1,000人のヤムチャ達が「ヤムチャ最強」を目指す道と思った…

…と言ってみるテスト

380 :作者の都合により名無しです :02/09/24 17:18 ID:JUU4xR0V
>>357
亀レスだが、シリアスもまた違った容でいいと思う。
でもやはりドラゴンボールらしくないが、そこは仕方が無いか。

とりあえずヤムチャ最強への道最高w

381 :定説です :02/09/24 17:27 ID:8VRLaB7e
元気玉は総気弾のパクリ

382 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:08 ID:aIzlKf8g
片腕ヤムチャはオリジナル?

383 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:14 ID:ruWHO0fk
聖闘士さんはどうしたんだろ?ホントにやめたのか?
だとしたら、いくら煽りをされてたからとしても>>1さんは
ヤムチャの公式サイトにUPしてるんだから途中で終わるのは
チョットと思うんだが・・・。つまらんだけいうな!
どこがつまらんのかいってみろよ!
とかいってる人たちのが言ってたのが無駄になるんだが・・・。

あと、2chじゃなければ正論な意見です。
2chでツマランだけ言うなとか言っても無駄
とか言う文を読んで
2chはDQの集まりか?と思った。

384 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:20 ID:Z6QceGbn
>>383
ってかみれば分かるだろ

2CHがまともならば2ちゃねらーは外部でこれほどまでに嫌われない

385 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:21 ID:A1E0dFjw
>>383
もっと文章を推敲しろ。

386 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:22 ID:u50LE8n5
変なレスは透明あぼーん
これだけでかなり2chライフは快適になりますよ。

387 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:29 ID:HYeTIAQ2
そうそう、これだけ趣味の合う人が居るんだから俺は煽りがあろうが
非難があろうが2chという掲示板は好きだ。何より人が多いからすぐに
反応がある。普通の掲示板だったら半日に1レスとかざらじゃないし。

388 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:33 ID:1EeDvCmI
まあまあ、ヤムチャなんかで喧嘩すんなよ。
マターリ待ちましょ。

389 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:33 ID:C4H9HN3m
>>383
2chはそう言う所。
礼儀をあまり重視していないからな。
でも、まともな人は結構多いところだし
礼儀も無いというわけではなし。
セイントの作者さんには
余り気にせずに続きを書いて欲しいね。

390 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:38 ID:aIzlKf8g
今度からここに作品を出したいやつはとりあえず読みきり見たいなやつやってみればいかがかと

391 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:40 ID:tADmPdIo
どうも議論が沈静しないから書くけどさ、
議論が続き過ぎてる時点で釣られてますよ。

392 :作者の都合により名無しです :02/09/24 18:42 ID:PxGlCMwF
「こんなヤムチャどうよ」おもしろかったです。
他の職人さんも煽りや批判に負けないでがんばってください。

393 :作者の都合により名無しです :02/09/24 19:10 ID:ruWHO0fk
まことに勝手ですみませんが
こんなもの作っちゃいました。これさえあれば、
作者さんも自分の物語がどのくらい楽しいかわかるし、
ここにはじめてきた人も、どれが面白いかすぐにわかるのにべんりだからです。
では、クリックよろしくおねがいします。

http://ime.nu/vote2.ziyu.net/html/yuuitiro.html



394 :作者の都合により名無しです :02/09/24 19:17 ID:1EeDvCmI
>>393
投票しといたよ。

なんかすごいことになってきたね。
公式サイトに人気投票…。

395 :作者の都合により名無しです :02/09/24 19:18 ID:l6tbg68C
なんとなくクリックしづらいんだが、その文章みてると。

396 :395 :02/09/24 19:22 ID:l6tbg68C
>>393
気のせいだった スマソ

397 :作者の都合により名無しです :02/09/24 19:26 ID:a07IR64r
こんなヤムチャどうよ?は以外と面白い。
シリアス系だけどテンポがよくまとまってるんで(・∀・)イイ!
最強への道、ドクター、ヤムロットの3強に次ぐ出来と思います。
二つの頬の傷の方は個人的にイマイチ・・・。
まだオープニングの段階ぽいけどちょっとダラダラしてる気も・・・。
シリアスなら一気に熱い展開にした方がいいかなと。
長文のくせにえらそうスマソ。



398 :作者の都合により名無しです :02/09/24 19:29 ID:a07IR64r
>>393
可哀相だからセイントヤムチャにも一票いれといた。


399 :チャオズ様 :02/09/24 19:32 ID:Z2YRc4i6
なんかすごいことになってきましたねー(汗
いちおー投票しときました!
ところで、様子見のつもりで前スレに新しい作品を書いたので見ていただけるとありがたいです。
シリアスですが・・・

400 :  :02/09/24 19:59 ID:VAIXMNww
>>チャオズ様
前作に比べるとイマイチかと。もっと愛せる悪にして欲しい。
ギャグもないし・・・

401 :... :02/09/24 20:03 ID:dm4uLKLJ
>>399
いや逆にむしろ前作より好き。
チャオズ様へ
もし続くんなら今度はピッコロを幸せにしてあげてください・・・w

402 :作者の都合により名無しです :02/09/24 20:06 ID:0GLVarnh
ヤムチャを応援しよう
http://ime.nu/www.ac.wakwak.com/~andi/cgi-bin/dotch_01.cgi?mode=res&dotch=b&q_no=24703

403 :チャオズ様 :02/09/24 20:30 ID:Z2YRc4i6
>>400-401
感想ありがとうございます。
とりあえず前スレにもうちょい続きを書きますね。

404 :作者の都合により名無しです :02/09/24 20:59 ID:GFa4pY/v
最終回好評だったんでヤムチャリオン2やっていい?

405 :作者の都合により名無しです :02/09/24 21:17 ID:k7xYsLFE
>404
好評だった理由を踏まえた上での発言ですか?

406 :作者の都合により名無しです :02/09/24 21:26 ID:VtcxXxxX
>404
最終回だけまたやるのか?

407 :聖闘士ヤムチャ作者 :02/09/24 21:27 ID:8nWx6wqS
>>398
悪いけど、「ヤムチャ最強への道」にいれてくれ。
自分もいれたよ。

408 :作者の都合により名無しです :02/09/24 21:31 ID:iwr9KF42
>>407
まだ生きてたのか?

409 :作者の都合により名無しです :02/09/24 21:38 ID:HYeTIAQ2
いや偽もんだろ?

410 :作者の都合により名無しです :02/09/24 21:39 ID:v71vwypf
>>371最後があっさりしすぎてるからそこを改良すればいいと思います

411 :作者の都合により名無しです :02/09/24 21:40 ID:HYeTIAQ2
はっ!?もしやこのスレの本当のヤムチャはヤムチャr(ry

412 :作者の都合により名無しです :02/09/24 21:50 ID:a07IR64r
>>404
好評なのは最終回だけですがなにか?


413 :コピペ :02/09/24 22:15 ID:ruWHO0fk
まことに勝手ですみませんが
こんなもの作っちゃいました。これさえあれば、
作者さんも自分の物語がどのくらい楽しいかわかるし、
ここにはじめてきた人も、どれが面白いかすぐにわかるのにべんりだからです。
では、クリックよろしくおねがいします。

http://ime.nu/vote2.ziyu.net/html/yuuitiro.html






414 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:19 ID:ruWHO0fk
おい!
>>404
やっていいですか?とかいってるけど、ここは別にみんなに認められた人しか
書けない訳じゃないんだぜ!書け!そしてもっと批判をあびろ。
それが、君を成長させる!

415 :コピペ :02/09/24 22:20 ID:ruWHO0fk
おい!
>>404
やっていいですか?とかいってるけど、ここは別にみんなに認められた人しか
書けない訳じゃないんだぜ!書け!そしてもっと批判をあびろ。
それが、君を成長させる!

416 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:22 ID:ruWHO0fk
あれ?二個もカキコしてる、皆さんスマソ

417 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:24 ID:M3es6ANB
人気投票は狼牙の拳はドクターに入れればいいの?

418 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:28 ID:ruWHO0fk
そうですあれはドクタヤムチャの一部ですから

419 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:29 ID:M3es6ANB
>>418
サンクス

420 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:33 ID:ruWHO0fk
あれ?>>1の公式サイトが最新進んでない・・・・。
今日かなりみんなうpしたのに。大変やね。

421 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:38 ID:5dGoKHf5
遅レスだが、
「後ろ髪をひかれつつも」、この言葉をクリリンに使う所に
最強の道の奥の深さを感じた…。


422 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:44 ID:SSKAj9Zh
今、アンケート117票だから一人3回として
単純計算で一日このスレに39人
(約40人)以上きてるのかすごいな。

423 :作者の都合により名無しです :02/09/24 22:46 ID:BHdTCU/a
>>421
気づいたおまいは神
最強の道作者は界王

424 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/24 23:03 ID:NVDxZVfR
偉大なるヤムチャ伝説〜原作では語られなかったヤムチャ〜

界王様「む・・・・・・・。わしか?わしは
かいーよーう かいーおーう かいおう 界王じゃ!」
「え?あなた様が界王様ですか?
さっきのシャレから、そうじゃないかと思ってました。
ところでさっきのシャレは最高ですね。
自分は界王様に修行をしてもらいたくて
長い長い蛇の道のりを
やってきたヤムチャと申します。
どうぞ修行、宜しくお願いします!」
界王様「お前性格悪そうだな。そうだな・・・・。
わしをシャレで笑わしたらいいだろう」
ヤムチャが、これにまったく苦戦しなかったのは、言うまでもなかった・・・。
さてさて、時は流れ・・・・・。
ヤムチャが地球によみがえってさらに、何年もした頃・・・・。
ヤムチャ「お〜い!ブルマ〜。頼んでおいたもの作ってくれたか?」
ブルマ「一様、作ったけど何するつもり?
はいっ!たのまれていた。変装マスクと変装ボディね。これさえきれば
あなたとはだれもきずかないわよ。それとタイムマシンは、
表に置いといたわよ。」
ヤムチャ「ありがとよ。じゃあな。ヤムチャはそそくさとでていった。」
何をするつもりだろ?ブルマは思った。

425 :新世紀ヤムチャリオン :02/09/24 23:20 ID:HmbGyvlC
>404へ

勝手に終ったことを蒸し返すな。と言ってみる

426 :作者の都合により名無しです :02/09/24 23:25 ID:vw/rstbP
隻腕のヤムチャとベジータ舎弟のヤムチャの活躍が早く読みたい!
特に後者の戦い方は普段全力のパワーでぶつかるだけのドラゴンボールにおいて
いいスパイスなってる。

427 :作者の都合により名無しです :02/09/24 23:28 ID:cB7N+En9
ヤム最道は正直
最近の下手な漫画の
数倍面白いと思う。

428 :作者の都合により名無しです :02/09/24 23:36 ID:wfRKMdVA
遅レスだけどリクームを一人で追い詰めた功績は素晴らしい!!
何気に神様戦の時の操気弾の使い方といい知力戦には長けてそうだしな。
足元が追いついていないが。

429 :作者の都合により名無しです :02/09/24 23:37 ID:GkwEJK5i
>>424
ヤムチャいったい何をw

430 :作者の都合により名無しです :02/09/24 23:38 ID:+/ctDBe+
>>426
むしろ隻腕ヤムチャVS舎弟ヤムチャが見たい。

431 :作者の都合により名無しです :02/09/24 23:39 ID:GkwEJK5i
セルジュニア戦でヤムチャが腕を折られて「ギャー!!」って叫んでたのは正直複雑だったよ。


432 :作者の都合により名無しです :02/09/24 23:42 ID:9QUx4Okg
投票所にもスレを作れば一層人気が高まるかも。
そして最多票を獲得した物語には
有志による同人誌出版・・・

433 :作者の都合により名無しです :02/09/24 23:44 ID:a07IR64r
ベジータの所のヤムチャ・・・戦闘力1000〜2000?
リクーム・・・戦闘力40000〜50000?
クリリン・・・戦闘力10000〜20000?
戦闘力10倍以上の差があるのに・・・。

434 :作者の都合により名無しです :02/09/25 00:36 ID:RKhgQoCP
>>433
そういえば他のヤムチャは最長老のところに行ってパワー引き出して貰ってたけど
どれぐらいあがったんだろうか・・・・

一人爆発して死んだが、、、もしやそれでやめてしまったか?

435 :YAMUTYAN BALL :02/09/25 00:43 ID:Yk0cCngW
〜もしもヤムチャが元気玉発射の時までいたら〜

 なんとか頑張ってヤムチャを生き残らせた悟空たち。その頑張り具合はと言えば、それはもう言葉では
語りつくせないほど凄絶なものであった。そして……。

 バチバチバチ…!ボンッ!!
「わわっ!!なっ、なんだっ!?これ…?も…ものすげえ気だ…!」手のひらの上で光る、大きなエネルギー
ボールにクリリンは驚きを隠せなかった。
「元気玉だ…。や…やったな…!そ…そいつをヤツにぶつけてくれ…!おめえなら大丈夫だ…」大猿化した
べジータに痛めつけられたため、消え入りそうな悟空の声だったが、期待の色が強かった。この土壇場でも、
悟空は 少年時代からの親友・クリリンを信頼していた。
「がんばってくれ…。こ…この気のコントロールはヤムチャじゃ絶対にできない…!」
「分かってる。気を操る弾なら俺に任せろとか言ってたけど、あんなの実は誰にだって出来る技なんだからな…」
ただ、あの人の二番煎じになるのがイヤなんだよな…。オレだって例外じゃない…」
 文句を言うのもそこそこにして、クリリンは手ごろな岩山に飛び乗った。もちろん、べジータを狙うためだ。
 …下では、悟飯とべジータが肉弾戦を繰り広げていた。とんでもないスピードだ。やや悟飯が押され気味に
みえる。そして、その横の岩山の影では、ヤムチャがなにもかわっていない、新狼牙風々拳Uの素振りを
していた。が、クリリンはあからさまに見て見ぬフリをしていた。
「く…くっそ〜!あんなにはやいの、どうやって当てろって言うんだ…!」クリリンはあせり始めていた。
―その時だ。
(元気玉は目で見て当てるのではない。悪の気を感じとって放つのだ!)
 あの世からの界王様さまからのアドバイスを信じ、クリリンは目を閉じ、精神を集中した。
(か…感じろ…!ヤツの悪の気を感じるんだ…!)
「バッキャローッ!はやくそれやっちまえよー!この、バッキャローッ!!」岩陰に隠れていたヤムチャが
いきなり狂ったように叫んでいた。
(とらえたーーーーー!!!!)クリリンは、悪の気をとらえていた。

436 :作者の都合により名無しです :02/09/25 00:47 ID:hGj1/Et1
ベジータ子分のヤムチャはもうナッパを超えてるよ!
知能戦だけでなく戦闘力もベジータからの信頼も。
過信をもって戦っていたいままでのヤムチャとは違い
自身をもって戦うヤムチャは最強への道を1人歩み始めている…

437 :作者の都合により名無しです :02/09/25 00:50 ID:9cXXRNUz
最強への道、気付くとほんとに最強をめざしたストーリーになってるんだよな。
作者さんマジですごい。本家鳥山以上かも。
もしかしてプロの作家の方?

438 :作者の都合により名無しです :02/09/25 01:18 ID:E1A7hqeU
修行で成長する奴もいれば実戦で成長する奴もいる。
べジヤムは後者の才能があるのかもな。
片手ヤムは逆境から強くなるタイプと見た。

439 :チャオズ様 :02/09/25 01:28 ID:FS5MixaX
やったー前スレで1000げっとだw

440 :作者の都合により名無しです :02/09/25 01:32 ID:KXBA/MhW
>439
あんたかw

441 :チャオズ様 :02/09/25 01:50 ID:FS5MixaX
>>440
まだ使用中だったスレをつぶされたからちょっと腹がたって横取りしました。
しかもageてさらすというわれながら外道っぷりw
あーそれにしても前スレ使えんくなってちょっと困る。

442 :作者の都合により名無しです :02/09/25 01:56 ID:3RXlet7t
>>435
オチが想像つくな

443 :作者の都合により名無しです :02/09/25 01:58 ID:b/qSeDro
>>441
見事な千ゲトですた(w
「悪ヤムチャストーリー」続編期待… 

444 :作者の都合により名無しです :02/09/25 01:59 ID:3RXlet7t
ヤムチャ最強への道だんとつ一位だな

445 :作者の都合により名無しです :02/09/25 02:04 ID:nYnGNBpr
>>366
まあ現状でもっともヤムチャらしい作品だったわなw

>>370
グッジョブ!
ただフリーザのセリフが嘘臭いのだけ気になった。
原作を何度か読み返してみるともっといい作品になったかもしれないな。

446 :作者の都合により名無しです :02/09/25 02:12 ID:H9CSwFMw
ヤムチャの登場時の戦闘力ってどれくらいなんだろう?

447 :作者の都合により名無しです :02/09/25 02:26 ID:Go2WILFD
>>441
前スレ使えなくなっちゃったし、まだ見てない人もいるだろうから1話からうぷした方がいいんじゃないすかね。>悪ヤムチャ
こちらも結構面白いっす。前作ヤムロットほどではないけど。


448 :作者の都合により名無しです :02/09/25 02:28 ID:r3LSuF/w
狼牙の拳の続きが激しく読みたいのですが。俺だけ?

449 :作者の都合により名無しです :02/09/25 02:31 ID:Go2WILFD
狼牙の拳はドクターヤムチャのサブストーリーだから面白かったんだと思う。
あれ一本でやっちゃったらそのうち聖闘士みたくなっちゃうんじゃないかな?


450 :チャオズ様 :02/09/25 03:03 ID:FS5MixaX
>>447
ありがとです。
でわ部分修正しつつ、うぷしますね。

451 :ヤムチャ最強への道 :02/09/25 03:04 ID:QH4/NNCn
第二十六話「ギニュー特戦隊vs悟空&ヤムチャ」

「ヤムチャ、おめえはあの長え髪のヤツを頼む。残りはオラがやる!」「分かった、気をつけろよ。」
悟空はギニューとバータに、片腕ヤムチャはジースに向かい合った。悟空と修行したことによって
ヤムチャは変わっていた。自分を限界以上に追い詰める悟空の修行に付き合ったことで、ヤムチャは
今までの自分がいかに甘かったのかということを嫌というほど思い知らされた。悟空の強さというのは、
まさに文字通り血のにじむような努力によって作られていたのだ。自分がブルマとイチャイチャしてたとき
他の女によろめいたとき、ブルマとケンカしていたときも悟空は努力を繰り返していたのだ。自分と悟空の
差がどんどん開いていくのも必然であったのだ。そのことを悟ったとき、ヤムチャは自分の中でなにか殻が
破れたような気がした。明日よりも今日、そんな考え方ができるようになったのだ。失っていた盗賊時代の
ギラギラとした闘争心を取り戻したようだった。その結果、100倍の重力の修行でもなんとかついていく
ことができたのだ。飛び道具ではあちらだが格闘では俺に分がある、ヤムチャは瞬時に相手の力を
見切っていた。素早く距離をつめた片腕ヤムチャはジースに打撃戦を仕掛けた。ヤムチャの手数の多さに
しだいに圧されていくジース。チャンスと見たヤムチャはすかさず狼牙風風拳を繰り出した。
は、早すぎる・・、相手の予想外の強さに驚くジース。オオカミの鋭い牙と爪がジースの体力を
削りとっていく。「くそっ!!」ヤムチャの怒涛の連続攻撃に足払いで逃れようとするジース、

452 :ヤムチャ最強への道 :02/09/25 03:04 ID:QH4/NNCn
しかしヤムチャはそれを読んでいた。スカッ!、それを跳んでよけるとジースのがら空きになった顔面に
蹴りを叩き込んだ。地面に叩きつけられるジース。しかし彼も負けてはいない。すぐに体勢を立て直すと
ヤムチャに向かってエネルギー弾を放った。「クラッシャーボール!!」「操気弾!!」
すかさず迎撃するヤムチャ。互いの攻撃が空中で衝突しあい、もの凄い埃がまきあがった。
「なっ、相討ちだと・・・俺の最高の技が!?馬鹿な信じられん・・・」驚くジース、がすでにヤムチャは
埃にまぎれてジースの後ろに移動していた。スカウターが反応したときにはすでに遅かった。ヤムチャの
渾身の一撃が無防備のジースにヒットする。そして衝撃で飛んでいくジースを追って二撃目を叩き込む
ヤムチャ。ジースはなすすべもなく地面をなめた。ジースはすでに地面を這いつくばり、もはや戦闘を
続けられる状態ではなかった。しかしそれを見ても片腕のヤムチャは構えを解きはしなかった。
「油断したな。機械なんかに頼っているから反応が遅れるのさ。」「くそっ、た・・・隊長!!」
助けを求めにギニュー隊長のほうに視線を移したジースは信じられない光景を目にした。すでにバータが
戦闘不能で地面に倒れていたのだ。そしてギニューは、「信じられん・・・じゅ、18万だと!!」
隊長のこんな余裕のない表情を見るのはジースははじめてだった。そして彼は生まれてはじめて恐怖の
意味を知るのだった。また他のヤムチャたちは片腕ヤムチャにジミー先生の姿を重ねていた。
次話「逆襲のギニュー隊長とヤムチャたち(658人)」に続く

453 :チャオズ様 :02/09/25 03:06 ID:FS5MixaX
悪ヤムチャストーリー 第一章「ヤムチャ乱心!?」

新たな二人のサイヤ人が地球に来るまであと一年弱・・・
神様はZ戦士たちに招集をかけていた。
しかしヤムチャはあまり乗り気ではなかった。
「けっ!どうせ神様が稽古つけてくれるとか言うんだろ?
 俺たちなんかよせ集めたって勝てるわきゃねーだろぉがよ。
 ホントもう神様はギリギリなお方だ・・・。どうせ殺されるのに一年も修行するなんて無駄。
 それよりも発想の転換だ。どれだけこの残された一年間を楽しめるかだぜ・・・」
ここでヤムチャはひらめいた。ドラゴンボールがあるじゃないか!
悟空を後で生き返らせるつもりで集めたらしいが、そんなのはどうせ無駄だ・・・
よし、神龍に頼んで願いをかなえよう!ヤムチャはなぜかいやらしい顔になっていた。

「よし、誰もいないな・・・?今のうちだっ!」
ヤムチャはカメハウスに保管してあったドラゴンボールをこっそり持ち出そうとした。
しかし、あと一歩のところで買い物に行っていた亀仙人が帰ってきてしまった。
「ヤムチャ、ドラゴンボールを盗んでどうする気じゃ?おぬし、まさか・・・」
「む、武天老師様!?こ、これはその・・・」
ヤムチャは焦った。しかし、この時ヤムチャの頭はいかがわしい妄想でいっぱいだった。
「お許しください、武天老師様!狼牙風々拳ーーーーーー!!」
「な、何をするのじゃ、やめ・・・ぎゃあーーーっ!!」
まともに防御のとれなかった亀仙人は大ダメージをうけ気絶した。
これでもう後戻りはできないな・・・ヤムチャはうす気味悪い笑みをうかべると
カメハウスを後にした。

454 :チャオズ様 :02/09/25 03:09 ID:FS5MixaX
>>451
キターーーーーーー!!
ヤムチャ強い!!

455 :作者の都合により名無しです :02/09/25 03:11 ID:wn8erbm3
(゚∀゚)強すぎルー!!!

456 :作者の都合により名無しです :02/09/25 03:12 ID:NApIWljS
隻腕ヤムチャ、カコイイ!!

457 :作者の都合により名無しです :02/09/25 03:13 ID:6LNA8zoH
な・・・ヤムチャが・・・活躍してる…?

458 :作者の都合により名無しです :02/09/25 03:19 ID:tVK0Axsy
どうでもいいけど
あれだけ死んだのに
まだ658人も残ってるんだな(w

459 :作者の都合により名無しです :02/09/25 03:27 ID:Go2WILFD
隻腕ヤムチャ足元がお留守じゃない所に進化を感じる!
強すぎる隻腕ヤムチャまんせー!!!

460 :作者の都合により名無しです :02/09/25 03:32 ID:wn8erbm3
HPの方、最強への道、1話飛ばしてますYO!

461 :作者の都合により名無しです :02/09/25 03:32 ID:Go2WILFD
ジミー先生って誰だよ!(w
めちゃ熱いバトルでもギャグを忘れない最強の道まんせー!!

462 :作者の都合により名無しです :02/09/25 03:42 ID:iuImEyBV
足払いを避けたり、ジースを倒しても構えを解かなかったり
戦闘力だけでなく内面の成長もきっちり描かれてる。
すさまじく芸が細かいよ。最高です!

463 :チャオズ様 :02/09/25 03:45 ID:FS5MixaX
悪ヤムチャストーリー 第二章「ヤムチャ絶頂!?」

「お前の願いはかなえた。ではさらばだ!」
神龍に頼んで、ヤムチャはついに贅沢三昧な生活がしたいという願いをかなえた。
これからの生活を思うと自然とこころが踊るヤムチャ。
「おっと神龍、これでお前はもう用なしだ。こいつでも喰らっていけ!
 かーめーはーめー・・・・・・波ーーーーーーーー!!」
ドーン!神龍は粉々に消し飛んだ。
どうせ一年後には地球はサイヤ人によって滅ぼされるんだ。
それなら俺の手にかかって死んだ方が幸せというものだろう。
「神龍よ、安らかに眠れ・・・」ヤムチャは流れおちる涙をおさえることができなかった。

それからというもの、ヤムチャはやりたいほうだいの日々を送っていた。
腐るほどありあまった金、うまい酒、いい女、そして女、女、女・・・
まさに極楽そのものであった。うかれるヤムチャ。
しかしその間も二人のサイヤ人は確実に地球に近づいていた。

一方、神様の神殿ではZ戦士が集結していた。
「ご苦労だ。みんなそろったようだな」
「あ、あのー・・・まだヤムチャさんが来てませんが」
「やつは来ん・・・。今頃はゴージャス三昧な日々を送っとるだろう。
 やつは師である武天老師を傷つけドラゴンボールを奪い、
 神龍を私利私欲のために利用したのだ。その後神龍は殺された・・・。
 わしはここから見ておったのだ・・・」
「なななんですってえーーー!?」
驚きを隠せないZ戦士たち。
「悟空はもう生き返れなくなった。あの男、許すわけにはいかない・・・!」
神様は怒りにうち震えていた・・・。

464 :チャオズ様 :02/09/25 03:49 ID:FS5MixaX
いちおー悪ヤムチャを前スレでやった四章までうpします。
気がむいたら読んでください・・・
びみょーに修正してあります。

465 :作者の都合により名無しです :02/09/25 04:00 ID:RUgjz71q
カコ(・∀・)イイ!ヤムチャを書いてみたYO

「足元がお留守ですよ!!」
 
 神様の鋭い足払いがヤムチャの足をえぐる。
ヤムチャの下半身はなすすべも無く放り出され、
荒野のハイエナはそのまま体制を崩した・・・。
 
 しかしその瞬間に起こった事を、誰が予想できただろう!
ヤムチャの体はそのまま横捻りに一回転し、
油断していた神の隙を逃がすことなく、遠心力を加えた
強力な一撃を見事下アゴにヒットさせた・・・!
「なっ・・・!?」
「さっきのはお留守じゃなくて居留守さ・・・」
崩れ落ちる神。
神の上に立ちはだかり、その漢はこう言い放った。
「お留守を狙うのは、泥棒稼業の専売特許さ!!」

466 :チャオズ様 :02/09/25 04:00 ID:FS5MixaX
悪ヤムチャストーリー 第三章「ヤムチャ万事休す!?」

「それ、みなのもの宴じゃあーー!!!ひゃっひゃっひゃっ」
豪邸で毎日のように宴会を繰り返すヤムチャ。まさにこの世の贅沢の限りをつくしていた。
しかし、その幸せな日々は長くは続かなかった・・・

ある日の夜中。ヤムチャは酔いつぶれて爆睡していた。
「ムニャムニャ・・・うーん、チチさん・・・悟空なんてやめて俺と結婚しない?
 え・・・やだ?あ、そう・・・いえいえ、スイマセンでした・・・」
どうやらかわいそうな夢を見ているらしい。
ドッカーーーーーン!!
突如ヤムチャの豪邸がこっぱみじんに吹き飛んだ!
「なななんだなんだ!?ガス爆発か!?」
なんとか命は助かったヤムチャだったが、状況がまったく把握できなかった。
ふと、気がつくと目の前にブルマが立っている。
「久しぶりねヤムチャ・・・ずいぶん豪華な暮らししてるじゃない?
 悟空を生き返れなくしといてよくもあんたはぬけぬけと・・・」
ブルマはヤムチャに対してバズーカ砲を構えた。
「ブぶブブルマ・・・!!ま、待て!話せばわかる!ととにかくおおち、落ち着け!」
「安心なさい、あんたが爆睡してる間にその家の中にいた人たちは逃がしといたから
 さっきの爆発では誰も死んでないわ。もっともあんたはこれから死ぬのかもしれないけどね・・・」
「ひいっ!や・・・やめてくれ!!」
ブルマのひとことひとことに失禁するヤムチャ。
「あんたにはもう、幸せになる資格なんてないのよーーーーーーーーー!!!」
ブルマのバズーカ砲が発射された。

467 :作者の都合により名無しです :02/09/25 04:11 ID:iuImEyBV
>>465
カコ(・∀・)イイ!
このぐらい言ってほしかったな。クリリンがあんだけ健闘したんだし。
>>悪ヤムチャ
どこまでヤムチャが鬼畜になれるかですね。
展開楽しみにしてます。


468 :チャオズ様 :02/09/25 05:09 ID:FS5MixaX
悪ヤムチャストーリー 第四章「ヤムチャ絶望!?」

「や、やばいっ!!」爆発の瞬間、ヤムチャはなんとか上空にのがれることができた。
「あぶないあぶない・・・ブルマのやつ、本気で俺を殺す気か?
 それにしてもよくも俺の夢のような生活をぶち壊しやがって!許さ・・・」
「もうとっくに12時は過ぎちまったんだぜシンデレラさんよ」
突然、ヤムチャの背中で声がした。あわてて振り返るヤムチャ。
「て、天津飯!?こ、これはいったい何の冗談だ?」
「ふん。もうお前が夢見る時間は終わったってことだっ!!」
次の瞬間、天津飯の拳がヤムチャの顔面に炸裂していた。
なすすべもなく吹っ飛ぶヤムチャ・・・その先に誰かが待ちかまえていた。
「く、クリリン!?まさかお前まで・・・」
「ヤムチャさん、俺はあんたが許せないんだよォーーっ!!」
クリリンのかめはめ波がヤムチャに襲いかかる!
「!?・・・くそったれ!」ヤムチャは必死に体勢を立て直すとかめはめ波を撃ちかえして相殺した。
轟音とともに激しい爆発が起こる。
おれ、このままだと殺されるんじゃねーの?・・・そんなの困る!
そう思ったヤムチャは爆発のドサクサにまぎれて逃げ出すことにした。
しかし・・・からだが動かない。蜘蛛の巣にかかったかのようにピタッと動けなくなってしまった。
「こ、これはまさか・・・超能力!?」
動けないヤムチャの前に、美白の帝王餃子が現れた。「けけけ。死ぬほど蹴飛ばしてやる」
ヤムチャは思った。超能力を解くためにはあの手をなんとかしなくては・・・。
「きゅ、9−1は!?」とっさにそう言うヤムチャ。
そんな言葉は無視して、餃子はヤムチャを激しく地面に叩きつける。ドカーン!
「痛えっっ!!こ・・・答えはパー子・・・だ」
ヤムチャがボロボロになって倒れているところに、神様がのそのそと姿を現した。
「か、神様!助けてください・・・!」泣きながらそう命乞いするヤムチャ。
「安心しろ、命までは取らん。だがお前にはきびしいお仕置きが必要じゃな」
そう言って神様が不気味な笑みを浮かべると、ヤムチャは恐怖のあまり悲鳴をあげた・・・。

469 :チャオズ様 :02/09/25 05:30 ID:FS5MixaX
>>468
よく読んでみたら
>「痛えっっ!!こ・・・答えはパー子・・・だ」
はちょっとおかしいかも。
「いてて・・・!こ・・・答えはパー子・・・だ」に訂正です。
てゆーかもうだめぽ・・・逝ってきます。

470 :作者の都合により名無しです :02/09/25 06:19 ID:r3LSuF/w
>>452
か、かっこええ
ヤムチャが最強への道を歩んでるよ(´Д`)

471 :ヤムチャさんは苦労性【1】 :02/09/25 07:06 ID:o8fLmS2n
(ヤムチャはこれから活躍する予定です…多分。
感想・批評は大歓迎。勉強になります。
ただしつまんなかったらすぐ言って下さい。即打ち切ります。)



ナメック星のドラゴンボールにより生き返ったヤムチャがまず
知らされたのは、べジータがブルマの家に住んでいるという事実だった。

ええっ、とヤムチャは思った。
べジータと一つ屋根の下で暮らすことになるのか。
べジータ(とハゲマッチョ)が最初に地球にやってきた時の
事を思い出したヤムチャは憂鬱になった。

「な、なあブルマ…本気でべジータも住わせるのか?」
「別にいいじゃない。今までだって彼、ここに住んでたのよ。
おとなしくしてるし、大丈夫よ」
「いやしかし…」「なんか文句あんの」「ないです。 … け、 ど …」

自分も居候の身なのでガツンと言えないヤムチャ。
ハッキリしないヤムチャにブルマは何か勘違いをしたようだった。

「あ、やっだーヤムチャったら!変なこと考えてるわね?
浮気なんてするわけないでしょ!」
ばちーん、とヤムチャの背中を叩く。

472 :ヤムチャさんは苦労性【2】 :02/09/25 07:08 ID:o8fLmS2n
「い、いてて…」
―――ま、まあ悟空のヤツが帰って来るまでだろうし…
悟空と戦ったら満足して宇宙に帰るだろ。
それまでの辛抱さ…―――

ヤムチャは無理やり自分を納得させた。
それにしても、ブルマも照れ隠しとはいえ、強く叩きすぎだと
ヒリヒリする背中を押さえながらヤムチャは思った。

―――ブルマの言う通り、浮気の心配は絶対ないしな。
どうみたってこんな生え際が危ないチビなんかに
この俺を差し置いて惚れるわけないし。―――

チラリ、とべジータを盗み見て吹き出した。
見れば見るほど滑稽な男だ。
視線に気付いたべジータがヤムチャを睨み付ける。
ヤムチャはとっさに襲いかかった尿意を押さえ込んだ。
気のせいか、背中の痛みが増した気がした。
ぶるぶる、と首を振る。

―――お、俺は界王様の元で修行したんだ!
狼牙風風拳と操気弾は健在だし
界王拳(7.25倍までマスターした)だってある!
それに奴にはもうサイバイマンという切り札もない!
べジータなんか恐いもんか!!―――

ようやく気が楽になったヤムチャはにっこり微笑んだ。
何も不安になることはないんだから背中に湿布でもはっとこう、
とヤムチャは家にかけこんだ。(続く?)

473 :新世紀ヤムチャリオン :02/09/25 07:38 ID:+Ke/cEsL
第壱話「膿をほじくり返してるのはてめぇだろ」

テンシンハン「無念・・・」 気孔砲をはなって力尽きるテンシンハン
ベジータ「はっはっは、また無駄死にだったな」
クリリン「梧空ーーーーーー早く来てくれー!!」
「待たせたな」  クリリンの頭上から声がした
クリリン「!?えっ・・・・まさか、ヤ、ヤムチャさん!!?」
そこには巨大なロボットにのったヤムチャがいた
御飯「ヤムチャさん!」  ピッコロ「ちっ、待たせやがって」
ヤムチャ「悪い悪い、だが皆のおかげでついに完成したぜ!人型人造人間ヤムチャ
リオンがな!!」
ナッパ「なんだ?あのでけえのは」
ヤムチャ「テンシンハン・・・・」 力尽きたテンシンハンを見下ろすヤムチャ
ナッパ「そういえば一人吹っ飛んじまったのもいたっけな」
ヤムチャ「そうか・・・クリリンまで・・・・」
クリリン「ヤ、ヤムチャさん。俺はここに・・・」
ドズ・・・・・・ ヤムチャリオンでクリリンを踏み潰したヤムチャはサイヤ人
に向かって言い放つ
ヤムチャ「許さん・・・許さんぞ貴様等・・・命をオモチャにしやがって・・」
ナッパ「へっ!!御託はいいからかかってこいよ!!」
ヤムチャ「このヤムチャリオンのボディはミニ四駆のシャーシと(以下略)
さらに必殺の操気弾はロケット花火ををつきぬけろ(以下略)」
ヤムチャは御託を並べはじめた。ナッパは待ちきれずにエネルギー砲をぶち込む
ヤムチャリオンの上半身が吹っ飛ぶ。
ナッパ「口ほどにもないぜ」
ヤムチャ「ふっ、下半身があれば十分さ」
そういうとヤムチャリオンを反転させ逃走しはじめた
ヤムチャ「お前がパワーなら俺はスピードだ!一生かかっても追いつけないぜ!」
御飯「ヤムチャさ・・・・・プチュッ 」 御飯たちを踏み潰しながら東京湾へ
    以        下         同         文   

                 終わり                  

474 :作者の都合により名無しです :02/09/25 07:44 ID:RUgjz71q
>>471-472
ワロた。続きが楽しみ。
にしても、最強への道は素晴らしいな。
1000人もいるからボロゾーキンのように扱えるとは。
素晴らしい着眼点だわ。


475 :作者の都合により名無しです :02/09/25 08:57 ID:Kcke9nHD
>>473
期待通りのつまらなさ。もう来なくていいよ。


476 :  :02/09/25 09:38 ID:BM1f2FFc
>>472
7.25倍いいな。小数点以下がヤムチャのこだわりっぽくて。

477 :作者の都合により名無しです :02/09/25 09:39 ID:aEWJht6D
>>473 オモロイよ

478 :作者の都合により名無しです :02/09/25 10:07 ID:NLpi9c1z
>それに奴にはもうサイバイマンという切り札もない!
トラウマか(藁

479 :作者の都合により名無しです :02/09/25 10:32 ID:DsfO+e3i
ヤムチャリオンなかなか面白かったよ。
1話完結のショートコント形式なら読みやすい。

480 :作者の都合により名無しです :02/09/25 10:33 ID:SZ+htf9l
>>471-472
普通にヤムチャさんは心配性でもよかったんじゃネーノ

481 :作者の都合により名無しです :02/09/25 10:43 ID:Rn+d8ZSZ
>ヤムチャはとっさに襲いかかった尿意を押さえ込んだ

禿しくワロタ。
なんかこのスレではヤムチャはビビると漏らしちゃうのが定説になっとるな(w


482 :作者の都合により名無しです :02/09/25 10:45 ID:z1fRcNzW
でも原作ではベジータが漏らしてたよな

483 :(゚皿゚ ∋)∋ :02/09/25 10:51 ID:7q193fN6
何気に悪ヤムチャとヤムチャリオン読んで吹いた。

484 :作者の都合により名無しです :02/09/25 11:10 ID:hUd+8La6
普通に考えればこうだろ

・巨人の星
一徹
「ヤムチャよ、巨人軍という星座のどまんなかで 
ひときわでっかい明星となって光れ!かがやけ!」

・セーラームーン
ヤムチャ
「愛と気品のタキシード服美青年戦士、
タキシード仮面!只今見参」
セーラームーン
「ヤムチャー様!」

・ガンダム

ララァ 「人は変わっていくわ。私達と同じよ」
ヤムチャ「そうだよ。ララァの言うとおりだ・・・」
ララァ 「ヤムチャは本当に信じて?」
ヤムチャ「信じるさ。君ともこうしてわかり合えたんだ。人はいつか時間さえ支配することができるさ」
ララァ 「ああ、ヤムチャ・・・時が見える・・・」

485 :作者の都合により名無しです :02/09/25 11:20 ID:EfxYOn5p
ジミー先生とは・・・
ヤムチャって深夜放送が好きだったんだね。


486 :作者の都合により名無しです :02/09/25 11:28 ID:SZ+htf9l
じゃ同様に…

・スラムダンク
ヤムチャ「おう、俺はヤムチャ。あきらめの悪い男。」

・マキバオー
チュウ兵衛「言っとくがまだ次がある…なんて訳にはいかねえぜ…。
      今回が最後だ…。
      これで負けりゃ…やつは遠い海の向こうだ…
      それでいいのかよ!負けっぱなしでいいのかよ!
      ヤムチャ!」

・ガンダム
ランバ・ラル「ヤムチャとは違うのだよ、ヤムチャとは!!」

だんだんおかしくなってきた…。

487 :作者の都合により名無しです :02/09/25 11:47 ID:WPNuH/ea
>>482
ホント?

