×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

">remove
powerd by nog twitter




スーパージャンプ大戦

 

197 :スーパージャンプ大戦 :02/09/05 23:05 ID:tZ0c+b4+

276 名前: 名無しさんも私だ 投稿日: 2002/06/08(土) 04:33


ロビンマスク「出撃枠が一つ余っているな。ヤムチャかスーパースターマンか・・・
 ステータスは圧倒的にヤムチャが上だが・・・」
ヤムチャ「・・・・・・」
目立「・・・・・・」
ロビン「よし、スーパースターマン行け」
目立「フッ、当然さ」
ヤムチャ「ええっ!?なんで!?」
ロビン「それはお前がヤムチャだからだ」
マァム「あーいい汗かいた」
左之助「おっ、トレーニングしてたのか。よし俺も!」
 ボスッ!
左之助「なんだ?このサンドバッグやけに殴り心地がいいな」
マァム「ブルマさんにもらったのよ」
左之助「ふぅん・・・ってうおっ!?」
サンドバッグの中に入れられているグロッキーなヤムチャ
悟飯「ピッコロさん、どうしてみんなヤムチャさんに辛く当たるんですか?」
ピッコロ「・・・知りたいか。なら教えてやる。
 奴は戦略破壊の天才だ。最悪のタイミングで最悪の結果を招く・・・
 それも針の穴に糸を通すくらいの正確さでだ!!
 あの男一人のせいで戦線は瞬時に崩壊し、戦術は意味をなさず、士気は落ちる!
 奴の存在はゴールド・エクスペリエンス・レクイエムより危険だが、キャラ削除というコマンドはないっ!
 ・・・何も知らんくせに、偉そうに吠えるな!!!」
悟飯「ご、ごめんなさぁい!!(泣)」