×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

">remove
powerd by nog twitter


ヤムチャの遺産

これは我々の知っているドラゴンボールとは少し違った世界のお話だ。

【ヤムチャ、ぐれる】


家の中を掃除する人妻ブルマ。そして居候のヤムチャ。
ブルマ「ちょっとヤムチャ、邪魔!たまには外で体でも動かしてきたらどう?ちょっとヤムチャ!
聞いてるの?ヤムチャ!!」
ヤムチャ「やかましい!うッとおしいぞこのアマ!」
ブルマ「ひゃぃぃっ」
ヤムチャ「言われなくても出て行くぜ!!このダボがァッ」
いつものヤムチャならここで「分かったよ、仕方ないな」の程度だ。
しかし、このヤムチャは明らかに違っていた。

ヤムチャは外に出ると怪しげな男を見つけた。
塀にくっついて家の中を見ているではないか。
「はぁ、ブルマさん・・・はぁ〜」
その怪しげな男に近付き鉄拳をかますヤムチャ。


「ぐへっ。貴様、私が誰か知っているのか。世界一の覗き屋『桃白白」様だぞ」
自信満々に言う男。
ヤムチャは呆れて何も言えない。
無視して何処かへと歩いていく。
そしてさらに街へと足を運んだ。
すると不良達がヤムチャを取り囲んだ。
「てめぇ、金を置いてけ」
今時、ストレートにこんなこと言う奴は山賊くらいじゃないのか。
ヤムチャは無視。
不良の1人がヤムチャの足を蹴った。
「足元がお留守ですよ」
ヤムチャがキレた。


ヤムチャが気付くとそこは血の海であった。
そして周りには警官が集まってきていた。
ヤムチャは思った。
(俺はきっと危険な力を秘めている・・・)

そしてヤムチャは留置所に送られた。
ヤムチャは謎の物体を作り出し、それを操って悪戯を繰り返した。
そしてブルマが迎えに来た。
ブルマ「ほら、ヤムチャ。帰るわよ」
ヤムチャ「俺は帰らない」
ヤムチャは断固として拒否する。

困りかねたブルマはハワイからヤムチャの拳法の師匠を呼んできた。
その男の名前は武天老師。別名『亀仙人』である。
亀仙人「おお、ブルマ。相変わらずのスケベな体じゃ。今夜、わしと一発・・・」
ブルマのビンタが飛んだ。
ブルマ「馬鹿言ってないで早く来てよ」


亀仙人がヤムチャの入った牢の前に立つ。
亀仙人「ヤムチャ、来い。わしとキャバクラに行くぞ」
ヤムチャ「じじいは及びじゃねぇ。帰りな」
亀仙人「確かに人格が変わっておる」
その時、ヤムチャがボワッとエネルギーの塊を作り出した。
ヤムチャ「見えたか?気付いたか?これが悪霊だ」
亀仙人「・・・どうしても出ないか」
ヤムチャ「くどい。俺はまだここから出るわけにはいかん」
亀仙人「仕方ない。おーい、君の出番だ!!ナム君!!」
ナムと呼ばれた男が両手を十字にクロスさせてやってくる。
ナム「で、こいつですか。皆さんを困らせているというヘタレは」
ヤムチャ「何だ、てめぇは。糞に塗れて出直して来い」
ナム「・・・勢い余って殺してしまうかもしれませんが、それでもいいですか?」
亀仙人「それでは困る。ギリギリで生かしてくれぃ」



【ヤムチャと糞塗れ】

牢屋の戸がゆっくりと開かれる。
男達の闘いが始まった。
ナムがヤムチャのテリトリーに入ってきた。
ヤムチャ「放っておいてクダサイヨーッ!!」
ヤムチャが飛び掛った。
これは狼の本能か。
ナム、ギリギリで頭突きを避ける。
ナム「俺の動きは・・・人間の目では捉えることはできん!!天空×字拳!!」
ナムのカウンターだ!!
しかし、ナムは天井に頭をぶつけてしまった。
ナム「タ・・・タンマ」
ヤムチャが右腕からエネルギーの塊を作り出す。
そしてそれをナム目掛けて投げる。
ナム「くそ、タンマと言っているのに・・・!!」
頭を抱えるナム。
何とも情けない姿だ。
しかし、エネルギーの弾は直前で進行方向を変える。
左、右、上、下・・・次に何処に飛ぶか分からない。
ヤムチャ「こいつが俺の悪霊だぜ」
必死に右腕を様々な方向に動かすヤムチャがいた。