488 :作者の都合により名無しです :02/09/25 12:04 ID:/26Nhj5x
>>486
もう声優関係ねーじゃんよw

489 :486 :02/09/25 12:09 ID:SZ+htf9l
Σ(゚д゚lll)同ジ声優ダッタノカ・・・

490 :作者の都合により名無しです :02/09/25 12:49 ID:WRywtrQW
遅レスだけど
>もはや戦闘を続けられる状態ではなかった。
>しかしそれを見ても片腕のヤムチャは構えを解きはしなかった。
もうサイバイマンと戦っても負けないぞ!

491 :作者の都合により名無しです :02/09/25 13:29 ID:EfxYOn5p
ヤムチャの 人気エピソードって
・足元がお留守
・サイバイマン程度に殺される
・ベジータに女を寝取られる
が三強かな?

個人的には女を寝取られるが好きだけど。

492 :作者の都合により名無しです :02/09/25 14:16 ID:SZ+htf9l
名作ギャグもあるがあんま言われないね。

493 :作者の都合により名無しです :02/09/25 14:34 ID:5YrwJQ2E
ヤムチャリオン2結構ワロタ。
1話完結なのもよかった。キレがあっていい。
前作と同じ作者さん?

494 :作者の都合により名無しです :02/09/25 16:43 ID:orSOAMPp
ヤムチャさんは苦労性おもろかった。
続けてください。

495 :作者の都合により名無しです :02/09/25 17:34 ID:3ggS/WUe
>>491
正確に言えば本気を出せば一掃できる実力があるにも関わらず
油断してサイバイマン如きと相打ち。

496 :作者の都合により名無しです :02/09/25 17:39 ID:remMaK8c
>>493
禿同。
おれも激ワロタ。
結構レベルは高いよ。

497 :作者の都合により名無しです :02/09/25 17:46 ID:mzehTNrI
んだ、無理に長編で連載する必要はない
スレの主旨から言って一話完結の短編とか
粗筋ものも全然アリだと思う

498 :さいりょ :02/09/25 18:09 ID:jIZBwVGf
>>491
セルジュニアに腕を折られるのは?インパクト、少し弱いかな?

499 :作者の都合により名無しです :02/09/25 18:16 ID:SZ+htf9l
>498
だから名作ギャグがあるでしょ

500 :作者の都合により名無しです :02/09/25 18:38 ID:AkIrnyR6


そら、足元がお留守だぜっ!・・・と華麗に500をゲットしてみる

501 :さいりょ :02/09/25 18:41 ID:jIZBwVGf
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の5

ヤムチャには自信があった。
最近は三つ目でハゲの怪人や、悟空をも倒した謎のじいさんと戦い
無様な負け方をしてはいるものの、仮にもあの天下無敵の武天老師に修行を
つけてもらい、その奥義も会得したこのヤムチャ様が山賊ふぜいに
負けるわけはないと、踏んでの事だった。
何度も痛い思いをしてきたヤムチャは負ける事を恐れ、いつのまにかヤムチャは
自分が必ず勝てる相手としか闘わなくなっていたのだ。
門番の山賊もやはり勝てるわけもなく、ヤムチャの手刀一撃で簡単に
オネンネしてしまった。一度つけた自信は簡単には取れず、調子に乗った
ヤムチャはアジトの洞窟に果敢にも一人で突っ込んで行った。
こうなれば、こわいもの知らずである。
襲いかかる山賊の斧をひらりとかわし、体勢の崩れた腹にひざ蹴りを叩きこむ。
複数の山賊に囲まれても、必死に特訓したエネルギー波で軽く蹴散らす。
そんな吹っ飛ぶ山賊を見てヤムチャはまさに有頂天になっていた。
世界で一番強くなった気がした、気分はまさにスーパーマンだ、
今ならどんなヤツにも負けないだろう。そう錯覚した。
一人の山賊のむなぐらをつかみ、さらってきた娘の居場所を吐かせると
ヤムチャは真っ暗な階段をゆっくりと降りていった…。

502 :さいりょ :02/09/25 18:42 ID:jIZBwVGf
駄文、長文スマソ。
やっぱり、1日、1upがちょうどいいですかね?

503 :... :02/09/25 18:52 ID:kRPpjwm6
>>最強への道の作者さんへ

>>451 「ギニューvs・・・」は第二十七話で
>>340 「パワーアップ・・・」は第二十六話では・・・?

25話がふたつ かぶってる。 

504 :作者の都合により名無しです :02/09/25 19:34 ID:iOT5eePi
気狂いヤムチャの活躍がみたい。

505 :新世紀ヤムチャリオン :02/09/25 19:35 ID:GJztITgD
今回少しは賛同の声もあるので、前回ぼろ糞に叩かれて良かったかも、と思う
叩かれるのはまったく励みにならなかったけど。
DBの世界観というアドバイスをくれた人は参考になりました。

結果として前の全四話がネタとして使えたから無駄ではなかったかも。
でもこれで調子に乗ってもう駄文を書くことはないから安心してもいいよ。
やっぱり連載人の作品を見て笑ってるほうが100倍いい。

ヤムチャ最強への道期待してます。頑張って

506 :作者の都合により名無しです :02/09/25 19:47 ID:PrHrxpPQ
2012年、太陽系はヤムチャベルトに突入し、
全人類はヤムチャ化することになります。ヤムチャベルトに突入する際、
ヘタレゾーンを通過することになりますが、その間、地球は
太陽の光が全くとどかない暗黒の世界となります。
この数日の間、我々ヤムチャ化した人類は自ら操気弾を作り出し
極寒の世界を生き延びねばなりません。

507 :作者の都合により名無しです :02/09/25 19:48 ID:5YrwJQ2E
>>505
同じ作者さんでしたか。正直すごくレベルアップしたと思いますよ。
気が向いたらまたうぷしてください。

508 :作者の都合により名無しです :02/09/25 19:52 ID:DsfO+e3i
>>505
お疲れ様です。
また面白いネタ考えたら書いてくださいね。
職人さんあってのスレですから。

509 :作者の都合により名無しです :02/09/25 20:32 ID:GAlaaNts
>>508
なんですか”職人さん”って。
ネタ出す気無いんですか?あなた自身は。
無料でおもしろい作品を読ませてもらえる場所じゃないんだよ2chは。俺らも参加者だろうが!
何が職人さんじゃ

510 :作者の都合により名無しです :02/09/25 20:42 ID:kiy9m0i7
>>509
何らかの作品(AA長編とか)をスレに提供してくれる人を
2chでは一般に「職人」という。半角二次では「絵描き」。
わかった?

511 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/25 20:55 ID:dqLR1fjO
偉大なるヤムチャ伝説〜原作では語られなかったヤムチャ〜
「目的時代に到着しました。」
プシュー、タイムマシンの大きな窓が開く。
中には頭が中途半端にハゲている男が出てきた。
「い〜よしっ!まず第一段階成功だ!」
ヤムチャの声だった。
「ふふふ今の時代じゃ無理だろーけど、未来の天下一武道会なら
絶対優勝できる!ゴクウたちも未来なら天下一武道会に出ないだろうし
だったら、毎回初戦敗退の俺だって優勝できる。」
ヤムチャは未来に行って、天下一武道会で
優勝して賞金で楽しく遊ぼうと考えていた。
「ブルマたちが見に来てるかも知れないので
俺とばれないため念には念を入れて登録した奴と変わるか
おっと、手頃な奴がいた!」
ヤムチャは大きなマスクと大きなマントを着てる奴をみつけた。
ヤムチャ「え〜と、サイン欲しいんですがよろしいですか?」
大きなマスクをかぶってる奴「まあいいだろ。」
サラサラっとサインをマスク男は書いた。
サイン色紙を見るとマイティマスクとかかれていた。
ヤムチャ「ありがとよ。ついでに眠ってくれ」
ヤムチャの高速の攻撃がマイティマスク腹に突き刺さる!
マイティマスク「ぐわっ」
ヤムチャ「よしっ。さて着替えるか。」
ヤムチャは着替えた。予選は終わってるらしく、


512 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/25 20:55 ID:dqLR1fjO
マイティマスクヤムチャは中庭で、大人部門の試合の開催を待った。
すると子供が一人やってきた。
マイティマスクヤムチャ(おっこれは、トランクスじゃないか。大きくなったな・・・。)
トランクス「あの〜」
マイティマスクヤムチャ「なんだサインか?こぞう」
トランクス「あっちできれいなおねえさんがお話した言っていってますけど
はずかしいからボクによんできてほしいって」
マイチャ「なに!?そ・・・そうか?どこだ?」
トランクス「こっちこっち」
マイチャ「(うわっ、俺って覆面とかぶっててももてるのかふー全くつらいぜ)
ど・・どこだどこだ!?ほんとうにきれいなのか!?いっとくがオレは好みにはうるさいぞ!」
そしてマイチャ(ヤムチャ)の意識は飛んでいった。
それからというもの、ヤムチャは二度とそういう考えるをやめたのだった。
そして、ヤムチャは自分の歌手の才能があると思い込み、
歌手になろうとウルフハリケーンを出すが、これが全く売れなかった。

〜原作では語られなかったヤムチャ〜 終

次回、【もしヤムチャがあそこで、ああなっていたら・・・・。】を書きますよろしく。



513 :作者の都合により名無しです :02/09/25 20:58 ID:C4NHO1sA
>>511-512
オチにワラタ

514 :作者の都合により名無しです :02/09/25 21:03 ID:GAlaaNts
>>510
ワロタ

>>512-513
(;´Д`)バックトゥーザフューチャーみたいだ…

515 :作者の都合により名無しです :02/09/25 21:08 ID:WKF8zssN
>511-512
激しくワロタ

>514
足下がお留守ですよ!

516 :作者の都合により名無しです :02/09/25 21:11 ID:GAlaaNts
>>515
ジャンプすれば、お留守な足元を攻撃されても無効です。

517 :作者の都合により名無しです :02/09/25 21:17 ID:WKF8zssN
>516
いや、そうじゃなくてレス番が…
(´・ω・`)ショボーン

518 :作者の都合により名無しです :02/09/25 21:17 ID:9UNthImK
>>511-512
あんた最高。こういう原作に乗っ取ったやつはおもしろいね

519 :作者の都合により名無しです :02/09/25 21:20 ID:DmCiYj5w
>>509
足下がお留守ですよ。。。


520 :作者の都合により名無しです :02/09/25 21:22 ID:gvDiL3VE
>>511-512
ウマー!!
新しい視点でワロタ
凄いね。

521 :... :02/09/25 21:39 ID:9PR26kIl
>>503
ホントだ・・・

522 :作者の都合により名無しです :02/09/25 21:45 ID:DsfO+e3i
面白かったよー

523 :やむお :02/09/25 22:16 ID:cdrCgk7k
昔々、動物達も寝静まる深夜のパオズの山に大きな音が鳴り響いた。
家で眠っていた悟飯じいさんはびっくりして目を覚ました。
「なにごとじゃ?」
じいさんは朝になったら確かめに行く事にして、また眠った。

チュンチュン

そして朝、さっそく音のする方へ悟飯じいさんは向かった。
そこでじいさんが見たのは小さな子供。
「おぉ、なんと可愛い子じゃ。」
パオズには悟飯以外住んでいる者はいない。
悟飯じいさんは、その子は捨て子なんだろうと思い
自分で育てる事にした。
「名は…ヤムチャにしよう。」

524 :作者の都合により名無しです :02/09/25 22:18 ID:C4NHO1sA
DB世界を初期から再構築か

525 :作者の都合により名無しです :02/09/25 22:25 ID:9UNthImK
>>523
うーん批判って言うか指摘はいいのかな?
大きな音が鳴り響いた理由が書いてないのと
ヤムチャがどうやってきたのかがわからんけど今後の伏線?

526 :飲茶外伝 :02/09/25 22:42 ID:VtOAomHU
過去のは公式サイト参照。稚拙ですが続きを書きます。

527 :さいりょ :02/09/25 22:42 ID:CgjnNtiR
>>525
大きな音は、サイヤ人の小型宇宙船が落ちてきた音じゃない?
その中に、ヤムチャが入っていたという事では?
違ってたらスマソ。

528 :飲茶外伝 :02/09/25 22:42 ID:VtOAomHU
残るドラゴンボールはあと3つ。
レーダーで確認する。位置はここから西へ約100キロ。
・・・西の都だ。そうか、ブルマが集めているのか―

ブルマ「ヤムチャ、あなたの持っているドラゴンボールを出しなさい」
ヤムチャ「いったい何を願うつもりだ?」
ブルマ「・・・あなたのその腐った性根を神龍に直してもらうのよ!!」
ふ、わかってないな。それでも俺の恋人か。桃白白を倒した俺ならば餃子よりは上。
天津飯とは互角。弱点さえ直せば、天津飯はおろか悟空やピッコロにだって負けはしない。
ブルマ「・・・もう一度言うわ。ドラゴンボールを出しなさい!」
ヤムチャはブルマの言葉に従いドラゴンボールを地面に置く。
その瞬間、ドラゴンボールに注目し、隙ができたブルマに対し狼牙風風拳をぶちかました。
許せ、とは言わん。お前は俺の大事な恋人だ。わかってくれるはずだと、一方的に思うヤムチャ、
一方、薄れゆく意識の中、ブルマはヤムチャとは別れようと決心したのであった。

神龍を呼び出す。ついにこの時が来た。空は暗くなり、ドラゴンボールが光りだす。神龍が現れる―
ヤムチャ「神龍よ。この俺の足を、足を直してくれ!」
若干の間が辺りを包む。そして神龍が口を開ける。
神龍「・・・その願いは叶える事は出来ぬ・・・」
どういうことだどういうことだどういうことだどういうことだ!!!
……は!?まてよ、そうか、そうだったのか!!
俺の力はすでに、神龍をも超えているのか!!
一人で錯乱し、一人で納得するヤムチャ。
その為、神龍が言う本当の理由を聞き逃す。

神龍「・・・あまりにもお留守すぎて、私ではどうすることもできんのだ・・・」
横で聞いていたプーアルはあまりにも残酷な真実を知り、静かに泣いた―

529 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/25 22:43 ID:dqLR1fjO
ヤムチャリオン2かなりおもしろかったっす!
やはりどんなに批判されようがかきつづけたほうがいいね。

>>513>>514>>515>>518>>520>>522
サンクス。どうも有り難う御座います。
次回もよろしく・・・。と宣伝してみる。


530 :YAMUTYAN BALL :02/09/25 22:48 ID:Yk0cCngW
 〜もしもヤムチャが元気玉発射の時までいたら〜2

「ち…違うぞクリリン!その気はヤムチャだ!!」
「ずどどえやあ〜〜っ!!」だが、悟空が忠告したものの、時はすでに遅くクリリンはヤムチャに向かって
元気玉を投げ下ろしていた。
 元気玉が自分に飛んでくるという、予想もしない展開にヤムチャはあたふたするばかり。元気玉はどんどん
近付いてくる!
「ヤム…ャさー…!あし…とが…お…す……よー!」クリリンが何か叫んでいるがほとんど
聞こえない。少しニヤついて見えるのは気のせいだろうか?いや、きっと気のせいだ。
(ヤムチャッ!!跳ね返せ!!そいつは味方だ!多分!!)悟空のテレパしいだ。
(頭がまっ白だ…。元気玉の跳ね返し方がわからない…。誰か……!)ヤムチャは心底困っていた。
「ドラゴンボール巻十101ページ!!【元気玉の跳ね返し方】!!」いきなり、さらに後ろの岩陰に隠れていた
ヤジロベーが池辺マニュアル的アドバイスを贈っていた。
(十巻…ひゃくいち……もしや……あれは……あれは……お父さん!?)
「ちが……」ヤムチャは違うことに気づき半泣きになっていた。むしろ、気分は全泣きだ。
 ヤムチャはさらにあたふたしていた。元気玉との距離はあと20メートル程。
「は、はじけてまざれ!!」しかし、混ざらない、弾けない。
 が、一瞬後にヤムチャは閃いた。
「く…くそうっ!こ…こうなったらしかたない…天津飯!!!技をかりるぜぇっ!!」
「排球拳!!!いくわよーーーっ!!!」


531 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/25 22:49 ID:dqLR1fjO

>>528
激ワラ・・・・。シェンロンでも無理かよ。

聞いたことあると思うけど
全く売れなかった。ウルフハリケーン

http://ime.nu/ftp.freenet.de/pub/4players/dragonballz/dbz/dbz-audio/db_hit/wolf_hurricane.wma

532 :作者の都合により名無しです :02/09/25 22:50 ID:C4NHO1sA
>>530
>「排球拳!!!いくわよーーーっ!!!」
いけるのか!?

533 :作者の都合により名無しです :02/09/25 22:50 ID:Ed49nI5X
>>528
ワラタ

534 :作者の都合により名無しです :02/09/25 22:51 ID:ahBpmXtI
関係無い話でゴメン。
ここの公式サイトのデザインが妙に気に入ったんだけど、
この線が主体のHPってどうやって作るの?
ソース見たけど、良く分からなくて…。


535 :さいりょ :02/09/25 22:52 ID:CgjnNtiR
>>530
どうなるどうなる!?期待してます!

536 :作者の都合により名無しです :02/09/25 22:59 ID:8+zJ8fP8
どの漫画が面白いよ?
のコピペ・・・・・。
あと、4日後の日曜に締め切り
http://ime.nu/vote2.ziyu.net/html/yuuitiro.html

537 :作者の都合により名無しです :02/09/25 23:03 ID:C4NHO1sA
>>536
もうヤムチャ最強への道に決定だなこりゃ

538 :さいりょ :02/09/25 23:07 ID:CgjnNtiR
>>536
やばい、ボクのヤツ順位低いわ。もっと精進せねば…。

539 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/25 23:13 ID:FPBRJAdm
し、しまった〜。
>>512
マイチャ「(うわっ、俺って覆面とかぶっててももてるのかふー全くつらいぜ)
『覆面とかかぶってても』だった!
とが抜けてました。
公式サイトのときは直してください無理か・・・・・・?



540 :作者の都合により名無しです :02/09/25 23:18 ID:MC5ETyFf
>>失っていた盗賊時代の
>>ギラギラとした闘争心を取り戻したようだった
そういえば最初の狼牙風風拳は悟空にも効いたんだっけ…
彼の没落はここからはじまっていたのか…(w

541 :作者の都合により名無しです :02/09/25 23:28 ID:IYK5kP4L
>>540
悟空あん時腹へってたし、ダメージ自体も大してなかった

542 :飲茶外伝 :02/09/25 23:45 ID:VtOAomHU
ヤムチャ最強への道は素晴らしすぎです。
あと2話で終わりなんで書いちゃいます。

543 :飲茶外伝 :02/09/25 23:46 ID:VtOAomHU
俺は神龍の力をも凌ぐ。ヤムチャの確信。いや過信だが、、、、
ヤムチャ「プーアルよ、俺はまずあの屈辱を晴らしに行く」
あの天下一武道会での屈辱。あのオヤジ。いくら神に乗っ取られていたとはいえ、
絶対に許すことはできない。奴を倒すのだ。一人旅立つヤムチャ。

普通のオヤジが危ない!!
プーアルは困った。ふと辺りを見る。空は闇に覆われたままである。
そ、そうだ!これだ!!神龍への願いがまだだったんだ!!
そしてプーアルはとある願いを神龍に頼んだのである。
神龍「・・・その願いなら、叶える必要がないかもしれんが…まぁやってみよう」

そしてヤムチャはボロボロになって帰ってきた。オヤジに負けてしまったのだ。
俺はただのオヤジに負けてしまった、あのオヤジは只者ではなかったのか・・・?
ヤムチャは考える。神龍の力をも超える俺が負けたのは何故なのかと。
・・・だが中々答えは出てこなかった。やがてヤムチャはあてのない旅に出た。
もう一度修行をやり直そうと決心して。
プーアルは後悔した。あの願いはある意味成功だった。オヤジを救うことができた。
だが…

旅に出て数年が経つ。
悟空がラディッツと戦い相打ちとなり、サイヤ人が地球に来る―

544 :飲茶外伝 :02/09/25 23:47 ID:VtOAomHU
長い旅の中、ヤムチャは確かな強さを得た。慢心ではない。過信でも無い。
確かなる自信。神様の元での修行。天津飯、クリリン、餃子…
彼らとの組み手では、勝つことこそ出来なかったものの確かな手ごたえを感じ取れた。

そして地球にサイヤ人が降り立つ。運命の日。
戦いは始まった。天津飯がまずサイバイマンを倒す。次は俺の番だ。

すべてが順調だった。全く相手を寄せ付けない展開。決め技としてかめはめ波。だが―

自爆。サイバイマンとの相打ち。
ベジータが言うような油断では無い。薄れゆく意識の中、敗因を考える。
俺は死ぬのか…何故? ヤムチャにはわからなかった。

あの日、あの時プーアルが神龍に願った内容、それは―

「ヤムチャ様が負けますように―」

この日以降、ヤムチャが戦闘において勝利した日は無い。
だが神龍に願いをかなえてもらっていなくても、神龍が言うように勝てなかったのかもしれない。
ヤムチャが戦闘において勝利を収めたのは、クリリンの機転によって倒せた、
占いババの館での透明人間との戦い以降無いのだから―


E N D

545 :138 :02/09/25 23:49 ID:HY2HdGsm
も一回宣伝公式サイトは↓

http://ime.nu/members.tripod.co.jp/yamcha676/

管理人さん、がんがれー。
P.S.デザインカコイイですね。

546 :作者の都合により名無しです :02/09/25 23:52 ID:C4NHO1sA
>「ヤムチャ様が負けますように―」
プーアルのせいだったのかー!?

547 :作者の都合により名無しです :02/09/25 23:53 ID:5YrwJQ2E
>>飲茶外伝
ラスト(゚д゚) ウマー
まさかヤムチャの敗北にそんな訳があったとは・・・。(つД`)



548 :作者の都合により名無しです :02/09/25 23:55 ID:C4NHO1sA
しかしみんなラストがうまいなー
どれも悲しい結末だけど・・・

549 :作者の都合により名無しです :02/09/25 23:57 ID:5YrwJQ2E
なんか最近職人さんのレベルが上がってる気がする。

550 :こんなヤムチャどうよ?3 :02/09/26 00:05 ID:ChFU/r8o
これは人造人間が襲来する1年前の話である。

この日、俺はお養父さん、いやブリーフ博士から連絡を受けカプセルコーポレーションへ向かっていた。
妊娠していたブルマの子供が生まれそうなのである。
父親はあのべジータだ。
俺とブルマはもう恋人同士ではない。
俺は今までブルマが俺の生き方を理解してくれていると思っていた。
実際は修行のためどこかへ行ってしまう俺にいつも寂しさを感じていたのだ。
そんなブルマの気持ちに俺は気づいた。
しかし自分は武道家である、これを捨て去ることは俺には決して出来なかった。
だからこそ俺はブルマと別れた。
そして今彼女は新しい幸せをつかもうとしている。
これは俺にとって喜ばしいことだった。
だが正直に言えば複雑な気持ちもあった。
それはまだ俺にブルマへの未練があるのだろう。
気づくと俺は目的地に着いていた。
俺は中に入れてもらうと、ブリーフ博士が迎えてくれた。
その顔は満面の笑顔だった。
どうやら無事生まれたようだ。
俺はホッと胸を撫で下ろし、挨拶をした。
ヤムチャ「お久しぶりです、ブリーフ博士」
以前ならばお養父さんと呼んでいただろうが、今の俺にその資格は無い。
ホントならば俺はここにいてはいけない存在なのだ。
無事生まれたのならそれでいい。
俺は挨拶だけをしてすぐに帰ろうと思った。
ブルマに会うつもりは無い。
これ以上アイツの幸せを踏みにじりたくない。
そんな俺に博士は声をかけてきた。


551 :こんなヤムチャどうよ?3 :02/09/26 00:07 ID:ChFU/r8o
俺は博士に背中を向けたまま立ち止まった。
ブリーフ「君はブルマに会う資格は無いと思っているみたいだね。確かに君とブルマが別れたのは君に原因があるのは分かっている。だが男にはそれぞれの生き方があることも私は知っている」
ヤムチャ「そのせいで俺はブルマを傷つけました。それは事実です」
ブリーフ「しかし、それと同時に君はブルマをずっと守ってきた。それが君なりの愛し方だったんだろう。君は不器用な人間だが、すばらしい優しさを持っている。それは私やブルマもよく知っている。だから君はその優しさゆえにブルマと別れたんじゃろ?」
俺は優しくなど無い!俺はただの身勝手な人間だ!俺はそう心の中で何度も叫んだ。
ブリーフ「そして君は再びブルマを初めとする皆を守ろうとしている。ブルマからおおよその事情は聞いている。ヤムチャ君、私は君を今でも息子だと思っている。だから何かあったら必ずここへ来なさい。ここは君の家でもあるのだからな」
俺は振り返ることも無くただうなづいて家を出た。
正直に言えば俺は振り返れなかった。
お養父さんのあの言葉を聞いた時、俺の瞳からは涙が流れていた。
こんな俺でも息子といってくれるお養父さんに俺は深く感謝していた。
それと同時にブルマの幸せを心から祈っていた。
べジータは確かに悪の限りを尽くしてきた非道な男だった。
しかしヤツは徐々に変わってきている。
ヤツはまだそれに気づいていない。その心にある本当の優しさに。
いつか気づく時が来る。
その時が本当のアイツの幸せが来る時だ。
だから俺は守ろう、アイツの幸せを。
俺はこんな形でしかお前に尽くせない。だがお前が幸せになることが俺にとっての幸せでもあるのだから



552 :こんなヤムチャの書き手 :02/09/26 00:09 ID:ChFU/r8o
ちょっといまいちかな?

553 :作者の都合により名無しです :02/09/26 00:17 ID:HWCP3nYS
んにゃ。おもろい。
惜しむらくは文章に少し変な所がある。
大まかな流れは上手いと思うし、目の付け所もいいと思ったす。

554 :チャオズ様 :02/09/26 02:51 ID:FEklKiks
悪ヤムチャストーリー 第五章「ヤムチャ最凶!?」

ヤムチャはみんなにフクロにされた後、カリン塔に吊るされていた。
ときおりエサだけが与えられた。そしてそのまま数週間が過ぎたある日・・・
「ちくしょう!サイヤ人が来るまであと10ケ月もないってのに・・・。
 よくもあいつらおれの楽しい余生を踏みにじりやがったな!」
ボロボロのヤムチャは、ブルマや天津飯たちへの怒りをあらわにした。
するとカリン様がヤムチャをさらに三枚にオロしてこう言った。
「たわけが、それは逆恨みというものじゃ。
 それよりちゃんと反省したら神の神殿での修行にまぜてやってもよいぞ」
「そ・・・そんなのイヤです・・・よ。おれは楽しく・・・過ごすん・・・だか・・・ら」
もはや虫の息となったヤムチャはしぼりだすようにそう答えた。
「サイヤ人を倒した後でいくらでも楽しく過ごせばよいじゃろうが。
 どうせ殺されるつもりなら超神水を飲んでみるか?強くなれるかもしれんぞ」
カリン様はヤムチャを介抱すると、超神水を差し出した。
「これおいしいんですか?おれはこう見えてもグルメですからね」
「猛毒じゃからな、おいしくはない。まあ飲むかどうかはおぬしの好きにせい」
よーし、おれも男だ!ヤムチャは決心すると、自信満々にこう言い放った。
「この超神水を水割りにできますか?」
カリンはあきれ顔をしながらも超聖水で超神水をうすめてやった。
それをいっき飲みするヤムチャ。飲みほすと、からだに激痛が走ってきた。
「ほぎゃああああああぁぁぁぁーーーーーーー!!!!」
ヤムチャの絶叫が夕焼け空にこだまする。そんな状態が一晩中続いた。
「もうヤムチャの体力も限界じゃ。やはり耐えれんかったか・・・」
どうでもよさげにそうつぶやくカリン。しかしその瞬間、ヤムチャの潜在能力が激しく波打った。
「なんじゃこの気は・・・!?お、オケラ・・・じゃなくてオオカミか!?」
気がつくと、ヤムチャは立ちあがっていた。驚きを隠せないカリン。
「これが・・・おれなのか?力が・・・力があふれ出してくる!」
「な・・・なんと・・・!これならもしかするとサイヤ人とも互角に戦え・・」
「よし、これなら天津飯たちに復讐できるぜーーー!!」
そう言うとヤムチャは高笑いしながら天界へと飛び立った。

555 :ヤムチャさんは苦労性【3】 :02/09/26 03:19 ID:46DEY8B1
ヤムチャとブルマとべジータ(+α)が一つ屋根の下で暮らし始めてから一か月が過ぎた。
人一倍勝ち気なブルマと宇宙一プライドの高いべジータの相性は最悪だった。

―――こんなの食えるか文句あるなら食べなくていいわサイヤ人は肉を好むんだあたしダイエット中なの我が儘な女め―――

四六時中、何かにつけて衝突するブルマとべジータ。
そんな二人を諌めるのは、当然ヤムチャの役目だった。
おかげでヤムチャの口癖はすっかり「まあ、まあ」になってしまった。
盗賊時代の自分とはあまりにかけ離れていてちょっぴり切なくなるヤムチャだったが。

実のところ、ヤムチャはべジータがキレるのを恐れていた。
今でこそ、この野蛮なサイヤ人はおとなしくしているが
いつタガが外れて地球を滅ぼそうとするか分からない。
正直言ってブルマの奴に対する態度はヤムチャをヒヤヒヤさせた。
だからといって尻にしかれているヤムチャがブルマに注意する、 という事はありえなかったが。
まあとにかく、衝突する二人を仲裁する事でヤムチャは 地球を滅亡の危機から守っていたのであった。
―――さっすがオレ!地球の影のヒーロー!なーんちゃってな。

「…い。おい!聞いてるのかキサマ!」
「…はっ!?」
己の妄想に浸っていたヤムチャはべジータの声で我に返った。
「な、何だべジータ」
べジータがヤムチャに話しかけてきたのは初めてである。ちょっと緊張して声が震えてしまうヤムチャ。
「あのナメック星人はどこにいる」
「ピ、ピッコロか?なんでまた―――」「キサマには関係ない」
そう答えたべジータから凄まじい闘気が放たれている。ヤムチャは尿道が危うく緩みかけたのを引き締めた。
―――こ、こいつ…ピッコロとやる気だ…!
やはりべジータは欲求不満だったのだ。ヤムチャは内心パニック状態だった。
ピッコロだってなしくずしで今は味方って事になってるけど元・大魔王だ。
べジータの質の悪さは言わずもがな。

―――そんな二人が悟空のいない今対面したら最悪じゃないか〜!

556 :ヤムチャさんは苦労性【4】 :02/09/26 03:21 ID:46DEY8B1
悟空。そのキーワードにとっさにある考えがヤムチャに浮かんだ。
「そ、そうだ!そんな事よりさ、べジータ。ブリーフ博士が
悟空の為に作った重力室があるんだぜ!それ試してみたらどうだ!」
「カカロットだと?」

―――やった!興味示してるぞ!
ヤムチャは内心でガッツポーズをとった。

「そうだぜ!悟空のやつ、100倍の重力室で修行したんだ!
悟空が使った宇宙船以外にもプロトタイプがあるって博士から聞いたんだ。
それ使って修行するってのはどうだ?」
「…気に入らんな」
「へ?」
何だ、何が気に入らないんだ。
ヤムチャは冷や汗をかいていた。オレは地球の(影の)救世主なのだ。
ここでオレがべジータを食い止めなければ誰が食い止めるのだ!
「カカロットと同じ条件で修行しろというのか…?気に入らん。
ヤツを超えるならせめて300ば…」「ちょ、ちょっと待て!!」
ヤムチャは慌ててタンマを入れた。べジータに悟空を超えられたら困るのだ。

―――こんな奴が宇宙最強になったら地球どころか宇宙はお終いだ!
もはや、ヤムチャは地球の救世主ではなく、宇宙の救世主になるべく、
頭をフル回転させていた。そして咄嗟に口から出てきた台詞は
「べジータ!100倍の重力室でオレと修行しようぜ!」であった…。

特技:墓穴掘りのヤムチャの命運は? 続く!!(のか?)

557 :ヤムチャさんは苦労性【作者】 :02/09/26 03:27 ID:46DEY8B1
だらだらと長くなってしまってすいません。
次はようやく戦闘シーンに入ります。
とはいえ、ヤムチャ対べジータでまともな戦闘ができるかは謎ですが。

感想、ありがとうございます!
面白いって言って下さると最高に嬉しいです。
批評も待ってます。

他の作者さん達の作品も楽しく読ませていただいてます。
どれもレベル高いので、励みになります。
お互いがんがろう。

それでは午後の講義に遅れるのでこのへんで。

558 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 04:02 ID:a8zYct+n
これは荒野で育った一人の青年の記録である

「ヤムチャ様、今日も大量でしたね。」
「いつもこれくらいだといいんだがな、それにしても今日、襲った村はずいぶんと蓄えていたな。」
ヤムチャと呼ばれた男、年は17、8といったところだろうか、が答えた。
傍らにいるのはお供のプーアル。
昔、どこだかの幼稚園で覚えたという変身が得意ないわば付き人のような存在だ。

ここで時は一時間ほど過去に遡る。
場所はとある村、特に豊かでもなく村人たちは平和に暮らしていた。
そう、この時までは・・・
「さぁ、食料をよこしな」
声の主はもちろんヤムチャ、彼が話しかけているのはこの村の村長と思しき人物だ。
「何じゃ?お前らは」
老人は怪訝そうに訪ねる。こんなことは彼の長い人生において初めての経験だった。
「盗賊といえば話は早いかな、おっと、これは強盗か?」
「盗賊なんぞに渡すものはない。さっさと消えてもらおうか。」
言うやいなや、ヤムチャに攻撃を仕掛ける老人、年をとってはいるが腕に覚えはある。
・・・はずだった。


559 :チャオズ様 :02/09/26 04:06 ID:FEklKiks
>ヤムチャさんは苦労性
ストーリーに忠実でなおかつ等身大のヤムチャがイイ!!です。
続き期待してます!

560 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 04:18 ID:a8zYct+n
老人の拳が男の顔にめり込む。周りを囲む村人たちの誰もがそう思った瞬間、
信じられないほどの速さでそれをよけ、悠々と反撃に転じるヤムチャ。
「こっちも生活がかかってるんでね、ありったけとは言わない、今、ある分全て持ってこい」
さすがにこのヤムチャの言葉に切れた一人の村人がヤムチャに襲い掛かった。
軽く一蹴される村人。だが、堰を切ったように今度は村中の男たちがヤムチャに襲い掛かった。
「みんなでかかれば、何とかなるぞ!」
「おー!俺たちの村は俺たちで守るんだ。」
一斉にヤムチャに襲い掛かる村人、しかし・・・
「ふん、狼牙風風拳。」
おそらく、数人が何が起こったのかも理解できないまま気を失っていた。
恐るべきヤムチャのスピードである。
「さぁ、じいさん。これ以上、怪我人を増やしたくなかったらおとなしく
食料を渡しな。」
「くっ、仕方ないか・・・」
歯がゆさに唇を噛み締める老人であったが、これ以上の抵抗は男の言う通り
怪我人を増やすだけでしかないと判断し、男を食料庫へと案内した。

ヤムチャたちはこうして略奪を繰り返しながら生計を立てているのであった。
しかし今度ばかりは入った村が悪かった。この後すぐに彼は人生の岐路に立たされることになるのだ。

561 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 04:29 ID:a8zYct+n
ヤムチャたちが浮かれながらアジトへ戻ろうとしていた頃、先刻ヤムチャたちが襲った村では

「隣村へ言ってくる。留守は頼んだぞ。」
ヤムチャと拳を交えた老人がある目的のために隣町へと向かおうとしていた。
「しかし、大丈夫なんですか?その用心棒というのは?」
「分からん、じゃがその用心棒とやらのおかげでこの村は今まで平和に暮らせてきたんじゃ。
そのために隣町へも、毎月高い税金を納めておる。」
「道中ご無事で。」
若者の言葉を背に老人は隣町へと旅立った。自分たちの村から略奪を行った男への復讐を果たすために。

数ヶ月後、食料の尽きたヤムチャたちは再び、略奪を行うためにその村を襲うのである。
そこに待ち受ける罠と彼がこれから歩むことになる非情な運命をも知らずに・・・


562 :  :02/09/26 04:43 ID:Ut55uwQa
苦労性かなりいいな。

563 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 04:48 ID:a8zYct+n
「さぁ、また来てやったぜ、爺さん。食料は用意できるかな?」
再び、老人と向き合うヤムチャであったが、何かがおかしい。
前回は彼に対して痛いほどに緊張感を張り詰めていた村人たちが笑顔で彼を出迎えたのである。
「待っておったよ、全く。もう来ないものかと少々不安になっていたところじゃ。」
顔に余裕の笑みを浮かべながら話す老人。怪訝に思いながらもヤムチャはこう聞くことを禁じえなかった。
「あは、前回ので懲りて素直に渡してくれます?」
(まさか、銃でイキナリ蜂の巣とかはないよな・・・)
不安でいっぱいのヤムチャであった。
「ついてくるがいい、今回は君に合わせたい人物がおる。」
言うやいなや、老人は食料庫へと歩き始めた。
「もう少し早く来れんかったのか?」
苛立たしげにヤムチャに言葉をかける老人、さすがに不安に感じたヤムチャは
「プーアル!逃げるぞ。」
さけびながら村を後にしようとした。その時、
「先生、盗賊が着ました!先生のお力で奴らを追い払って下さい。」
老人が叫ぶと食料庫から辮髪を伸ばした一人の男が現れた。もちろん逃げることに必死なヤムチャたちは
そんなことは露も知らない。逃げるヤムチャたち、しかし、男は微動だにしない。
「先生、奴らが、逃げますぞ。早く追ってください。」
「ふん、逃げ切れるとでも思っているのか」
男の顔に不敵な笑い声が浮かぶ、その頃ヤムチャたちは用意していた車に乗り込もうとしていた。
(よし、逃げ切れる、もうこんな村には来ないぞ)
そう胸に誓うヤムチャであった。

564 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 05:16 ID:a8zYct+n
アクセル全開で村を後にするヤムチャたちであった。
「ふー、どんなにあがいてもここまでは追ってこれないだろう」
「ヤムチャ様ー、何も逃げ出さなくても、きっと勝てましたよ、ヤムチャ様なら・・・」
「八八は、まぁ、俺の狼牙風風拳にかかればどんな奴でもイチコロさ、だがな、プーアル
もしも、もしもだ奴らの雇った用心棒がものすごく強い奴だったらどうする?もしも女だったら?」
そう彼は女性恐怖症だったのだ。
「用心棒が女の人なわけ・・・」
ズゴォォォーーーーん
プーアルの言葉をさえぎるかのようにヤムチャたちの前で砂塵が上がった。何が起こったのかわからないまま
車を急停止させる。
「何だ?爆弾か?」
怪訝そうに砂塵の舞う方向を見るヤムチャとプーアル。そこには先ほどまではなかったはずの杭が刺さっていた。
「プーアル、あんなものさっきまでなかったよな?」
「はい、一体なんでしょうね?」
訝しげに杭を見つめる二人、よく見ると砂塵の中に人影が見える。
「プーアル!誰かいるぞ、しめしめ、さっきの村ほどじゃないがもしかしたら金を持ってるかも知れない、ツイてるぞ。」
「ヤムチャ様ー、頼みますよー、もう食料はないんですからねー。」
「任しとけって、俺が負けるはずないだろ。」
砂塵の中から辮髪を垂らした男が現れた、無論先ほどの村が雇った用心棒だ牙、逃げることに必死だったヤムチャたちは
そんなことは露ほども知らない。
「よーし、よし。有り金全部おいていってもらおうか。運が悪かったな俺は今、機嫌が悪いんだ
抵抗すると痛い目にあうぞ。」
(何だコイツ、ピンク色の道着だって趣味が悪いにもほどがあるだろそれに弱そうだ)
これが彼の運命の始まりであった。

565 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 05:29 ID:a8zYct+n
「痛い目とはどういうことかな?」
辮髪を揺らしながら無表情に男は答えた。
「こういうことさ。」
言うやいなや、男に拳を叩き込むヤムチャ。なす術もなくヤムチャに殴られる辮髪の男。
さすがにやりすぎたかなと思い、間合いを開けるヤムチャであったが、信じられない光景を目の当たりにするのであった。
なんとあれだけ殴ったにもかかわらず男は平然と立っているではないか。
「痛い目とはこういうことか?」
平然と言い放つ男にヤムチャは我を忘れた、半ば怯えながら。
「ふん今までのはお遊びさ、食らえ、狼牙風風拳!」
言うやいなや、先ほどまでとは比べ物にならないスピードで攻撃をかけるヤムチャ
その様はまさに狼の牙であった。しかし、ヤムチャの攻撃が再び相手に当たることはなかった。
男はヤムチャが想像も出来ないようなスピードで後ろに回りこんでいたのだ。
「ふん、さっきは逃げ出したかと思えば、今度はかかってくるのか一体何を考えているのか理解できんな。」
「逃げ出した?ふん、俺がいつ逃げ出したよ?」
(バカヤローーー、逃げ出したいのは今だよ、今!)
ヤムチャはこの場をどうやって切り抜けるかで頭がいっぱいだった

566 :作者の都合により名無しです :02/09/26 05:31 ID:4cHTzBwo
辮髪…ラーメンマン?

567 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 05:44 ID:a8zYct+n
「先ほどの村を襲った盗賊だろう?お前に恨みはないが、このあたりでお前みたいな奴がいれば
殺す、そういう約束になっているんでな」
「ははーん、さっきの用心棒とやらのお仲間ってわけか?」
「仲間?何を言っているんだ?」
(おいおい、人違いか?カンベンしてくれよ全く・・・)
「じゃぁ、人違いですね、俺はあっちの村から来たんですよ。」
「知っている、俺もあの村から来たところだ。」
(まさか、あの村にいた用心棒とやらがここまで追いつけるはずは・・・)
その時ヤムチャの視界に先刻、轟音と共に突如として現れた杭が入った。
(まさか、そんなわけないよな・・・)
「悪いが、死んでもらおう。」
「殺すって?はは、冗談ですよねー?」
「悪いが、私は冗談は嫌いだ。」
男が構えををとろうとしたその時、ヤムチャの脳裏に名案が浮かんだ。
(こうなったら、これしかない。勝負は相手より早く行動を起こせるかどうかで決まる。)
ヤムチャのとった行動それは・・・

568 :作者の都合により名無しです :02/09/26 05:51 ID:tsr//+Ml
>566
ワラタ

もちろん、本文も面白いんだけど。

569 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 05:53 ID:a8zYct+n
相手が構えを取った、その時、ヤムチャは素早く後方に跳んだ。そして着地するやいなや
彼のとった行動は・・・
「俺を弟子にしてください。」
なんとそう言うと深々と土下座をしたのである。
「悪いが弟子をとる気はない、死んでもらおう。」
あっさりと拒否されたヤムチャであったがなおも食い下がる。
「お願いします。弟子じゃなくてもいい、掃除でも洗濯でもなんでもやります。
(プーアルが)、だから殺さないで。」
「ふん、何でもするといったな、いいだろう、そこまで言うのなら命くらいは助けてやらんこともない。」
「本当ですか?ありがとうございます。」

その光景を冷ややかに見つめるプーアル。こうしてヤムチャは男の弟子(雑用係)となった。
男の名は桃白白、そして、これからの数年間ヤムチャにとって地獄のような日々が続くのであった。

570 :YAMUCHA -The Dark side- :02/09/26 05:58 ID:a8zYct+n
とりあえず思いついたんで書いてみますた。ところどころ誤字も多く、拙文なので
読んでいただけるとうれしいです。とりあえず、話のほうはヤムチャが悟空と会う前に
他のDBキャラに会っていたら?もしも・・・
ちょっとネタばれになるので書きません。とりあえず評判がよければ3年後くらいから再開します。

571 :作者の都合により名無しです :02/09/26 06:21 ID:Bh+zxXDd
>>570
なかなかいいと思うよ
ヤムチャがゴクウよりに先に桃白白に出会うIFSTORYで、
今後の展開とか気になるし
続きおながいします

しかし、レスの仕方も下手糞な俺にはネタ等考え付かないなとおもた

572 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/26 07:31 ID:lCkHJXmU
桃白白に弟子入りした(勘違い)したヤムチャは東の都に住むこととなった。

ヤムチャにとりその後の2年間はまさに地獄のような日々であった。
桃白白は言葉通りヤムチャを決して弟子としては扱わなかった。
ただし、修行という名目で時折憂さ晴らしに彼をいたぶるのではあったが・・・

掃除や洗濯は全てプーアルがこなしていた。といううよりも押し付けていたのだが。
肝心のヤムチャはというと完全に桃白白のパシリであった。
桃白白が腹が減ったといえば30秒以内にアンパンを買ってくることを
のどが渇いたといえば青汁を買ってくることを強要されていたのだ。
そして、仕事の依頼が無いとなると憂さ晴らしに半殺しにされる生活
プーアルは小遣いすらもらっているのに、ヤムチャはというと桃白白が仕事で留守の間に
きっとプーアルがかわいいからだ、ひいきだと思いながら。カツアゲをして小銭を稼ぐ生活。
(理由はプーアルが家事をこなしていることを桃白白が不憫に思ったため)
ヤムチャは半殺しにされるたびに恨みをつのらせながらも桃白白に頭が上がらなくなるのであった。

573 :さいりょ :02/09/26 07:49 ID:9299TIP2
朝age

574 :作者の都合により名無しです :02/09/26 07:59 ID:bICryvXX
まあ、あれだな最強への道の人気の一つは作者が無駄にでしゃばらないところだろうな

作品を淡々と書くその姿勢がいいな

575 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/26 08:15 ID:lCkHJXmU
桃白白の元を訪れるのは世界の用心や裏社会のボスたちばかりであった。一緒に生活しているうちに
ヤムチャはもしかすると桃白白は凄腕の殺し屋だったりするのかなと思うのであった。

一向に桃白白に頭が上がらないヤムチャであったが、そんな桃白白にも頭の上がらない相手がいた。
兄、鶴仙人である。鶴仙人はこの二年間の間に二度ほど桃白白の元を訪れていた。
鶴仙人は桃白白と違いヤムチャをやさしく扱ってくれるのでヤムチャは鶴仙人に好意を抱いていた。
(実際には桃白白のピンクの道着を着たヤムチャを女だと思い込んでいたのが原因)
鶴仙人には二人の弟子がいた天津飯というハゲ三つ目の背の高い奴と
餃子という名のチビで白い奴だ。どちらにも負ける気はしなかった。
(もう少し仲良くなったら鶴仙人様に弟子入りしてこの生活から抜け出そう。)
ひそかにそう決意するヤムチャであった。

576 :チャオズ様 :02/09/26 08:39 ID:FEklKiks
悪ヤムチャストーリー 第六章「反逆のヤムチャ」

―――神様の神殿ではZ戦士たちのきびしい修行が行われていた。
「誰か この神殿に やって来る」急にミスター・ポポがつぶやいた。
「え?あ、ホントだ。あの飛行機は・・・ブルマさんかな?」

「みんな久しぶりー!ちゃんと修行してる?」
「もちろんやってますよー。で、こんな所へ何しに来たんスか?」
「何しに来たはないでしょークリリン君。この機械であんたたちの強さを測ってあげようと思ってさ」
そう言うとブルマはスカウターを取り出した。
「おもしろい、おれから測ってくれ。どれくらい強くなったか知りたい」
そう言うと、天津飯が一歩前に進み出た。
「いいわよ、じゃあちょと待っててね。えーっと・・・あ、398だって!すごいじゃない!」
「ブ、ブルマさん次はおれを測ってくださいよ」
「クリリン君ね、オッケー。あ、ちょ、ちょっと待って!な、なんなのこれ・・・?
 すごい数値の人がいまこの神殿に向かって来てるわ」
「え、誰でしょう。まさか、ピッコロですかね・・・。その数値はいくらなんですか?」
「信じられない・・・2000以上よ。あ、もうすぐ来るわっ!」
「!!?」
次の瞬間、以外すぎる男が神殿に姿をあらわした。ヤムチャである。
「そ、そんな・・・ヤムチャさん!?う、うそだろ・・・?」
ヤムチャはフッと笑うと、いっきに気を解放した。
「お前らこないだはよくもやってくれたなぁ!その時の礼をしてやるぜ!!」
その圧倒的なパワーに気おされるクリリンたち。
「3080・・・3120・・・そんな、まだ上昇してるわ!これがあのヤムチャなの・・・!?」
「天さん、ボクの超能力が効かない!」
クリリンって鼻がないのにどうやって鼻クソ飛ばしたんだろう・・・となんか突然ヤムチャは思った。

577 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/26 08:42 ID:lCkHJXmU
地獄のような生活を抜け出すチャンスは意外にも早くやってきた。
ヤムチャが桃白白の元に弟子入り(勘違い)してちょうど2年程が経った頃、
ある仕事で桃白白が重傷を負ったのだ。
依頼主はレッドリボン軍とかいう組織。仕事内容は何かのボールを集めることという内容だった。
たかだかボール集めに重傷なんてざまぁねぇな、さらにはざまぁみろなどと思うヤムチャであった。
しかし、これは千載一遇のチャンスである。
問題はこの状況をどうやって利用するかだった。
桃白白の看病が弟子(勘違い)としては最優先事項だろう。
それを放棄して、鶴仙人様に弟子入りすることを果たして桃白白がどう思うだろうか?
下手をすれば半殺しどころではない。素で殺される。今度はどんな言い逃れも通じないだろう。
どうすればよいか考えあぐねている間に桃白白から電話が入った。
「俺だ。不覚を取った。プーアルはいるか?」
「え?あ、はい変わりましょうか?」
「頼む」

その後の会話についてヤムチャは詳しくは知らない。
ただ一つ確かなことはプーアルが桃白白の看病をし、桃白白が完治するまでの間は
鶴仙人の元で修行をしているようにという桃白白からの指示だけである。
(本当はヤムチャはどこへ行ってもいいが、プーアルにはどうしても残って欲しい
という内容だったがプーアルの配慮によって真実はねじまげられたのだった。)

こうしてヤムチャは鶴仙流の門をくぐることとなった。

578 :... :02/09/26 08:44 ID:Oc6ZAazE
>>575
面白いです。
個人的には、ヤムチャにはずっと桃白白のもとに
いて欲しい・・・w

579 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/26 11:25 ID:h34BkOpt
桃白白の元を離れ、晴れて自由の身になったかに見えたヤムチャであったが・・・

「・・・というわけで桃白白師匠が完治されるまでの間、鶴仙人様の下で修行させていただきたいと思います。」
口ではそういいながらも心の中では、
(はーっ、本当は桃白白からだけじゃなくて、誰かの下で暮らす生活から抜け出したいんだけどなー。)
と思うヤムチャであった。
「うむ、別に修行なんぞせんでもいいんでないか?」
(ラッキー!)
「いや、しかし、桃白白様から鶴仙人様の下で修行するようにと言い付かっていますので。」
(さぁ、来い、「別に修行しなくても言い」も一回来い)
「うーん、桃白白もなんでこんなかわいいギャルに修行をつけさせたがるのか分からんな。」
(???何を言ってるんだこのジジイ、ギャルって、もしかして俺のことか?)
「いやー、何か勘違いしてません?俺男なんですけどー、ハハハ・・・」
「何!お、男?」

ふとおどけるように話すヤムチャであったがその時彼は知らなかった。
鶴仙人のサングラスの奥に宿った凶暴な光を・・・

580 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/26 11:43 ID:h34BkOpt
鶴仙人の下での修行はヤムチャの想像を超える厳しいものだった。
あの優しかった鶴仙人が弟子入りしたとたんに鬼のようなシゴキを始めたのだ。
まさにイジメとしか思えないシゴキを。
何よりも弱そうだと思っていた二人の兄弟弟子、天心飯と餃子は驚くほどに強く
二人との組み手でヤムチャは常に生傷が耐えることはなかった。

だが、そんな厳しい修行の中でヤムチャは次第に楽しさを覚えることとなる。
桃白白の元では弟子入り(勘違い)したにもかかわらず、修行らしい修行をつけてもらえなかった。
これではあのピンク(桃白白)を倒すという野望はいつまでも果たせないというジレンマを抱えていたのだ。
そう、虐げられていた二年間の間にヤムチャの恨みは積もりに積もっていた。
(強くなって、いつかピンクを倒す。そして今度はあいつを俺のパシリにしてやる。)
この強い気持ちがヤムチャの修行に対する真剣さを与えていた。
幸いにも桃白白と過ごした二年間でヤムチャの武道家としての素質は開花しようとしていたのだった。
パシリとして磨き上げたスピード、そして、何度も半殺しにされるうちに身についたタフネス。
どちらも武道家として欠かせない要素だった。少なくともその二つにおいてはヤムチャは
二人の兄弟弟子にも劣らない、いやそれ以上のものを知らぬ間に身につけていたのではあった。


581 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/26 12:14 ID:h34BkOpt
スピード、そしてタフネスでは二人をもしのごうかというヤムチャではあったが、
なぜか二人には歯が立たない。いや、理由は明白だった。この二人、空を飛べたのだ。
(はっきり言って反則だろう。あれは、大体こいつらは本当に人間なのか?)
この頃からヤムチャは心の中で二人をこう呼ぶようになっていた「三つ目」、そして「(真っ白)王子」と。

しかし、桃白白を倒すという目的が彼を支え続けた。
天津飯でさえ一年かかったという空の飛び方、(『舞空術』というらしい)を
一ヶ月でマスターしその二週間後には既に兄弟弟子とほぼ互角程度には戦えるようになっていた。
だが、さらに立ちはだかるもう一つの課題、それは鶴仙流の必殺技ともいえるドドン波の習得であった。
しかし、これも修行を始めて二ヶ月足らずで習得するにいたる。
それもこれも全ては『ピンクを倒して、俺のパシリにする。』という野望が彼を支えたためであった。

しかし、そんな彼にも一つだけ頭痛の種があった。師である鶴仙人からの執拗な要求である。
時には口紅を買ってきてはヤムチャにこれを試してみろと言ってみたり、
また、ある時には病院のパンフレットを持ってきては性転換を薦めてくる。
そんな彼は師匠・鶴仙人を心の中でこう呼ぶのであった『変態親父』と。

鶴仙人の要求を断るごとに修行のメニューがキツくなっていたのは言うまでもない。

582 :ヤムチャの大失敗 :02/09/26 13:03 ID:u6UNxRkH
セルと戦士達の壮絶な戦いから数ヵ月後の西の都…
ヤムチャは街の繁華街でストリートファイターとなっていた

「さあ、誰かいないのか!オレに勝てたら10万ゼニーだ!」
路上の一部をロープで区切ったリンクとその周りの観衆にヤムチャの声がひびく
(プーアルやブルマ達にはこんな姿見せられないぜ、だがネックレスのためには金が必要だ)
ヤムチャは彼女の欲しがっているちょっと高級なネックレスのために金を稼いでいるのであった。
「おい、おまえやれよ!」
「じょうだんじゃないぜ、あいつは拳法の使い手だ!」
周りからはこのような言葉が聞こえ始め挑戦者も居なくなりつつあった。
(クソッ、手加減して戦ってるとはいえ30連勝以上もしてると
さすがにオレの強さがばれてしまったか?)
ヤムチャは思った以上に挑戦者が少ないことにあせっていた。
(まずいな…明日のデートまでにネックレスを買っておかないと彼女を悲しませてしまう、
ここは一気に稼ぐしかないな)
「よし、今から賞金を43万2000ゼニーに引き上げるぞ!最初の挑戦者はただで戦ってやるぜ!」
ヤムチャは手持ちの全財産を賞金に当てることで挑戦者を釣ろうとしたのだ

おおおお!

観衆からざわめきが起こる
(効果ありだな、やっぱりオレは頭も顔もサイコーだぜ!)
「オレがやってやる」
「よっしゃー!かかってきやがれ…ってベベベベベジータ!!」
突然のべジータの登場に驚きを隠せないヤムチャ
「騒がしいと思ったら、まさかきさまがこんなことをしているとはな」
ヤムチャは混乱しつつも作戦を練っていた。
(よりにもよってベジータだと?ふざけやがって!だがここじゃ気孔波は使えない、
となると接近戦用の技の狼牙風風拳があるオレが圧倒的に有利か!)
「よし、やってやるぜ!」
戦いのゴングが鳴らされた。

583 :ヤムチャの大失敗 :02/09/26 13:04 ID:u6UNxRkH
「悪いな、一気に終わらせるぜ!狼牙風風拳!!!」
野生の狼のスピードで飛び掛るヤムチャ
「フンッ」
しかしベジータは冷静に足払いをかける
状態の崩れるヤムチャ、そこに強烈なパンチが打ち込まれた

どかああああああん

吹っ飛ばされたヤムチャが壁に激突し崩れ落ちる、そして失禁
「ふ、雑魚が」
ベジータは周囲の歓声を無視しヤムチャに歩み寄る
ヤムチャは片手で股間を抑えつつベジータに賞金を渡し
「くそっ、操気弾さえ使えれば」
と言って去っていった

二日後
ヤムチャは街でばったりブルマとであった
「あら、ヤムチャじゃない、どうしたのその顔の手形、どうせ彼女にでもふられたんでしょ?
それよりねーベジータが突然ネックレスなんてくれたのよ、わたしびっくりしちゃった
ねえ、ヤムチャ聞いてるの?それでさー………………」

584 :僕が地球を救うbyヤムチャ :02/09/26 14:38 ID:EOeZrpgw
世界がピッコロ大魔王の恐怖で震えあがっていたあの時代。尻にモンコハンの
ある一人の男が立ち上がった。

ブルマ「そう、チャオズくんと亀じいちゃん・・・そしてシェンロンまで・・・」
シェンロンを殺された今ピッコロを倒す術はないかに思われた
テンシンハン「俺は魔封波を会得するために修行に出ようと思う。もうそれしか
ピッコロを倒す手段はない」
そういってテンシンハンは亀ハウスを後にする
ブルマ「もうテンシンハンくんに任せるしかないわね。ねえヤム・・・ヤムチャ?」
そこにはもうヤムチャの姿はなかった
ヤムチャ「テンシンハンにばかりいい格好をさせるかよ!絶対に俺がピッコロを
倒して地球を救う!!そしてヒーローになるんだ!!」
ヤムチャはカリン塔に登りながらそんなことを考えていた。
ヤムチャ「たしか亀仙人様に聞いた話だとゴクウが登ったというこのカリン塔の
上には猫がいて、そこにある「超神水」と言われる飲み物を飲むと世界最強にな
れるらしいからな・・・・ふっふっふっ。まさに俺に相応しい飲み物だ」
そんなことを考えているヤムチャはこれからカリン塔登り5回目のチャレンジへ
と突入していた



585 :僕が地球を救うbyヤムチャ :02/09/26 14:53 ID:EOeZrpgw
チャレンジ8度目、幾度となくカリン塔から落ちたヤムチャはやっと頂上
へ辿りついた。
ヤムチャ「猫!猫はいるか!!」 カリンさまが奥のほうからでてきた
カリン様「なんじゃ?お前は」
ヤムチャ「(猫がしゃべった?)悪いが「超神水」という飲み物を貰いた
い。くれないと言うのなら腕ずくでいくぞ!!」
ヤムチャはあせっていた。早くしないとテンシンハンに手柄を奪われてし
まう。そう思っていたのだ。
カリン「まあ、まてお主ここにくるまで随分繰り返し塔を登ってきたよう
じゃが、どうじゃ?随分力がついたと思わんか?」
ヤムチャ「思わん。多分その腰についてるやつだな!食らえ狼牙風風拳!!」
狼牙風風拳の応用でカリンから「超神水」を奪い取るヤムチャ。そして
一気に飲み干す
ヤムチャ「はっはっは!!これでピッコロ大魔王なんていちころだぜ!
まってろよ!!」
そういうとヤムチャはカリン塔から飛び降りて行った
カリン「なんじゃったんじゃあいつは・・・」


それから2時間ほど後 ヤジロベーに担がれたゴクウがやってきた
カリン「待っておったぞゴクウ。希望はお前だけじゃ」
当然ヤムチャが飲んだのはただの「超聖水(ただの水)」
カリン塔の下にはヤムチャ型の穴がぽっかりあいていた
終わり

586 :さいりょ :02/09/26 15:33 ID:777gaL8B
皆さん、小説書いてくれるのはありがたいのですが
一度に大量うpは、ちょっと…。できれば一人の人が小説書いたら、その後
30分か一時間の間は、他の人が小説書くのやめませんか?
嫌ならいいのですが…。

587 :作者の都合により名無しです :02/09/26 15:33 ID:jbbGmxvR
苦労性のヤムチャいい味出してるな

588 :作者の都合により名無しです :02/09/26 15:44 ID:DgVgMuYl
>>586
何もそんなイヤげな言い方しなくてもw

タイムスタンプ見ればわかるけど、
ちゃんとどの人も前の人の作品から1時間は空けてますよ。

589 :作者の都合により名無しです :02/09/26 15:53 ID:L0W0OhOb
>>586
どうでもいいが
このスレには似つかわしくないIDだな。>スリーセブンでギャル

590 :作者の都合により名無しです :02/09/26 15:57 ID:a24PFKKw
>>586
神のIDだな、何気に

591 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/26 16:12 ID:CbDJFrD5
すいません、漏れが書きすぎました。うpよろしくお願いしたいんですけど、
少し手直ししたいので手直し後、どこかにうpします。
それまで待ってください。先にそっちをやっときます。
あとここの板のあぷろだ誘導張ってもらえるとうれしいです。

592 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 16:32 ID:/vQjutju
>>586
確かに読むの疲れるしね。俺もそう思う。
>>591
いや、そんなに謝んなくても、次から直すといいと思う・・・・。
あぷろだ誘導長!?2ch初めてじゃないのに、初めて聞いた・・・・。


593 :作者の都合により名無しです :02/09/26 16:43 ID:yixIPq5/
あのさ ヤムチャが人造人間つくる話はどこいった?

594 :作者の都合により名無しです :02/09/26 16:48 ID:5RAe9H59
>>586
貴様今すぐ戦闘力スレに逝け

595 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 16:48 ID:/vQjutju
>>593
それは、ドクターヤムチャさんの作品ですね。
たしか、海王様のいるところでは部品とかが全く足らないので、
ドラゴンボールで生き返らせてもらったとき
地球で作るつもりだそうです。
(今は死んでいて、界王様のところにいるので、つくってません)


だったはず・・・・・・・。


596 :作者の都合により名無しです :02/09/26 16:57 ID:KZR48fw0
やえっみゅあ

597 :作者の都合により名無しです :02/09/26 17:18 ID:dmuNBJ8L
>>586
あとでHPでまとめて読めるし、逆に遠慮しあってうpされなくなるんじゃない?
職人さんが俺らみたいな暇人ばかりとも限らんし。


598 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 17:25 ID:/vQjutju
偉大なるヤムチャ伝説2 もしヤムチャがあそこで、ああなっていたら編

ここは、世界の端の小さな島、ある男がこっちにやってきた。
「♪クールなまなざしホットなハート
オレが噂のナイスガイヤムチャさ♪」
ヤムチャだった。
ヤムチャは世界一周修行をやっていた。
「オレはこの修行でかなりつよくなったぜ、ん?」
ヤムチャは、地球人ではない異性人たちを見つけた。
ヤムチャは見つからないように、気配を消し近くの木の陰に隠れる・・・・。
ダーブラ「おい!そこにいる奴出て来い!」
ヤムチャ「ちっ!」
ヤムチャは、スッと木の影から出てくる。
ダーブラ「なんだお前は、今の話を聞いていたのか?答えろ!」
ヤムチャ「聞いてはいないが、お前たち宇宙人だな?
地球に観光旅行に来たわけじゃないんだろ。どうせこの地球を征服にでも来たんだろ?」
バビディ「征服ではない。破壊しに来た。」
ヤムチャは身構えた。
ヤムチャ「そんなことだろうと思ったぜ!そんなことこの、地球人ナンバー1の
ヤムチャ様がさせないぜ!」
宇宙船の中から新しい宇宙人が出てきた。
プイプイ「私にやらせてください。バビディ様。」
バビディ「じゃあお前に頼むよ。生かして返すなよ。ヒッヒッヒ」
プイプイ「ありがとうございます。おい、貴様覚悟しろよ。」
ヤムチャ「覚悟するのはテメェだ!いくぞ!狼牙風風拳」

599 :さいりょ :02/09/26 18:06 ID:6tuq8Rh3
>>588 >>591
すいません、言い方が悪かったです。謝ります。
>>598
期待してます。頑張ってください。

600 :レスの無駄遣いスマソ :02/09/26 18:06 ID:l5teEq1Q

DBサイドストーリー
    〜飲茶no恋愛物語?〜
ーーエピローグーー
その日、Z戦士ファミリーは祝杯ムードにつつまれていた。
そう、ブルマとベジータの息子、トランクスが
生まれたのだ。皆ブルマの眠る病院の横で酒を交わしあい
和気藹々と喜びにひたった。
騒ぎのなかでクールに装いながらも時折笑みを
こぼしているのは片隅の方で座り込んでいるベジータである。
ニヒルなその笑顔は昔の自分からは想像もできない
ほど、幸福そのもだ。
そして、その騒ぎは夜通しで行われた。
しかし、そこに一人の男がいないのである。
飲茶そのひとだ。
彼はすこし離れた海辺で星空を見上げながら
思いにふけっていた。それは少し泪を浮かべているようにも
みえた。
「ついに生まれちまったなぁ・・ホントなら喜ばなくちゃ
ダメなのによぉ。」
素直に喜べないのは事実だ。その理由は一つしかないで
あろうに、その思いを振り払い心に強く押し込んだ。
しかしその時である、自分の目の前で不振な動きを
する飛行物体を確認した。
「な、なんだ!?ありゃ・・」驚く飲茶を目の前に
その飛行物体はユラユラと少しずつ速度をゆるめていく


この話はこの不思議な出会いにより、飲茶が活躍する
ストーリーである。

601 :さいりょ :02/09/26 18:18 ID:6tuq8Rh3
>>600
600おめ

602 :レスの無駄遣いスマソ :02/09/26 18:20 ID:l5teEq1Q
ホントすいません。稚拙な文にありきたりストーリー、
ただ自分もここ人を見ていたら「書きたい」という
しょうどうにかられました。とりあえず、エピローグなる
モノを作りました。これの評判しだいで書こうかどうかを
決めるつもりです。お見苦しい作品を見せないよう
努力します。

603 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 18:26 ID:f9tqYOtP
ズドドドド!!!
ヤムチャの狼牙風風拳が次々に決まる。
勝負は誰から見てもヤムチャの勝利だった。
ヤムチャ「死ね!」
ドー−−−−ン
ヤムチャのエネルギー波によって 跡形もなく消える、プイプイ。
ヤムチャ「へっ。ザコが!
かかって来いよ。そこの2人。」
ダーブラ「バビディ様プイプイがやられてしまいました。あいつかなりの腕です。
正直私も勝てるか分かりません。」
バビディ「それほどのものか・・・・くそっ!あと少しで魔人ブウの復活だったのに!!
ダーブラ「あいつに、少しでも悪の気があれば、バビディ様の呪文で仲間にできるのに・・・・。」
バビディ「そうかそれだ、ちと、調べてみるか・・・・。
・・・・・・・。
あったぞ!少しだがあったぞ。ヒッヒッヒ。
おっ!寝ってる力があるからそれも呼び起こしてやろう。」
ヤムチャ「こないなら、俺から行くぜ。
・・・!!!
ぬおっ!ぐわー−−−−。ぐおおおおおお!!!!
ヤムチャの頭の中で激痛が走る。


604 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 18:28 ID:f9tqYOtP
ヤムチャはバビディたちを殺そうと
エネルギー波を撃つが、狙いが定まらず当たらない・・・・。
「外が騒がしいな」と・・・・宇宙船から出て来たヤコンは
ヤムチャのエネルギー波により死亡・・・。
ヤムチャの頭の中で、2つの意識が対立する。

「オレは地球人最強だ。こんな奴らに支配されるな。」
「なれよ。こいつらに支配されると、
眠ってる力も起こしてくれると言ってるじゃないか。」
後者の方がやや意識が強かった・・・。
その瞬間、ヤムチャの頭の中で今までのことが思い出される。
ふられた事・・・・・。
天津飯に足を折られた事・・・・。
天下一武道会で、足元がお留守と大観衆の前で言われた事・・・・・。
あの世で見ていたがサイヤ人戦が終わり、クリリンがブルマに、
「いえ、ヤムチャさんはサイヤ人と戦ってません。
戦う前のかませ犬みたいな奴に・・・・。」と言われた事、
蛇の道で、ゴクウに無視された事・・・・。
界王様に修行を教えてもらうため、ペコペコするヤムチャ
未来に行って、トランクスに気絶させられた事・・・・。
ウルフハリケーンが売れなかった事・・・・。
全てのヘタレな時が思い出された瞬間、
ヤムチャの頭のひたいに
バビディの紋章が浮かび上がったのだった・・・・。
ヤムチャ「ハアハアハア・・・・・・。」


605 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 18:31 ID:f9tqYOtP
>>599
サンクス!
>>602
結構おもしろい。がんばってください。

606 :作者の都合により名無しです :02/09/26 18:32 ID:DAq8F0DB
>602
作品書くなら書くで、堂々とやって欲しい。
話は良いのに、あやまられても萎えるだけだし。

批判が出るのは話次第。良い作品なら賞賛され悪い作品なら叩かれる。ただそれだけ。
叩かれる前からびくびくしてちゃ書けるもんも書けんよ。

まあ、偉そうな事言っちゃったけど個人的には期待してるからがんばれ。

607 :作者の都合により名無しです :02/09/26 18:38 ID:lEZxMHI6






    しかしこれだけ文字がズラーっと並んでると新しい話があっても読む気無くすな。
    読んで欲しければ頃合いも少しは見計らった方がいいぞ。

                             >新作始める人たちへ








608 :さいりょ :02/09/26 19:03 ID:5Y/6Y7WB
人気小説の前後にやると、飲まれてしまうことがあるので注意。
とりあえず、皆さん頑張って下さい。

609 :作者の都合により名無しです :02/09/26 19:17 ID:1ijeY105
作品が増えてきて、しかも話と話の間に別の作品が連続で来たりするから
頭の中で設定がごちゃまぜになってしまう

610 :聖闘士ヤムチャ :02/09/26 19:17 ID:9QC/H4NI
第六話後編
「バカめ!サイバイマンごときでビビるかー!」ヤムチャは群がったサイバイマンを吹き飛ばした。
「ふ・・・今度はそっちが油断したな」デスマスクは落ちかけているのだが言ってみせた。「何?」
ドッゴ−ン!その時サイバイマンは高速で再びヤムチャにとりつき自爆した。
さすがにあの時よりは強くなっていたが、数体のサイバイマンの自爆にはこたえた。
「ぐふ・・・」「ふ・・・悔やむがよい」善でなければならない教皇が悪だという事をしりつつもあえて使えてるデスマスク・・・・。
そのデスマスクは黄金聖闘士であり、こうしてアテナの迫りゆく死を止めようとするヤムチャを遠慮なく殺そうとした。
デスマスクはよじのぼりヤムチャを再び担ぎ落とそうとした。が、その時「ヤムチャをお助け下さい・・・お助け下さい・・」
「誰だ!この声は!?」カメハウスの島からヤムチャの安全を祈るプーアルだった・・・。
「うるさい!しずまれ!」ザッパーン!カメハウスは波に飲みこまれた。
「フハハハハ!・・・・・・ん、グワァー!手が燃えるー!」デスマスクは手を離したが、その時。
「グワァ!」デスマスクの顔に拳が直撃した「デスマスク・・・・俺は猫だがなんだがよくわからないが・・、プーアルを・・・ゆるせん!」
「ギャPI−!」ヤムチャはすべての怒りと共に拳をデスマスクに向けた・・・「とどめだ!高速狼牙風風拳!」
だがその時「待ちなさい!」ヤムチャは止まった「ほほほ・・・・プ−アルはワシが助けてやった、だから安心するのじゃ」
「あ、亀仙人様・・・・ありがとうございます・・・・いやぁ悪かったよデスマスク君」バキィ!
「バカめ!貴様は目的を忘れたのか!」デスマスクはヤムチャをぼこったら、地獄へ落ちるという穴に放り投げた。
「ぎゃぴーーー!」デスマスクの口癖が移りつつもヤムチャはただ落ちてゆくだけだった・・・・・・・
「あれ・・・・俺武空術使えるんだった・・・」ヤムチャは落ちるのをやめて飛んだ。
だか穴から飛び出したらデスマスクはいなかった「あれ・・・?」
何があったのか!続く


611 :ヤムチャの大失敗の作者 :02/09/26 19:19 ID:kt6+pZD0
私の駄作で他の作者様の作品を読みにくくしてしまい申し訳ないです。
昼休みにしか書き込めなかったので間を置かず書き込んでしまいました。
今後は他の作品を邪魔しないように書き込みをひかえますのでご容赦を。

612 :さいりょ :02/09/26 19:27 ID:5Y/6Y7WB
>>610
聖闘士が帰って来たよ!