やがて肩で息をし始めるヤムチャ。
そして自分の技が使えないという状況に陥っているナム。
スケベなボディーに何人の男が泣かされたか、ブルマ。
この三つ巴の決戦も終わりを迎えようとしていた。

ブルマ「っていうか何で私が入ってるの?」
亀仙人「さぁ・・・?」
やがてヤムチャの悪霊が姿を消してしまった。
ヤムチャ「ちっ!!」
亀仙人「それまでじゃ!!」
全員が亀仙人を振り向く。
ナム「武天老師様。ご覧の通り・・・彼を牢から追い出しましたよ」
亀仙人「ヤムチャは変わらず牢の中にいるが・・・(こいつやっぱりアホか?)」
ナム「そういうこともありましょう!!HAHAHAHA!!!」
亀仙人「ヤムチャは持久力を、ナムは精神力を、ブルマは純粋さをそれぞれに銜える必要がありそうじゃな」
ブルマ「だから私は何の関係もないでしょうに」
亀仙人「ヤムチャ、もう気は済んだじゃろう。さっさと来るんじゃよ」
ヤムチャ「確かにこんなスケベじじいと糞塗れヤロウと淫乱女がいたんじゃ迷惑だな。場所を変えて話そうぜ」
ヤムチャ以外一同(お前だってヘタレじゃないかッ!!!)




【ヤムチャ、因縁を知る】

ヤムチャ達は喫茶店にいた。
亀仙人はウエイトレスの尻を触り、ヤムチャはウエイトレスをナンパ。
ナムに関してはここぞとばかりに水を一気飲み。
ナム「おかわり!ゲプッ」
ナムがコップを差し出したと同時に亀仙人が口を開いた。
亀仙人「実はワシがこの日本に来たのにはもう1つ理由があるんじゃ」
亀仙人が1枚の写真をテーブルに置いた。
電子ジャーが描かれている。
亀仙人「この写真に写っている、電子ジャーはワシと師匠達が数百年前に現れた化け物を封じ込めたものじゃ。師匠は自分の身を犠牲にしてこいつを封印した・・・だが!!」
亀仙人が別の写真を置く。
ストリップショー中に撮影された写真のようだ。
人込みに紛れて緑色の顔をした男がエロ顔を浮かべている。
亀仙人「封印が解かれてしまったのじゃ!!何者かによって!!」
ヤムチャ「じじい、こいつは一体なんなんだ?」
亀仙人「この男の名前はピッコロ大魔王。その昔、全世界を恐怖に陥れた万夫不当の豪傑よ!!」
ナム「出過ぎだ!!自重せよ!!!」



ヤムチャ「無双やってない奴には分からないネタはこれぐらいにしてだな、そいつは今何処にいるんだ?誰が奴の封印を解いた?」
亀仙人「分からぬ・・・だが、奴は既に自分の仲間を作っているかもしれん。そうなったら厄介じゃ」
ヤムチャ「俺達はどうすればいい」
亀仙人「とりあえず今まで通りの生活をしていてくれ。何かあったらこちらから連絡しよう」
ヤムチャ「分かった」
ナム「ヤムチャ、その前に・・・」
ナムがカードを裏返しにばら撒く。
ナム「この中から1枚引いてくれ」
無造作に近くのカードを取るヤムチャ。
ヤムチャがそのカードをナムに見せる。
ナム(・・・!!ブラックマジシャンガールのカードだと!?こいつめ、本当に女が好きだな・・・)
ヤムチャ「で、なんだ?」
ナム「君のエネルギー弾を縦横無尽に動かせるその能力、『操気弾』とでも言っておこうか!!」
ブルマ「どのカードが出てもその名前にするつもりだったんじゃ・・・」
ナム「キッ!!」
ブルマ「パオゥッ!?」



翌日

ヤムチャが散歩でもしよう、と家から一歩出た瞬間だった。
何者かがこちらを覗いているのが分かった。
ヤムチャ(ピキュリロリーン!!)「そこっ!」
ヤムチャがコインを弾き飛ばした。
何処かでガッという音が聴こえた。
ヤムチャが音のする方に向かうと先日、家の中を覗いていた桃白白が額を抑えている。
桃白白「くっ・・・いてぇ・・・」
ヤムチャ「お前、この前も覗いていたな・・・一体、何者なんだ!!」
桃白白「ふん、俺はピッコロ大魔王様の忠実なる下僕!!タ・オ・パ・イ・パ・イ!!」
ヤムチャ「なるほど。で、大魔王の刺客が俺に何の用だ」
桃白白「お前は亀仙人の仲間であろう。亀仙人は我が主の敵。仲間である貴様も敵というわけだ」
ヤムチャ「全くしょうがないな。相手になってやる。来やがれ!!」
桃白白「まずは喰らえ!!どどん波!!」
桃白白の指先がパッと光る。
ヤムチャ「その程度の攻撃、何だって言うんだ!!」
余裕で避けるヤムチャ。
しかし、気付けば桃白白がいない。
ヤムチャ「えっ!?」
桃白白「ニイメンハオ」
背後から桃白白が刀で斬りつけた。
桃白白「今の俺は昔の俺ではないぞ!!」


ヤムチャが背中を抑える。
大丈夫、少しかすった程度。
まだ戦える!!
ヤムチャ「この野郎、とっておきを見せてやる!!」
桃白白「ムッ?」
ヤムチャ「狼牙風風拳!!」
素早い動きで桃白白を圧倒するヤムチャ。
ヤムチャ「どうしたどうした!!手も足も出ないか!!」
桃白白(くそっ、データによればこいつは女に弱いとある・・・これを利用させてもらうか)
桃白白が逃走を開始する。
だが、彼の向かった先は家の中。
ヤムチャ「まずい!ブルマを人質にでもされたら・・・!!」
ヤムチャが桃白白を追いかける。
ヤムチャ「ブルマァッ」
ブルマ「遅い!!何してたのよ!!さっき変な奴が私の部屋に・・・!!」
ヤムチャ「野郎!!どういうつもりだ!!」
ドアをぶち破るヤムチャ。
ヤムチャ「!!」
桃白白「・・・」
ヤムチャの眼前に現れたのはブルマの服を身に着け、女装した桃白白であった。



【ヤムチャVS女装の人】

ヤムチャ「こいつ・・・キモイ・・・」
桃白白「おお、効いてるわ!!あたし、実は女装が好きなのよ!!ほらほら、ショウミー!!」
ヤムチャ「やめろ!やめてくれー!!」
桃白白「今、受験勉強している作者の友人にも・・・ほれ!サービスカット満載よ!!」
パンチラを見せる桃白白。
ブルマ「キモイわぁーっ!!!」
桃白白「バックフン!!」
ブルマの一撃が桃白白を吹っ飛ばした。
ヤムチャ「ブ・・・ブルマ」
ブルマ「あんた何してるのよ!!早くアイツから服を取り返しなさいよ!!」
ヤムチャ「む・・・無理ですよ。僕にそんなことできるわけないじゃないですか!!」
ブルマ「もう!!肝心なところでヘタレね!!」
ヤムチャは思い出す。
ヤムチャ(俺は何の為にここにいる!?ヘタレを失くすためじゃないかッ!!そうだ、俺は奴を倒さなきゃ前には進めない!!)
桃白白「ハァーイ♪」
ヤムチャ「てめーは俺を怒らせた!!」


桃白白「あちしに勝てるわけないじゃないのよー!!アン・ドゥー・クラァッ!!」
華麗な足蹴りがヤムチャに決まる。
ヤムチャ「ぐほっ!!」
桃白白「観念しなさーい!!」
ヤムチャ(一瞬でいい。奴に隙を・・・)
その時、ヤムチャが重要なことに気付いた。
ヤムチャ「おい、桃白白。顔に髭のそり残しがあるぞ」
桃白白「何ッ!?それはあたしのポリシーが許さない!」
カミソリで髭を剃り始める桃白白。
桃白白「スネ毛に気をとられていたわ!」
そこにヤムチャの操気弾が飛んでくる。
ヤムチャ「ヤムヤムヤムヤムヤムヤムヤムヤム裁くのはヤムヤムヤムヤムヤムヤム俺のヤムヤムヤム・・・!!」
操気弾が桃白白の全身を襲う。
ヤムチャ「操気弾だァーッ!!」
桃白白「ダヴァイ!!」
血反吐をぶちまける桃白白。
ヤムチャ「ふぅ、やれやれだぜ・・・」