613 :作者の都合により名無しです :02/09/26 19:27 ID:WwHf3Jzl
作者さん達に提案。
続き物の場合、レスの最初に前回のレス番
いれたらどうでしょう?
少し読みやすくなるかなと思うんですが。

614 :作者の都合により名無しです :02/09/26 19:39 ID:a24PFKKw
>>613
後、レスの最初と最後に空白を2行ほど入れるのも良いかもね。

615 :作者の都合により名無しです :02/09/26 19:45 ID:dmuNBJ8L
>>610
DB読み直して書いたほうが良いとおもわれ。
各キャラの言葉使いや行動みてもDBのキャラをちゃんとつかんでない。
多分星矢は好きだけどDBはあまり好きじゃないでしょ?(俺はどっちも好きだが)
キャラを置き換えただけじゃまた叩かれるよ。
ヤムチャリオンも名作に化けたんだしがんばれ。

616 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 19:52 ID:f9tqYOtP
>>611
作者さん達を神のようにいってるみたいですが、
自分も作者だということをお忘れなく・・・・・。
(つまりそこまで気にしなくていいといっている)
>>613
>>614
こんどからそうさせて頂きます。

617 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:05 ID:v/U867iq
聖闘士は打ち切りのはずだが。

618 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:10 ID:DgVgMuYl
「ジャマなレスは透明あぼーん」

気に食わない書き込みを見たくない人は
かちゅ〜しゃとか2chブラウザ使うことをオススメします。

万事(´ー`)解決

619 :餃子 :02/09/26 20:10 ID:Np/eCOPW
このスレの次のタイトルは たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜGTなんだろうけど
その次はどうするのだろう…

620 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 20:12 ID:f9tqYOtP
その次は・・・・・。なんだろ?2とか使うんだろう・・・・。

621 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:14 ID:MizlxxsX
たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜin台湾<次々スレ

622 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:16 ID:AnXTku0f
>>619
映画のサブタイとか。

623 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:16 ID:fVw7MKEq
正直、こんなに続くとは思わなかった

624 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:18 ID:v/U867iq
そろそろヤムチャが活躍する物語を止めようぜ

625 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:19 ID:Np/eCOPW
はいりきらなそう>映画のサブタイ

あ 改造するのか?ヤムチャ風に?
激突!100万パワーのヤムチャたち とか?

で なんで>>621は台湾なの?

626 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:22 ID:MizlxxsX
>>625 ↓これ
http://ime.nu/www.slamdunk2.com.tw/home.asp


627 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 20:22 ID:f9tqYOtP
偉大なるヤムチャ伝説2 もしヤムチャがあそこで、ああなっていたら編

ヤムチャの頭のひたいにバビディの紋章が浮かび上がったのだった・・・・。
ヤムチャ「ハアハアハア・・・・・・。」
ヤムチャは、自分でも怖いほど強くなっていた。
ヤムチャ「さて、きさまらには死んでもらおう」
バビディ「何!?僕の呪文が効かないのか?」
ヤムチャ「死ね!」
ドン!!!ヤムチャは地球の危機を救った!
ヤムチャ「オレは宇宙だー」
ドーン・・・。
ヤムチャはベットから落ちた・・・・。
ヤムチャ「あれ!?夢?」
もしヤムチャが、かなり強くてさらに、
バビディの呪文によってさらに、強くなったら
夢落ちで終わるでしょう・・・・・。


628 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:25 ID:Np/eCOPW
なんでスラダン?

629 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 20:27 ID:f9tqYOtP
そういえば、ヤムチャ最強への道は、映画からとったんでしょう。タブン・・。
オレは、ゲームの偉大なるドラゴンボール伝説からとった・・・・。

630 :さいりょ :02/09/26 20:29 ID:5Y/6Y7WB
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜其の6 前編
>>501の続き

暗闇の中の階段をヤムチャはゆっくりと下りてゆく。
周りの壁には、電灯はおろかロウソクも付いておらず、明かりは手に持った
たいまつだけ。階段を下りるごとに自分の足音にビビるヤムチャだったが
最後の階段を下りきると、目の前には小さな扉があった。
その扉を開けると、そこには多くの少女たちが鈍い光を放つ鉄格子の中で
すすり泣いていたのだった。
黒色の瞳の子や青色の瞳をした子。黒髪の子や金髪の子。
犬や猫など、けもののような姿をした子もいた。
少女たちの年齢もまちまちで、14から20歳くらいの子が多く
中には10歳前後の子もいるようだった。
おそらく、山賊たちにさらわれてきた子たちだろう。
老人の言っていた通り、どうやら、競売にかけられるのは本当のようで
全ての少女たちの首には番号と名前が書かれたネームプレートがつけてあった。
すぐに鉄格子の鍵を探しだし、扉を開けて回るヤムチャ。
「一人くらいもらってってもいいかなあ…?」
なんて、思うヤムチャだったがさすがに武道家の一歩手前やめておいた。
全ての鍵を開け、少女たちが出口の扉に一斉に駆け込む。

631 :さいりょ :02/09/26 20:30 ID:5Y/6Y7WB
其の6 後編

いい事をした後は気持ちがいい。ヤムチャは近くにあったイスにこしかけた。
「あの…」
小さくてよく、澄んだ声。ヤムチャが顔を上げるとそこには、小さな少女が
立っていた。顔はよく、ヤムチャで無くても惚れるのは簡単だったであろう。
「助けてくれてありがとう…。お礼がしたいので少し眼をつむってくれませんか?」
ヤムチャは今までの苦労が報われた瞬間を感じ眼をつむった。
胸の鼓動はどんどん速くなり、唇をツンととがらせた。
少女がヤムチャに近づいてゆく…。
しかし、次の瞬間待っていたのは甘いくちづけなどでは無かった。

               「シュッ!」

眼の上を冷たい金属のような物が通り過ぎたかと思うと
ヤムチャのまぶたから、血がふき出し同時に耐え難い激痛が襲った…!

〜続く〜


632 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 20:31 ID:f9tqYOtP
>>627
なんか、偉大なるヤムチャ伝説2 もしヤムチャがあそこで、ああなっていたら編
って、ヒドイ作品になってしまった・・・・。
ギャグをほとんど使わないで、緊張したシーンとか
こんどは書こうと思ったんですが
難しいですね・・・・。
もう一回ネタ考えてきます。わざわざ読んでくれた人スマソ・・・・。

633 :さいりょ :02/09/26 20:36 ID:5Y/6Y7WB
>>630-631
タイミングミスった!スマソ!
犬や猫のすがたをした娘は、あの一巻とか最初の方よく出てきた
半獣人(?)の人です。キングキャッスルの国王とか、ピラフの側近の
シュウ(だっけ?)とかの事です。

634 :こんなヤムチャの書き手 :02/09/26 20:39 ID:wK/EA1q+
こんなヤムチャどうよ?
悪ヤムチャ
ヤムチャさんは苦労性
YAMUCHA
ヤムチャの大失敗
僕が地球を救うbyヤムチャ
スーパー地球人ヤムチャ
飲茶no恋愛物語?
聖闘士ヤムチャ
二つの頬の傷

今日だけでもこんなにとても読みきれん

635 :レスの無駄遣いスマソ :02/09/26 20:39 ID:l5teEq1Q
>>600  エピローグ編
DBサイドストーリー
    〜飲茶no恋愛物語?〜
  
  第1話 遭遇と訪問
「な、なんだ!?ありゃ・・」驚く飲茶を目の前に
その飛行物体はユラユラと少しずつ速度をゆるめていく
その瞬間、海面に衝突した。その衝撃とともに大きな波がたった
波が静まったところで飲茶は言う
「何かが落ちた・・?見た目が宇宙船っぽかったな・・」
そうするとその墜落した場所へとむかった。
「ちきしょっ、まだ水冷たいじゃないか!」
泳いで行く気がかいま見えた。そう思うのもつかの間、
水面に浮かぶ物体がどんどん沖へとながされて行く
急ぎつつ自慢のクロールを誰かにという訳でもなく披露する。
こんな所で飲茶の泳力3級の実力が明らかになる
近づくにつれてその物が何かがわかり始める
明らかに青年トランクスの載ってきた、タイムマシーンに
形状が似ているのだ。
そしてようやく到着した飲茶は、ハッチ部だと思われる
場所をこじ開け、覗き込んで見ると半径10センチ四方の球状
の空洞でとても人が入れそうではない。
案の定その中はもぬけの殻であった。
「はぁ?」
落胆の表情を隠せない飲茶だが つい先ほどまで起動していた
機械にずっと誰もいなかったはずがない。
そう感づいたのだが、自分に関与がある確率が極めて
低い。そのため、機体を放置したまま海から引き上げた。
これが未来の産物と解った上での誤った選択だった。



636 :作者の都合により名無しです :02/09/26 20:42 ID:v/U867iq
もう飽きた…

637 :作者の都合により名無しです :02/09/26 21:17 ID:sj4Afh5K
>>634
公式サイトでじっくり見よう
投票アンケートコピペ
http://ime.nu/vote2.ziyu.net/html/yuuitiro.html

638 :いちいち俺達のスレに文句つけるな。ほっとけ。 :02/09/26 21:21 ID:G7bAYGLw
っていうか、黒猫スレがああなっちゃったものはしょうがねーじゃん。
それでもコミュニティーとして成り立ってるし、空気読めないの?
普通に考えて、コピペを延々と貼りつけたりしている嵐とかの方が逝ってよしだろ。
にしても、そんなに2chの自治したってしょうがないよ?自治厨君。
エロゲーの話題が気に入らないのなら、自分で話題でも振って流れを
変えるくらいのことをしてみろ。うざいという理由ならみなけらばいいだけの事…
か、すみやかに削除依頼だろ?

639 :作者の都合により名無しです :02/09/26 21:33 ID:a24PFKKw
>>638
生きてりゃ良い事も在るさ。

640 :作者の都合により名無しです :02/09/26 21:34 ID:LZC7tmfr
誤爆?


641 :作者の都合により名無しです :02/09/26 22:16 ID:HhIKdedb
タイトルがどれも同じで区別がつかん。もっと工夫しろよ貴様ら。

642 :チャオズ様 :02/09/26 22:20 ID:FEklKiks
age

643 :作者の都合により名無しです :02/09/26 22:24 ID:ky7XMnZc
こういうのってこのスレで読んで他人の突っ込みとかも併用して見ると面白さが増すよな
公式サイトで読んだらそれ程面白くなかったのもここで読んだら面白かった

644 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/26 22:44 ID:sj4Afh5K
なんか今日は、人少ない・・・・。
作品うp期待あげ。


645 :さいりょ :02/09/26 22:48 ID:/j5nz7d8
>>641
後の方に書いた場合、使いたいタイトルがすでに
使われてることが多いので、似たりすることが多いんです。
オレも最初、タイトル何にしようか迷ったもん。

646 :作者の都合により名無しです :02/09/26 22:57 ID:N69mdH2c
>>630
>さすがに武道家の一歩手前
一歩手前なのね・・・w



647 :ドクターヤムチャ第九話(前編) :02/09/26 23:25 ID:BRmzp1Dc
自ら作ったエネルギー吸収装置に気を吸い尽くされ、干物と化したヤムチャ。
天津飯が気を分けてくれたおかげでなんとか回復する事が出来た彼は、再び発明三昧の日々を過ごしていた。
「いやー快適、快適♪界王星に居るなんて嘘みたいだぜ。」
ヤムチャの研究所の中は反重力発生装置のおかげで地球の2.5倍の重力となっていた。本当は地球と同じ重力にしても良かったのだが、餃子より弱くなるのは悔しかったのであえて2.5倍に設定したのだ。
それでも十倍の重力下に比べれば体がまるで羽のようである。肩こり腰痛もすぐに回復した。
「これなら研究もはかどるってもんだ。やっぱ科学の力は偉大だね。」
こうして本格的な人造人間の開発に着手するのであった。

そして、遂にブルマ達三人がナメック星に到着する日がやってきた。

その日の朝も、ヤムチャは人造人間の開発に没頭していた。
研究に余念がないあまり、ここ数日はほとんど眠っていない。
実際、サイヤ人の戦闘服の素材をスプリングに使用した「顔を蹴られた地球もニッコリするほどフカフカベッド」も埃をかぶったままだ。
とにかくそんな状態であったから、界王から聞かされた話は彼にとってあまりにも衝撃的であった。

「ようやく孫悟空の息子達がナメック星に着いたぞ。」
その言葉にヤムチャのみならずピッコロ、天津飯、餃子も安堵の表情を浮かべる。
だが、界王の次の一言に緊張が走った。
「だがナメック星にはあのベジータというサイヤ人が居たのだ。」
「なんだってーーーー!!!!!」
真っ先に絶叫したのはヤムチャであった。
「あ、あのチビ、ブルマ目当てでナメック星くんだりまで来やがったのか!?」
ヤムチャは干物になっていた時見た夢(狼牙の拳参照)の影響で、ベジータがブルマを奪わんとしているという被害妄想を抱くようになっていた。

648 :ドクターヤムチャ第九話(中編) :02/09/26 23:30 ID:BRmzp1Dc
「しかしわざわざナメック星に来るとは、あの野郎俺が超強い人造人間を創ってるんで焦ってやがるな!」
ただでさえ寝不足のヤムチャはどんどん妄想を膨らませていく。
「あの糞サイヤ人どもは満月見たくらいで大猿になる変態なんだ。ブルマを見た日にはとんでもない猿になるに違いねぇ!」
チチが聞いたら、なかなか面白いリアクションを見せてくれそうな台詞をのたまうヤムチャ。
そもそもこの時点では、ブルマとベジータは共に面識が無いはずなのだがそんな事はお構いなしだ。
「ブルマ相手に猿になっていいのはこの俺だけだぁーーーー!!!」
ろくでもない内容を力いっぱい主張するヤムチャ。これにはピッコロ達もあきれ果てて開いた口が塞がらなくなる。
「お、落ち着けヤムチャ。ベジータはブルマを狙っているのではない。」
なんでこんな当たり前の事を説明しなきゃならんのだろう?と内心ぼやきながらも、予想外の暴走をみせるヤムチャをなんとか鎮めようとする界王。
「気休めは辞めて下さい!奴がブルマ以外の何を狙うって言うんですか!?」
「いや、ドラゴンボールを狙っとるんだが・・・」
「なんだ、それなら問題ないですね。」
ヤムチャはほっと胸を撫で下ろした。
「よ、良いのか?ドラゴンボールを奪われたらおぬし達皆生き返れなくなるのだぞ?」
「し、しまったぁーーーー!!!!そいつは気付かなかった!」
(気付けよ・・・)その場に居た全員(ヤムチャ除く)が心の中でつっこんだ。
「それだけではない。あそこにはベジータより遥かに凶悪なフリーザという奴もおるらしい。」
気を取り直し、沈痛な面持ちで語る界王。
「そ、そんな・・・サイバイマンより強いベジータよりも凶悪って・・・そりゃサイバイマンよりずーっとずーっと強いって事じゃないですか!?」
どうやらヤムチャにとっての強さの基準はサイバイマンらしい。
「う、うむその通りだ・・・しかもそやつまでドラゴンボールを狙っておる」
界王はヤムチャのあまりの狼狽ぶりに、ちょっと引きつりながらもなんとか応じた。
「そ、そんな・・・」
その言葉の持つ絶望的な意味がヤムチャの中で数100倍に増幅されてゆく。
「それじゃ俺は生き返れないじゃないか・・・てことは人造人間を創っても無駄・・・うああああもう駄目だぁーーー!!!」
ヤムチャは泣き叫びながら研究所へと駆け込んでいった。

649 :ドクターヤムチャ第九話(後編1) :02/09/26 23:36 ID:BRmzp1Dc
「ヤムチャの奴大丈夫でしょうか?」
頭が、とはあえて付け加えずに界王に問いかける天津飯。
「あやつが武道家の道をあきらめ、科学者となった目的を知っておるか?」
「いえ・・・」
天津飯は首を横に振った。
確かにヤムチャが科学者になったのは知っていたが、その理由までは天津飯も聞いていない。
「地球を守る人造人間を創る為だ・・・悟空を始めとする仲間達が戦って傷つくのを見たくない。だから皆の代わりに人々を守る人造人間を創りたいとな。」
界王はどこか遠くを見ながら語った。
「あのとき、わしにそう宣言したときの心が残っている限り、必ずあやつは立ち直る。わしはそう信じておるよ。」
それはヤムチャを買いかぶりすぎなんじゃ?と天津飯は思ったが、いつになくシリアスな界王を前にそれを口には出せなかった。

「くだらん。」
その様子を少し離れた場所から眺めていたピッコロは、吐き捨てるように呟くとその場から立ち去った。


研究所に駆け戻ったヤムチャは最初、完全に冷静な思考を失っていた。
「はっはっはっはっは!どうせ生き返れないんだ、こんなもの!こんなもの!くらえ躁気弾!ちょあえー!!」
意味不明の雄たけびをあげながら、今まで作り上げてきた発明品の数々を次々と破壊していく。
無理もない話である。己の生命の危機と、恋人の命と貞操(ヤムチャはそう思っている)の危機が同時に訪れたのだ。
しかも付録としてライバルの息子と修行仲間のピンチも付いてきている。この状況で冷静さを保っていられる人間の方が特殊であろう。
もっともこの時のヤムチャほど取り乱す人間もまれであろうが。

650 :ドクターヤムチャ第九話(後編2) :02/09/26 23:36 ID:BRmzp1Dc
「たりゃあーーー新狼牙風々拳!あたたたたたたたた!!!」
がこん!
「痛ぇーーーー!!!」
どうも凄まじく硬いものを殴ってしまったらしく、拳を握り締めてうずくまるヤムチャ。見るといつの間にか目の前にゼダンタイプの高級車が鎮座していた。
どうやら暴れまくった拍子に、新マイティマウス号の入ったホイポイカプセルを作動させてしまったようだ。
「こ、これは・・・新マイティマウス号・・・」
この車の形をした乗り物の装甲がヤムチャの渾身の一撃をはじき返したのだ。
実際、この新マイティマウス号の強度はサイバイマンの自爆にも耐える。長年の修行をこなしたヤムチャを一撃で葬ったあの自爆をだ。
ヤムチャはうずくまったままポツリと呟いた。
「畜生、俺はこんなにも凄いものが造れるのに・・・なのにブルマ一人救えない・・・」
両手を床について頭を垂れるヤムチャ。瞼からポツポツと水滴が流れ落ちる。

何もかもが無意味に思えていたその時、研究所の扉を開いて意外な人物が姿を現した。
ピッコロである。

651 :ドクターヤムチャ第十話(前編) :02/09/26 23:40 ID:BRmzp1Dc
ピッコロはヤムチャの脇までやってくると、無言のまま彼を見下ろした。しばらくの間、二人の間に沈黙が流れる。
先に口を開いたのはヤムチャのほうだった。
「なんだよ、俺を笑いに来たのか?」
「ふん、そのつもりだったが今の貴様を見て気が失せた。拳の道を捨ててまで科学者になったくせに、結局自分に出来る事を何もしようとせんクズなど笑ってやる価値すらない。」
ピッコロは蔑げずむような眼差しでヤムチャを睨んだ。ちょっぴりビビるヤムチャであったが、なけなしの勇気を振り絞って言い返す。
「じ、自分に出来る事だって?俺に何が出来るって言うんだ。だいたい何も出来ないのはお前だって同じだろ?生き返らなきゃ天下のピッコロ大魔王様もただの死人さ。」
「だからどうした。生き返れるかどうかなど俺達が悩んだところでどうにもならん。だったら俺は生き返った後にベジータやフリーザとかいうヤロウをぶちのめす為の力を身につけるだけだ。」
その言葉にヤムチャはようやく顔を上げた。
「生き返った後・・・」
「そうだ。俺は生き返った後、ナメック星に行く。そして俺の故郷を滅茶苦茶にしてくれたヤロウ共を叩き潰す。」
ヤムチャは驚いた。
「馬鹿な、よしんば生き返れたとしてもドラゴンボールの願いは一つしか叶わないんだ。ナメック星になんか行けるはず無いだろ?」
この時点ではポルンガの願いが三つある事など知るはずもない。それはピッコロも同様である。
「ああ、戦士である俺には無理だ。だが、それを考えるのは俺じゃあない。科学者であるお前の仕事だ。」
いきなりのご指名にヤムチャは思わず目を丸くした。

652 :ドクターヤムチャ第十話(後編) :02/09/26 23:41 ID:BRmzp1Dc
「お、俺が?」
「そうだ、お前が俺をナメック星まで連れて行くんだ。」
そのピッコロの一言が冷え切ったヤムチャの魂に再び火をくべる。
(そうだ、こんなところで腐っている場合じゃない。ナメック星にいるブルマ達を助ける為に、たとえわずかな可能性にでも賭けてみるべきじゃないか!)
ヤムチャはぎゅっと涙をぬぐって立ち上がった。
「ピッコロ、礼を言うぜ。おまえのお陰で自分のやるべき事がわかった。」
「ふん、勘違いするな。俺はただお前を利用しようとしているだけだ。」
少し照れたように顔を背けるピッコロ。自分自身に戸惑っているようにも見える。
確かにピッコロに打算があったのは事実である。だがその為だけでヤムチャを激励した訳ではなかった。

ナメック星人は雌雄同体の生物である。つまり男でもなければ女でもない。だが逆の言い方をすればその両方でもある。
ようするに父親にも母親にもなれる存在なのだ。ゆえに彼等には強い母性本能が備わっているのは当然であろう。
そして、これはピッコロとて例外ではなかった。ただ悪の化身として生まれたため、ずっとその本能が抑えられてきただけだ。
だが、孫悟飯との触れ合いがきっかけとなって母性本能に目覚めてしまった。だから悪の化身である事を超えて悟飯を庇ったのである。
そしてヤムチャのあまりに情けない姿もまたピッコロの母性本能をくすぐったのだった。
勿論、これはピッコロ自身も気付いていない変化である。

「とにかく礼を言わせてくれ。ありがとう。」
そう言ったヤムチャの瞳に、もはや迷いの色はなかった。

653 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/26 23:52 ID:BRmzp1Dc
前回感想下さった方、どうも有難う御座いました。
それじゃお休みなさい・・・他の作者様の作品は明日読ませて頂きます。
だって数多すぎ・・・3日来ないだけでこんなに増えるとは。
ファンタジア文庫一冊分くらいありそうw 凄いぜヤムチャ。

654 :作者の都合により名無しです :02/09/27 00:00 ID:Y87d8deZ
感想を書きたいけど、話が続いてるところをぶった切っちゃったら申し訳ない!
とよく思う。
一度に沢山書く人は  Xレス目/全Nレス  (X/N)って
表記してくれると嬉しいな、俺。
SS書いてくれてる人への気遣いのつもりなんだけど…どうかな。

655 :作者の都合により名無しです :02/09/27 00:03 ID:gnxbMQup
何ていうかさ・・・面白いとかくだらないとか、そんな事より新しく話を書き始めた人達って、ドラゴンボールに憧れて漫画家を志した奴等と同じ様な気がする。

656 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/27 00:03 ID:VM5utUEH
>>654
気付かなくて申し訳ありません。
なるほどそれは良い手です。
次回からそういう形で投降するよう心がけます。

657 :作者の都合により名無しです :02/09/27 00:11 ID:sT27e+MC

>>655
話を書き始めるきっかけなんて何でもいいだろ?
作品が面白いかどうかの方が大事なんじゃないか?


658 :作者の都合により名無しです :02/09/27 00:14 ID:Y87d8deZ
>656
わわ、謝らなくて良いんです、こっちこそ気を使わせちゃってごめんなさい。
でもせっかく良い作品が多いんだから、感想も気持ち良く書きたいしねw
いつも楽しみにしてます。潤いをありがとう。

659 :ヤムチャさんは苦労性【5】 :02/09/27 00:59 ID:jl36Gkbu
>>556より続き

「べジータ!100倍の重力室でオレと修行しようぜ!」
そう言ったヤムチャをべジータは凝視した。コイツ正気か、と。
べジータとヤムチャの戦闘力の差はあきらかである。自殺願望があるとしか思えない。

一方ヤムチャも自分で自分の言ったことが信じられなかった。
宇宙を救う為とはいえ(4話参照)、なんて事を口走っちまったんだオレは。
膀胱にたまった尿が一気に吹き出しそうになるのを必死でこらえるのが
精一杯で、「なーんちゃってね。テヘ♪」と冗談にすますヒマすらなかった。

「ーーーよし、いいだろう。いくぞ」
「…な、なーんちゃっ… え え っ !?」
マジすか、と聞きたかったがすでにべジータはブリーフ博士の研究室へと向かっている。
ヤムチャは絶望につつまれた。死ぬのだ。彼はこれから死ぬのだ。
これから刑を執行される死刑人のような気分でとぼとぼとべジータの
後をついていくヤムチャの姿はとても宇宙の救世主には見えなかった。

「これか…」
100倍重力室は、プロトタイプとはいえ二人で修行するには十分の広さであった。
「悟空くんの為に作ったからの、ちょっとはそっとじゃ壊れんよう頑丈に
作ってあるぞい。思う存分修行しなさい」
ヤムチャは、オレの方が先に壊れそうです、と喉まででかかったが黙っておいた。

660 :ヤムチャさんは苦労性【6】 :02/09/27 01:04 ID:jl36Gkbu
べジータが重力室に入る。
「む…」
さすがのべジータでも、いきなり重力が100倍にもなるとキツイようだ。動きが鈍くなっている。
それを見たヤムチャは希望の光が見えた気がした。

―――そ、そうか!ヤツは地球の少ない重力に慣れちまってるから
この重力室はけっこう辛いんだな!
オレはちょっと前まで界王星で修行してたからそんな事ない筈だ!

もしかしなくても死ななくてすむかもしれない。そう考えたヤムチャは元気になった。
むしろ浮かれてしまった。半ばスキップしながらべジータの後に続いて重力室に入る。

―――いやーまいったなー。もしかして今のオレってべジータより強いかも?なんーてね…
「うおっ!?」
浮かれ気分で重力室に足を一歩踏み入れたヤムチャはいきなりこけた。
いや、こけたというよりも体が重力の法則に従ったという方が正しい。

「だ、大丈夫かね、ヤムチャくん!?」
外で様子を見ていたブリーフ博士が慌てて装置を解除して駆け寄る。
「は、はあ…」
べジータに至ってはもうヤムチャをハナクソでもあるかのように侮蔑しきった目で見ている。
「立てるかね!?」ブリーフ博士がヤムチャを助け起こそうとする。
「いや…あの…折れたと思います…」
「骨か!どこだね?」
「いやその…全部…………」
そのままヤムチャは気絶した。

医者に運ばれたヤムチャは全身骨折との診断を受けた。

次こそ戦闘シーンだ! 続く!!(のか?)

661 :チャオズ様 :02/09/27 01:16 ID:Zgj9MB+v
>>660
やっぱり所詮はヤムチャか(笑

悪ヤムチャの続き、書かせてもらいます。

662 :チャオズ様 :02/09/27 01:16 ID:Zgj9MB+v
悪ヤムチャストーリー 第七章「悪ヤムチャ快進撃!」
前回のおはなし>>576前々回>>554

「おい、おめえついに頭でもイカれちまったのか?」
そう言いながら、ヤムチャに歩み寄るヤジロベー。
「お、おい、ヤジロベー!不用意に近づいちゃダメだ!!」
クリリンの言葉もむなしく、次の瞬間には白目をむいたヤジロベーが横たわっていた。
「さて・・・つぎはてめーがこうなる番だぜ、ハゲ野郎」
クリリンと天津飯と餃子はギクッとした。
餃子は帽子を取って髪の毛が一本あることをアピールしてみたが、どうでもよかった。
そんな中、ブルマが一歩前に進み出てこう怒鳴った。
「ちょっとヤムチャ!あんたバカな真似はよしなさいよ!」
一瞬たじろくヤムチャ。尿意が右から左、左から右へと押し寄せてくる。
「う、うるせえ!これは復讐だ・・・おれから全てを奪ったお前たちへの復讐だ!」
「ちぃっどうやら本気でやるつもりらしいな・・・!みんな、気を解放しろ!!」
―――――天津飯の言葉とほぼ同時に、クリリンたちの戦闘力が大幅にアップした。
「ほう・・・やるじゃないか。だがその程度じゃあこのスーパーヤムチャには勝てないぜ!」
そう言った直後、ヤムチャは天津飯の背後にまわりこんだ。
「な・・・何!?バカな、速すぎる!」焦る天津飯。
「天津飯、お前ハゲてるぞ!わかっているのかぁーーーーーーーーーっ!!!」
ヤムチャの蹴りが炸裂する!追い討ちをかけようとするヤムチャにクリリンが飛びかかった。
ヤムチャはその攻撃をひらりとかわすと、クリリンの背中に肘打ちを喰らわせる。
「ぐ・・・!や、ヤムチャさん、目を覚ましてく・・・れ・・・」
そう言い残すとクリリンは気絶した。どうやら天津飯も気を失っているようだ。
「残るはてめえだな、餃子。そのきれいな白い肌は傷つけねえから安心しな」
そう言うやいなや、ヤムチャは餃子の頭をつかんで空の彼方へぶん投げた。
ヤムチャのあまりの強さと豹変ぶりにあっけにとられるブルマ。
「この神聖なる神殿を汚す者 ゆるさない」
ミスター・ポポがヤムチャの前に立ちはだかった。


663 :作者の都合により名無しです :02/09/27 01:19 ID:nrprNxZ0
正直寒い。

664 :作者の都合により名無しです :02/09/27 01:19 ID:mPhOl25a
ヤムチャつええ

665 :ヤムチャクエスト :02/09/27 01:45 ID:dXbpXLLi
サイバイマンがあらわれた!!!

ヤムチャは敵の口を塞いだ!
サイバイマンAは呪文がつかえない!!
サイバイマンAの自爆!!
ゴクウは身をかわした!!!
クリリンは身をかわした!!!
テンシンハンは身をかわした!!!
ヤムチャに15のダメージ!!!
ヤムチャは死んでしまった!!



666 :作者の都合により名無しです :02/09/27 01:48 ID:dySmUWhN
運のよさ3

667 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/09/27 01:49 ID:SYPremz9
>>665
(・∀・)

668 :作者の都合により名無しです :02/09/27 01:51 ID:oDGI2k/J
最強への道だけ早く読みたいな。
今更新しい話作られても二番煎じ&アリガチ&使い古しで(゚听)ツマンネ

669 :作者の都合により名無しです :02/09/27 01:55 ID:nrprNxZ0
台詞が多すぎるんだよ。

670 :作者の都合により名無しです :02/09/27 02:01 ID:JUYLctWR
文がどうとか言う気はないが、自分の中での笑いどころ・見せ所は用意しろよと。

671 :作者の都合により名無しです :02/09/27 02:15 ID:veNJdhX0
名作はほとんど初期にかたまってるからなぁ。
後発組はつらいね。
でも実はさりげなく復活のセイントヤムチャも初期組だったりする。


672 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 02:18 ID:Emgto/HI
鶴仙人の下でヤムチャが修行を始めて、はや三ヶ月もの月日が流れていた。

修行の成果は自分でも分かるほどに出ている。
既に舞空術もドドン波も何とか使えるようになった。
しかし、二人の兄弟弟子たちにはいまだ一度も勝つことができなかった。
既に実力ではヤムチャたち三人の間に差はなかった。
むしろ、ヤムチャ、天津飯と餃子の間の差は広がるばかりであった。
それでもヤムチャには兄弟弟子たちにに勝てない理由があった。
それは、二人の兄弟弟子たちが持つ特殊能力であった。
天津飯は三つの目を用いて、ヤムチャのどんなスピードも見切ってしまう。
餃子はというと、こちらは超能力の使い手でヤムチャは幾度となく金縛りにあっては負かされていた。
この二人に勝つためにはその特殊能力を上回る能力を身につけるしかない。
しかし、ヤムチャにはそれがどのようなものか全くイメージすることすら出来なかった。
(俺には三つ目のような眼力も、王子のような超能力もない。
クソッ、一体、あの二人に勝つためにはどうすればいいんだ?)

この時、ヤムチャは気付いていなかった。二人を超えるための自分の武器は何かということに。
それを気付かせてくれたのは他でもない天津飯だった。

(1/3)

673 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 02:18 ID:Emgto/HI
ヤムチャは自問自答を繰り返していた。だが、それは決して修行をはかどらせるものではなく、むしろ、妨げとなっていた。

最初にヤムチャの変化に気付いたのは師・鶴仙人であった。
しかし、鶴仙人はヤムチャに何も言わなかった。
ヤムチャが決して自分を受け入れなかったためだ。
そして、天津飯が組み手の最中にヤムチャの異変に気付く。
鶴仙流の門を叩いてからというもの、ヤムチャの成長は目を見張るばかりであった。
しかし、このところはこれまで急激な成長を遂げたあのヤムチャとは到底、思えなかった。
組み手が終わると天津飯はヤムチャを散歩に誘った。
「ヤムチャ、どうしたんだ一体?今のお前の拳には迷いがある。」
(何を言ってるんだ、くそっ、コケにしやがって。どうせ俺にはお前らみたいに恵まれた特殊能力なんてないんだ。)
「別に、これが俺の限界なんじゃないか。」
ぶっきらぼうなヤムチャの答えだったが、天津飯は構わずに話を続けた。
「俺も餃子もお前のスピードには一目、置いている。」
さすがにこの言葉に、ヤムチャは我を失った。
「ふざけるなっ、どんなに早く動いてもお前の目にかかれば動きは見切られる。
餃子の超能力にかかれば動きを止められる。どんなにがんばっても、恵まれたお前らには勝てないんだよ」
このとき、初めて、天津飯はヤムチャの成長を妨げるものの正体を知った。コンプレックスである。
これまで自分が恵まれているなどと考えたこともなかった。
しかし、ヤムチャにとり自分の第三の目や餃子の超能力は羨望の対象だったのだ。
しかし、自分にないものをヤムチャもまた持っている。それに気付かせてやらねば。
そう思う天津飯であった。そしてこの後の会話でヤムチャは己の迷いを断ち切ることが出来たのだった。

(2/3)

674 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 02:19 ID:Emgto/HI
天津飯と散歩に言ったあの夜から数日後、とうとうヤムチャは餃子に初勝利することとなる。

あの夜、天津飯がヤムチャに語った言葉、それは
「ヤムチャ、確かに俺たちはお前には無いものを持っているかも知れない。だがな、
お前も俺たちにはないものを持っているじゃないか。お前の武器はそのスピードだ。
確かに俺は第三の目を用いて常人よりもはるかに速いスピードを見切ることは出来る。
餃子もどんなに早く動ける相手でも動きを止めてしまえる超能力を持っている。
だが、それにだって限界はある。いくら俺でもどんな動きでも見切るようなマネは出来ない。
餃子の超能力だってそうだ。どんなものでも動きを止めてしまえるというわけではない。
餃子は相手が動きを止めた一周の隙を突いて俺たちを金縛りに合わせる。
つまり、俺の目でも見切れないスピードでしかも動きを止めることなく攻撃を仕掛けることが出来る、
もしもそんな奴が現れたら・・・」
「天津飯。お前、何でそんなことを俺に。ふん、もしかしたら俺がお前の言うような
スピードを身につけるかも知れないんだぜ。」
ヤムチャの目には盗賊時代に見せた獲物を見つけた狼のような光が蘇りつつあった。
「構わんさ、そうなれば俺はそのお前を捕らえてみせる、そうやって切磋琢磨することで俺自身を磨くことも出来る。
お前だって例外じゃない。お前はさらにその俺を超えるスピードを身につける。そして俺は・・・
いつか、俺たちでお師匠様や。無天老子様のような武道界を支える双璧になってやろう。」
「ふん、お師匠様や無天老子様みたいなか。それもいいかもしれないな。」

こうして、二人はお互いに技を磨く間柄となっていくのである。

(3/3)

675 :作者の都合により名無しです :02/09/27 03:27 ID:lPJ5dkx8

前スレ初期からずっとこのスレに居るけど、ずいぶん盛況になったなぁ(しみじみ)
個人的にはドクターヤムチャ、最強の道、苦労性の3つが好みだけど、毎日新しい
作品が出て来てるし、色んな人が頑張っているみたいでホント楽しみ。
そういやドクターヤムチャの作者さんは勉強だいじょぶなのかな? (^_^;)

でもこれだけ多いと頭の中がゴッチャになるので、しばらく間が空いた後の掲載時
には1行で良いから前回迄のあらすじをチョロっと書いて頂けると読みやすいかも。ドクター
ヤムチャさんの>>647ではさりげなくそれがあったのはさすが〜と思いました。

これからも楽しい作品を期待してます。頑張って下さい!(>作者の皆様方)


676 :ヤムチャ最強への道 :02/09/27 04:51 ID:yPgwKWB2
第二十七話「逆襲のギニュー隊長とヤムチャたち」

「サイズが合うのは旧タイプしかないか。ヤムチャ、お前もこの戦闘服を着ろ。」
悟空らを置き去りにしてべジータたちはいったんフリーザの宇宙船に来ていた。しばらくしてべジータ
たちが外に出ようとしたとき、ドラゴンレーダーを持ったクリリン・悟飯・片腕ヤムチャ・他のヤムチャ
たちが目の前に降り立った。物陰から様子をうかがうベジータ。片腕ヤムチャはギニュー隊長を悟空に
任せ、クリリンたちと合流していた。暇だったので656人のヤムチャたちもコバンザメのように
ついてきていた。ドラゴンレーダーで確認した位置を掘り返し、ついに七つのドラゴンボールを手に
入れるクリリンたち。神龍を呼び出す準備はすべて整っていた。
「出でよ神龍、そして願いをかなえたま・・」「ヤムチャを100万人にしろー!!」
クリリンのあとを間髪いれずにヤムチャたちが叫んだ。しかし何も起こらなかった。空は明るいままで
神龍はあらわれてはいなかった。まさか多すぎたのか?、そう不思議がるヤムチャたち。
「あれっ、地球のとは合言葉が違うのか。」クリリンはそう言った。岩陰ではキレた悟飯が3人の
ヤムチャたちをなぶり殺しにしていた。そのときクリリンたちはここに近づいてくる邪悪な気の存在を
感じた。「みんな隠れるんだ!」クリリンはそう言うと岩の陰に隠れた。「俺たちはどうすれば・・・」

677 :ヤムチャ最強への道 :02/09/27 04:52 ID:yPgwKWB2
隠れるところがなくて焦る653人のヤムチャたち。そのとき悟飯がニッコリと笑って言った。
「ヤムチャさん、木を隠すなら森です!!」「そうか!ヤムチャを隠すにはヤムチャなんだ!!」
一同の前になぜかスカウターをした悟空とジースがあらわれた。悟空を見て安心したクリリンが岩陰から
姿を見せた。「なんだ悟空か・・そいつも仲間にしたのか?」なぜか悟空は近づいてくるクリリンを見て
ニヤリと笑った。「クリリンさーん、そいつはお父さんじゃない!!」親の顔も忘れたのか!?、愕然とする
ヤムチャたち。悟空に蹴られ、わけも分からずふっ飛ばされるクリリン。
「ふははは、このオレはギニュー様だ。カラダを交換させてもらったぞ。」そう言って2人用の
ファイティングポーズをとるギニューとジース。ボクたちのドラマシリーズ!?、ヤムチャたちは昔を
思い出していた。まだ状況を把握できないクリリン。しかし考える暇もなく、ギニューたちが襲いかかって
きた。相手が悟空の姿をしているということで思うように戦えない片腕ヤムチャ、クリリン、そして悟飯。
しかししばらくするとギニューの姿をした悟空がやって来た。
「クリリン!そいつはオラの姿をしてるが敵だ。構わずやっつけろ!!」
だまされるか!!、652人のヤムチャたちはいっせいに悟空に襲いかかっていった。
次話「俺がヤムチャでヤムチャが俺で(655人)」に続く


678 :作者の都合により名無しです :02/09/27 04:55 ID:xjuOlNm7
キター(かお)ーーー

679 :作者の都合により名無しです :02/09/27 05:22 ID:Y87d8deZ
>677
俺がヤムチャでヤムチャが俺で(655人)
わ、笑いすぎて腹が痛い・・・

680 :作者の都合により名無しです :02/09/27 05:40 ID:TFEU3DXx
>だまされるか!!、652人のヤムチャたちはいっせいに悟空に襲いかかっていった。
期待通りの展開に爆笑(w

681 :... :02/09/27 06:10 ID:d0s73Y0A
>>676 第28話じゃ・・・
  1話ずれてる。(25話が2回ある・・・)

682 :ヤムチャ界王星へ1 :02/09/27 07:37 ID:7FDsS6ey
悟空がナメック星へ出発するちょっと前、
界王星へ向かうヤムチャ達のお話。

界王星へ出発する時、みんな一緒にスタートした。
ピッコロ、天津飯、チャオズ、そしてヤムチャ…。
悟空が界王星までつくのに最初は半年もかかったと
聞いた4人はその記録を破ろうと各々心の中で決意した。
「俺だって神様の所で修行したんだ。悟空が半年なら
 おれはその半分の3ヶ月で着いてみせるぜ!」
ヤムチャは拳を握り締めながら一番乗りに蛇の道へと進んだ。

しかしすぐにピッコロに追い抜かれた。
そしてピッコロの姿はだんだん小さくなって行き見えなくなってしまった。
「さすが元大魔王なだけあるぜ。」
天津飯とチャオズとヤムチャの3人は同じペースで走りつづけた。

そして走り始めて早5時間、苦しい…
チャオズは疲れていないのか、疲れているのか、まったくわからない。
いつものポーカーペースで天津飯のすぐ後ろを走っている。
ヤムチャは天津飯とチャオズに抜かれまいと必死だった…
が、明らかにオーバーペースだった。
「ぜえぜえ。はあはあ。」
頭に一瞬ブルマの事がよぎった。

  続く?