気絶した桃白白。
ブルマ「ヤムチャ、そいつを砂漠にでも捨ててきて」
ヤムチャ「砂漠は無理だから近くの公園の砂場にでも捨てとくよ」
公園に全裸で放置される桃白白。
その翌日。
亀仙人「なるほど、そこまで大魔王の部下が迫ってきていたか」
ヤムチャ「ここにいても拉致があかない。いっそのこと大魔王の本拠地に殴りこむというのはどうだ?」
ナム「うむ、そう言いたいところだが・・・」
ヤムチャ「なんだ!!」
ナム「我々は奴がどこにいるのか、さっぱり分からん」
ヤムチャ「操気弾を使おう」
亀仙人「どういうことじゃ?」
ヤムチャ「こいつは俺の意志で何処へでも行ける。ピッコロ大魔王と思える邪悪な気を感じ取ればそいつのところへと向かうだろう」
亀仙人「おお、それはいい。早速、試してくれ!!」
ヤムチャ「こいつを使うのは難しくてね・・・少しシンクロ率を高める」
精神統一を始めるヤムチャ。
ヤムチャ「!!これだ!!繰気弾!!」
発射された操気弾は何処までも飛んでいく。
ヤムチャ「よし・・・いけー!!」
それから数日が経った。
ヤムチャは睡魔と戦いながら操気弾を動かしている。
ヤムチャ「・・・うぅぅ・・・zzz」
ナム「ヤムチャ!」
ヤムチャ「ん!!ああ」
ナム「今、寝てただろう?」
ヤムチャ「寝てないよ、寝てないって」
自分も起きていないと操気弾はコントロールを失ってしまうのだ!!
亀仙人「今、気付いたんじゃが・・・気を感じれるならそのまま普通に向かったほうが良かったんじゃないのかのう」
それを聞いて倒れるヤムチャ。
ブルマ「ば・・・馬鹿ばっかりだ・・・!!」


ヤムチャ「えー、結果として大魔王の本拠地がエジプトにあることが分かりました」
亀仙人「エジプトまでの旅についてだが、心配はいらんぞ。ワシが何とかする」
ナム「武天老師様、お金そんなに持っていましたか?」
亀仙人「ワシ、実はミスターサタン財団の社長と知り合いなんじゃ。金のことなら大丈夫」
ブルマ「へぇ、あのMRS財団なら心配ないわね」
ナム「できればすぐにでも旅立ちたいところですが・・・」
亀仙人「・・・まぁ、そう言うな。少しは心の準備が必要じゃ。まぁ、3日後には旅立つから。」
「ちょっと待ってくれないかな」
そこに1人の男が現れる。
ヤムチャ「お前は桃白白!!」
桃白白「私もその旅に同行したい。ピッコロ大魔王を倒す!!」
亀仙人「君は敵だったはずでは・・・」
桃白白「愛に目覚めました。そいつの為なら・・・私は何だって差し出せる」
そう言ってブルマを見つめる桃白白。視線に気付かないブルマ。
ナム「愛を語る奴に悪い奴はいません」
亀仙人「うむ。君の同行を認めよう!!」
ナム「カードを選びたまえ」
ヤムチャは「またかよ」と小さく呟く。
桃白白がカードを引く。
ナム「これは・・・キャッツカード!!」
全員がその場でシラけた。