683 :作者の都合により名無しです :02/09/27 09:59 ID:qqpMLUKy
>キレた悟飯が3人のヤムチャたちをなぶり殺しにしていた

前回の復讐やね(w

684 :作者の都合により名無しです :02/09/27 10:18 ID:yrcU8kJP
ていうか、このままでは悟飯の人格形成に変化が及ぶんじゃないかと(w

685 :作者の都合により名無しです :02/09/27 10:58 ID:vbkx/Cy6
ここってギャグ系が多いけどあんまおもろないのもあるね。
いっそシリアス物とかにしたらどうよ?

686 :(゚皿゚ ∋)∋ :02/09/27 10:59 ID:JJwVTHu8
笑えるのは最強への道、悪ヤムチャ、苦労性かな
笑えないけど面白いのはDr.ヤムチャ。

687 :ヤムチャクエスト :02/09/27 12:46 ID:dXbpXLLi
ヤムチャのローガフウフウケン!!
・・・・・・・しかし何もおこらなかった。
ヤムチャは逃げ出した!!
しかし回り込まれた!!
ヤムチャは足元がお留守だ!

688 :アキヒト ◆645sLqh2 :02/09/27 13:02 ID:pLnZOFz+

>岩陰ではキレた悟飯が3人のヤムチャたちをなぶり殺しにしていた。

>隠れるところがなくて焦る653人のヤムチャたち。
>そのとき悟飯がニッコリと笑って言った。
ああ・・・悟飯たんが壊れていくよw)


689 :作者の都合により名無しです :02/09/27 13:04 ID:bovby8Cq
かっこよさを追求してくれてるのは
こんなヤムチャどうよ?シリーズかな。
結構好き。

690 :作者の都合により名無しです :02/09/27 13:55 ID:mTXijmIq
折れが今までで一番面白いと思ったのは
ブウがヤムチャを吸収してしまいテンシンハンが
「ヤムチャを吸収したのは間違いだったな!足元がお留守だぜ!!」(うろおぼえ)
って奴が面白かった


691 :レスの無駄遣いスマソ :02/09/27 14:17 ID:BZWo5LB4
第1話 >>635 参照
DBサイドストーリー
    〜飲茶no恋愛物語?〜
  第2話 不審者
海からあがった飲茶は海辺を離れ、帰路へとつく
その様子をうかがう一人の男がいた。
すると、男は飲茶に急接近し、うでを掴んだ。
驚いた飲茶は「あ〜ゴメンゴメン!すまん、すまんかった」
と意味もなく慌てて謝った「なに言ってんの?」 そう言う男、
飲茶はゆっくりと振り向いた
「・・・・・・・・・・・・・???」
そこに、極めて自分の顔に似た美形の男がたっている
が、一見してみると、すこし幼くみえる。 しかし気が動転している飲茶は
「誰だー!?お前、お前誰だー!?」
とっさに叫ぶ飲茶、すると飲茶似の男はゆっくりと口を開く
「に、似てるなぁ・・近くで見るとより似ていて凄いな。」
そうきり話すと、男は自己紹介をはじめた。男はシュウという
名前らしく、街で自分に似た男を見たので後をつけ
話しかけるタイミングをはかっていた、と。
じょじょに落ち着きを取り戻してきた飲茶はやっと状況を 理解した。
「世の中、こんな偶然もあるんだな・・・そうだ、」
そう言うと飲茶は、自分の事をはなし、ここで会ったのも
運命だと酒を飲もうと誘うのだ。そうして二人は
会ったばかりというのにもかかわらず、飲み屋街へと赴いた。
偶然に会った・・・その話を疑わずして。

692 :作者の都合により名無しです :02/09/27 14:41 ID:c2+CoyEn
> ボクたちのドラマシリーズ

あったなぁそんなの。


693 :さいりょ :02/09/27 17:04 ID:LpiA5Wmh
age

694 :作者の都合により名無しです :02/09/27 17:33 ID:Zzx47qqb
ヤムチャ「男のプライドを守るためage」

695 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 18:04 ID:K5aopeOM
鶴仙人の下で修行を始めて一年が経とうとする頃

もうヤムチャと兄弟弟子、天津飯、餃子の間に垣根はなくなっていた。
既に餃子では二人の相手をすることは困難になっていた。
ヤムチャはスピードにおいては、天津飯はパワーにおいて餃子を圧倒していた。
ヤムチャも天津飯も餃子と組み手をする際には加減する必要があるほどだった。
それでも餃子は修行に対してそれほど熱を持たなかった。
ただ、天津飯と共にいることが出来れば餃子は安心できるのだった。
実は餃子はどこだかの王家の人間で、天津飯は元々は餃子の護衛だったらしい。
その王家の人間がなぜこんな修行をしているのか餃子も天津飯も
そのことについては一切、口をつぐんでいた。

この頃にはヤムチャ、天津飯の星はほぼ五分と五分であった。
当然、修行を始めた頃の連敗記録をないものとしてだが。勝敗を決定付けるのは常に技術と戦略であった。
ヤムチャが新しい技を考えれば、天津版も負けじと新しい技を編み出す。
相手の戦略に不覚を取っても、次の日には対策を練ってくる。互いに良い意味で相手の刺激となっていた。
そんな生活の中でヤムチャはすでに桃白白を倒すという目的を忘れてしまっていた。
仮にこの頃のヤムチャが相手であれば桃白白では手も足も出ないことは明らかではあったのだが、
今の彼と対等に拳を交えることが出来る人間は地球上には天津飯とあの桃白白を破った
孫悟空しかいなかった。だが、この頃のヤムチャは孫悟空の存在を知らない。

希代の武道家、ヤムチャと孫悟空があいまみえるのはそれから更に二年後の天下一武道会である。

(1/2)

696 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 18:05 ID:K5aopeOM
ヤムチャには一つだけ気になっていることがあった。鶴仙流門下の食費である。

天津飯と餃子のの食欲は驚異的であった。ヤムチャもプーアルといる頃には自分の食欲が異常なのではないかと思ってはいたが、
この二人の食欲はヤムチャの想像も出来ないほどだった。問題はその食費がどこから出てくるのかということだ。
時折、天津飯と餃子がふらりといなくなることはあったが、そのことに触れることもなく過ごしてきた。
今、考えればその間に二人が金を稼いでいることは明らかであった。
思い切ってヤムチャは天津飯に彼らがどこへ行って何をしているのかを訪ねてみた。
しかし、天津飯は話をはぐらかしてしまう。餃子も同じだった。かといって、鶴仙人に聞く気にはならなかった。
そこで夜眠るときも神経を研ぎ澄まし、天津飯がどこかへ出かけようとするのを待った。
一週間ほどが過ぎた頃、夜中に天津飯が出かけようとする気配を感じた。
問題は鋭い天津飯にいかにして気付かれず尾行するかだ。
離れすぎては見失う危険がある。かといって近寄りすぎてはそれだけ気付かれる可能性が増すのだ。
ヤムチャは天津版の気配が感じられなくなるぎりぎりまで待つことにした。
見失ってしまう可能性はあっても、それくらい距離を開けなければ天津飯には気付かれてしまう。
尾行のスタートでいきなり失敗に終わる可能性もあった。
幸いにも天津飯が舞空術を使わなかったおかげで、なんとか尾行を開始することが出来た。
森林に差し掛かったあたりで天津飯が急に舞空術を使い出した。
だが、ヤムチャにとっては好都合だった。スピードには自信がある。
たとえ、舞空術のほうが移動能力が高いにしろ、天津飯も全力ではなかった。
木立の間を縫うようにして天津飯を追うヤムチャ。幾度となく枝に顔や体が切り裂かれる。
だが、そんなことは気にも留めずに森を走り抜けるヤムチャ。
その時、天津飯の気配が急に止まった。森を向けたのだ。音を立てないように天津飯飲みえる位置まで移動するヤムチャ。
天津飯は森の方をじっと見ている。
(まさか、気付かれたか?)

ここまで来てヤムチャの尾行は失敗に終わろうというのだろうか?

(2/2)

697 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/27 18:10 ID:hxmW7nnJ
>>696
>>天津飯と餃子のの食欲は
のが2つあるっす!
そういえば、前映画であったね。チャオズがどっかの王子の話・・・・。

698 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 18:20 ID:K5aopeOM
ご指摘ありがとうございます。
チャオズ、王子説はその映画がソースです。
見てませんけど、作中同様、ここから少しずつダークサイドの方も
シリアスになる予定です。
悟空ももう少し後になりますが、登場します。

結構大作になりそうな予感。打ち切りにならないようにがんばるっす。

699 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/27 18:27 ID:hxmW7nnJ
その調子で頑張ってください。
シリアスな作品少ないから打ち切りどころか人気出るかも・・・・。

700 :さいりょ :02/09/27 18:27 ID:LpiA5Wmh
そろそろ、落ちます。
「YAMUTYA〜二つの頬の傷〜」を
10時ごろupすると思いますので批評よろしくお願いします。


701 :ヤムチャさんは苦労性【7】 :02/09/27 18:29 ID:jl36Gkbu
>>660より続き

全身骨折で入院したヤムチャは次の日すでに退院していた。
恥を忍んでブルマに事情を説明し、カリン塔まで仙豆を取りにいってもらったのだ。
それもこれも、べジータが宇宙を滅ぼすのを食い止められるのは自分だけだと
いう使命に燃えていたからである(くどいようだが4話参照)。

「すまんな、ブルマ…武道家ともあろう者がこんな情けない姿を
晒しちまってよ…失望しただろ、このオレに」
「そんな事言わないでよ。あたしがヤムチャの事キライになるわけないじゃない」
「ブルマ…」
ヤムチャは感動した。
ブルマはヤムチャの情けない姿を見るのは慣れっこだとは言わなかった。

さて、ヤムチャにただ一つ、他の戦士達より秀でているものがあるとすれば、
それは器の小ささゆえのセコさであった。とはいえ、バカにしてはいけない。
セコさもこの過酷な世の中で生き延びてゆくのに必要なものといえる。
ヤムチャが全身骨折という重傷を負って学んだのは、100倍重力室という
厳しい環境下で、しかもべジータと修行しながら生き延びるためにはちょっとした
小細工を弄せねばならない、という事であった。

そこで、ヤムチャは退院してすぐブリーフ博士に内緒のお願いをした。
ブリーフ博士は首をかしげながらも承諾してくれた。

―――ふっふっふ…見てろよべジータ!今度こそ相手になってやるぜ!
ヤムチャはほくそ笑みながら意気揚々とべジータを修行の誘いに行った。

(おいおいまだ引っ張る気か?という訳で続く!!)

702 :ヤムチャさんは苦労性【作者】 :02/09/27 18:34 ID:jl36Gkbu
このところ、連載が多いので、今日は一話だけにしておきます。
代わりといっては何ですが、画像を用意しました。
最強の道の作者さんを神と讃えるのと同時に
公式サイトの管理人さんに感謝をこめて。

…の割に、途中で力つきたんですが…
こんなのでも楽しんでいただければ幸いです。

ttp://bs.ws8.arena.ne.jp/dom/filez/yamucha.jpg

…言われる前に言っときます。
片腕ヤムチャと毒殺ヤムチャ(正面)の顔はトレースしますた。
素人に鳥山の絵を模写するのは不可能に近いです。
それでもいい、という方はどうぞ。

703 :作者の都合により名無しです :02/09/27 18:36 ID:vqkPf2Cc
>>702
ワロタw
けど、カコ(・∀・)イイ!!

704 :作者の都合により名無しです :02/09/27 18:40 ID:rtKHWNwi
>702
(・∀・)イイ!!
走馬灯のようにストーリーが思い出されますw

705 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/27 18:48 ID:hxmW7nnJ
http://bs.ws8.arena.ne.jp/dom/filez/yamucha.jpg

706 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/27 18:52 ID:hxmW7nnJ
↑の間違いです。>>702を見ろうとして間違った。
>>702
面白いしうまい!(・∀・)

707 :作者の都合により名無しです :02/09/27 18:55 ID:jq9CZoMU
同じヤムチャなのに、片腕と手下が妙に存在感があるな

708 :作者の都合により名無しです :02/09/27 18:59 ID:szx31pZd
>>702
見れない(´Д⊂ヽ

709 :作者の都合により名無しです :02/09/27 19:05 ID:E9KkSx/y
死ぬほどワラタ
http://ime.nu/home10.highway.ne.jp/dudley/orusu2.htm

710 :作者の都合により名無しです :02/09/27 19:05 ID:Re/6Zvq5
>>702
ベジヤムは旧型戦闘服では?と無粋な突込みをしてみる。

711 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 19:06 ID:K5aopeOM
鶴仙流の食費が気にかかり、仕事に出かけると思われる天津飯を追うヤムチャであった。

天津飯はじっと森を見据えている。それはほんの数秒だったのかもしれないが、ヤムチャには果てしなく長く感じられた。
幾度か場所を変えながら蟻一匹見逃さないかのように天津飯は森を見回す。
(尾行がばれた。ヤムチャにはそう思えて仕方がなかった。)
しかし、しばらくすると天津飯は何事もなかったかのように森を後にした。
それまでの緊張から解放されて安堵の息をつくヤムチャ。しかし、尾行の目的はまだ達成されてはいない。
天津飯の目的が何であるかを確かめなければ、そう思い再び尾行を開始する。
それからは天津飯の目的地まで全く危なげなくたどり着くことが出来た。

天津飯の目的地は南の都だった。まだ。夜も明けきらないため住宅地だというのに人の通行はない。
ヤムチャは物陰に隠れながら天津飯の尾行を続けた。
(天津飯の奴、こんな夜中に一体何をしようってんだ?まさか、盗み?)
天津飯の行動は不可解そのものであった。夜中に急に起きてどこへ行くのかと思えば、
まるで尾行者がいることを知っているかのような警戒。やっとたどり着いた目的地は深夜の南の都だ。
一体、何をしようというのかまるで想像も出来なかった。しかし、天津飯の奇行の目的はすぐに明らかになった。
天津飯は一軒の豪邸の前で立ち止まった。そしてあたりを見渡すと、素早く庭へと入った。
(やっぱり盗みか?天津飯の奴、だから黙っていたのか、くそっおれだって元盗賊だぜ。これくらい)
ヤムチャの考えをよそに、天津飯が豪邸の中に入っていった。
それから、しばらくすると思うと、豪邸の中から「ドスッ」と鈍い物音がした。まるで何かが倒れたかのような物音だ。
そして何食わぬ顔で豪邸を後にする天津飯。ヤムチャは天津飯に一体、何がおきたのか問いただしたい気持ちを我慢して、
その場に残った。何かあったとすれば警察が来るに違いない。

ヤムチャは天津飯が去った後も豪邸のそばに残り、何か変化がないかを見守ることにした。

(1/2)

712 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 19:07 ID:K5aopeOM
天津飯を尾行していたヤムチャ。そして天津飯はある豪邸に入ったかと思うと何事もなく立ち去った。一体、中で何が・・・

何事もなかったかのように夜が明けた。まばらだが、少しずつ町に人影も見えるようになってきた。
まだ、豪邸には何の変化もない。
(何だ、まさか何もしなかったのか?そういえば手には何も持っていなかったな。)
そう思い、もう少しだけ待って帰るかと思った矢先に豪邸から悲鳴が上がった。
(何だ?やっぱり天津飯の奴、何かしでかしたのか?)
そう思い、息を押し殺して豪邸の様子を見守るヤムチャ。
そしてヤムチャの予想に反してやってきたのは、パトカーではなく救急車だった。
そして、救急車から少し遅れてパトカーがやってきた。
パトカーから降りた警察官がものものしい雰囲気で豪邸の中に入っていく。
そして入れ替わるようにして、担架に担がれて誰か運ばれてきた。
その顔には布がかぶせられ、横で女性が泣いている。
(まさか、そんな、天津飯がやったのか??)
もうヤムチャには何が起こったのか全く想像もつかなかった。いや、つかなかったのではない。
自分の考えを否定したかったのだ。
そう、天津飯の目的はあの担架に運ばれてきた人間を殺すことにあったのだという考えを。

しかし、よくよく考えてみれば合点はいく。なにしろ、鶴仙人はあの桃白白の兄だ。
天津飯や餃子に殺しをさせたとしてもなんら不思議はない。
だが・・・それでもヤムチャには納得がいかなかった。
そして彼は全力で家路を急いだ。今度は天津飯に気付かれる心配はない。
舞空術を使っての復路は一時間とかからなかった。

南の都で見たことを天津飯に問いただすヤムチャ。それに対して、天津飯は、そして鶴仙人は・・・

(2/2)

713 :チャオズ様 :02/09/27 19:44 ID:Zgj9MB+v
悪ヤムチャストーリー 第八章「ヤムチャ狩り」
前回のおはなし>>662前々回>>576

ヤムチャの前に、松崎しげるもまっ青のミスター・ポポが立ちふさがった。
「わ、わたしもいるわよ!」ブルマがピストルをかまえる。
この時ヤムチャは迷っていた・・・。
ヤジロベーやハゲの三連星ならともかく、この二人をぶっとばすのはやばくないか?
恋人と神の付き人だぞ?この二人に手をだした日にはきっと死後の地獄行きが決定するだろう。
・・・ここはおとなしく逃げるか?
ヤムチャがそんなことを考えていると、神殿の奥から神様が姿を現した。
「げっ・・・!か、かかか神様・・・!こ、これはその・・・」
「ヤムチャよ、お前がしたことの罪は重いぞ。では償ってもらおうか」
神様の言葉に昇天しそうになるヤムチャ。
こりゃどーにもならんわ、逃げよう!ヤムチャはそう決心した。
が、しかし逃げようとするヤムチャの足元にポポの蹴りが炸裂した。
「ぐわばっ!!」激しくずっこけるヤムチャ。
神様は懐からビンを取り出すと、フタを開けて地面に置いた。
「せっかく教えてやった弱点をなおさなかったのがアダとなったな。喰らえ、魔封波じゃー!!」
あれ?魔封波って使ったやつは死ぬんじゃなかったっけ?
でも天下一武道会で神様がピッコロに使った時は死ななかったような・・・?
そのへんの設定はいったいどうなってるんだ!?なあ、おい!
そんなことを考えながらヤムチャはビンの中に吸い込まれていった。
神様はビンにフタをすると、それを懐にしまい一息つく。
「一ヶ月も閉じ込めておけばヤムチャも反省するじゃろう」

時は流れ――――
とある日の午前11時43分、地球はついに二人のサイヤ人の侵入を許してしまった!


714 :作者の都合により名無しです :02/09/27 20:21 ID:VCQl3Bah
>>713
最初シリアスと思いきや、段々ギャグ化してる気がする。
相変わらず小ネタが効いてます。
おもろい。

715 :ヤムチャ最強への道 :02/09/27 20:51 ID:cgz8oR07
第二十八話「俺がヤムチャでヤムチャが俺で」

みんなどこ?、1人のヤムチャは一行からはぐれてしまい迷子になっていた。あたりを見回しても人影は
見えない。孤独がこんなに寂しいものだったなんて、ふとヤムチャはプーアルのことを思い出していた。
そのとき、遠くから爆音が聞こえた。ヤムチャはいそいで音のしたほうへ向かった。そこでは、フリーザと
ネイルが戦っていた。二対一なら勝てる!、ヤムチャは意気揚揚とその戦いの場に割り込んでいった。
「おや、虫ケラがまた一匹。それも今度は戦闘力1000足らずですか・・・。ちなみにわたしの戦闘力は
 53万です。自分の愚かさが分かりましたか。」
フリーザはそう言って笑った。しかし余裕の表情でヤムチャもフリーザに笑い返した。
「馬鹿め、このヤムチャ様が10以上の数を数えられるとでも思ったか!!馬上の不利を知れい!!」
そう叫びながらヤムチャはフリーザに躍りかかっていった。フリーザはあっけにとられまったく動けない
というか動かない。ヤムチャは素早くフリーザの後ろをとると、しっぽをつかんだ。
「油断したな。いまだピッコロ、魔貫光殺砲だ!!かまわん、俺ごと撃てい!!」
フリーザが軽くしっぽをふり、ヤムチャを地面に叩きつけた。はやくもヤムチャは虫の息だ。ヤムチャに
とどめをさそうとしたとき、ついにネイルが動いた。強烈な手刀がフリーザの首筋にヒットする。が、

716 :ヤムチャ最強への道 :02/09/27 20:51 ID:cgz8oR07
フリーザは眉ひとつ動かさず、それをうけるとそのまま掴んでひねった。ネイルの右ひじから上が完全に
ひきちぎられた。痛さのあまり絶叫するネイル。しかしすぐに冷静さを取り戻すと右腕を再生し、ふたたび
フリーザに立ち向かった。なぜ俺ごと撃たなかったのだピッコロよ、薄れいく意識の中でヤムチャはそう
思っていた。このままではピッコロが殺されてしまう、立ち上がらなければ・・・天国のナッパさん、俺に
力を貸してくれぇ、ヤムチャは最後の力を振り絞りふたたび立ち上がった。「邪魔だ、地球人!!」
ネイルのその言葉を聞くとヤムチャは気力を失いふたたび地面に倒れてしまった。いっぽうそのころ、悟空は
ヤムチャたちの猛攻撃を受けていた。一点集中で肩にある傷口を狙うヤムチャたち。まさに統制のとれた
完璧な攻撃であったので、しだいに悟空のダメージは深くなっていった。「このさい全員ブチ殺す!!」
そう怒りに燃えるブチキレ悟飯。しかしそれをクリリンがなんとか止めて言った。
「悟飯、オレに考えがある。目をつぶれ。太陽拳!!」いっせいに目をやられるヤムチャたち。ここで
2人のヤムチャが太陽拳の威力にその命を落とした。悟空はその間に岩陰に姿を隠していた。出番のなさに
しびれを切らしたギニューがついにクリリンたちに襲いかかっていった。
「はっはっはっ、どうだ18万以上出せるこのカラダは!どうだジース、いまいくつだ?」
「に、2万3000ですが・・・」ゲェーーーーーーッ!!1000と2万、まさに大人と子供であります、
自分の戦闘力と比べて驚くヤムチャたちであった。いやたったひとつだけヤツに対抗できる方法がある、
しかしこれは一発だけ弾丸を残した拳銃と同じくチャンスは 一回・・・その一回でギニューをしとめなく
てはならない!!、1人のヤムチャはひそかにそう決意していた。
次話「人はそれをヤムチャと呼ぶ(653人)」


717 :作者の都合により名無しです :02/09/27 21:01 ID:VCQl3Bah
太陽拳で死ぬな―――!!!!(w

718 :ヤムチャ最強への道作者 :02/09/27 21:12 ID:XKZ2kLEY
>>702
佐々木のおじちゃん、素晴らしい絵をアリガトー
ではなく、ヤムチャさんは苦労性の作者の方、本当に素晴らしい絵をありがとう
ございました。これで毒殺されたヤムチャたちの魂もうかばれるでしょう。

719 :作者の都合により名無しです :02/09/27 21:26 ID:bRfntePs
>>716
>「このさい全員ブチ殺す!!」
>そう怒りに燃えるブチキレ悟飯
悟飯、キレてながらもかなり正確な判断

んでもってネイルのとこのヤムチャはまだ生きてるのね・・・

720 :作者の都合により名無しです :02/09/27 21:30 ID:wp++Ip4g
>>718
あんたの今みたいな必要なとき以外はまったく無駄レスせずに、作品だけを連ねる態度が大好きだ

721 :作者の都合により名無しです :02/09/27 21:52 ID:WmGVXIwB
やはり面白い。
ネイルのところのヤムチャは果たして進化できるのだろうか?


722 :... :02/09/27 21:53 ID:7J7IUHO3
>>718
ごめん・・・。何度もいってしまってるけど、
話数ずれてない・・・?

723 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:00 ID:VCQl3Bah
>>722
気にするな。おもしろけりゃいい。


724 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:00 ID:eKZ1k4Og
明日の朝までですよ。
今日は、最終日!
はたして、ヤムチャ最強への道は逃げ切ることができるのか!!
後を追う、ドクターヤムチャとヤムロット!
5位の決定も注目です!
http://ime.nu/vote2.ziyu.net/html/yuuitiro.html

725 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:01 ID:eKZ1k4Og
5位ではなく、6位でした。ゴメンナサイ。冷めないでね。

726 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:11 ID:VCQl3Bah
宇宙船で修行したヤムチャも戦闘力1000程度のままなの?
10倍重力で修行したのに・・・。
いや・・ヤムチャならありえる・・・。

727 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:27 ID:RMRU42VJ
最強の道、悪ヤムチャ、ドクターヤムチャ以外はいらんと思う。
書くなら書くでも読みづらいんでもう少し後にしてもらえんか?
3強以外はギャグもつまらんし、シリアスも中途半端。
ちょっと誉めりゃすぐ調子にのって大量にやってくる。


728 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/27 22:36 ID:e2zFZBpH
偉大なるヤムチャ伝説2 THE SONG編

「古時計」
DBで ヘタレの、代名詞 その名もヤムチャ♪
操気弾 狼牙風風拳 ご自慢の技さ〜♪
サイヤ人地球に来たときに、かませ犬に負ける♪
今は もう 動かないその ヤ〜ム〜チャ〜♪

栽培マンが 自爆したとき、変な顔のヤムチャ〜♪
お別れのときが来たのを 自分で悟ったんだろう♪
地獄へ 落ちる栽培マン ヤムチャも道連れ〜♪
今は もう 2chで大人気 でもヘタレ〜♪


729 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/27 22:38 ID:e2zFZBpH
歌をヤムチャネタに使うところは
ドクターヤムチャに影響されてますね。その辺はカンベンしてください。

730 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:39 ID:mKLeVEuG
>>727
べつに、君の掲示板じゃないし。

731 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:47 ID:VCQl3Bah
>>727
>>1の専用HPでまとめて見れるよ。
でもたしかに今の状況はきついな。
批判は必要と思う。3強、こんなヤムチャどうあたりは文句ないけど。
新しいのつくった人も一回読みきりみたいな感じにしたら?
んで反応みてよければ長編にすればいいんじゃん?


732 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:47 ID:YlxVMR+D
>>727
まだこんな奴いたのかよ・・・・。
>>730が言った様に、お前の掲示板じゃにだろ?
しかも、ただ好きな物語言ってるだけじゃん。そんなに他の作者様たちの
作品見たくないなら、公式サイトだけ見てろよ。
何度も言うけどここは、ヤムチャの活躍する話なら何でも言いんだよ。
ちゃんとこのスレのレス全部見てからいえよ。消防が。
それでも文句あんならてめえが面白い作品作ってみろよどんなに難しいか分かるから。



733 :ヤムチャクエスト :02/09/27 22:50 ID:0XtsUwVu
ヤムチャは起き上がり、仲間になりたそうにこっちを見ている。
仲間にしますか?

>はい
>いいえ
>足元がお留守

734 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:51 ID:YlxVMR+D
>いいえ

735 :作者の都合により名無しです :02/09/27 22:55 ID:VCQl3Bah
叩きのみのレスはいかんと思うが全面まんせーレスばかりも問題だとおもうが・・・。
作者さん同士だとお互い気を使って言えん部分があるだろ。(作品作りの苦労がわかるだけにね)
ここが悪いとかこうすればいいというレスならレベルアップにもなるでしょ。



736 :作者の都合により名無しです :02/09/27 23:02 ID:NrN2gS+O
別にたがいに干渉してるわけじゃないんだから、
つまらない話がUPされたとしても何か問題あるか?

別にSSを批評されたいスレでも、
SS書くのがうまくなりたい奴の投稿スレでも、
天津飯が活躍するスレでもない。

むしろ批評や文句を控えて、代りにヤムチャの活躍する物語でも考えてみようや

737 :作者の都合により名無しです :02/09/27 23:09 ID:YlxVMR+D
じゃあ、これも何度もいってるが
せめて自分のツマランと思う作者さんの
文のどこがつまらなくてどう直した方がいいか
いう事にしようや。ただつまらんととか、イランとか言うだけでなく。
あとオレ的に聖闘士はそこまでつまらなくないと思うぞ。
絶対読んでもいないくせに文句言ってるやつがいると思う。
話し変わったなスマソ



738 :作者の都合により名無しです :02/09/27 23:12 ID:VCQl3Bah
>>別にSSを批評されたいスレでも、
SS書くのがうまくなりたい奴の投稿スレでも、

作品を不当に叩かれるのはそれはいやだが、作品として作った以上評価されたいし、うまくなりたいのは当然と思うが?


739 :作者の都合により名無しです :02/09/27 23:19 ID:NrN2gS+O
もともとSSスレではないから、SSはネタふりの一環として書いていた。
正直SSを皆で待つ雰囲気ができてから、小ネタが書き込まれなくなってつまんなくなったと思う

740 :作者の都合により名無しです :02/09/27 23:22 ID:VCQl3Bah
>>728
こういう小ネタ好きです。(゚д゚) ウマー


741 :作者の都合により名無しです :02/09/27 23:26 ID:0EfRkgc/
話の面白さ以前に、一度に長文をうぷされても読み辛い。
せめてちょっとづつに分けてうぷして欲しいのと思う。

742 :さいりょ :02/09/27 23:37 ID:s7q0DMGn
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の7 前編
>>630-631の続き

「グアァッ!キ…キミ…な…何をするんだ!?」
眼をやられ、もがき苦しむヤムチャをよそに、血で染まったナイフを持った少女は
薄気味悪くニタリと笑った。
「アハハハハハハハハハハッ!!」
大きな笑い声が洞窟内にこだまする。少女は持っていたナイフを投げ捨て
近くにあった真っ黒なマントをはおり、くるりと一回転すると次の瞬間そこに現れたのは
かわいい少女では無く、黒いローブに身を包み、ギョロギョロとした眼をぎらつかせ
まがまがしく曲がりくねった杖を持った典型的な魔法使いの山賊であった。
「ひっひっひ…。わしはこの山賊団のかしらをやってる者だ。
よくも、大事な娘たちを逃がしてくれたな…。明日はせっかくの競売日だったのに
余計な事をしてくれたものだ。」
ヤムチャは胴着の一部を裂き、出血しているまぶたに押し当てた。致命傷までには至って
いないが、眼に血が入ってしまったようでしばらく、眼が開きそうにない。
「わしは、妖術や魔術の研究をしていてな。ちょうど、武道の達人だけが使えるという
「気」という物に興味があったんじゃ。悪いがその研究の実験台になってはくれまいか?」
ヤムチャは背筋が凍りつくような感覚に襲われた。ここで
「わかりました、はいどうぞ。」
なんて、言ってしまったら、二度と日の目を見る事ができない気がした。
ヤムチャは有無を言わさず、山賊に、向かってエネルギー波を放った。
激しい爆発とともに砂ぼこりが巻き上がる。
「は…ははッ、ざまあみろ…!!」

743 :さいりょ :02/09/27 23:40 ID:s7q0DMGn
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の7 後編

おもわず、笑みがこぼれるヤムチャ。
しかし、なんとそこには何事も無かったかのように山賊が立っていたのだった。
「なかなかの腕前のようだが所詮こんなものか。」
山賊の前には電気の壁のようなもの、いわゆるバリアーが張られていた。
「見せてやろうか。妖術の力を応用すればこんな事もできるのだよ」
そう言うと、山賊の指に手の平大の炎の球が現れ、ごうごうと燃え盛りだした。
山賊がさらに念じると、炎の球がヤムチャめがけて飛んでゆき
ヤムチャの髪をかすめ、壁に激突し轟音とともに弾けとんだ。
その衝撃で洞窟全体が大きな音をたて始めパラパラと天井が崩れだした。
「おっと、いかん。少しやりすぎたようだ。ヤムチャといったか?
一旦、外に出てから決着をつけようでは無いか。逃げられると思わないほうがいいぞ。」
ヤムチャは土下座をしようとしたが、その言葉を聞いてしゃがむのをやめた。
そういってる間にも洞窟はどんどん崩れてゆく。ヤムチャは泣きながら
降りてきた階段を大急ぎで駆け上がった…。

「ふはははは!せいぜい生き埋めにならないよう頑張って走るのじゃな!」
そういうと、山賊は聞いた事も無い呪文を唱えると、まばゆい光が
山賊を包み山賊は音も無く一瞬で消え去ってしまった。

〜続く〜


744 :さいりょ :02/09/27 23:43 ID:s7q0DMGn
742-743

続き書きました。やっぱり、一日一upが望ましいですかね?

745 :作者の都合により名無しです :02/09/27 23:50 ID:9+nMrXeN
つまらないとか言う前にもう少し原作に添った話を読みたい
意味不明な登場人物、本来のキャラとは思えない性格や口調。
こんなんでストーリー書かれても原作好きな奴にとっては正直「つまんない」

作者さんたちにはもうちょっと原作読んで勉強してもらいたいな〜と俺は思います
やっぱ原作添って書いてくれてる人のやつのほうがおもしろい

746 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 23:57 ID:K5aopeOM
南の都からの帰り道、ヤムチャは祈り続けていた。自分の想像が間違っていることを・・・

ヤムチャは乱暴に扉を開くと天津飯の名を呼んだ。そこでは鶴仙人と餃子の二人が食事をとっていた。
「何だ、朝っぱらから騒々しい。天津飯なら出かけとる。」
不機嫌そうに鶴仙人が答える。
「みな・・・いや、ど、どこへ行ったんですか?一体、何をしに。」
ヤムチャはあやうく南の都でのことを話しそうになる自分を抑えた。
これは直接、天津飯に聞こう、そう決意していたのだ。
「さぁな、いつものことだ、何を気にしている?とっとと飯を食え、修行を始めるぞ。」
ヤムチャは鶴仙人に勧められるままに食事を取った。だが、やはり、心の中は朝の一件でいっぱいだった。
(天津飯の奴、一体どこへ・・・)
そして、肝心の修行でも餃子に実に三ヶ月ぶりの敗北を喫してしまう。
「わーい、ヤムチャに勝った。三ヶ月ぶりだ。わーい。」
何も知らない餃子は無邪気なものだ。
そして、天津飯が帰宅したのは日も暮れかける頃だった。
しかし、朝の勢いを失ったヤムチャは天津飯に話をするタイミングをつかめなかった。
「天さん、お帰り。今日、僕、ヤムチャに勝ったよ。」
餃子が天津飯の周りではしゃぎまわっているのを見て余計に聞きづらくなってしまった。
「天津飯・・・」
「どうした、ヤムチャ、怖い顔をして。」
「いや、どこへ行ってたのかなってさ。」
「何だそんなことか、大したとこじゃない。」
「そう・・・か、まぁ、お前がふらっといなくなるのはいつものことだしな、ははっ。」
「変な奴だな、それより、たるんでるんじゃないか?餃子に負けたって。」
その後も取り留めのない話ばかりで結局、ヤムチャは朝の一件を聞きだすことが出来なかった。」

天津飯の奇行の目的を聞き出せなかったヤムチャ。しかし、その真相をヤムチャは意外な形で知ることになる。

(1/3)

747 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 23:59 ID:K5aopeOM
天津飯の一件から二ヶ月が経とうとしていた・・・

その間も三度ほど天津飯と餃子が抜け出して行くことはあったが、これ以上の詮索はしないことにした。
ヤムチャは天津飯の一件を胸に秘め、修行に専念することを心に決めていた。
ある日、天津飯との修行の途中で怪我をしたヤムチャは出血が止まらないため一人、先に帰ることになった。
家に帰ると話し声が聞こえる。
(そういえばお師匠様が今日はなんか用があるから家にいるって言ってたっけ。)
誰か来ているのかと思い、師・鶴仙人の部屋のほうを伺うヤムチャ。しかし、扉は閉ざされているため中はうかがい知れない。
「はっはははは」
鶴仙人の楽しそうな笑い声に興味を覚えたヤムチャはちょっとだけ盗み聞きしてみることにした。
どうやら来客ではなく電話をかけているようだった。
「・・・ふははは、馬鹿な連中だ自分たちがだまされているとも知らずに仕事をこなしてくれるんだからな。」
(!?、まさか・・・)
ヤムチャは二ヶ月前のことを思い出していた。あの時、天津飯が何をしていたのか胸に秘めると心に決めてはいたが、、
それを知りたくないといえばウソになる。ましてや、こんなチャンスはめったにない。
「その点なら大丈夫だ。あいつらには祖国を滅ぼした連中の情報が入ったってことにしているからな。あの二人にとっては
殺しても飽きたらん相手だ。喜んで殺しに言ってくれる。自分たちがだまされてるとも知らずにな
まぁ、おかげでワシも金に困ることはないがな、はっははは。」

ヤムチャは怒りに震えた。自分も悪事に身を染めてはいたが、盗賊時代にも殺しだけはすまいと決めていたのだ。
我を失ったヤムチャは乱暴に扉を開けていた。
「!!、や、ヤムチャ、なぜここに?」

鶴仙人は明らかに狼狽していた。まさか、ヤムチャが怪我をして引き返してくるとは思ってもいなっかたのだ。

(2/3)

748 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/27 23:59 ID:K5aopeOM
天津飯たちが鶴仙人にだまされ人殺しをさせられていることを知ったヤムチャであった。

「今の話は、どういうことですか?」
「ふん、お前には関係のない話だ。」
さらにヤムチャの怒りはエスカレートする。
「関係ないだと、ふざけるなっ、人の弱みに付け込みやがって。」
「ではどうして欲しいんだ。天津飯たちが仕事をしなくなればお前たちの食費もまかなえんのだぞー。
大体、お前も元盗賊なら、他人をだますことくらいでがたがた言うな。」
「それなら・・・」
ヤムチャは怒りにすっかり冷静さを失っていた。
「それなら?どうするというんだ?」
「俺が・・・俺があいつらの代わりにやります。だから、もう、これ以上あいつらに人殺しをさせないでください。」
本当であればここで鶴仙人を殴りたいところだった。だが、そんなことして天津飯たちが真相を知ってしまっては元も子もない。
たとえ本意ではなくとも、ヤムチャにはこうする以外方法がなかったのだ。
「いいだろう、それなら天津飯たちの分もしっかりと働いてもらうことにしよう。あいつらには情報が入らなくなったとでも言えばいい。
仕事をするのが誰かは問題ではないからな。」
確かに鶴仙人の言うとおりだった。だが、それでも何も知らない天津飯たちにはこれ以上悪事に身を染めて欲しくはなかった。

こうして、ヤムチャは修行のかたわら暗殺の仕事を数週間に一度くらいの割合でこなすようになった。
ヤムチャが留守にしている間は桃白白のところへ出かけているということになっていた。
そうこうするうちに二年の年月がたった。
ヤムチャたちはパパイヤ島へと向かっていた。三年ぶりに開かれる天下一武道会に出場するためだ。

YAMUCHA -The Dark Side- 第一部 完

(3/3)

749 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/28 00:03 ID:XBXKCEqK
確かに乱立しすぎてて見づらいので、とりあえず、第一部完ってことで
時間を置いてから書くことにします。

とりあえず次回は天下一武道会、いよいよ悟空が登場します。
まぁ、このまま打ち切りになる可能性もあるが(w

750 :作者の都合により名無しです :02/09/28 00:29 ID:JxaRGb6e
>>750
YAMUCHA -The Dark Sideさんの話、何気に続きが毎回気になってますよー。
たまにはマジメでひたむきなヤムチャも見てみたいだな、これが(w
見やすくする為に専用HPがあるんだから、余り気にする必要ないのでは?
打ち切りだけは勘弁して欲すぃ (´・ω・`)

○○と××と△△以外は要らん、とかのたまうアフォが定期的にやってくるけど
こういうのは無視するに限るね。一体何様のつもりなんだろ、、、

751 :チャオズ様 :02/09/28 01:37 ID:lvzmbJcD
悪ヤムチャストーリー 第九章「誰か忘れちゃあいませんか?」
前回のおはなし>>713前々回>>662

ついに地球に到着してしまったベジータとナッパ。
突然すぎる正体不明の異性人の来襲に、パニック状態となる人々。
「ぎゃーぎゃーうるさいアリどもにあいさつしてやらねえとな」
そう言うとナッパは強烈なエネルギー爆発をまきおこした。
その圧倒的なパワーにより壊滅状態となる都・・・。
都へ水の調達に来ていたナムさんもこの爆発に巻き込まれ、死亡。
ナムさんは一度生き返っているため正真正銘、死亡。
また、ガラパンを買いに来ていたパンプットも爆発の影響でパンプキンになった。
ベジータたちは大きな戦闘力ががかたまっているピッコロたちのもとへと向かう。
一方、Z戦士たちもそれに気づき各地からピッコロたちのもとへ集まってきた。
対峙するサイヤ人とZ戦士。
「ほう、そっちは五匹か。こっちの栽培マンは6匹・・・。
 どうだ、こっちの栽培マンと一人ずつ順番に戦ってみんか?ゲームだ」
そう提案するベジータに、ナッパが言葉を付け足した。
「カカロットのやつがいれば6対6だったのにな。生き返ったんじゃなかったのか?
 それとも逃げ出しやがったか、臆病者め!」
クリリンたちは一番触れてほしくない話題に触れられ、ちょっと鬱になった。
一人のバカのせいで生き返られなくなった悟空・・・。
まあなんとか、占いババの力によって今日だけは復活できるようになったらしい。
悟空がこちらに到着するまで、なんとか自分たちだけで持ちこたえなければ・・・!
そう覚悟を決めるクリリンたち。そして彼らは忘れていた。

「ちくしょー!早くここから出してくれよ、おい!誰か気づけってバカ!」

魔封波でビンに閉じ込められたまま放置されていた、ヤムチャの存在を・・・。


752 :チャオズ様 :02/09/28 01:40 ID:lvzmbJcD
異性人じゃなくて異星人だ。また間違えて鬱・・・

753 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/28 01:42 ID:XBXKCEqK
いや、それでも強引に次のネタにして欲しかった(w

754 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/28 01:50 ID:XBXKCEqK
自分の作品なら↑のようなレスは出来ない罠・・・

てか、誤字・脱字はないと思っていても1レスにつき一個はあるな、漏れの場合。
ところで前にも書いたけどこの板ってあぷろだ無いの?
漏れは普段はゲ製版の住人なんであんまよく知らないんだが。

755 :チャオズ様 :02/09/28 02:02 ID:lvzmbJcD
よく見たらおかしいとこばっかりだった。
ダメダメすぎてもはや訂正する気も起こんない。

>>754
あぷろだとかさっぱりわかりません・・・。

756 :ヤムチャさんは苦労性【作者】 :02/09/28 02:14 ID:S0lWOhfE
画像の感想書き込んでくれた方々、どうもありがとうございます。
鳥山絵を模写したのなんて消防ぶりでした。楽しかったけど。
ヤムチャ最強への道の作者さんも、断りを入れず勝手な事をしてすみません。
文句言われても仕方ない立場なのに…レスありがとうございました。

それから作品に対する読者さんのレスについて(>>727-741
拙作の作者としての意見ですが、やはり批評/批判は必要だと思います。
欠点は指摘されたら直す努力はできますから(ヤムチャの足元除く。
ただ、「つまらんうpするな」と一言レスするのはどうかと思います。
直しようがない駄作だと感じられたら脳内あぼーんするのがオススメ。
個人的な意見としては、今連載されてる作品はどれもレベル高いと思うのですが。
確かに多すぎて、ちょっと読みにくいですけどね…。

職人なのに出しゃばってすみません…潔くない作者でした。
どこを立て読みすればいいの?>セルフ突っ込み

757 :作者の都合により名無しです :02/09/28 02:31 ID:84mLo28d
今書いてる作者さんやめないでください(つД`)
なんだかんだいいつつどの作品も楽しんでまつ。
批評は必要と言ってたものですけど、なんか誤解まねいたみたい。
>731 読みきりで試せってのはこれから書こうとする人へでつ。
HP見れば済むけどふつうにログ追うのはかなり限界かと思ったんで。
批判は必要ってのはマジで思ってます。ヤムチャリオンが化けた時は感動しまつた。
その後のレスはまんせーしか認めんって言ってると思ってやっちゃいました。

758 :757 :02/09/28 02:36 ID:84mLo28d
もちろん単なる叩きは絶対ダメと思ってます。
727あまり読まないで脊髄反射レスしてしまいました。
本当すみません。

759 :ここで小ネタを一発。 :02/09/28 03:10 ID:S0lWOhfE
大きな声で軽やかに歌って下さい(サザエさんOPテーマの節で)。

強盗しようと砂漠で襲ったら〜
ブルマの乳みて 固まるヤムチャさん
みんなが呆れてる〜
プアールも呆れてる〜
ル〜ルルルルッル〜
今日もいい天気〜〜〜

活躍しようとハリキリ でしゃばって〜
自爆で道連れ 愉快なヤムチャさん
みんなが泣いている〜
ナッパは笑ってる〜
ル〜ルルルルッル〜
今日もいい天気〜〜〜

悲劇に見舞われ続ける 最後まで〜
恋人寝取られ 号泣ヤムチャさん
みんながもらい泣き〜
読者ももらい泣き〜
ル〜ルルルルッル〜
やっぱりかませ犬〜〜〜♪

(スペシャルサンクス:Dr.ヤムチャ作者さんのアイディアパクリました。)

760 :ヤムチャ最強への道作者 :02/09/28 05:17 ID:q73My6fn
第二十九話「人はそれをヤムチャと呼ぶ」

1人のヤムチャが両手を出して気をためはじめた。ヤムチャの両手が黄金色に輝いている。
「はあああ、操気弾が2個で×2!!そしていつもよ・・・ゲフッ!!どうやらもう限界みてえだ・・・」
血を吐き、力尽きて倒れるヤムチャ。そしてヤムチャはそのままその壮絶なる生涯にピリオドをうった。
ギニューは焦っていた。力が思うように出せず、雑魚相手にすら苦戦していたからだ。
「悟空の言うとおり、お前はそのカラダを上手く使えないんだよ。おとなしく降参しなよ。」
クリリンがそう言った。そのときジースを秒殺したべジータがそのままギニューのほうに向かってきた。
「外見がカカロットということで手を抜いてやがるな・・・よし俺がやってやる。」
ベジータの猛攻に手も出ず、すぐに地面に叩きつけられ瀕死の状態になるギニュー。ベジータが最後の止めを
さそうと攻撃の態勢に入ったとき、追い詰められたはずのギニューは笑った。「いただくぞ、そのカラダ!」
しめたオラのカラダに戻れるぞ、そう思った悟空はすぐさま2人の間に割り込んだ。ギニューの口から発した
光がベジータに届くかという瞬間、その間に悟空が割って入っていた。やっと元の体に戻る悟空、しかし
ダメージが深く動くことができない。何が起きたか分からず、あっけにとられるベジータたち。
「この気はお父さんだ。元に戻ったんだ。」「ということは今度はこっちのヤツがギニューか・・・」
いっぽうヤムチャたちはまったく事態が飲み込めていなかった。混乱し、戸惑うヤムチャたち。

761 :ヤムチャ最強への道 :02/09/28 05:18 ID:q73My6fn
「と・・とりあえず俺たちはどうすれば?」「邪魔だ、黙って見ててください!」悟飯が冷たく言い放った。
ギニューはまだ勝機が去っていないことを悟り、ベジータと向かい合った。
「今度こそ邪魔はない。そのカラダいただいたぞ!!チェーンジ!」そう叫びながらギニューはボディ
チェンジの体勢にはいった。これだ!!、ひらめいた悟空はたまたまそばを通りかかったヤムチャを捕まえる
と宙に放り投げた。投げ出されたヤムチャの体がちょうどギニューとべジータの間に入る。その次の瞬間、
なんとギニューの精神はヤムチャの体に入ってしまった。ちなみにギニューの体に入ったヤムチャは傷の
痛みに耐えられず、すぐにショック死した。「くそっ、次こそは!チェーンジ!!」ガッツが足りない!!
「こ・・このカラダではパワーがなさすぎる。ボディチェンジはできん!」絶望するギニューであったが、
ベジータの攻撃から逃れるためヤムチャの群れにその身を隠せざるを得なかった。
「これじゃあ、誰がギニューだか分からない。」そう悩むクリリンに悟飯がこう提案した。
「このあたりをふき飛ばしてみて生き残ったのがいたら、それが偽者のヤムチャさんじゃないですか?」
「カカロットどういうことだ説明しろ!!」まだ状況が分からないベジータは悟空をそう問い詰めた。
「へへへ、入れ替わったんだ。あそこにいるヤムチャのどれかがギニューさ。もうこうなったら悪さも
 できねえ。見逃してやってくれ。」「これからのてめえの人生を考えると同情するぜ。」
ヤムチャになってしまったギニューはなぜだかしばらく涙が止まらなかった。
次話「戦士たちの休息、ヤムチャたちも休息(652人)」に続く

762 :作者の都合により名無しです :02/09/28 05:26 ID:+7YNNea5
>「これからのてめえの人生を考えると同情するぜ。」
予想していた台詞だが・・・ヤムチャ・・・

763 :作者の都合により名無しです :02/09/28 05:28 ID:gVFEN9Kl
早朝うp本当にお疲れでした。

カエル=ヤムチャは予想してたがやっぱりワラタ。ヤムチャギニューの
これからに幸あれ。

764 :作者の都合により名無しです :02/09/28 05:46 ID:bo5UJ3pX
ワロタ
ギニューも有象無象の一員ですかい

765 :作者の都合により名無しです :02/09/28 06:12 ID:VoV/gDzW
期待を裏切らない展開!今回もおおいに笑わせてもらいました

766 :チャオズ様 :02/09/28 07:02 ID:lvzmbJcD
悪ヤムチャストーリー 第十章「ヤムチャの声は聞こえない」
前回のおはなし>>751前々回>>713

ヤムチャがビンの中でもがいてるころ・・・天津飯が栽培マンと戦っていた。
そして勝負はあっという間についた。もちろん勝ったのは天津飯である。
「ほう・・・思ったとおり少しは楽しめそうだ。そっちは次は誰が戦うんだ?」
ベジータのなめた発言にキレるピッコロ。
「フン、こんなくだらんお遊びはおれが終わらせてやる。残りの五匹全員でかかってきやがれ!」

――――プーアルは飛んだ。しゃにむに飛んだ。
必死の思いで天界までたどり着いたプーアルは、神様を見つけるといっきに言葉をまくしたてた。
「か、神様!ヤムチャさまをビンから出してあげてください!お願いします!!」
一瞬、プーアルの言っている意味がわからなくて呆然とする神様。
「ヤムチャ・・・?ビン・・・?・・・・・・ハゲチャビン!?ああ、ヤムチャか。
 そんなヤツもおったのう!出してやるのをすっかり忘れておったわ。
 確かにサイヤ人と戦うには必要な戦力じゃ。ビンを探すからちょっと待っておれ」
そう言うと神様は神殿の中へ入っていった。

――――ピッコロは圧倒的な強さであった。
魔光砲でまず二匹を葬った後、残りの三匹を各個撃破していった。
「こんなザコでは相手にならん・・・。さあサイヤ人ども、次はてめえらの番だ」
「それはどうかな?足元をよく見てみろ」そう言って微笑むベジータ。
次の瞬間、ピッコロの足元にいた倒したはずの栽培マンが飛びかかってきた。
「ちっまだ生きてやがったか・・・!」
ふいをつかれ、素早く対処できなかったピッコロ。栽培マンに抱きつかれてしまう。
自爆して道連れにしようとする栽培マン・・・しかしそれよりも一瞬早く、
ピッコロが目から怪光線のようなものを出して栽培マンの頭部を破壊した。
「フン、残念だったな。もっとも貴様の自爆ごときでこのおれが死ぬとは思わんが・・・」
ピッコロは栽培マンの残骸を振り払った。
「茶番は終わりだ。これからが本当の戦いになる・・・」


767 :... :02/09/28 07:15 ID:JM+zC8uq
>>760
>>761

期待どうりです。

768 :作者の都合により名無しです :02/09/28 07:29 ID:b5RPS787
>>ガッツが足りない!!
懐かしい、キャプテン翼か(w

769 :作者の都合により名無しです :02/09/28 08:08 ID:sjrFnJZ2
「このあたりをふき飛ばしてみて生き残ったのがいたら、それが偽者のヤムチャさんじゃないですか?」

激藁

たまたまそばをとおりかかったヤムチャ・・・・

770 :ヤムチャさんは苦労性【8】 :02/09/28 08:27 ID:S0lWOhfE
>>701より続き:ヤムチャらしからぬ根性を発揮して、
入院した次の日に退院したヤムチャ。
宇宙を滅ぼさんとするべジータを食い止める為、
ヤムチャはべジータを修行に誘う!!)

「べジータ待たせたな!さあ修行しようぜ!!」
ノックもなしに爽やかな笑顔でべジータの部屋へずかずかと入ってくるヤムチャ。
べジータは顔にこそ出さないが内心げっそりしていた。

―――コイツはバカか?学習能力というものがないのか?

単純思考のサイヤ人であるべジータにそう思われるヤムチャは少し可哀想だ。
しかし無断で部屋に上がり込んできたヤムチャに怒りを覚えないとは
べジータは結構いいやつなのかもしれなかった。
最も、ヤムチャのおめでたさに呆れ過ぎて怒りが萎えた、という説もあったが。

一方、ヤムチャは自分の弄した小細工に慢心して、他のことなど考えちゃあいなかった。
とにかく、ブリーフ博士に頼んだコレさえあればオレはべジータに殺されない。
それだけしか今のヤムチャの脳みそにはなかった。
普段のヤムチャならノックもせずにべジータの部屋に押し入るなんぞ天地がひっくり返ってもしない。
振り返ってみれば、ヤムチャのうぬぼれがいつも命取りになっていた。
本人がそれに気付かないところがまたヤムチャのヤムチャたる所以なのだが。

―――へっ、見てろよべジータ!今日こそ汚名挽回してみせるぜ!
それをいうなら汚名返上名誉挽回だろと突っ込んでくれる者はいなかった。

771 :作者の都合により名無しです :02/09/28 08:27 ID:dd9I8aIU
>>761
すげえ。
悟空の機転でギニューがヤムチャになんて、
もう古き良き荒木飛呂彦テイストさえ感じる。


772 :ヤムチャさんは苦労性【9】 :02/09/28 08:30 ID:S0lWOhfE
さて、そうこうするうちにヤムチャとべジータの二人は再び100倍重力室の前に立っていた。
べジータは当初ヤムチャの誘いを断るつもりだったのだが、

―――これほどのバカは死んでも治らんが、マシな世の中になることは確かだ。

…とまあ結構やる気マンマンだった。

「さあ、早くやろうぜ」
「…それはいいが、キサマ何だそのふざけた格好は」

ヤムチャは純白の全身タイツを着ていた。
自慢のロングヘアまで布の中にみっしり入っている。
ヤムチャは年中全身タイツのお前に言われたくない、と思ったが黙っていた。
「…気にするな、ただのおしゃれだ。さあ行こうぜ!」
上手くべジータの質問をかわし、さっさと重力室に入る。


「な、なんだと…?」
べジータは己の目を疑った。
目の前では、ヤムチャが軽やかなステップで重力室の中を駆け回っている。
つい昨日、この重力に耐えきれず全身骨折してしまったヤムチャが、だ。
ちなみに、べジータ自身はまだ100倍の重力には慣れていない。

「フン…面白い」

ニヤリ、とべジータが口元を歪める。
単純で戦闘好きの生粋のサイヤ人である彼は「なんで」とか「どうして」
とか余計な事は考えなかった。
ただ単に、久々に手ごたえのある相手と闘えるのがうれしくて、
ずっしりと重みを増した体をヤムチャに向けた。

(ヤムチャの軽やかステップの秘密は!?←バレバレ、以下次号!!)

773 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/28 08:50 ID:yyHy0BfS
偉大なるヤムチャ伝説 もしあの技がヤムチャの技だったら編

ナメック星で、最後の戦いを続けるゴクウとフリーザ
それを界王様の力で(無理やり)見せてもらっているヤムチャ
フリーザ「はあ〜!!操気弾!死ね!」
ゴクウは素早く身をかわす。
フリーザ「とう。その技はいくらかわしても、追いかけてくるぞ!」
バババババッッ!フリーザは素早く手を動かしゴクウに狙いを定める
フリーザ「つあ!」
ゴクウに操気弾が当たる。フッ
ゴクウ「こっちだフリーザ」
フリーザ「残像拳か・・・やるじゃないか」
ゴクウ「やはり今のお前とは戦う気がおきん・・・。
そんな『ツマラン』技に望みをつなぐようじゃな・・・。
ヤムチャ&フリーザ「つ・・つまらん技だと・・!!」



774 :作者の都合により名無しです :02/09/28 09:29 ID:S0lWOhfE
投票所の管理人さん、乙彼ー。
作品多くて大変ですな。がんがってください。

775 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/28 09:59 ID:OqSRKga6
>>774
サンクス
ああ・・・。アホみたいにつかれました。
ってかこの投票所おれがつくってたんですよ・・・。
自分の作品あまり評価されてないんで、いったいどうなんだろ?
と思ったのがきっかけで・・・。第一回の結果見たら
ああ!まだまだだなオレも、とおもいました。
まあ、そんなことどうでもいいとして、
第二回のはじまり〜。

http://ime.nu/vote2.ziyu.net/html/yuuitiro.html

776 :さいりょ :02/09/28 10:00 ID:AUM3FMwL
>>773
ヤムチャ&フリーザ「つ・・つまらん技だと・・!!」
ワラタw

777 :さいりょ :02/09/28 10:10 ID:AUM3FMwL
>>775
皆さん、おめでとうございます〜!
やはり、ベスト3入りは無理だったか…。精進します…。

778 :作者の都合により名無しです :02/09/28 11:41 ID:0ws+nZSo
ギニューヤムチャは何かやってくれそうだ。

779 :さいりょ :02/09/28 11:55 ID:AUM3FMwL
YAMUTYA〜二つの頬の傷〜 其の8 前編
>>743の続き

洞窟は大きな悲鳴を上げ、今にも崩れだしそうだ。
ヤムチャはなんとか階段を駆け上がり一階に出た。
山賊たちは、もう逃げ出したのか一人として見当たらない。
ヤムチャも急いで脱出しないと、落盤に巻き込まれてしまう。
ところが、ヤムチャの目の前に飛び込んできたのは山賊が奪ってきたと思われる
金銀財宝、宝の数々だった。もともと砂漠の盗賊だったヤムチャは宝に目がない。
しかし、宝を持ち出そうとしている間に洞窟が崩れてしまうかもしれない。
かと、いってこのまま宝をみすみすあきらめるわけにもいかない。
ヤムチャは人生の岐路というものに立たされていた。
安全をとって貧しい生活を送るか、危険な道を行き一生遊んで暮らすか…。
ヤムチャの頭脳はものすごい速さで回転を始めた。この力をうまく引き出せれば
ブルマはおろかブリーフ博士にも匹敵したかも知れない。
天井から崩れた一つの小石が地面にぶつかるまでにヤムチャは数百の案を
考え出しては消してを繰り返していた。洞窟の崩れる音が大きくなってきた。

780 :さいりょ :02/09/28 11:58 ID:AUM3FMwL
其の8 後編

いよいよ本格的な落盤が起こる。はっと、われに返るヤムチャは
こうなったら一世一代の大勝負、ヤムチャは宝の方へ思いっきり飛び込んだ。
ヤムチャは財宝の詰まった宝箱を持ち上げようとしたが片手ではとても持ち上げられない。
しょうがなく、近くに置いてあった一つの大きなダイヤモンドをふところにしまい
大急ぎで出口へ向かった。光が見えてきた、出口だ!ヤムチャは安堵の表情を浮かべ
洞窟の出口に滑り込んだ。大きく息を吐く。呼吸が荒い。疲れてその場に
ねっころがるヤムチャ。周りには先ほど助けた少女たちがこちらを見ている。
起き上がり少女の方に向かい歩き出すヤムチャ。

「ほう、どうやら生きていたようじゃな。」

声を聞くなりその方向に大きく振り向く。なんとそこには先ほどの山賊が立っていたのだ。
「さっきの質問の答え…考え直してくれたかね…?」
もちろんそんなの答えはNOだ。山賊に向かって大きく跳び蹴りを放つ。
それを山賊はひらりとかわす。受身を取り損ねたヤムチャは地面に叩きつけられた。
「それが答えか。それなら、力ずくで実験に参加してもらおうか…!」
山賊はギラリと目を光らせ、ヤムチャをにらみつけた…!

〜続く〜


781 :作者の都合により名無しです :02/09/28 12:10 ID:uD2CD6sJ
完全版でチチとのバトルを2,30ページ書き足してみる

782 :作者の都合により名無しです :02/09/28 12:18 ID:dyD/8VKi
操気弾二つで二倍・・・



ウォーズマン!

783 :作者の都合により名無しです :02/09/28 13:15 ID:+zUpg1N0
こ れ だ !! (w

784 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/28 14:08 ID:FGWWgqdm
YAMUCHA -The Dark Side- 閑話休題 その壱


これはヤムチャたちがパパイヤ島へと旅立つ三ヶ月前のお話

ヤムチャは修行の途中、鶴仙人に呼ばれた。話の内容は大方、想像がつく。
どうせ、仕事の話だ。
すでに十数人を暗殺してきたヤムチャではあったが、鶴仙人に呼ばれる
この瞬間にはいつまでたってもなれることは出来なかった。
だが、そんなヤムチャの気持ちとは裏腹に仕事の依頼は日増しに増えていった。
桃白白の元を訪れていた。依頼人たちがこちらへ鞍替えしてきているからだ。
カリン塔での一件以来、桃白白は消息を絶っている。もちろんプーアルも一緒だ。
そのため、本来であれば桃白白の元を訪れるはずだった者たちが鶴仙人に
仕事の依頼を持ちかけてきていたのだ。
ヤムチャが依頼人に会うことは稀だった。相手も自分の顔を見られたくないからである。
だが、ある時ヤムチャは一人の依頼人と顔をあわせることになる。
ヤムチャはその依頼人の顔に見覚えがあった。それが誰かは思い出せなかったが。
実はこの依頼人、桃白白の元を訪れていた男であった。
そしてその男から人づてに『桃白白の後継者』としてヤムチャの名が広まることとなる。

YAMUCHA -The Dark Side- 閑話休題 その壱 完

第二部開始はもうちょっと先になるんじゃよ

785 :作者の都合により名無しです :02/09/28 14:09 ID:m+4THU/F

最強の道、ウォーズネタとかキャプ翼ネタがさりげなく散りばめられてて最高。
悟飯がどんどん極悪非道化してるのもイカスー。これだけ皆が期待していると、
プレッシャーも相当あると思うけど、作者たんガンガレ

あと遅レスだけど、苦労性(>>701)の
>ブルマはヤムチャの情けない姿を見るのは慣れっこだとは言わなかった。
には思わず吹き出しますた


786 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/28 14:10 ID:FGWWgqdm
投票してくださった方たちに感謝の意味も込めて書いてみました。
実は第一部を終わらすために削った部分なんですが・・・

第二部は来週半ばくらいからスタートしようかと考えています。
それでわ。

787 :作者の都合により名無しです :02/09/28 14:27 ID:zCRp7dDH
読み手の一人としての意見ですけれど、
横書きで行間の詰まった文章を読むときには、
3〜5行程度のきりの良いところで空白の行を挟むと読みやすいみたいです。

こんな感じに・・・。
作家のみなさん、これからも期待しています。

788 :作者の都合により名無しです :02/09/28 14:33 ID:af9V7WhL
>>770
汚名挽回してどうする!

789 :小ネタ :02/09/28 14:35 ID:P7pk5gWl
SIMPLE1500 THE ヤムチャ 
豪華初回特典 「ウルフハリケーン」のCD


790 :作者の都合により名無しです :02/09/28 14:39 ID:1R4lH4uT
飲茶は今のまま弱くていいけど
ソウキダンだけはゲンキダマ並みに強化しようよ
ぼろぼろにやられながらも最後は相手を出し抜いてソウキダンで倒す飲茶だったら(・∀・)カコイイ!


791 :作者の都合により名無しです :02/09/28 15:27 ID:rjustep9
皆が求めるヤムチャ、それは
狼牙風風拳で敵をなぎたおし
操気弾で瞬殺する、
圧倒的パワーを持った
不老不死のヤムチャだ。

792 :作者の都合により名無しです :02/09/28 15:28 ID:KyUasznF
>>789

【「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」不具合発生に関するお詫び 】

弊社発売の「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」におきまして、
一定の割合で不具合が発生するものが含まれていることが明らかになりました。

<不具合の内容>
「ヤムチャがサイバイマンの自爆に耐えてしまう」

この現象が起こったままゲームを進行すると、ストーリーに致命的な矛盾を生じさせることが確認されています。この現象が発生した場合はお手数ですが、弊社サービスセンターまで本商品を郵送していただけるようお願い申し上げます。
郵送していただいた商品は、不具合が発生しないことが確認されたものと交換させていただきます。

現在この不具合が発生した原因を鋭意調査中です。
原因が発覚した暁には、皆様へ御報告させていただきます。
皆様の精神衛生上、多大なご迷惑をかけたことを心よりお詫び申し上げます。

793 :定説です :02/09/28 15:30 ID:1R4lH4uT
ロウガフウフウケン=界王拳100倍

794 :作者の都合により名無しです :02/09/28 15:33 ID:rjustep9
>>792
ほかにもヤムチャが1000人になるっていうバグがあったよね。

795 :作者の都合により名無しです :02/09/28 15:36 ID:60hISxEP
>>794
俺仕様だと思ってターヨ。
サービスセンター送ったっけバグ物よりツマラソ。
俺の思いで返せっつー感じだよな。

796 :ヤムチャ病感染者 :02/09/28 15:38 ID:8xSXJvRG
 ヤムチャのチャチャチャ
1・ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャヤムチャのチャ!チャ!チャ!
  いつも出番はかませ犬〜 俺の力は最低さ〜 おまけにチャオズ隠居して〜 下がいないぜ チャ!チャ!チャ! 
  ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャヤムチャのチャ!チャ!チャ!

2・好きなあの子を寝取られて〜 俺は1人身独身さ〜 おまけにクリリン結婚で〜 俺の立場は チャ!チャ!チャ!
  ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャヤムチャのチャ!チャ!チャ!

3・いつも夢見る若い頃〜 あのとき俺は強かった〜 繰気弾からのふうふうけ〜ん やってみたいぜ チャ!チャ!チャ!
  ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャヤムチャのチャ!チャ!チャ!

4.今度生まれ〜かわるなら〜 サイヤ人に〜なりたいな〜 俺の名前はヤムチャ様〜 おぼえておけよ チャ!チャ!チャ!
  ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャのチャチャチャ ヤムチャヤムチャのチャ!チャ!チャ!



797 :作者の都合により名無しです :02/09/28 16:03 ID:aRRAToij
>>796
ワラタ

798 :作者の都合により名無しです :02/09/28 16:07 ID:xtye/VDS
ファイナルバウトにヤムチャを追加!

799 :ドクターヤムチャ第十一話(前編) :02/09/28 16:13 ID:B2W4kMEd
ナメック星にベジータと、それを遥かに上回る極悪人のフリ−ザが居ると聞いて絶望のどん底に叩き落されるヤムチャ。
彼はやけになって反抗期の中学生のように暴れまくる。だがそんな情け無い姿がピッコロの母性本能をくすぐった。
とまどいながらもヤムチャを激励するピッコロ。
その激励によって自分を取り戻したヤムチャは、ピッコロをナメック星に送り届けるための装置の開発に取り掛かるのであった。

それから数日、
ヤムチャはピッコロとの一件以来、研究室に篭ったまま一度も界王たちの前に姿を見せないでいた。
とうとうヒッキーになってしまったかと心配する界王。
どうせ腹が減ったら出てくるだろうとたかをくくる天津飯。
中で首を吊っているに違いないと主張する餃子。
唯一ヤムチャが研究所から出てこない理由を知っているピッコロが、それを誰にも話そうとしなかったので皆好き勝手にヤムチャの事を噂していた。
だが人の噂も75日、ヤムチャの噂は49時間。
すぐにそんな噂も消え去り、誰もヤムチャの事を話題にしなくなった。

そしてブルマ達がナメック星に到着してから六日、遂にドラゴンボールの願いが叶う日がやってきた。
悟飯達が奇跡的にベジータを出し抜くことに成功したのだ。
喜ぶ一同。しかし、いきなり難題が持ち上がった。
なんとナメック星のドラゴンボールで生き返らせる事が出来るのは一人までだったのだ。
三つ願いが叶うとしても生き返れるのは三人まで。これではとてもサイヤ人に殺された地球の人々を救う事など出来ない。
だがそこでピッコロが一計を案じた。
ピッコロを蘇らせれば地球のドラゴンボールも復活する。
その地球のドラゴンボールなら一度に、殺された人々を生き返らせる事が出来るのだ。
そして、その計画通り一つ目の願いで蘇るピッコロ。
「よーーーし!生き返ったぞ!!さあっ、次の願いだ!!」
二つ目の願いは生き返ったピッコロをナメック星に飛ばす事。
だがその願いを悟飯に伝える前に、ピッコロはヤムチャの研究所を振り返った。
「やはり間に合わなかったか・・・」
どこか残念そうに呟く。
と、その時何者かが背後からピッコロの肩を掴んだ。
「おい、なんでお前だけ生き返ってるんだ?話が違うじゃないか!」
それはこの六日間、一度も姿を現さなかったヤムチャであった。

800 :ドクターヤムチャ第十一話(後編) :02/09/28 16:14 ID:B2W4kMEd
「なっ!?」
ピッコロは驚愕した。ヤムチャの勘違いにではない、ヤムチャが自分に気付かれずに背後に回っていた事にだ。
それは天津飯達も同様だった。なにしろ彼らの目にはヤムチャがピッコロの背後に「突如として」出現したように見えたのだ。
なにしろあのヤムチャだ、目にも留まらぬ超スピードというのはありえない。ならば一体どうやって?