桃白白「ブルマさんも、この旅には参加を?」
ブルマ「あたし、パス。こう見えても人妻なの。忙しいの。マジでパス。っていうかあんたキモイね」
ヤムチャ「そこまで言わなくても・・・ほら、桃白白泣いたじゃねーか」
その場にしゃがみこむ桃白白。
桃白白(それじゃ、俺の計画が完成しないじゃねーかぁ!!ブルマの寝込みを襲ったり、ブルマの下着を試着したり、ブルマの・・・ブルマの・・・!!)
ナム「お前の能力の名前は・・・・」
ヤムチャ「お前まだやってたのかよ・・・」

こうしてあっという間に旅立ちの日は訪れた。
空港で別れを惜しんでいる一同。
ブルマは子供ができたから産婦人科に行くから見送りはできないとのことだった。
代わりにブルマの旦那であるベジータが見送りに来ていた。
ベジータ「まぁ、俺が言うことなど何もないんだがな・・・」
ヤムチャ「子供が生まれるまでには全てにカタつけて戻ってくるって伝えてくれよ」
ベジータ「俺はお前には帰ってきてほしくないんだがな・・・」
ヤムチャ「強がるなよ!本当は寂しいくせに!!」
ベジータ「正直、邪魔だと思っていたぞ」
そして別れの時間は訪れた。
ヤムチャ「じゃあ、行ってくるよ!!」
ベジータ「帰ってこなくていいからな」



【ヤムチャ、初めての飛行機にはしゃぐ】

ヤムチャ達は空の旅を優雅に楽しんでいた。
ヤムチャはスチュワーデスをナンパ、亀仙人は例の如くセクハラ。
ナムはゲロをぶち撒き、桃白白はブルマの家から盗んできたブラジャーを安眠マスク代わりに夢の中。
誰1人としてこれから訪れる危機を予感していなかった。
異変は香港から少し離れた海上空で起きていた。
突然、機体がぐらっと揺れたのだ。
さらに揺れは増していく。
ナム「オエップ!!」
亀仙人はある事に気付いた。
亀仙人「何ということだ!!全員・・・死んでいる!!」
ヤムチャ、亀仙人、ナム、桃白白以外の乗客が舌を引き抜かれて死んでいたのだ。
亀仙人「わしらが油断していたばっかりに・・・機長の所に行くぞ!!」
しかし、機長も死んでいた。
亀仙人「OH MY GODじゃ!!」
そして壁を見ると血で『SAY BYE』と書いてあった。
ナム「サイバイ?」
桃白白「学力のない奴はこれだから困る。セイバイですよ」
「ギギ」
突然、モンスターが一行を襲う。
ヤムチャ「こいつが犯人か!!」
「ギギギ」
名札には栽培マンと書いてあった。
ナム「ほら、セイバイじゃなくてサイバイだ!!」


栽培マン「ギッ!!」
栽培マンが襲い掛かる。
足元を蹴られて転ぶヤムチャ。
ヤムチャ「くっそ、何故だ!!俺はこいつに激しくデジャヴを感じている!」
ナム「腑抜けめ!!私が天空×字拳で・・・」
それを静止する桃白白。
桃白白「ここは私に任せてください。ヤムチャの操気弾では機体に穴が開く危険性があるし、本人が怯んで動けない。ナムさんの天空×字拳では機体の天井に当たってこれまた効果は出ない。だからここは私がやろう」
ナム「任せたぞ」
桃白白「どどん波!!」
機体に大きな穴が開いた。
栽培マンが外へと飛ばされる。
桃白白「これでよし!!」
亀仙人「よし!じゃない!!ワシらも飛ばされるぞ!!」
一同「うわぁぁあっぁぁぁああ!!」
上空に投げ出される4人。
ヤムチャ「もう駄目だ!!お・・・落ちます落ちます!!」
ナム「この高さなら天空×字拳の威力倍増も見込める!!」
亀仙人「桃白白!!お前後で殺す!!」
桃白白「しーましぇん!!」



【ヤムチャ、スカイハイ】

亀仙人「こーなったら・・・!!」
ヤムチャ「どするつもりだ!?」
亀仙人「筋斗雲ーーーー!!!」
亀仙人とともに何処からとも無く現れる雲。
亀仙人「こいつに乗ればいいのさ!!」
しかし、筋斗雲を大きく突き抜ける亀仙人。
亀仙人「何でじゃーーー!!ワシの心は純粋そのものじゃろうがーー!!」
ヤムチャ「何処が純粋だ!!だったら俺ならどうだ!!」
ヤムチャなら何と乗れてしまったのだ!
ヤムチャ「純粋な心・・・純粋な悪・・・そうか、俺は純粋なヘタレだ!!皆、俺に掴まれ!!」
全員が地上に無事に着くと桃白白が泣き出した。
桃白白「死ぬかと思った!!死ぬかと思った!!!」
ナム「余計なことをするな。私は天空×字拳の極みに・・・」
全員にボコボコにされるナム。
ナム「ヌイドル!!」


とりあえず香港に行く一行。
飯を食って公園で休むことにした。
ナムは砂場を占領し、桃白白はブランコを占領。ヤムチャは滑り台を占領した。
子供がその不気味な光景に近寄れない。
亀仙人が呆れていると1人の男が近付いてきた。
「ナム、貴様はこの手が八本ある男にボコボコにされて死ぬことになるだろう」
ナム「何言ってるんだ?ユアクレイジー!?」
すると男はナムを蹴り飛ばした。
砂場に顔が埋まるナム。
「次はどいつだ」
男が不敵に笑った。
しかし、誰も見ていなかった。(亀仙人は若いお母さん達にセクハラしていた)


「無視しやがって・・・!!私はチャパ王!!手が八本ある男!!さあ来い!!」
ナム「皆、手を出すな。このアフロはこの私が倒す!!」
チャパ王「おもしろい。この私に勝てるはずがないッ。ダァーッ!!」
殴りかかるチャパ王。
ナム「つぇぃっ!!」
カウンターで吹っ飛ばされるチャパ王。
近くの鉄棒に頭をぶつける。
チャパ王「くぁっ・・・そうっ!!」
ナム「口だけのようだな!!」
チャパ王「おのれぇ・・・」
ナム「では決めさせてもらおう!!天空×字拳!!」
空高く飛翔するナム。
ナム「終わりだ!!」
一気に急降下するナムを見据えるチャパ王。
チャパ王「ほぉおおぁぁぁぁ!!」
ガシッ
何と攻撃を受け止めたのだ!!
ナム「馬鹿な・・・!!」
チャパ王「ブラボー!!」
チャパ王のパンチがナムをヒットした。



【ヤムチャ、滑り台を逆方向から登る途中、滑って頭を打つ】

ナム「何故、私の攻撃が当たらない!!」
チャパ王「フフフ、感覚の目でよーく見てみろ!!」
ナム「ハッ!!」
手が八本あるように見えるチャパ王の姿。
チャパ王「ブラボー!!おお、ブラボー!!」
ナム「エジプトの何処かに手を八本持つ闘神(ファイティングゴッド)がいると聞いていた。それが貴様か!!」
チャパ王「そういうことだ。さて、そろそろ決めさせてもらうぞ!!八手拳!!」
チャパ王の8に見える拳が襲い掛かる。
ナム「私とてただで終わる男ではない!!」
それを華麗なステップで避けていくナム。
チャパ王「馬鹿な!!」


ナム「所詮、実体は2つだけ。右手と左手の実体だけを感じることができれば八手拳恐るに足らず!!」
チャパ王「そんなことはないッ!!何故、分かるんだ!!」
ナム「貴様の残りの6本は・・・まっすぐ俺に向かって突き進んでこない!!言わばフェイクだ!!実際は残った2本でしか攻撃をしていない!つまり種が分かれば貴様は大したことないというわけだ!」
チャパ王「まだだ!!まだ俺は戦える!!」
ナム「天空×字拳の真髄を教えてやろう!!」
チャパ王「馬鹿め!その技は既に見切っている!!所詮、受け止めれた瞬間にそのパワーを受け流す!!それだけだ!!」
空高く飛翔するナム。
ナム「天空×字拳スペシャルかわせるか!!」
チャパ王「ダヴァイ(来い)」
急降下するナム。
ナム「・・・奥義」
チャパ王「!!」
ナムの手にオーラが纏いだす。
ナム「朱雀天翔!!」
両肩にのめり込むナムの手。
肩が外れてしまったようだ。
チャパ王「ほんぐぁぁぁ!!!」
ナム「降参しろ。貴様はもう戦えない!!」
チャパ王「何故だ・・・貴様、手加減したな・・・!!」
ナム「・・・」
チャパ王「本気になれば肩ごと切り落とせたはずだッッ!!」
ナム「私には君が本当に悪い人間には見えない」
チャパ王「何を根拠に・・・」
ナム「ここにいる仲間は・・・少なくとも私と同じニオイがする。そして君もまた同じニオイがする」
チャパ王「・・・殺せ。生き恥を背負いたくない!!」
ナム「・・・皆、私はこいつを殺したく・・・」