「ははぁーん、さてはお前一人だけ生き返って地球を征服するつもりだな?そうはさせないぞ!」
と、事情の解っていないヤムチャは誤解しまくってピッコロを睨みつけた。
だが、そんな戯言を無視してピッコロが怒鳴りつけた。
「時間が無い、その話は後にしろ!それより例の装置は完成したのか!?」
そう、例の装置。あれが完成したのならばヤムチャの魔法は説明がつく。
「ご、誤魔化そうとしたって駄目だぞ?お、お前が裏切ったのはわかってるんですぅ・・・」
何故か語尾が敬語になってしまうヤムチャ。
「良いから答えろ!!!」
「は、はいぃ!物質転送機、本日1200(ヒトフタマルマル)時を持って完成いたしました、サー!!」
ヤムチャは思わず敬礼して答えた。
(こりゃピッコロの部下になって地球征服の手伝いするしかないのかなぁ・・・トホホ)
「そうか!よし悟飯!二つ目の願いは「ヤムチャを生き返らせろ!」だ!」

その言葉を聞いた悟飯は一瞬、新手のジョーク?と思ったがすぐにピッコロさんには何か考えがあるんだろう、と考え直した。
「デンデ君!二つ目のお願いでヤムチャさんという人を生き返らせて!」
「悟飯正気かぁーーーーー!!!!」
クリリンは絶叫した。

801 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/28 16:24 ID:B2W4kMEd
人気投票、拙作に過分な評価を頂き感謝の言葉もありません。
また管理人様、お疲れ様でした。第二回も頑張ってください。

>>658
一応、メール欄に入れて置きました。
もしかしたら解り辛かったかも・・・

>スーパー地球人ヤムチャさん >>796さん
楽しい替え歌でしたw私のことは気にせずどんどんやっちゃって下さい。
期待しております。

>チャオズ様
遅ればせながら新連載オメデトウ御座います。しかし鬼畜に徹しきれるのか・・・ヤムチャよw

802 :作者の都合により名無しです :02/09/28 16:25 ID:SVEEMmmE
>「デンデ君!二つ目のお願いでヤムチャさんという人を生き返らせて!」
>「悟飯正気かぁーーーーー!!!!」
>クリリンは絶叫した。
そりゃ絶叫もする罠w

803 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/28 16:27 ID:B2W4kMEd
>>675
見落としてましたすみません。
ご声援有難う御座います。
今のところなんとか勉強と両立しているのでご心配なく。多分w

804 :作者の都合により名無しです :02/09/28 16:40 ID:JbKD83L/
やっぱドクターヤムチャ好きだな

805 :ヤムー :02/09/28 16:41 ID:IHZZQTs/
武天老師様・・・武術が、武術がしたいです・・・。

806 :「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」 :02/09/28 17:44 ID:KyUasznF
>>794
【俺たちの】「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」スレW【時代!】

235 :774HITコンボ! :09/09/28 12:38 ID:crfsCBNd
俺のソフト、例のヤムチャVer.ですた。
サイバイマンが自爆しても、
「おいおい、こんなもので俺を倒せると思ったのか?
 砂漠の狼をなめてもらっちゃ困るぜ・・・」
とか言ってピンピンしてるんですが・・・。

236 :774HITコンボ! :09/09/28 12:42 ID:WihUHDYs
>>235
マジで!?
俺箱買いまでしたのに全部正常版だったよ。
ヤフオクなんて、10万とかいってるし・・・。とても買えねぇ(´・ω・`)。
正常版との違いを確認したかったのに。

235報告キボンヌ。


437 :オオカミ1号:09/09/29 01:41 ID:L1WolFP3
おい、なんかヤムチャEDなんてものが出てきたんですが。
こんなの攻略本にあったか?隠しで入ってるのはチャオズEDまでだって公式発表あったのに。
他にも亀仙流EDなんてのもあったし。
いくらバグっていってもあるはずのないものが出てくるはずないんだがなぁ・・・。

438 :774HITコンボ! :09/09/28 01:42 ID:k865JHlD
>>437
詳細ヨロ


807 :「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」2 :02/09/28 17:45 ID:KyUasznF
439 :オオカミ1号 :09/09/28 01:44 ID:L1WolFP3
ヤムチャEDまでの流れは

 サイバイマンの自爆に耐える
→「身体に力がみなぎる・・・」というセリフを確認後、
 一斉にかかってくる残りのサイバイマンを体術のみで倒す
→覚醒ヤムチャイベント発生
→パートナーにクリリン、ピッコロを選んでナッパ戦
→ナッパ戦で操気弾を使ってナッパを追い詰め、気円斬に誘導して倒す。
→悟空到着。ベジータとの戦闘突入。
 ※ベジータが大猿になるまではベジータを倒してしまわないように。
→ベジータ大猿に。
 悟空が捕まる所まで進んだ後、操気弾で大猿ベジータの目を潰す。
→「俺が時間を稼ぐ!悟空はとっておきを〜」のセリフの後の攻撃箇所選択で
 「そらそら、足元がお留守だぜ!」を選択。
→以降そのまま話を進め、悟空とベジータの「かめはめ波VSギャリック砲」まで行く。
→ベジータ優勢時に「悟空を援護する>ベジータの動きを止める」を選択。
(※「操気弾」ではフラグ不成立。ちなみに「かめはめ波」を選ぶとクリリンも参加した
  「トリプルかめはめ波」が出て、そのまま「亀仙流ED」に行きます。)。
→ヤムチャがベジータをはがいじめに。暴れるベジータをボタン連打&レバガチャで封じ込める。
 (半端な連打では振り落とされるので連打パッド使用がいいかも)

ここまで成功するとBGMが「ウルフハリケーン」に。
後はそのままでヤムチャEDに行きます。
ちなみに内容は力尽きたヤムチャを悟空たちが取り囲み、ヤムチャの偉大さをたたえた後、彼を蘇らせるためにDBを集めに世界へ飛び立っていくというもの。
そのままEDテロップになりますが、そこではこれも「ウルフハリケーン」にのってこれまでのヤムチャの活躍をまとめた映像が流れていました。

最後はヤムチャの一枚絵に「伝説は終わらない・・・」と表示されてENDでした。


正直微妙・・・(;¬_¬)

808 :「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」3 :02/09/28 17:47 ID:KyUasznF
440 :西の都の事情通 :09/09/28 01:54 ID:+F3uv8g4
製作元の話を聞いた限りでは、ヤムチャ版の内容は製作すらされてないものらしい。
どうやら、ヤムチャ版は流通段階で何者かが混ぜた海賊版っぽいな。
まだニュースにはなってないが、流通時に使ったポイポイカプセルを運んだ業者のバイトが一人、気絶してトイレに転がっていたのが発見されてる。
だがその会社の記録では製品搬入時には全員揃っていたことになってる。
つまりその気絶してたバイトがやるはずの仕事は、誰か別のやつ(おそらくバイトを気絶させたやつ)がやってたってことになる。
こいつが怪しいってことで、今捜索されてるらしい。
気絶してたバイトが言うには「顔に二つの傷がある男性」ってことなんで、893関係の人間の可能性が高いという話だ。

441 :774HITコンボ! :09/09/28 01:56 ID:WDAADJJ4
詳しすぎ。何者だよ。
しかも「顔に二つの傷がある男性」ってまるでヤムチャじゃんか。
彼の武勇伝を貶めようとするアンチファンですか?
信用できん。ソースきぼんぬ。

809 :「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」 4 :02/09/28 17:50 ID:KyUasznF
671 :774HITコンボ! :09/09/29 17:55 ID:O6sWykDz
おい、皆ニュース見てみろ!
>>440の言ってたニュースやってる!
犯人捕まったって。
一瞬護送車に連れてかれる犯人見えたけど、なんか悟空が着てるような胴着きてた。
コスプレするようなディープなファンの犯行か?

696 :441 :02/09/29 17:56 ID:WDAADJJ4
マジだ・・・。
正直スマンカッタ。>440
お、なんか犯人の名前わかったとか言ってる・・・。


698 :774HITコンボ! :09/09/29 17:58 ID:WihUHDYs

逮捕 ヤムチャ容疑者(年齢不明)
逮捕 ヤムチャ容疑者(年齢不明)
逮捕 ヤムチャ容疑者(年齢不明)

699 :774HITコンボ! :09/09/29 17:59 ID:03oclH3r
ヤムチャキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


701 :774HITコンボ! :09/09/29 17:59 ID:YN+E7VLq
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
ヤムチャキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
タイホキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
祭がはじまりますた。

810 :「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」 :02/09/28 17:54 ID:KyUasznF
小ネタが気になって膨らませてしまった(笑)
ネタ元の>>789さん多謝。

811 :さいりょ :02/09/28 18:05 ID:nNIhmDvA
最近出たドラゴンボールのGBソフト、ヤジロベーや天津飯、チャオズまで
出てるのに、ヤムチャだけ出てないんだよね。いや、本当。

812 :ヤムチャ最強への道 :02/09/28 18:24 ID:pIAJxfev
第三十話「戦士たちの休息、ヤムチャたちも休息」

ベジータとクリリンたちは傷だらけの悟空の治療のためにフリーザの宇宙船にあるメディカルマシーンの
前に来ていた。しかしそこにはすでに先客がいた。3体のヤムチャの溺死体である。
「お、溺れたりしないんだろうな?」「正しい使い方をすれば・・な。」
悟空が完全に治るまでには3、40分ぐらいかかるそうなので、クリリンはその間に合い言葉を聞きに
最長老のところへ向かうことにした。そのまえにクリリンは片腕のヤムチャに話しかけた。
「ヤムチャさんも一緒に来ませんか?最長老さんは潜在能力を引き出す力をもってるんですよ。」
そんなわけで片腕ヤムチャも今以上の力を手に入れるためにクリリンと共に最長老のところへ向かうの
であった。最近寝ていなかったベジータは睡眠をとっていた。暇をもてあました悟飯は1人のヤムチャを
つかまえると馬乗りになっていつまでもいつまでも殴りつづけていた。神龍を呼び出す合い言葉を知る
デンデに途中で会ったので、クリリンとデンデはそのまま引き返し、片腕ヤムチャのみが最長老のもとへ
向かった。しばらく飛んでいると片腕ヤムチャは前方から強い気の存在を感じた。あわてて自分の気を消し
隠れるヤムチャ。すると来たのは怒りに燃えるフリーザだった。そしてあっという間にクリリンたちのいる
方向へ消えていった。ヤムチャは一瞬戻ろうかと思ったが考え直した。今の自分では恐らく勝つことは

813 :ヤムチャ最強への道 :02/09/28 18:25 ID:pIAJxfev
できまい、最長老とかいう人に強くしてもらわねば・・・、みんな俺が行くまでなんとかこらえてくれ、
ヤムチャははやる気持ちを抑え、最長老のもとへ飛んでいった。どのくらい経ったであろうか、ついに
ヤムチャは最長老の前に立っていた。その存在感に圧倒されるヤムチャ。そのとき空が急に暗くなった。
「どうやらデンデたちはポルンガを呼び出せたようですね。どうか早く願いを叶えなさい、もう私の命は
あとわずかも残ってはいないのだから。それと地球人よ、あなたの来た理由は分かっています。さあ、
こちらに来なさい。あなたの力を引き出してあげましょう。」
最長老の手がヤムチャの頭にのせられた。するとヤムチャは自分の体に信じられないほどの力が宿ったのを
感じた。驚きのあまりお礼の言葉すらすぐには出なかった。
「おまけをしといてあげましたよ。わずかですが私の力をあなたに託しました。どうかあの悪魔を・・」
空がもとの色に戻った。もう最長老は息をしていず、その顔はまるで眠りについている者のようだった。
「あなたから託されたあなた自身、いやこのナメック星の思いは決して無駄にはしません!必ず俺たちが
フリーザを倒しますから。だから安らかにお眠り下さい・・・」
ヤムチャはそう呟くとクリリンたちのもとへ飛び去っていった。最長老の家にまた静寂が戻った。
次話「天までとどけ!?ヤムチャたちの願い(652人)」に続く

814 :ヤムチャ最強への道 :02/09/28 18:26 ID:pIAJxfev
三十一話「天までとどけ!?ヤムチャたちの願い」

悟飯が6人目のヤムチャが完全に動かなくなったのを確認したとき、クリリンたちが戻ってきた。合流した
悟飯とクリリンは寝ているベジータを起こさないようにそっとドラゴンボールをすこし離れた場所まで
運び出した。そしてデンデがナメック語で神龍を呼び出す。突然あたりが暗くなったかと思うと、地球の
数倍はあろうかという神龍が皆の前にあらわれた。あまりの迫力にしばらく言葉を失う一同であったが、
時間がないことを思い出し、すぐさま神龍に願いをつたえることにした。
「ベジータたちに殺されたものを生き返らせてくれ。」デンデがそれをナメック語に訳し神龍につたえた。
「それは無理だ・・・一度に生き返らせれる数は1人だけだ。」
とりあえず地球のドラゴンボールを甦らせるためにまずピッコロを生き返らせることにした。そして次に
ピッコロの願いでナメック星にピッコロを呼び寄せることにした。その願いをデンデが言おうとしたとき
悟飯があることに気づいた。「しまった!ヤムチャさんたちに気づかれた!!デンデ早く!!」
644人のヤムチャたちがいっせいに神龍のところへ向かう。そしてついでにベジータもクリリンたちに
出し抜かれたことに気づいていた。デンデが願いを神龍につたえる。しかしピッコロはあらわれない。

815 :ヤムチャ最強への道 :02/09/28 18:26 ID:pIAJxfev
「ど、どうして?」「ここって言わなかったんで、恐らくナメック星のどこかに・・・」
出し抜かれたことで怒りに燃えるベジータがクリリンの胸ぐらをつかんで問い詰める。焦った悟飯は
ついまだあと一つ願いをかなえられることを口に出してしまう。それを聞いて安心するベジータ。
他に方法が思い付かないのでクリリンはしぶしぶベジータの不老不死の願いをデンデに頼んだ。
「パラタットプカツンパノパッナ」どこからともなく声がした。それはある1人のヤムチャから発せられた
声だった。「とりあえずそれらしく適当に言ってみたりして。」そうおどけるヤムチャ。が、次の瞬間
「了解した。たやすいことだ。」なんとヤムチャが適当に見様見真似で発したナメック語の願いが通って
しまったのだ。驚きあきれるみんな。そして悟飯の怒りはすでに臨界点を超えていた。
「いったいどんな願いなんだ・・・」クリリンたちは不安そうに空を見上げていた。すると急に空が
もとに戻った。そしてドラゴンボールが石となり空から落ちてきた。
「最長老様がお亡くなりになりました・・・」デンデが今にも消え入りそうな声で悲しそうにそう言った。
「よかった・・・どうやらヤムチャさんの願いは叶わなかったようだ。」そう喜ぶクリリンであった。
が、そのとき空よりナッパのパンツが舞い降りてきた。
「みな殺しだぁぁ!!」悟飯が叫んだ。
次話「さらば!ブルマ、戦士ヤムチャ散る(646人)」に続く


816 :作者の都合により名無しです :02/09/28 18:27 ID:Mh0Tfbet
ファミコン時代はヤムチャの扱いよかったのに・・・。
RPGの奴は最強までいくとクリリンよりHP高かったし、人造人間の奴ではヤムチャ主役のステージまであった。
バーコードのやつも入ってるカードはクリリンより強かった。(戦闘力は低いけどHPが全然ヤムチャの方が高かった)
ファミコンジャンプも顔グラフィックあったし・・・。
バソダイは本来ヤムチャ好きとみた。

817 :さいりょ :02/09/28 18:32 ID:nNIhmDvA
>>815
ポルンガがどうやってナッパのパンツを持ってきたか詳しく知りたい。(笑)

818 :作者の都合により名無しです :02/09/28 18:36 ID:yHPkZ3tb
>816
バンダイはヤムチャっぽいところあるからな。
ワンダースワンとか。

819 :作者の都合により名無しです :02/09/28 18:36 ID:Mh0Tfbet
悟飯の性格がどんどん凶悪化してますな(w
ベジータの手下のヤムチャ、フリーザと戦ったヤムチャ、ギニューヤムチャの動きも気になるな。
相変わらず最高です。

820 :作者の都合により名無しです :02/09/28 18:37 ID:EzJAGayF
>「みな殺しだぁぁ!!」悟飯が叫んだ。
腹 が 捩 れ ま す 。

821 :作者の都合により名無しです :02/09/28 18:39 ID:w+z6Bdlj
最強の道の後に書いたやつが放置されてるのが気の毒で気の毒で・・・

822 :作者の都合により名無しです :02/09/28 18:39 ID:Mh0Tfbet
このままブウ編までいったらどこまで歪むんだろ→悟飯の性格


823 :作者の都合により名無しです :02/09/28 18:40 ID:XHgNnxCU
>>815
最高!おもしろすぎw

824 :作者の都合により名無しです :02/09/28 18:50 ID:af9V7WhL
御飯が壊れていく・・・

825 :作者の都合により名無しです :02/09/28 19:03 ID:6O2K8sRO
隻腕ヤムチャの活躍の場はまだ残されているようですな

>暇をもてあました悟飯は1人のヤムチャを
>つかまえると馬乗りになっていつまでもいつまでも殴りつづけていた
悟飯・・・

826 :作者の都合により名無しです :02/09/28 19:07 ID:/tOVwCCj
>が、そのとき空よりナッパのパンツが舞い降りてきた。
>「みな殺しだぁぁ!!」悟飯が叫んだ。
い、いかん、マジで鼻水吹いた…

827 :作者の都合により名無しです :02/09/28 19:14 ID:l610D1Kb
この悟飯、学校に通いだしても不良やってそうだw

828 :作者の都合により名無しです :02/09/28 19:23 ID:JbKD83L/
禿藁

829 :作者の都合により名無しです :02/09/28 19:40 ID:Mh0Tfbet
ナッパノパンツカプトッタラパ

830 :作者の都合により名無しです :02/09/28 19:48 ID:XHLtrxC8
ナメック語、逆さ読み…

831 :作者の都合により名無しです :02/09/28 20:17 ID:/ZDWgCok
最強への道作者は恐ろしい程のセンスを持ってんな(藁

832 :作者の都合により名無しです :02/09/28 20:27 ID:Mh0Tfbet
悲しんでるデンデと喜んでるクリリンの対比も細かいな。
んでブチ切れ悟飯。三者三様ですごいワロタ。

833 :作者の都合により名無しです :02/09/28 20:48 ID:SnJfX2R+
>>806>>809ワラタ
「ヤムチャED」「操気弾+気円斬」「トリプルかめはめ波」燃え。こんなゲームしてみたいんだけど(笑)


834 :作者の都合により名無しです :02/09/28 21:00 ID:dd9I8aIU
>次話「天までとどけ!?ヤムチャたちの願い(652人)」に続く
>次話「さらば!ブルマ、戦士ヤムチャ散る(646人)」に続く
悟飯…きっちり息の根を…

835 :作者の都合により名無しです :02/09/28 21:02 ID:H9YYKsj7
何気に、悟飯は1話目から壊れかけてた。悟飯いい味だしてる。

836 :作者の都合により名無しです :02/09/28 21:32 ID:SDZKRx3P
すげぇ!ヤムチャのナメック語読みにまでネタが隠されているとは!!

3つ目の願いは後々までとっとくかと思ったら、あっさりナッパのパンツとはね
ヤラレタヨ。

837 :「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」 :02/09/28 21:53 ID:KyUasznF
>>833
感想どもー。
こんな小ネタでも反応あると嬉しいです。
ゲームは・・・。腕に自身のある方の作成を待ちましょう(^^;


838 :作者の都合により名無しです :02/09/28 21:55 ID:qk60MdZe
>「みな殺しだぁぁ!!」悟飯が叫んだ。

ドドリアが全く同じこと言ってなかった?

839 :作者の都合により名無しです :02/09/28 21:57 ID:SXPW/o1e
次スレはGTですか?

840 :作者の都合により名無しです :02/09/28 21:57 ID:Z7VEbfqf
>>838
そこがキモなんだろうw

841 :さいりょ :02/09/28 22:42 ID:irlJdoR1
ダーマ神殿

戦士 力↑↑ 賢さ↓↓ 最大HP↑ 最大MP↓↓↓
剣や斧など、武器を使った戦闘のエキスパートです。
主に、「しっぷうづき」や「まじんぎり」等の特技を覚えます。

魔法使い 力↓↓ 賢さ↑↑ 身の守り↓ 最大HP↓↓ 最大MP↑↑
力は弱いが強力な魔法を使い敵と闘います。
主に「メラミ」や「べギラマ」などの呪文を覚えます。

ヤムチャ 力↑ 素早さ↑↑ うんのよさ↓ ヘタレ↑↑↑ 足元↓↓↓
力が強く、連続攻撃もできますが、戦闘中に足元がお留守になる事があります。
主に「ろうがふうふうけん」や「そうきだん」などの特技を覚えます。

842 :ヤムチャspirits :02/09/28 23:16 ID:SlzRP1xo
ネタ職人ども聞け!!
昔・・・ヤムチャって男がいた・・・!!

あいつもお前らみたいにクソどもに扱いをカマセ犬同然にされちまった・・・
けどなあ・・・あいつはそのお留守な足元で悪党と戦い続けたんだよ!!
無償でだ!!自分のためにじゃねえ!!他人のためにだ!!

今だってそうだ!!今だってあいつはどこかでヘタレているハズだ!!

どうよネタ職人。いい話と思わないか!?
お前らも同じだ。お前らもガキどもの夢になるんだろう。

843 :作者の都合により名無しです :02/09/28 23:37 ID:rYrch7Wa
腹が・・・腹が・・・アッヒャヒャヒャヒャヒャ

844 :作者の都合により名無しです :02/09/28 23:48 ID:VxG4jOtL
アー

845 :作者の都合により名無しです :02/09/28 23:53 ID:At0FSWGg
「最強の道」
悟飯がいい味出してるなあ。
ヤムチャをなぶり殺しにする御飯を
誰も止めなかったんだろうなあ。ヤムチャ自身も。

846 :作者の都合により名無しです :02/09/28 23:55 ID:af9V7WhL
止めに入ったヤムチャがそのままなぶり殺されたんだろうなぁ

847 :作者の都合により名無しです :02/09/29 00:16 ID:fz4GqQwA
俺的には、気が早いけれども、最強道がセル編まで続いて
天さんの代わりに隻腕ヤムチャが第二形態セルを足止めしてほしぃ。

ところで、力を引き出されたヤムチャの戦闘力ってどのぐらいだろう?
ジースを圧倒したということは、ジースの戦闘力(45000)の
1.3倍以上あるということだから(戦闘力スレを参考にしました)
約6万!?力を引き出されれば10万越え?
逆にヘタレっぷりが開放されて弱くなったら嫌だな(w

848 :作者の都合により名無しです :02/09/29 00:23 ID:ne434Mol
最強の道だけで一体何回笑い死にかけただろう・・・

849 :  :02/09/29 00:30 ID:eEpTG2jK
ヤムチャ人気投票とかしなーい?
片腕、ベジ部下、ドクター・・・などなど。

850 :作者の都合により名無しです :02/09/29 00:32 ID:sR1wwnuM
ヤムチャが3つ目の願いを叶えたってことはこの後どうなっちまうんだ?!

851 :作者の都合により名無しです :02/09/29 00:50 ID:URpWiP1S
ギニューの姿になったヤムチャとヤムチャの姿になったギニューがすごい気になる。

しかし、アニメではカエルにされてもブルマになってもボディチェンジは使えてたのに
ヤムチャではエネルギーが足りないとは・・・・。

852 :作者の都合により名無しです :02/09/29 01:04 ID:zKWCabf4
投票投票って、、、

やりすぎに注意。
すぐに第二回やってるあたり、厨臭いな。
悪いけど。

853 :847 :02/09/29 01:05 ID:fz4GqQwA
>>851
>ギニューの姿になったヤムチャ
痛みに耐えかねてお亡くなりになったとの記述がありますが。
アニメで、ブルマになったギニューが悟空対フリーザを見て
フリーザを称えていたのを思い出しワラタ。
ピッコロとボディチェンジしようとして失敗したんだよね?
ヤムチャ姿のギニューはフリーザに瞬殺されそう(w

854 :作者の都合により名無しです :02/09/29 01:17 ID:/ZS5fxWT
願いはもう一個残ってるよ。

855 :作者の都合により名無しです :02/09/29 01:26 ID:hbFx7+yM
悪いけど意味不明>>852

856 :作者の都合により名無しです :02/09/29 01:28 ID:ujCinasj
>>854
いや、3つ目がナッパのパンツで・・・
ああああああ どうなるナメック星!

857 :作者の都合により名無しです :02/09/29 02:28 ID:jLSA/YPo
毎度おなじみヤムチャです♪
毎晩貴女のお楽しみ?のヤムチャコール。
TELは...0120-860-860。
0120のヤムーじゃなくてヤムチャ、ヤムチャ。
足元お留守のヤムチャ、ヤムチャ。

858 :作者の都合により名無しです :02/09/29 02:33 ID:3ePK1tdP
次回予告のサブタイトルの方が気になる。
「さらば!ブルマ、戦士ヤムチャ散る(646人)」
全滅しちゃうの? ヽ(`д´)ノウワァァン!! 


859 :作者の都合により名無しです :02/09/29 02:44 ID:WIXjGRyl
>847
クリリンを参考にすれば戦闘力が1500→10000超え(10倍いってるかな?)
から、×8〜10でおおよそ第一形態のフリーザ並じゃないか?
最長老の最後のオマケが気になるところだが……

860 :作者の都合により名無しです :02/09/29 02:51 ID:Iik8iQwm
かっこいいヤムチャとヘタレヤムチャの差が
どんどん大きくなっていくな。仲間が死んでいくたびに…
まるで蟲毒のようだ。

861 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/29 02:54 ID:kJCWTvoG
得票数が十票越えていてビクーリ。
うち一票は実は自分で入れますた。スマソ。
打ち切り、怖かったんだよヽ(`д´)ノウワァァン!! 
関係ないけど(w

862 :作者の都合により名無しです :02/09/29 04:23 ID:Au1VFCfU
>861
こらw

863 :作者の都合により名無しです :02/09/29 05:03 ID:n7pIkU5+
最強の道、悟飯のキャラが面白過ぎッ!「たまには極悪非道な悟飯が活躍する物語」
を別途作ってもいけるじゃないかさえと思うほど・・・。

「SIMPLE1500 THE ヤムチャ」にもワロタ。いままでとは違う、2ちゃんならでは
の切り口が新鮮だったよ(w

864 :ヤムチャ最強への道 :02/09/29 06:23 ID:Po6Sbc+U
第三十二話「さらば!ブルマ、戦士ヤムチャ散る」

ナッパさん・・・俺、強くなるよ、強くなってナッパさんみたいな立派な戦士になるんだ、だから俺を
見守っていて下さい、ヤムチャはナッパの形見のパンツをはきしめながら、天国のナッパにそう誓うので
あった。そしてまだナッパのぬくもりが感じられた。空を見上げると満面に笑みをたたえたナッパの顔が
うかんでいるような気がして、ヤムチャはただただ涙が止まらなかった。ヤムチャがそんなことを考えて
いる間にも悟飯は34人のヤムチャたちの生首をナメック星の地にならべていた。そのときクリリンが
とてつもない気の存在に気づいた。岩山の上に怒りにふるえるフリーザが立っていた。そしてフリーザは
叫んだ。「ここまでコケにされたのは初めてですよ。許さんぞ、許さんぞ、この虫ケラどもが!!」
そのとき1人のヤムチャが果敢にもフリーザむかって飛び出してきた。
「いまこそ積年にわたる戦いに終止符を打とう!うおおお、断己相殺・狼牙風風拳!!」
ヤムチャの己の命すらかけた渾身の一撃。しかし拳が当たる前に、ヤムチャの体をフリーザが貫いていた。
そしてフリーザがヤムチャを地面に叩きつけた。もはやヤムチャは手足すら動かすことができなかった。

865 :ヤムチャ最強への道 :02/09/29 06:24 ID:Po6Sbc+U
死の間際、ヤムチャの頭の中ではブルマとの楽しかった思い出が駆け巡っていた。ブルマとデートで
行った遊園地、観覧車から突き落とされた。ブルマがくれたプレゼント、中を開けると浮気をしていた女の
耳が入ってた。ブルマがお風呂で流してくれた背中、水のかわりに硫酸かけられた。ブルマが作ってくれた
手料理、三日三晩生死の境をさまよった。もうあの日々が戻ってこないかと思うとヤムチャは無性に悲しく
なった。愛してるよクーニャン・・・、そう呟きながらとヤムチャは息絶えた。フリーザが皆のまえに
降り立った。そして己の力を開放し始めた。あまりの力の強大さに一歩も動けないクリリンと悟飯。
あのベジータですら緊張しているようだ。そのときフリーザの前に5人のヤムチャが飛び出してきた。
「ヤムチャ!」「ヤムチャ!」「ヤムチャ!」「ヤムチャ!」「ギニュー!!」「みんなそろって」
「ギニュー特戦隊β!!!」「こ・・・これはどういうことですか?ギニュー隊長。」フリーザが尋ねた。
「説明しましょう。このギニュー特戦隊βとは全宇宙に散らばるヤムチャの中から選りすぐりのヤムチャ
だけで構成されたエリート部隊なのです。フリーザ様、覚悟ぉ!!先鋒ヤムチャ、ゆけい!!」
まずはギニュー特戦隊β先鋒のエスパーヤムチャが飛び出していった。
次話「追いつめられたフリーザ、ギニュー特戦隊βの恐怖(611人)」に続く

866 :作者の都合により名無しです :02/09/29 06:35 ID:GQ0DhxtF
>865
>「ヤムチャ!」「ヤムチャ!」「ヤムチャ!」「ヤムチャ!」「ギニュー!!」「みんなそろって」
>「ギニュー特戦隊β!!!」
すみません、すみません、腹筋割れそうです。

867 :作者の都合により名無しです :02/09/29 06:36 ID:iLwuKf5b
>364
 悟飯とブルマ最高!! 
 ギニュー特戦隊βの活躍に期待。
 ところで、べジータのしもべのヤムチャはもう活躍できないのだろうか?

868 :作者の都合により名無しです :02/09/29 06:42 ID:NvqSdUcK
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

>悟飯は34人のヤムチャたちの生首をナメック星の地にならべていた。
>ブルマがくれたプレゼント、中を開けると浮気をしていた女の
耳が入ってた
怖すぎ&メチャワロタ

タイトルはガルマ散るからですかね?

869 :作者の都合により名無しです :02/09/29 06:43 ID:Bp32G5rb
ギャー…キター!!!!

やっぱりブルマのことは愛して無いんだな。w
本当、構成力あるわー。

870 :作者の都合により名無しです :02/09/29 07:00 ID:Yswk7g+c
つーかギニューよ、あっさり裏切るなよ(w

871 :作者の都合により名無しです :02/09/29 07:51 ID:IaztxduT
>864
「ギニュー特戦隊β」も藁たけど、
ナッパの形見のパンツはきしめてるヤムチャ・・・強くなれよw

872 :作者の都合により名無しです :02/09/29 08:23 ID:4nCDWPVP
>ギニュー特戦隊β
涙がでてきますた。
腹筋が鍛えられそうです

873 :作者の都合により名無しです :02/09/29 08:27 ID:4pTddCTA
何でギニュー裏切ってんの?

874 :作者の都合により名無しです :02/09/29 09:40 ID:8plm+OEL
>>859
最長老はあくまで潜在能力を引き出すだけだから
クリリンほど急激には増えないんじゃないかな?
確かに「おまけ」気になるね。

875 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/29 10:10 ID:A1dhHZYH
偉大なるヤムチャ2 このスレの応援ソング編

  (DAN DAN 心魅かれてくる)
1、DAN DAN ファンがいなくなる
あまりのヘタレなヤムチャの
ないファンを今から増やそうよこのスレで
最強の道見たとき
子供の頃大切に想ってたヤムチャのイメージが変わった。
ヤムチャ1000にても結局
足手まといが増えるだけチャオズ1000人がましかも?
少しだけカッコイイ!と思うような奴もいるけど
ヤムチャはすぐに誇りを捨ててにげだすよ。
DAN DAN 心冷めてくる
ヤムチャのあまりのヘタレっぷりに
きっと誰もがヤムチャネタを探してる
ZEN ZENない気もするけど ほらヤムチャネタ見つけた
ないファンを今から増やそうよ HOLD YAMCHA FAN
 
2、ドクターヤムチャ見たとき
あんなに頭を使って 大丈夫かなと思う
あまり・・・妄想激しいヤムチャ可哀想な 気もする
今でも 妄想激しいの?
ヤムチャを 生きかえらそうとしたときもあったけど
ゴハンやクリリン シャレなのかな?と思ってた
DAN DAN 価値が下がってくる
ヤムチャの人気も強さも
レスが上がるとすぐに最新を押したくなる
ZEN ZEN 気のないフリしても 結局ヤムチャスレだけ見ていた
技もヘタレ 言う事もヘタレ
ヤ・ム・チャ


876 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/29 10:12 ID:A1dhHZYH
ヤムチャ最強の道とドクターヤムチャの内容が少し分かる歌
勝手に作ったけど両作者さん達よかったのかな?

877 :作者の都合により名無しです :02/09/29 10:16 ID:8u00D6w+
>>875
ウマ−!!!

878 :作者の都合により名無しです :02/09/29 11:14 ID:GcxxbQPy
ヤムチャ




879 :作者の都合により名無しです :02/09/29 11:35 ID:DWR9zYct
>>次話「追いつめられたフリーザ、ギニュー特戦隊βの恐怖(611人)」に続く
フリーザ追い詰められるんかいw

880 :作者の都合により名無しです :02/09/29 12:12 ID:KcXGk8gc
>>879
人間(?)誰しも、理解できないものが一番怖いからな・・・。
全く強そうにも思えない奴らが自身満々で挑んでくるのは、フリーザでも怖いだろw

881 :作者の都合により名無しです :02/09/29 12:35 ID:ziRsPS/y
今更だが>>761
>ちなみにギニューの体に入ったヤムチャは傷の
>痛みに耐えられず、すぐにショック死した。
原作では精神がかえるになったギニューも胸にキズがあったにも関わらず
ピョンピョン飛び跳ねてどこかへ行ってしまいました。

ヤムチャはカエル以下か(藁

882 :... :02/09/29 12:36 ID:tpahmbOR
>>864 >>865
はきしめるヤムチャにわらった・・・。

883 :作者の都合により名無しです :02/09/29 13:09 ID:qLr6Cnyw
関係ない話だけどヤムチャがサイバイマンに自爆されて死んだ時はホントショックだったな。
今でこそ笑い話になるけどw
いくらサイヤ人が強くても死ぬことは無いだろうなって思ってたから余計に。
そんで天津飯、餃子、ピッコロも次々と手も足も出ないで死んじゃうんだもんな。

884 :ヤムチャさんは苦労性【10】 :02/09/29 13:29 ID:R/Vg8UGv
>>772より続き:小細工を弄したヤムチャがついにべジータとの修行に挑む!)

身軽なヤムチャが先に踏み出す。
100倍の重力をものともせず、一気に間合いをつめ、拳を打ち出した。
ヤムチャの前日とはまるで別人のような姿に瞠目したべジータは
それでも最低限の動きでそれをなんとか避ける。
まだこの重力に慣れてないべジータには動きづらいのだ。

どういうことだ、とべジータは思った。
張り合いのある相手と闘うのはサイヤ人として喜ばしいことではあるが、
その相手があのヤムチャである。前日、この部屋の重力に耐えきれず
全身骨折したヤムチャである。それがなぜたった一日でこんなに動ける
ようになるというのだ。べジータのプライドはかなり傷付いた。

べジータの様子を見てほくそえむヤムチャ。
―――ふっ、べジータのヤツ焦ってるぞ。今日のオレは今までのオレとは違う!
かっこいい台詞に聞こえるが、今日のヤムチャが今までのヤムチャと違うのは、
賢明な読者にはもうお解りだと思うが――その身に付けた全身タイツだった。
これこそがヤムチャが内緒でブリーフ博士に開発してもらった
重力無効化スーツだったのである。効果はネーミングそのままだ。
(ちなみに当初は目立たぬよう肌色に着色してもらう筈だったのだが
一日という短い開発期間では白い全身タイツという形にしかならなかった)
これのおかげでヤムチャは100倍重力室でも普通と変わらぬ動きができるのだった。

まともな戦士だったら武道家としての誇りがこのようなスーツを
着用して修行に挑むのを許さないだろう。
しかし、幸いにもヤムチャにそのような誇りは微塵もなかった。

ヤムチャの素早い打ち込みは続く。べジータは動きの鈍った自分が攻撃に回る隙を見い出せず、防御の態勢をとったままだ。
胸ぐらに掴みかかってきた腕に気を取られたべジータにヤムチャの鋭い蹴りが振りおろされる。
「そらそら、足元がお留守だぜ!!」
ヤムチャは自分が一度言ってみたかったセリフを嬉しそうに叫んだ。

885 :ヤムチャさんは苦労性【11】 :02/09/29 13:33 ID:R/Vg8UGv
ヤムチャの蹴りが決まるかと思われたとき、重力室の窓にひょっこりと馴染み深い顔が映った。
「やっほー二人とも!はかどってる?」
ブルマ!ヤムチャはちょっと焦った。べジータをけちょんけちょんにやっつける
姿は恋人に見てほしいのはやまやまだったが、この全身タイツ姿を見られるのはさすがに抵抗があった。
―――でもなあー、やっぱ最近あまりカッコイイとこ見せてないからなあ。
いや、別にブルマがオレに愛想をつかすのを心配してるわけじゃないけどさ。
だってブルマがオレと別れるなんて絶対にありえないし。けどさあ…

ヤムチャのその一瞬の迷いを見のがすべジータではなかった。
「お留守なのはキサマのほうだ!!」
その一言とともに利き足でヤムチャの腰を薙ぐ。
「ぐわっ!」
間髪を入れず、バランスを崩したヤムチャに手刀をくり出す。
それだけは何とか奇跡的に紙一重でかわすヤムチャ。
しかしべジータの手刀の勢いは凄まじく、それによって発せられた風圧でヤムチャの全身スーツの
髪をもっさり覆っているフードが破れた。ヤムチャの自慢のロングヘアが裂け目からこぼれ出る。
「ぎゃっ!」
同時にヤムチャが後方に倒れる。そのまま動かない。
「てめぇどうした!まさかダウンした訳ではないだろうな!さっきのオレの蹴りが本気だと思ってるのか!?」
べジータが挑発する。
「ヤムチャー!ちょっと大丈夫ー!?」
ブルマはヤムチャを案じながらも彼の格好にもうこの人とは別れようかな、
と今までも何度か脳裏によぎった考えを本気で検討しようかと思っていた。

「ふっ…何騒いでるんだ…あんな蹴りが効くわけないだろう…」
ヤムチャはそう言ったが、しかし一向に起き上がらない。
別に彼は見栄をはっているわけではなかった。いや、白状すれば蹴られた腰はちょっと、
いやかなり痛かったがそれで起き上がれないほどではない。彼が立たない理由は別にあった。
―――髪の毛が重くて立てない……。
フードが破れ、100倍の重力の支配下にさらされた彼の長い髪の毛はとてつもなく重かった。

(ヤムチャさんは絶体絶命!彼は立てない!作者は書けない(ギャグが)!それでも続く!!)

886 :作者の都合により名無しです :02/09/29 13:34 ID:4nCDWPVP
>一度言ってみたかったセリフ
足下がお留守なのが心の傷なんだね、ヤムチャ・・・(´Д⊂グスン

887 :作者の都合により名無しです :02/09/29 13:48 ID:Z5xEFnmE
>まともな戦士だったら武道家としての誇りがこのようなスーツを
>着用して修行に挑むのを許さないだろう。
>しかし、幸いにもヤムチャにそのような誇りは微塵もなかった。
無いんだろうね・・・やっぱり・・・

888 :作者の都合により名無しです :02/09/29 15:01 ID:HaqBV1LW
>>884-885
いかにもヤムチャっぽくてイイ!(゚∀゚)
立て、立つんだ、ヤムチャぁぁぁぁー!!