誰も見ていなかった。(全員が遊んでいた)


ヤムチャ「キーン、キューン、ババキューン」
桃白白「くそっ、連邦のモビルスーツは化け物か!!」
ヤムチャ「バババババババババ」
桃白白「効かない!!フィールドオープン!!何と5分間無敵になれるのだ!!」
ヤムチャ「そんなの聞いていない!聞いてないぞ!!」
亀仙人「0079・・・(波平の声で)」
ヤムチャ「うわー!!基地が破壊される!!」
桃白白「そう、ゴジラより強い!!バキッ」
ヤムチャ「親父にもぶたれたことねぇよっ!!」
桃白白「随分、過保護な父親だな。男ってのは一発ぶたれて始めて親父の偉大さが」
ヤムチャ「ボクノパパヲバカニスルナ!!」
桃白白「ほう、やるのかね。このタオパイパイ様と」
ヤムチャ「まずはあそこのブランコで勝負しよう」
亀仙人「いいだろう」
3人で1つのブランコに乗り込む。
ヤムチャ「気をつけろ!!振り落とされるなよ!!」
桃白白「テキサース!!テキサース!!」
亀仙人「うおおおおおおおお!!!」

ナム&チャパ王「貴様らいい加減にしろぃ!!」



【ヤムチャと仲間たち】


ナム「私は彼を殺したくはない」
ヤムチャ「確かに殺すには惜しいな。分かったよ」
チャパ王「俺には親友がいた・・・そいつは俺の目の前で殺された。そいつは目玉が3つある男だと聞いている」
ヤムチャ「残念ながらそんな奴は知らない」
チャパ王「俺はそいつを殺す為に青春の全てを投げ出して生きてきた・・・そしてピッコロ大魔王に部下にならないかと誘われたんだ。もし、力を貸してくれるなら君の仇を探し出してやると」
桃白白「この男もまた悲しみを背負いし者か・・・」
チャパ王「俺も答えが知りたい!!頼む、俺を仲間に加えてくれ!!」
亀仙人「断る理由がないわい」
桃白白「ああ、あんたは俺達の仲間だよ」
ナム「さあ、カードを引きたまえ!!」
ヤムチャ「もうそれはいいよ」

こうして旅の一行にチャパ王が加わった!!
彼等の旅はまだまだ終わらない!!

ヤムチャ達はシンガポール行きの船に乗っていた。
桃白白「風が気持ちいいですな」
ナム「うむ、潮水がしょっぱいな」
ナムが風の来る方向を見る。
ヤムチャとチャパ王、亀仙人が甲板から小便をぶっ放していた。
ナム「小便かッ!!ぶへっ!!」
船長「甲板での立ちションはやめていただきたい」
ヤムチャ「何だと?大物ぶって偉そうにするもんじゃねぇぜ?」
亀仙人「こら、ヤムチャ!!船長に対して無礼じゃぞ!!」
ヤムチャ「船長?フン、こいつは船長じゃねぇ。今、分かったぜ。次の刺客はこいつだ!!」
船長「し・か・く?何だね、それは」
ヤムチャ「俺は能力者の見分け方を発見した。能力者は立ちションを見るとな・・・」
全員がヤムチャに注目する。
ヤムチャ「股間が膨らむ」
その場にいた何人かが股間を押さえる。
チャパ王「え?嘘だろ、ヤムチャ」
ヤムチャ「ああ、嘘だぜ。だが・・・」
船長も股間を押さえている。
船長「ボッキしてる?まさか・・・ワシが餃子以外でボッキすることなぞ・・・」
ヤムチャ「マヌケは見つかったようだな!!」