889 :さいりょ :02/09/29 15:04 ID:pP/txyd9
>>888
おめage

890 :ヤムチャダンク :02/09/29 15:05 ID:uShCt+6V
クリリン「夢見させるようなこと言うな!!」

891 :作者の都合により名無しです :02/09/29 15:11 ID:HaqBV1LW
yMyMR(ヤムヤムアール)

ヤムチャ「お、俺にだって、倒せる敵くらいある・・・」
一同  「な、なんだってー?!」



>>889
どもです。


892 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:12 ID:yTIPpKiL
>最強への道
ポルンガの3つの願い全て叶えてしまったってことは、やはり原作のストーリーから
大幅にはずれるってことに。
片腕ヤムチャに与えられた最長老の能力がストーリーの鍵か。
鳥山を超えてくださいw

正直、ヤムチャの使い方のうまさは鳥山をはるかに超えてるが。

893 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:37 ID:fjpqUVqB
最強への道は今在るネット小説の中で最高だと言えるほど楽しい。

894 :ヤムチャ最強への道 :02/09/29 16:37 ID:Cg8+ZuhW
第三十三話「追いつめられたフリーザ、ギニュー特戦隊βの恐怖」

向かってくるエスパーヤムチャにフリーザの拳が当たろうととした瞬間、なんと目の前からヤムチャが消え
真後ろに笑いながらヤムチャが立っていた。ギニュー特戦隊βの面々以外は何が起きたのか理解することが
できなかった。そしてその皆の疑問に対してギニューがついに口を開き答えた。
「あいにくと、そのヤムチャは時間をコントロールして止められることができるのでな。」
「隊長の言う通りさ。フリーザ、次で終わりだ。時間よ止まれい!!」エスパーヤムチャは時を止めた。
次の瞬間、みんなの前に見知らぬヨボヨボの老人が立っていた。「とめひゅぎた・・フゴッ!!」
老人は血を吐き、その天寿をまっとうした。それを見るとギニュー隊長は、まだ出番は早いということで
ふたたび奥のほうに引っ込んでいった。そのころ、ピッコロはナメック星の地に立っていた。景色を
懐かしむのもそこそこにピッコロは急いで悟飯たちのいるところに向かっていった。その途中、ピッコロは
何者かのかすかな気の存在に気がついた。
「あれはヤムチャ!?まだかすかに生きてるようだ。どれ、念のため止めをさしておくか・・・」

895 :ヤムチャ最強への道 :02/09/29 16:38 ID:Cg8+ZuhW
そう言ってヤムチャのいるところに降りたピッコロであったが近くにもう一人いるのが分かった。そこに
いたのは自分とよく似ているナメック星人のネイルだった。ネイルはピッコロを見て言った。
「私と同化しろ。そうすればお前は今の何倍も強くなる。安心しろ、人格には影響しない。そうすれば必ず
フリーザを倒せる。頼む、殺されたナメック星人のためにも絶対にヤツを倒してくれ。」
ネイルの手がピッコロを掴んだ。そしてネイルの力がピッコロに流れていく、ネイルの体が消えピッコロは
素晴らしいパワーを手に入れていた。それを傍で見ていたヤムチャもピッコロに向かって言った。
「俺と同化しろ。人格はよこせ。そうすればフリーザのヤツをたお・・」「ずあっ!!」
瀕死のヤムチャに止めをさすと、ピッコロは悟飯たちのもとへ飛んだ。フリーザがベジータに向かって
きた。そのフリーザの拳を受け止め、力比べの状態になるベジータ。そのときベジータの戦闘力を
計っていたフリーザのスカウターが壊れた。予想以上のパワーアップにフリーザは少し驚きつつも感心
していた。そのときベジータが言った。「変身しろ、フリーザ。」変身だと!?あいつもしや生き別れに
なったプーアルの父親じゃあ・・!?、ヤムチャたちはそう思った。戦闘服をふき飛ばすフリーザ。
「そいつがてめえの変身か。」内心ほっと胸をなでおろすベジータ。しかし次の瞬間、フリーザの上半身が
膨れ上がった。続いて下半身も同様に大きくなった。最後に頭が大きくなって飛び出してくる。ベジータは
恐怖のあまり動けなかった。クリリンたちは格の違いを嫌というほど思い知らされていた。
「こうなったら前にように甘くはないぞ。ばっ!!」フリーザを中心にして地面が吹き飛んでいった。
次話「そして誰もいなくなった・・・(609人)」に続く


896 :ドラゴンボールYT :02/09/29 16:39 ID:sVYBD+VS

天界に封印されていた究極ドラゴンボールのきまぐれによって
子供に戻されてしまったヤムチャ。
このままでは女とできない!!大人に戻らなくては!!
そのためだけに宇宙にドラゴンボールを探しにいこうとする。
「よし!まずは一緒に行ってくれる仲間集めだ!」
ヤムチャはビーデル、パン、ブラを巧みな話術により仲間に引き入れた!
「くふふふ・・・。楽しい旅行になりそうだぜ・・・」


897 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:44 ID:GsyFUM/D
ナッパはヤムチャを一人も殺してないんで、ナッパを尊敬するヤムチャがいても不思議じゃないか。
ギニュー特戦隊βの活躍に期待。



898 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:47 ID:dWQP2NAa
「あれはヤムチャ!?まだかすかに生きてるようだ。どれ、念のため止めをさしておくか・・・」
酷い(w

899 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:50 ID:sVYBD+VS
ひさびさに来たらまだまだ盛り上がってるのにびっくり。
前スレの1はこうなることを予想していたのだろうか?いや、していないに違いない

900 :... :02/09/29 16:51 ID:kb+LHHQ+
>>894
>>895

>「ずあっ!」

>そして誰もいなくなった・・・
 
 ・・・えっ?フリーザの地面ふきとばしで・・・?w

901 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:51 ID:sVYBD+VS
一応900もとっておこう。

902 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:51 ID:sVYBD+VS
あ・・・

903 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:53 ID:GsyFUM/D
クリリン以外の地球戦士とヤムチャの関係、どんどん悪くなってるな。
反面ベジータ、ギニューはヤムチャとどんどん仲良しになっとる。(w
ところでエスパーヤムチャ何年時止めたんだ?能力自体は条太郎やグルドよりすごいのに。

904 :作者の都合により名無しです :02/09/29 16:55 ID:pF4qk/iw
「悟空!助けに来たぜ!」
「雑魚が何人着ても同じことだ」
「俺たちをなめるなよ!」
バキ!
岩山4つ貫通して気絶。

ヤムチャなんてこれで十分。

905 :... :02/09/29 17:00 ID:kb+LHHQ+
ヤムーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!

906 :作者の都合により名無しです :02/09/29 17:01 ID:NG9BEwRk
>>903
きっと時を止めた後に

1.余裕の笑みを浮かべつつフリーザに攻撃!
2.複雑骨折(治療に1年。リハビリに数年を要す)
3.完治。
4.「数年も経ったんだ、今なら奴を倒せるはず・・・」と1に戻る

この4つを繰り返してたんだよ。数十年間分。

907 :さいりょ :02/09/29 17:07 ID:pP/txyd9
>>906
その前に何十年間も時を止めれる事の出来る体力があったら
フリーザなど、余裕で倒せる気がするんだが。(笑)

908 :作者の都合により名無しです :02/09/29 17:20 ID:0eVmAhPL
>>903
時を止めてる間中ずっとフリーザ殴ったりしてたんだろうな・・・

909 :... :02/09/29 17:39 ID:VyOkoXL0
>>908
ということは
時を戻した瞬間
止めてる間こつこつ殴った分のダメージが
蓄積されてフリーザに襲い掛かって・・・・

ノーダメージなんだろうね。

910 :... :02/09/29 17:43 ID:VyOkoXL0
最強おもろいだけに
話数のずれがやたらきになる・・・・。

できれば次あたりから修正してほしい・・・・。
次は、本来第三十五話話のはず。
>>894は 第三十四話

この辺も鳥山明意識してわざとだったらごめん・・・。

911 :さいりょ :02/09/29 18:09 ID:pP/txyd9
ところで、片腕ヤムチャが強いのではなく、他のヤムチャが
弱すぎるだけの気がするのは気のせいか?

912 :... :02/09/29 19:16 ID:otVqEyWN
戦闘力1000って・・・
自爆なしでもサイバイマンに負けるじゃんw

913 :作者の都合により名無しです :02/09/29 19:20 ID:h25vki48
話数を気にしているのはこのスレに一人だけ

914 :作者の都合により名無しです :02/09/29 19:23 ID:cVVz7gkg
突然変異ヤムチャが増えてきたな

915 :作者の都合により名無しです :02/09/29 20:43 ID:iLwuKf5b
結局、ネイルのとこのヤムチャは成長せずに死んだか・・・。

916 :作者の都合により名無しです :02/09/29 21:12 ID:ziRsPS/y
どうでもいいが
『エスパーヤムチャ』
この単語にワラタw
何かエスパー伊藤思い出したよ。

917 :... :02/09/29 21:15 ID:JZHlZiLc
エスパーヤムチャってなんか伏線あったっけ・・・。

918 :作者の都合により名無しです :02/09/29 21:57 ID:myKCcWMV
正直、ベジヤムチャと片腕ヤムチャを
『ポップ系キャラベスト歴代10を決めるスレ』に推薦したい気分(藁

919 :作者の都合により名無しです :02/09/29 22:16 ID:VkCYrbgB
終盤は発狂ヤムチャが鍵を握ると見た・・
で、どうなったの?<発狂vsブリーフ

920 :チャオズ様 :02/09/29 22:39 ID:Y/vwjB5b
悪ヤムチャストーリー 第十一章「急げ!ヤムチャ」
前回のおはなし>>766前々回>>751

神様はヤムチャの入ったビンを探していた。
「ここでもない、あそこでもない・・・あ、あった!」
そのビンは無残にもこえだめのど真ん中に浮いていた。・・・もうすぐ沈みそうである。
「か、神様はやく助けてくださいーーーーー!!し、沈むーーー!!」
ヤムチャがビンの中で必死にもがいている。
なんかいい気味だったので神様は気づいていないフリをした。
そしてビンが沈むまで待ったあと、網で救い出してプーアルへ渡した。
フタを開けると、ウンコまみれのヤムチャが出てきた。
「やっと出れたーっ!!なかなか気づいてくれないしひどいっすよ神様!」
「スマン許せ。それよりサイヤ人と戦っているみんながピンチだ、急いでかけつけてくれ」
「イヤです!おれの幸せな生活を奪っといて、今さら都合よすぎませんか?」
冷たく言い放つヤムチャ。自業自得のクセになぜか偉そうであった。
「ヤムチャさまの力が必要なんです。お願いします!」必死にお願いするプーアル。
「プーアル・・・お前に頼まれちゃ仕方ねえなあ。わかった、このおれ様にまかせておけっ!」
そう言うとヤムチャはサイヤ人の気を感じる方角へ飛んで行った。

一方、Z戦士たちはナッパと死闘をくりひろげていた。
それにしても異様な光景である。そこにいるメンバーはむやみやたらにハゲていた。
まともに髪があるのは悟飯とベジータくらいだ。いや、ベジータも生え際が危うい。
この時、ナッパによってすでに二人のハゲ(天津飯と餃子)がその尊い命を失っていた。
都では先ほどナムが死んでいる・・・ハゲとはこうも短命なのか。
「ん?こっちへ誰か来る・・・」突然、ピッコロがつぶやいた。
「え?もしかしてお父さん!?」喜ぶ悟飯。
クリリンは気をさぐってみた。確かにデカい気がこっちへ向かっている。
「悟空とはなんか違うような・・・。このやな感じの気は・・・まさかヤムチャさん!?」


921 :作者の都合により名無しです :02/09/29 22:55 ID:iLwuKf5b
べジータも生え際が危うい
>>うけた

922 :作者の都合により名無しです :02/09/29 22:57 ID:v8FZ8kg7
>>920
言われてみるとナッパ戦ってハゲばっかだな(w

923 :作者の都合により名無しです :02/09/29 22:58 ID:vyxkDQhC
> やな感じの気は・・・
なんだかんだ言って嫌われるヤムに萌え。

924 :作者の都合により名無しです :02/09/29 23:10 ID:2aIOqXOJ
確かにウン○まみれだし・・・

925 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/29 23:13 ID:Vum7VAg/
>>ハゲとはこうも短命なのか(w)

926 :作者の都合により名無しです :02/09/30 00:10 ID:iNPgw3cc


927 :チャオズ様 :02/09/30 01:03 ID:RJWljFGC
悪ヤムチャストーリー 第十二章「ノンストップ・ヤムチャ」
前回のおはなし>>920前々回>>766

ヤムチャは猛スピードでみんなのもとへ向かっていた。もう、すぐそこという所まで来ていた。
「お、見えた!ピッコロにクリリンに・・・あの小さいのは悟空の息子かな?残る二人がサイヤ人か・・・」
ヤムチャはスピードを落として着地しようとした。しかし加速がつきすぎてなかなか速度が落ちない。
「やばい、止まらん・・・」

「誰か来るだと・・・。ベジータ、こいつらの言ってることは本当か?」
「どうやらこいつらは気配でわかる不思議な力があるらしいな・・・。
 確かに戦闘力2000ほどのヤツがこっちに向かっている。もうすぐ来るぞ!」
クリリンたちは上空からものすごい速度で突っ込んでくるヤムチャの姿を確認した。
「げっ!やっぱヤムチャさんだ!!しかもなんか体中汚れてるし・・・!」
「お、お前らちょっとどいてくれーーー!!」
止まれないヤムチャはそのままピッコロへと突っ込んでいった。
「な、何!?ちょっとまっ・・・たわばーーっ!!」
はるか彼方へ吹っ飛んでゆくピッコロ。一方のヤムチャも大ダメージを受けた。
あっけにとられるサイヤ人たち。
「いててて・・・ま、待たせたなお前ら」フラフラになりながらそう言うヤムチャ。
「よ・・・よくもピッコロさんを吹っ飛ばしたな!!許さないっ!!」
ブチキレた悟飯がヤムチャにエネルギー波を撃ちまくる。悟飯とヤムチャの壮絶な死闘が始まった。
「悟空ーーーーーーー!!早く来てくれーーーーーーーー!!!」
クリリンは心の底からそう叫んだ。


928 :作者の都合により名無しです :02/09/30 01:29 ID:xYDUM2R+
>悟飯とヤムチャの壮絶な死闘が始まった。

何やってんだよw

929 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/30 01:50 ID:BEiEnEet
>>927

ワラタ、最強の道と同じ時代でなければと思う・・・

そして自分の書いているヤムチャとのギャップが・・・
なんか、書いてるうちにヤムチャという名の別のキャラになってきてます(w

930 :作者の都合により名無しです :02/09/30 02:01 ID:mZgzVrS2
悪ヤムチャの悟飯もいい感じで歪みはじめたな。(w
前話の禿ネタが個人的にツボはまりまくりますた。
チャオズ様さすがです。

931 :チャオズ様 :02/09/30 02:09 ID:RJWljFGC
悪ヤムチャストーリー 第十三章「ヤムチャとナッパのあいさつ合戦!」
前回のおはなし>>927前々回>>920

ヤムチャの登場によりどんどん悪化していく状況・・・
しかもヤムチャ本人はウ○コまみれという意味不明っぷり。
「悟空ーーーーーーー!!頼むから早く来てくれーーーーーーーー!!!」
クリリンは心の底から何度もそう叫んだ。
「ゴクウ・・・?」ベジータがひそかにクリリンの言葉に反応を示していた。

一方、ナッパはヤムチャに腹を立てていた。
「おい、そこのウン○野郎!おれを無視すんじゃねえよ!」
ナッパの言葉にヤムチャが悟飯との仲間割れをストップした。
「○ンコ野郎だと?それはおれのことか・・・?」
ヤムチャがナッパにつめよる。身にウ○コをまとったその姿はまさにウ○コ野郎である。
「貴様以外に誰がいる!いきなり出てきておれ様の戦いの邪魔しやがって・・・」
そう言って怒るナッパ。ヤムチャはナッパの頭を見て軽く笑みを浮かべた。
「ほう・・・サイヤ人はハゲを飼っているようだな。ハゲはハゲ小屋に行け!」
ヤムチャの挑発にキレるナッパ・・・とクリリン。ベジータも人事とは思えずムッときていた。
「おっとあいさつがまだだったな。おれはヤムチャ。お前を殺す者の名だ、覚えとけ!」
「そうか、じゃあこっちもあいさつしねえとな」
ナッパは指をクンッと曲げた。都を壊滅させた技である。
(ん?なんだあのポーズは・・・そうか、あれがサイヤ人式のFACK YOUだな!?
 じゃあおれも中指立ててやるぜオラっ!)
中指を立てようとした瞬間、ヤムチャはナッパの技の直撃を受けた。
無意味に瀕死になるヤムチャ。ナッパがトドメを刺そうとしたその瞬間・・・
「待て!!ナッパ!!」
ベジータの言葉がナッパを止めた。

食事中のみなさま、ウン○コに関する一連のネタ本当にごめんなさい!
と、なんか悟飯は思った。


932 :作者の都合により名無しです :02/09/30 02:22 ID:RPySKzfJ
>>931
>食事中のみなさま、ウン○コに関する一連のネタ本当にごめんなさい!
いや…ウ○コバレバレですよ、悟飯さん。

933 :作者の都合により名無しです :02/09/30 02:43 ID:2a0KOZf6
>>931
ウンポコっ!?!!?

934 :ドクターヤムチャ第十二話(前編) :02/09/30 03:03 ID:Or3y+QXK
ドラゴンボールによって遂に生き返ったピッコロ。
彼が悟飯に伝えた二つ目の願いは「ヤムチャを生き返らせろ」であった。
頷く悟飯、絶叫するクリリン。

そして、悟飯とクリリンは仲間割れをおこしていた。

「悟飯!ヤムチャさんを生き返らせるなんて馬鹿なことはよせ!!」
「でも、ピッコロさんがそうしろって言ったんです!」
「ピッコロはもう寿命なんだよ!きっと死ぬ間際のうわ言だったんだ!」
同じ死にかけでも最長老とはエライ違いだ、と思うクリリン。
「ヤムチャさんならともかく、ピッコロさんに限ってそんなことありません!」
失礼な事を言うな、といきり立つ悟飯。
その争いに呆然とするデンデと、見守るポルンガ。

『!!』
そのとき、争う二人の間に緊張が走った。
「この気はベジ−タ!」
「デンデ君、早くヤムチャさんを生き返らせて!」
「やめろデンデ!ヤムチャさんだけは駄目だ!せめて天津飯、いや餃子を!なんだったら地球に居るヤジロベーをここに呼んでくれぇーーー!!」
もうやけくそのクリリン。しかし時すでに遅し。
「よくも俺を出し抜きやがったな。まあいい、その様子じゃまだ貴様等の願いは叶っていないようだからな。」
彼らの前にうすら笑いを浮べたベジータが現れた。

だがこのとき、ベジータの内心は外見ほど穏やかではなかった。
(ヤムチャだと?そいつを生き返らせる為にこのナメック星まで来やがったのか。)
ヤムチャ、聞いたことのない名前である。
しかし、この状況で生き返らせようとするのだ。カカロット以上に強大な力の持ち主に違いない。
そしてどうやってかは解らないが、このナメック星に一瞬にしてやって来る手段を持っているはず。
でなければこのタイミングで生き返らせる意味が無い。
(そのヤムチャとやらを生き返らせて、俺やフリーザに対抗しようってわけか。)
だがクリリンとかいうハゲはヤムチャの復活に反対していた。つまりそのヤムチャとやらは邪悪な存在でもあるのだろう。
ベジータは、己の中で強い敵を求めるサイヤ人の血が騒ぐのを感じていた。

935 :作者の都合により名無しです :02/09/30 03:07 ID:WzyOoySR
一体ヤムチャは何者なんだ!?

936 :ドクターヤムチャ第十二話(後編) :02/09/30 03:07 ID:Or3y+QXK
(もっとも、どれほど凶悪な相手だろうとこれから不老不死となる俺の敵じゃあない)
そう考えると、ベジータは悟飯達に向かって言った。
「さあ、早く俺を不老不死にしやがれ!フリーザはもうそこまで迫っているぞ!」
「わ、わかった。こうなったらやぶれかぶれだ。」
仕方ないといった様子で頷くクリリン。そしてデンデの方に向き直る。
「デンデ!ベジータを不老不死にしてやってくれ!ベジータはとんでもない悪だがヤムチャさんを生き返らせるよりはマシだ!」
(な、なんだとォーーー!!!)
そのクリリンの言葉にベジータは驚愕した。
(不老不死となったこの俺より、そのヤムチャとかいう野郎の方が恐ろしいというのか!?)
信じがたい話である。しかし目の前のハゲは相手の力が解らないほど愚かでは無いはず。
(ヤムチャ・・・一体どれほどの力を持ってやがるんだ?)
そしてポルンガにベジータを不老不死にするよう願いを言うデンデ。
しかしポルンガの答えは残酷であった。
「それは叶わぬ願いだ。私の力を超えている。」
「な、なにぃーーーー!?どういうことだ!」
だがこの答えは当然のものだった。
ドラゴンボールの力では寿命で死んだものを生き返らせる事は出来ない。
ようするに寿命にはいかなドラゴンボールでも干渉できないのだ。
そもそも不老不死などという願いが叶えられるのなら、地球やナメック星にそうした人間が一人くらいは居るはずである。
だがナメック星人はその殆どが絶滅の危機に晒されもしたし、地球にも不老不死の人間など存在しない。
もしも願いが「不死身」であったなら寿命以外での不死が叶えられたかもしれなかったが、このときのベジータにそこまで思いつく知識も余裕もあるはずが無かった。

不老不死が叶わないと知ったベジータは最後の手段に賭ける事にした。
「くそっ!こうなったら仕方ない!早く例のヤムチャとかいう野郎を生き返らせろ!」
「へ?」
思わず目が初登場時のように点になるクリリン。
「もたもたするな!フリーザが来ちまうぞ!」
「わ、わかった。デンデ頼む。」
もう何がなんだか解らなくなったクリリンは、とりあえずデンデに向かってそう言った。
「早く来やがれ、ヤムチャ。てめぇの力をこのベジータ様に見せてみろ!」

937 :作者の都合により名無しです :02/09/30 03:10 ID:4OdDM/e9
そろそろ次スレの事を考えないとな・・・
GTは、ドラゴンボールとしては面白くなかったと思うので・・・
「たまにヤムチャが活躍する物語スレpart3」
たまにしか活躍しませんw

そういやヤムチャ最強の道のバータだけ戦闘不能のままなんだな。
複数のヤムチャに殺されたんだろうかw

938 :ドクターヤムチャ第十二話(後編) :02/09/30 03:16 ID:Or3y+QXK
>>802
絶叫だけではすまないみたいですw

>>804
ども、愚作を好きと言って頂いて恐縮のいたりです。

>スーパー地球人ヤムチャさん
応援ソング有難う御座います!

>>931
ナッパの指立てに勘違いするヤムチャに爆笑w

939 :ドクターヤムチャ(41) :02/09/30 03:20 ID:Or3y+QXK
上のは名前入れ間違いです。
まあ、見れば解るとは思いますが念のため。

>>937
有象無象ヤムチャになぶり殺しって・・・そりゃバータかわいそ過ぎw

940 :作者の都合により名無しです :02/09/30 03:25 ID:mZgzVrS2
ベジータの勘違いぶりに

941 :チャオズ様 :02/09/30 03:26 ID:RJWljFGC
相変わらずおもしろい展開ですね。>ドクターヤムチャ
ところで、次スレに載せるやつ作ってみました。

エーックス・・・
漫画界有数のヒット作品、ドラゴンボール。
その登場人物の内に他の追随を許さぬ最低のヘタレが居た。
そのヘタレに、わずかばかりでも活躍の場を・・・
しかし、そのあまりのヘタレさは人類の想像力の限界を遥かに超えていた。
あまりにもお留守な足元、雑魚キャラの自爆で道連れ、恋人を寝取られる甲斐性の無さ。
2ch中でヘタレの代名詞としてネタにされてゆく日々。
立ちはだかる「戦闘力のインフレ」という難敵。

誰もが「ヤムチャ」の2ch語化を覚悟した。
だが、そんなヤムチャにせめて妄想の中だけでも活躍させてやりたい…
少年漫画板…ヤムチャを最もネタに使い、そして愛した彼らがこの困難に、立った。

これは、少年漫画史上最も困難な創作に立ち上がった男たちの物語である。

前スレ:たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜZ
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1032626435/

公式サイト
http://ime.nu/members.tripod.co.jp/yamcha676/

投票所
http://ime.nu/vote2.ziyu.net/html/yuuitiro.html

942 :作者の都合により名無しです :02/09/30 03:26 ID:mZgzVrS2
ワロタ(w

943 :作者の都合により名無しです :02/09/30 03:52 ID:doTnJUSt
やっぱGT?>スレタイ
俺はヤムチャらしくていいと思うけど。

944 :作者の都合により名無しです :02/09/30 04:07 ID:WzyOoySR
GTってなんの略だっけ?
うまくヤムチャに絡められないかな

945 :チャオズ様 :02/09/30 04:28 ID:RJWljFGC
悪ヤムチャストーリー 第十四章「ヤムチャの涙」
前回のおはなし>>931(臭い)前々回>>927

「お前らがさっきから言ってるゴクウというのはカカロットのことか?」
「そ、そうだ!だったらなんだってんだ!?」
「やはりそうか・・・ククク。おもしろい、じゃあヤツが来るまで三時間だけ待ってやろう」

ベジータの提案により、三時間だけ悟空を待つことになった。
その間に、遠くまで飛ばされていたピッコロが血まみれで帰って来た。
「よ、よう、ピッコロ。サイヤ人が三時間だけ悟空を待ってくれるってさ」
ピッコロはヤムチャをひとにらみすると、ある作戦を提案した。
「いいか。まずクリリン・・・だったな。お前が敵の注意をひきつけろ。
 その間におれがヤツの弱点であるシッポをつかむ。そして悟飯・・・お前がそのスキにとどめをさすんだ」
「おいピッコロ、おれはいったい何をすればいいんだ?」
「貴様は体を洗って来い!!あと、おれに謝れ!!」
ヤムチャはピッコロに土下座してクツを舐めたあと、川に向かった。

「あ、ヤムチャさんが帰って来た」
クリリンたちの所に戻ったヤムチャはなんとパンツ一丁であった。
「いやー川で服を洗ってたら流されちゃってさ、ハハハ」
もはやあきれて誰も何も言えなかった。ふと、ヤムチャは地面に転がる無残な死体を見つけた。
「これは・・・天津飯!?ど、どういうことだクリリン!」
「天津飯はあのサイヤ人と戦って死んだんだ・・・餃子も自爆して・・・。
 ひでえよ、あいつら命まで張ったっていうのに・・・!強すぎるんだよサイヤ人は!!」
怒りでうちふるえるクリリン。ヤムチャにも静かに怒りが込み上げてくる。
「・・・クリリン、じゃああいつらは?」ヤムチャが奇妙なたくさんの死骸を指差した。
「ああ、あれは栽培マンっていうやつです。小さいけどけっこう強いんスよ」
(それにしても奇妙な生物だな・・・もしかして魔族か?
 ・・・そうか!ピッコロがタマゴを産んでサイヤ人と戦わせたんだな?
 ピッコロはあんなにたくさんの子供をいっきに失ったのか・・・かわいそうに)
ヤムチャは目を潤ませると、ピッコロの肩をポンと叩いた。
「な、何だ!?」ピッコロはこの涙ぐんでうなずいている半裸の男に恐怖を抱かずにはいられなかった・・・。

946 :作者の都合により名無しです :02/09/30 04:41 ID:yYJhkmgu
ガーリックJrが神龍の願いで不老不死になってなかったっけ?

947 :作者の都合により名無しです :02/09/30 05:04 ID:GfU7snTy
>>946
まあいいじゃないか

948 :作者の都合により名無しです :02/09/30 05:33 ID:yYJhkmgu
そうだね。原作にはでないし脳内削除しとくよ。

949 :作者の都合により名無しです :02/09/30 05:43 ID:pu55nLXv
>946
永遠の命じゃなかったっけか?

950 :作者の都合により名無しです :02/09/30 06:25 ID:KLEWephu
>>934
ベジータ、カイジ入ってるw

951 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/09/30 06:51 ID:vNMdk8+c
Ground Touristだっけ?

952 :画像で小ネタ一発。 :02/09/30 06:56 ID:ykeodqmT
前回うpした絵が割と好評だったのでまた描きました。
ネタなんでお願いですから叩かないでくだせえぺこぺこ。

もしもヤムチャが少女漫画の登場人物だったら:

http://ime.nu/bs.ws8.arena.ne.jp/dom/filez/yamucha2.gif

週刊少女ジャンヌ連載  鳥山明子 作
<あらすじ>おてんばな冒険少女ブルマが怪盗(強盗ではない)
ヤムチャに一目惚れ!ドキドキロマンチックファンタジー!
・ヤムチャの髪はうっとおしいほどツヤベタ
・ヤムチャはギャグキャラに落ちぶれない
・ヤムチャがフラレない(ヒロインの本命は前髪をたらしていなければ
ならないという少女漫画の鉄則があるためべジータはNG)





・10週で打ち切られる。

953 :952 :02/09/30 07:00 ID:ykeodqmT
あれ。リンククリックしたらforbiddenになる。
すみませんがアドレスをコピペして直接飛んで下さい。

954 :作者の都合により名無しです :02/09/30 08:55 ID:q/Lsxfb0
>>952
これは・・・
なんともコメントしずらい・・・・
漏れには少女漫画は受け付けん

955 :作者の都合により名無しです :02/09/30 09:20 ID:G4oe6Bae
結局 スレタイはどうなったの?

956 :チャオズ様 :02/09/30 09:24 ID:RJWljFGC
GTでいいと思います。
誰か次スレ立ててくださ−い!

957 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/30 09:35 ID:V6XivxjS
その次は『ヤムチャ城の眠り姫』かな?
映画のタイトルいじってみるとけっこうwえる。
『この世で一番強いヤムチャ』
『地球で一番強いヤムチャ』
『とびっきりのヤムチャ対ヤムチャ』
『極限バトル三大スーパーヤムチャ』
一番wたのは『危険なヤムチャ 超戦士は眠れない』だな。


958 :作者の都合により名無しです :02/09/30 11:32 ID:2a0KOZf6
>>957
物音にビクついて眠れないのかな(w

959 :... :02/09/30 11:35 ID:N08kmZc2
>>958
発狂ヤムチャのことかも

960 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/30 12:00 ID:9ffB4ctu
誰も立てないので新スレ立てようと思ったら
エラーにはじかれた

2chよ、そんなにヤムチャが怖いのか(w

961 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/30 12:18 ID:9ffB4ctu
>>958-959
超戦士のとらえ方によっても、印象が違うのな(w

あと、気が早いが次々スレタイトル案
『ヤムチャ城のブルマ姫』
『摩訶不思議ヤムチャ』
『この世で一番強いヤムチャ』
『ヤムチャ丸ごと腸血栓』
『とびっきりのヘタレ対ヤムチャ』
『激突!! ヘタレパワーのヤムチャたち』
『極限バトル三大スーパーヤムチャ』
『危険なヤムチャ 超戦士は眠れない』
『燃えつきろ!!ヤムチャ、ヘタレ、かませ犬』
『銀河ギリギリぶっちぎりのヘタレヤムチャ』
『超戦士ヘタレ化!足元がお留守だ』
『復活のフュージョン!! ヤムチャとサイバイマン』
『ヤムチャ爆発!!サイバイマンがやらねば誰がやる』


962 :YAMUCHA -The Dark Side- :02/09/30 12:23 ID:9ffB4ctu
一番最後がちと気になったので修正

『サイバイマン自爆!!ヤムチャが死なねば誰が死ぬ!?』

ちなみに映画タイトルは以下を参考にしますた。
ttp://lavender.fortunecity.com/dolls/470/goku/goku.html

963 :レスの無駄遣いスマソ :02/09/30 12:35 ID:45UmDwRV
第2話 >>691 参照
DBサイドストーリー
    〜飲茶no恋愛物語?〜
  第3話 その日の出来事
酒を飲みあいながら、しだいに打ち解けてきた二人。
するとシュウはこう言うのである
「そのブルマって人は忘れて、新しい人を探せばいいよ
そうだ!明日あたりにナンパに行こうよぅ!」
それを聞いた飲茶は鼻の下をのばした。
が、生まれてこのかたナンパという行為をしたことがないのだ
しかし、やってみたいと興味はあった。
緊張と興奮を胸に明日を見てその日は床につく。

次の日、早速街へ出ておめあての女性探しに励んだ。
「いい?まずはどこかへ誘って。喫茶店でも何でも良いから」
シュウがそう言うと、待ちきれんと言わんばかりに
街中の女性を食い入るように凝視する。
「あっ、あれいいなぁ〜おっあれも、おお、あれなんか
ダイナマイトボディ〜」
飲茶のデレッとした顔にシュウは少し不安を抱かずにはいれなかった。
「じゃあ、頑張って!」
そういうと飲茶はイソイソと声をかけだした。



964 :作者の都合により名無しです :02/09/30 12:57 ID:s7KA5j7O
>>963
レスの無駄遣いスマソとかいうなら書くな

作品を見てもらいたいんならもっと堂々としろ

そんなんじゃ推薦入試受からないぞ

965 :作者の都合により名無しです :02/09/30 13:20 ID:G4oe6Bae
次スレタイ案
【プロジェクトY】ヤムチャが活躍する物語を考えようぜ



966 :作者の都合により名無しです :02/09/30 13:24 ID:msxb6oF5
GTにするかかそれ以外のネタタイトルにするかで悩んでるなら、一旦GTで立てないか?
で、GTスレの間に次のスレ名案まとめればいいし。

まとまりきらずに終了→乱立 は避けたい。

で、もしGTでいいなら俺が立ててくるけどいいかな?


967 :作者の都合により名無しです :02/09/30 13:26 ID:WzyOoySR
GTがなんの略かヤムチャに絡めて誰か考えて

968 :作者の都合により名無しです :02/09/30 13:36 ID:5ubLsM8U
G=ガールフレンド T=取られた

969 :作者の都合により名無しです :02/09/30 13:39 ID:msxb6oF5
【G:悟空より】【T:強かった?】
【G:ごめんね】【T:強すぎて】
【G:悟飯】【T:注意報】『ヤムチャ最強への道』より
【G:ギニュー】【T:特戦隊β】『ヤムチャ最強への道』より
【G:誤解です】【T:助けてください】

限界。他にあれば頼む。

970 :ヤムチャさんの都合で名無しです。 :02/09/30 15:11 ID:+8b/4u69
【G:がんばっても】【T:てんでダメ】
【G:悟飯に】【T:タコ殴り】
【G:グラブはめれば】【T:天才さ】






971 :ヤムチャさんの都合で名無しです。 :02/09/30 15:14 ID:+8b/4u69
>>961
>『ヤムチャ丸ごと腸血栓』
腸血栓なのにまるごとなヤムチャにワラタ
>『燃えつきろ!!ヤムチャ、ヘタレ、かませ犬』
ヤムチャからヘタレ、そしてかませ犬へと確かに燃え尽きている(w

972 :作者の都合により名無しです :02/09/30 15:23 ID:KQWwmBuR
>969
> 【G:誤解です】【T:助けてください】
これが大好きです。

973 :作者の都合により名無しです :02/09/30 15:24 ID:WzyOoySR
【G:悟飯に】【T:タコ殴り】
これが気に入った(w

974 :作者の都合により名無しです :02/09/30 15:37 ID:msxb6oF5
【G:誤解です】たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜGT【T:助けてください】

【G:悟飯に】【たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜGT【T:タコ殴り】

スレタイこんな感じでいい?

975 :作者の都合により名無しです :02/09/30 15:50 ID:TzX+viR8
正直スレタイなんて、パッと見てそれと識別できれば何でもいいなぁ。
重要なのは外側より中身だし・・・。

スレタイ論議はバキスレの連中に任せよう(w

976 :作者の都合により名無しです :02/09/30 15:53 ID:G4oe6Bae
>>974
長すぎ

977 :作者の都合により名無しです :02/09/30 16:38 ID:upXuS7Ea
普通に
たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜGT
でいいんじゃん?

978 :作者の都合により名無しです :02/09/30 16:42 ID:JE51uwf9
そうそう!俺も今そう書こうとした。
だれがたてるの?

979 :作者の都合により名無しです :02/09/30 16:44 ID:xaa2Xpsu
いまから立ててみる

980 :作者の都合により名無しです :02/09/30 16:45 ID:BHmzz5qV
よーしじゃあ980がたてようぜー

981 :さいりょ :02/09/30 16:45 ID:D4WZ05n+
>>977
同意。Zと来たらGTでしょう。映画のサブタイはその後でもいいかも。

982 :980 :02/09/30 16:46 ID:BHmzz5qV
>>979
でしゃばってスマソ。逝 っ て き ま す

983 :979 :02/09/30 16:48 ID:xaa2Xpsu
>>982
いや、逝かないで。
ちなみに、自分もはじかれたので失敗です。
他の人頼みました。


984 :スーパー地球人ヤムチャ :02/09/30 16:49 ID:JE51uwf9
早くたたないかな〜。

985 :作者の都合により名無しです :02/09/30 16:50 ID:w42rCgsB
テンプレ貼ってくれれば俺が次スレ作っちゃる。

986 :980 :02/09/30 16:51 ID:BHmzz5qV
たてますた。
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1033372222

987 :作者の都合により名無しです :02/09/30 16:51 ID:msxb6oF5
テンプレ。


たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜGT

エーックス・・・
漫画界有数のヒット作品、ドラゴンボール。
その登場人物の内に他の追随を許さぬ最低のヘタレが居た。
そのヘタレに、わずかばかりでも活躍の場を・・・
しかし、そのあまりのヘタレさは人類の想像力の限界を遥かに超えていた。
あまりにもお留守な足元、雑魚キャラの自爆で道連れ、恋人を寝取られる甲斐性の無さ。
2ch中でヘタレの代名詞としてネタにされてゆく日々。
立ちはだかる「戦闘力のインフレ」という難敵。

誰もが「ヤムチャ」の2ch語化を覚悟した。
だが、そんなヤムチャにせめて妄想の中だけでも活躍させてやりたい…
少年漫画板…ヤムチャを最もネタに使い、そして愛した彼らがこの困難に、立った。

これは、少年漫画史上最も困難な創作に立ち上がった男たちの物語である。

前々スレ:たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜ
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1030468961/
前スレ:たまにはヤムチャが活躍する物語を考えようぜZ
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1032626435/

公式サイト
http://ime.nu/members.tripod.co.jp/yamcha676/

投票所
http://ime.nu/vote2.ziyu.net/html/yuuitiro.html

988 :さいりょ :02/09/30 16:53 ID:D4WZ05n+
>>986
乙。

989 :作者の都合により名無しです :02/09/30 20:16 ID:FcpANq13


990 :STO ◆V47/wSsE :02/09/30 22:01 ID:I9jfQFJe
1000ゲットなんてくだらねぇ

991 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:05 ID:JaGo6E18
1000ゲットにチャレンジしてみるかな

992 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:06 ID:JaGo6E18
992

993 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:06 ID:JaGo6E18
993


994 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:06 ID:JaGo6E18
多重カキコですよ
994

995 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:07 ID:JaGo6E18
あと5

996 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:07 ID:JaGo6E18
996

997 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:07 ID:5gy56JGq
1000?

998 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:07 ID:JaGo6E18
がんばるぞー997

999 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:07 ID:pLK+8rsd
                    キタ━(゚∀゚)━!!
                    キタ━(゚∀゚)━!!                          キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
             キタ

1000 :作者の都合により名無しです :02/09/30 22:07 ID:JaGo6E18
ヤバイ1000とれるか!?

1001 :1001 :Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

407 KB  [ 2ちゃんねるの一日1,600万PVを支える Big-Server.com ]
掲示板に戻る 全部 次100 最新50

read.cgi ver7.00p (02/06/29)